テーマ:高山植物

ヒメウスユキソウ  Leontopodium shinanense

   日本の高山に生えるウスユキソウの中では    いちばん小さい。    そのため名前にヒメがついている。    姫 (ヒメ) とは小さいものや、可愛らしいものに付けられる言葉である。    別名をコマウスユキソウという。    木曽駒ケ岳に多いからである。   …

続きを読むread more

オオヒラウスユキソウ

   お知らせ    今年はお休みです。    「今年出会った花ベスト集」は、Yasukoさんから宮本さんが引き継いで    宮本さんのホームページ「野生植物写真館」で再開しましたが    今年は宮本さんが多忙のため、お休みすることに決定しました。    すでに準備をされていた方…

続きを読むread more

9月の白馬岳花紀行   最終回

   上下の雨具をしっかり着込んで、折り畳みの傘も用意して、ザックの中にカメラはしまい込んで    降ったり止んだりを繰り返す雨の中を出発した。    昨日、山小屋に着くなり、橋はどうなりましたか、と聞くと    想定していたとおりの答えが返ってきた。    流された橋は2箇所…

続きを読むread more

9月の白馬岳花紀行   その3

   白馬岳は花の名山の中でも突出した存在である。    高山植物の種類数の多さやその規模などが、他の追随を許さないのである。    その背景には多様な環境があることはもちろんだが、特殊な土壌や地質が大きく関係している。    白馬岳には、ここにしか生えない固有種が多いのである。   …

続きを読むread more

9月の白馬岳花紀行   その2

   2日目は素晴らしい青空からはじまった。    朝のひととき、まるで歓迎してくれているような虹のアーチがかかった。    大雪渓を背景に、いい1日がはじまる前触れのような気がして    なんだか虹を眺めるのが嬉しかった。     …

続きを読むread more

オヤマリンドウ

   以前からずっと気になっていて、いつかはきちんと調べなければ、と思っていた植物の調査に    北アルプスに行ってきた。    9月13日から16日まで、当初の予定ではもう少し長くいる予定だったが    豪雨の影響もあり、通行止めになったり、橋が流されたり、色々なアクシデントがあり …

続きを読むread more