梅日和

   梅一輪.jpg




   寒さをものともせずに咲き出すたった1輪の花は

   見る者に勇気を与えてくれる

   梅1輪 いちりんほどの あたたかさ

   そんな梅を見たくて最初に訪れたのは

   1月18日のことである。




   ぷっくり蕾.jpg




   ぷっくりと膨らんだ梅の蕾は

   春遠からじ、を感じさせてくれた

   大部分の梅の木はまだ固い蕾のままだったが

   早咲きの梅もあるので

   数本の木には、いち早く春がやってきていた。




   冬至逆光.jpg




   それがこの品種、冬至である。

   冬至の頃から咲き出すという早咲きの梅である。

   季節的には早くても、この冬至や

   白梅よりも早咲きの紅梅のいくつかは咲いているだろうと

   やって来たのである。




   鹿児島紅1輪.jpg




   たった1輪だけ、ポツンと咲いていたのは鹿児島紅という

   真っ赤な梅の品種である。

   木にラベルがついていなくても、鹿児島紅だとわかるほど

   鮮やかな色である。




   雲と紅梅最初.jpg




   花数は多くないものの、寒紅梅はぽつぽつと咲き出していた。

   毎年決まって訪れる佐布里梅林だが

   まだこの時期に梅見に来ている人はほとんどいない

   多くはウォーキングやランニングのために

   この梅林を通過しているだけに見える。

   それもそのはず、ざっと見渡す梅の木は

   ほとんど花は咲いていないのである。

   だが、梅林の下の草の緑は勢いよく伸び




   草芽ぐむ.jpg




   日本在来のトウカイタンポポが

   早くも咲き出し

   季節を間違えたのかのような

   ハルジオンさえ咲き出してきていたのである。




   トウカイタンポポ2輪.jpg


          トウカイタンポポ総苞.jpg




   近頃はセイヨウタンポポも侵入してきたので

   念のために総苞を確認してみる。

   うん、間違いない

   たしかに在来のトウカイタンポポである。

   それにしてもハルジオンは早すぎでないかい、と思う。




   ハルジオン2.jpg




   こちらもまごうことなくハルジオンである。

   他の場所では、まだヒメジョオンも咲き残っていたのに

   春が確実に近づいていることを知った。

   梅見の季節が近づいているので、盛んに剪定され

   消毒するための車が園内を走り回っていた。




   2度目に訪れたのは2月5日

   天気も良かったので、もうだいぶ咲き出しただろうと

   期待してやってきたのだが

   駐車場について思いのほか白くなっていないので、アレッと思った。




   トリミング 紅梅.jpg




   だが寒紅梅の花の数は明らかに多くなっている。

   やはり季節は忠実に春に近づいているのだ。




          寒紅梅後ろが山.jpg




   満開の梅よりも咲き出しの梅の方がはるかに絵になる要素が多いので

   今日来たことに、内心ウハウハしている。

   梅林から見下ろす佐布里池の水の量も

   1月の時と比べたら、はるかに多くなっている。




   佐布里池.jpg




   ゆっくりと冬鳥たちが移動している。

   暖かい日があったり、急に寒くなったりの日が交互にやってくる。

   三寒四温を繰り返しながら

   春が少しずつやって来ている。




   冬至横位置.jpg




   斜面を降りてきて、例の冬至の木の下に来ると

   まさに満開




   冬至横位置雑木林.jpg




   誰も人がいないので、まさに独り占め

   三脚の足を伸ばして、じっくりと撮影に専念する。

   それにしても見事に咲いたものだ。




   冬至.jpg


          冬至アップ.jpg




   好きな枝振りの部分を探しながら

   ロングにアップにと、思う存分に撮影する。

   この冬至の隣にも早咲きの白難波という品種が植えられていて

   そちらも結構満開に近い。




   白難波アップ.jpg




   同じように見えても白難波は八重咲きなので

   花に近づいてみれば

   すぐにそれと知れる。




   白難波青空.jpg


          白難波黒バック.jpg




   それにしても良い匂いである。

   梅は馥郁と香ると表現されるが

   たった1輪でもそれを感じるし、満開状態の木の下に立っても

   いやらしさがないのがいい。

   白梅を堪能した後は、再び坂道を上がり

   紅梅を見に行くことにする。




   紅梅1輪のアップ.jpg




   時間がある時というのは、たった1輪の花でも

   色々と遊べるのが楽しい

   どう写したら自分のイメージを伝えられるだろうかと

   試行錯誤するのである。




