スミレシリーズその3   アリアケスミレ

画像








   花の色を有明の空に例えてこの名が付けられた。

   上の画像のように、白い花びらに紫色の筋が入るものが多いが

   花びらの筋が赤紫色だったり、花弁が紫色に色づくものなど、変異が多い。

   だが、どのような色になるにせよ、一様にかすれたような筋がつくのがアリアケスミレの特徴でもある。

   花の色としては赤紫系の色の方が有明のイメージに近いかも知れない。

   当地では3月の末頃から咲き出すが、最盛期は4月の上~中旬頃である。

   雪の多い地方や北国では、最盛期は5月になる。



   
画像







   最盛期になると、たった1株でもたくさんの花が咲いてブーケのような景観となる。

   大株になると地面に花束が置いてあるのでは、と錯覚しそうになるほど沢山の花を咲かせる。

   このスミレは地面から葉や花柄がいきなり出てくる地上茎のないスミレなので

   最盛期にはさながらブーケのように見えるのである。




   画像画像



























   生える場所は水田の土手や河川敷などの、かなり湿った場所である。

   人家周辺の空き地などでも、このスミレが生える場所は水分の豊富な場所となる。

   だから、うっかり腰をおろしたりすると尻が濡れてくるので要注意である。

   庭や植木鉢などの中にもよく生えてくる。

   下の画像は水田の土手で、このような場所では群生する姿がよく見られる。




   
画像









   田んぼの土手などは、耕作放棄でもしない限り、毎年同じ場所にたくさん咲く。

   花の咲く場所を覚えておいて、毎年その場所に見に行くのも楽しい。

   オオイヌノフグリやタネツケバナの最盛期がすぎて、水田の土手にはコオニタビラコの黄色の小さな花や

   トキワハゼの薄紫色の花、スズメノテッポウなどが今を盛りと咲いている。

   ノミノフスマの白い小さな花もびっしりと咲いている。

   耕作前の水田は、ひと時、小さな花達の天下となる。

   そんな中で、アリアケスミレはひときわ際立って存在感を示している。




   画像画像

























   アリアケスミレの分布は本州、四国、九州である。

   人間の生活圏のごく近い場所で見られる馴染みのあるスミレのひとつである。

   わざわざ遠くまで出かけなくても、身近で見られる普通のスミレ

   それゆえ、当たり前ではあるけれど、親しみが湧くのかも知れない。




   
画像


















   撮影は2010年4月10日 愛知県武豊町で。

   最初の画像のみ2010年3月31日 定期的に観察している水田での咲きはじめの株である。

   撮影はこだわりのケイタイカメラです。

   クリックして大きな画面でも楽しんでくださいね。

"スミレシリーズその3   アリアケスミレ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント