テーマ:花紀行

古都晩秋

   青空ものぞいているのに、大原の里は時々パラパラと雨が降ってくる。    今の季節特有のしぐれである。    山の端に大きな虹がかかっていた。    残りの紅葉を楽しむつもりで出かけたのだが、三千院のモミジは…

続きを読むread more

誰もいない海  ハマナスほか

   9月も半ばをすぎると海辺はことのほか静かになる。    今はもう秋、誰もいない海・・・・・などと口ずさみたくなるような静かな海辺が広がっている。    潮騒も心なしか静かで、風も穏やかである。    どこまでも続く砂浜に、ほんとに人がいない。    明日からはじまる連休には、それ…

続きを読むread more

丹後半島の花 1 トウテイラン

   トウテイランはゴマノハグサ科クワガタソウ属の美しい花だが、分布はかなり局地的である。    日本海側の海辺の草原や松林の下の砂浜などに自生する。    自然の砂浜が減って分布域もかなり狭められている。    京都、兵庫、鳥取、島根に分布するが、どこでも見られるという花ではない。 …

続きを読むread more

花紀行4  宝剣~木曽駒ケ岳を歩く

   8月11日~12日と宝剣岳から木曽駒ケ岳を歩いてきました。    目的はただひとつ、タカネトリカブトの撮影です。    以前にも何度か撮影はしているのですが、今ひとつ気に入った写真がなく    だいぶ以前から再撮影…

続きを読むread more

花紀行3  西表島  野辺編

   白浜方面からバスに乗ってくると、終点が豊原である。    ここが日本最南端のバス停らしい。    バスの乗客は私ひとり、何人か乗っていた人たちは皆大原の港で下車してしまった。    長靴で来たことを後悔するような良い天気である。    ブーゲンビレアを綺麗に咲かせている家があった…

続きを読むread more

花紀行3 白い砂浜に咲く花たち  海辺編

   沖縄の白い砂浜は、珊瑚礁がこまかく砕け散った中に貝殻や有孔虫などが堆積してできる。    白というよりクリーム色と表現した方がピッタリとする色かも知れない。    夏になれば素足では歩けないほど熱くなるので、植物にとっては苛酷極まりない環境である。    だが、こんな環境にもかかわ…

続きを読むread more

花紀行3 西表島はすでに初夏  山編

   きょうも快晴の一日がはじまった。    本州で暮らす人にとっては、1月にツツジの花が満開になるなんて信じられないかも知れないが、亜熱帯気候    に属する西表島では、すでに1月に山ではツツジの花が咲きだすのである。    1月31日から2月9日まで、八重山諸島の西表島に滞在していた。 …

続きを読むread more

花紀行2  師走の渥美半島

                     名も知らぬ 遠き島より                      流れ寄る 椰子の実ひとつ                      故郷の岸を離れて                      汝はそも波に幾月 …

続きを読むread more

花紀行1  晩秋の平戸島  最終回

   島の中を車で移動していると、今の季節あちこちで白いサザンカの花に出会う。    地元に住む人達は、それがごく当たり前の風景なので珍しいなどとは思わないが、野生のサザンカが見られ    るのは主に四国と九州だけなので、本州からの旅人は「アッ!」と小さな歓声をあげたりする。    品種改良され…

続きを読むread more

花紀行1  晩秋の平戸島 その2

       平戸島では所々に画像のような狐色の草原の山がある。    オガルカヤやススキなどの草やアキグミやヤナギなどの木が丈低く茂る草原である。    かつては放牧が行われ、定期的に野焼きも行われていた草原。    放牧が行われなくなった今も、野焼きは続けられている。    1年に1度行うこの野…

続きを読むread more

花紀行1  晩秋の平戸島

   11月の声を聞けば、野に咲く花の種類は非常に少なくなる。    だが、長崎県の平戸島では、この季節ならではの素敵な花々がいくつも咲く。    なんといってもその代表はイトラッキョウだろう。    平戸島の固有種である。   …

続きを読むread more

奄美大島の花  その③

   南の島では、本州では見ることができない珍しい花も多いのですが    なんでこんな名前なの、と思わず首をかしげてしまうような変な名前の花もあります。    タンゲブはその代表でしょうか。    下の画像がその花です。     …

続きを読むread more

奄美大島の花  その②  絶滅危惧植物を

   今回はいくつか撮りたい絶滅危惧植物があり、その花期に合わせて出掛けてきました。    結果はバッチリだったのですが、個体数が少ないだけに、なかなか自分が思うような写真にはなりません。    必ずしも全部が満足できるものにはならなかったのですが、まぁ、こんな花々を見てきました。    連日、暑い日が多かったのですが…

続きを読むread more

奄美大島の花   その①

   絶滅危惧植物を求めて、しばらくの間奄美大島に行ってきました。    季節を変えて何度も訪れている島なのですが、9月の撮影ははじめてかも知れません。    ブログで紹介する予定の花はないのですが    普通に見かける南の島の植物や、今回の目的の植物など    簡単にサーッとお見せしますね。    今回は…

続きを読むread more

伊吹山は花盛り 2008年夏

   いま伊吹山は花盛りです。    一年のうちで最も華やかなお花畑となっています。(2008.8.2)    伊吹山を代表するのは、なんと言っても真夏のシモツケソウの群落でしょう。    スゴイです。     山がべたっとピンク色に彩られています。 …

続きを読むread more

能登半島点描

   能登半島をぐるっとひと回りしてきました。    ちょっと調べたいこともあり、海岸にそって旧道を選びながらの、半分観光の旅でもありました。    テレビで、梅雨が明けたらしいという放送を聞いた翌日、能登半島は雨でした。    晴…

続きを読むread more