   紅梅アップ.jpg


          紅梅アップ手前ボケ.jpg




   納得できて、よしこれでいい、と思える時もあるし

   何枚写しても思うようにならないこともある。

   だから写真は楽しいとも言えるし、なんでなんだよ、と苦悶することもある。

   上の3枚の画像は、同じ花を写したものである。

   デジカメと違って、スマホのカメラは、自分で絞りを決められるわけではない。

   なかなかバックが思うようにボケてくれないのは

   レンズが極めて広角だからである。

   おまけにピント合わせもスマホだから

   イライラするほどに思うようにならないのである。あはは

   それでも頑張って挑戦するのは、このブログでみなさんに少しでも良いものを

   綺麗な画像を、と思うからである。




   紅梅八重横位置.jpg




   毎年、毎年、何度も訪れている梅林なので

   広大な面積でもどこにどんな木があるかわかっている。

   開花状態も、どの木が早いかわかっている。

   太陽の光りの射し方も何時頃ならどこがいいかもわかっている。

   なのでおのずと回るコースも決まっている。




   紅梅八重アップ気味.jpg


     紅梅八重.jpg




   八重のこの紅梅を写していて、もっと赤い花を写したくなった。

   なら、鹿児島紅である。

   散歩コースからは見えない少し奥まった場所に

   鹿児島紅が何本も植わっている場所がある。

   今年は今一歩の咲き出しだが、なんとか誤魔化して撮ろう

   写真は真実でありながら、撮り方によっては嘘もつけるのである。




   鹿児島紅3.jpg


        鹿児島紅4.jpg




   まだ咲き始めたばかりで花の数は多くないのだが

   それでも比較的多く咲いている場所を狙って

   後ろの森と、青空にも協力してもらって、こんな画面になったが

   自分では満足していない画像である。




   苔むす.jpg




   梅林の散策道から外れて、道路沿いに歩いてみた

   午後の陽射しが湿った梅林の下のコケを照らしている

   暖かかった陽射しも心なしか冷たく感じるようになった。

   暖かな梅林の下と違って

   道路沿いの植物は、まだまだ寒さを用心しているかに見えた。




   ノゲシ.jpg


          ノジスミレ.jpg




   そんな時、たった1輪だったが咲いているノジスミレを見つけた。

   オッ、と小さな声が思わず漏れた。

   梅林の梅もいいが、やはり自然の中に咲く

   こんな野の花に心魅かれる。

   枯葉の中から小さな花茎を持ち上げて咲いている。

   アレッ、2輪咲いていたのだ、と気が付いたのは

   家に帰ってから撮った画像を見直している時だった。

   花の下の枯れ葉の中で、もう1輪が咲いている。

   飛び出した距でそれに気が付いた。




   2021年2月15日、昨夜から降り続いていた雨も午後にはあがった。

   この雨で、また一気に春が進むだろう。

   佐布里梅林の梅もそろそろ見頃を迎える時期である。









   画像はすべてスマホのカメラで撮っています。
   クリックすると画像は大きくなります。
   大きな画面でも臨場感をお楽しみください。

   見た感想などコメントいただけると嬉しいです。




    




   




    




   

   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

はるこ
2021年02月16日 17:02
ウメの香りが脳裏に浮かびました。
春がゆっくり来ているのですね。

濃い赤のウメが好きで,盆栽として育てていましたが枯らしてしまい品種名を失念。また育てたくなりました。
リサ・ママ
2021年02月16日 23:33
まだまだ寒い日が多いと思いますが、
ツボミのままで待ちわびた梅の花が、
急に一気に咲いてくれると嬉しくなり、
よっしゃ―!!と、叫びたくなります。
時季が来ればいくらでも咲き出すハルジオンの花を、
今時分の寒さの中でみつけられたら、
めっちゃワクワクしちゃうと思います。
ステキなお花を、どうもありがとうございました~♪(喜)
みかん
2021年02月18日 12:39
はるこさん こんにちは。
我が家の盆梅はもうすっかり散ってしまいました。
昨日知多半島の先端に河津桜を見に行ってきました。
風の強い寒い日でしたが、もうかなり咲いていました。
春近しですね。
みかん
2021年02月18日 12:44
リサ・ママさん こんにちは。
約束していた梅のことをアップしなければ、と思いつつ
なかなかブログに取り組めず遅くなってしまいました。
いつもコメントありがとうございます。
やはりみかんは、自然に咲く野の花に魅かれます。
と言いつつ、昨日初めて知った河津桜の並木がそれなりに綺麗だったので
今度は河津桜を、なんて思ってます。