アクセス数100万回突破記念 特別バージョン ヒュウガホシクサ


ヒュウガホシクサ.JPG


2019年の大晦日を迎えた。


9月以降ブログはストップしたままである。


たくさんの方々から、どうなってしまったの、とご心配いただいたが


体調を崩したわけでもなく、この新しいウェブリブログのスタイルに馴染めなかっただけである。


2007年8月に誰にも告げずに始めたこのブログも


すでにアクセス数は100万回を突破した。


何か記念にと考えているうちに、すでに103万回もへとアクセス数は伸びている。


何もアップしていない以降も、毎日100人以上もの方々が当ブログを訪問くださっていることは


非常に嬉しいのだが、反面それがプレッシャーになっていることも事実である。


楽しくなければブログを書く意味もない。今でもそう思っている。


そんな訳でしばらく放置したままだったのである。


常に最新のものを、と考えて今まではやってきたのだが、過去の傾向を見てみると


もう10年も前に書いたものが、いまだに盛んに読まれていたり


検索によって当ブログを訪れていてくれる人も非常に多い。嬉しいことではある。


2020年を迎えるにあたって、これからはもっと気楽に


画像だけをアップしたり、はじめた当初のようにサラリと行きたいと思っている。


少し物足りなく感じると思うが、どうか了解していただきたい。


先のことはまだわからないが、多分画像をアップする頻度だけは上がると思う。


楽しくなければブログじゃない。


IMG_1536.JPG



さて表題のヒュウガホシクサだが、絶滅したと考えられていた植物である。


その植物が、なんと50年の歳月を経て復活したのである。


オオガハス(大賀蓮)の例に見られるように、長いこと休眠の末に復活する植物は


長い期間にわたって土の中で眠っていたり、水の中に浸っていることによって命を永らえていることが多い。


人間の生命などよりは、はるかに強靭でしたたかでもあるのだ。


ヒュウガホシクサが50年ぶりに復活したのは、宮崎県の川南湿原である。


今でこそ綺麗に整備されて木道も施設され、管理人も常駐し、湿原全体は柵で囲まれ


厳重に鍵もかけられているが、私がはじめて川南湿原を訪れた30年ほど前は


荒れ放題の藪と化した湿地だった。


案内してくれたのは、今回のヒュウガホシクサを発見、確認した南谷忠志さんである。


当時まだ名前さえも付いていなかった新種のエダウチシロホシクサ(後に触れるが)をはじめて見せてもらったのである。


薮と化した湿原の水の中に、エダウチシロホシクサがプカプカと浮いて漂っていたのである。


ほんの数株だった。しっかりと撮影したのは言うまでもない。


これでは発表もしないうちに絶滅してしまうと、二人して浮いている株を株分けして


10株ほどに増やして、その場を後にした。


川南湿原は昭和49年に、国指定の天然記念物となったが、荒れ放題だったのである。



_MG_3718.JPG



それ以降、南谷さん達の働きかけによって自治体が動いた。


十数年をかけて着々と整備を進めていったのである。


そのメインとなったのは、植物の好きな多くのボランティアの人達である。


今でも「川南湿原を守る会」として、実質、この湿原をメインで守り整備している。


ぺットの同伴はダメとか、飲酒、喫煙はダメとか、植物の持ち込みはダメ、とか


かなり徹底している。当然観察道以外は立ち入り禁止である。


こんな状況なので、撮影申請にはかなり手間取った。許可が出るまでにあちこち連絡し


やっと許可がおり、撮影日は10月4日でと指定された。



   _MG_3729.JPG



前日までに宮崎に向かうつもりでいた。


ところが撮影の3日前になって、どうしたことか急に右足の関節部分が痛みだした。


痛くて普通に歩けない。慌てて整形外科に駆け込んだ。


レントゲンを撮ったり色々と調べて貰ったら、長年の疲労が蓄積していたらしく


関節部分の筋肉が悲鳴をあげていたのである。


その部分に注射を打ってもらい、湿布薬を2種類ほど貰って、足を引きずりながら宮崎へと向かった。


チャンスは1回きりなのである。


何としてでもモノにしたい。そんな意気込みがあった。


長靴をはじめ、撮影時の小道具まで準備万端で出発したのである。



   _MG_3736.JPG


この株はどうですか、と案内してくれた松浦さん、それほど多くはないもののその一帯に


まさに花盛りのヒュウガホシクサが咲いていた。


近くまでは行ったが、湿地の中までは入らずに、なるべく近くの株を撮影した。


おそらく、これが最初で最後になるだろうからと、いつもより念入りに撮影したが


どうも人に見られながらの撮影というのは、じっくりとは集中できない。


それにしても特徴のあるホシクサで、触ったら痛いのではないだろうか、と感じるほど


総苞片の先端部のトゲトゲ状の突起がよく目立つ。


これが何よりのヒュウガホシクサの特徴である。


 _MG_3710.JPG


50年ぶりに地上に姿を現したヒュウガホシクサは


なんとも幻想的でさえあった。


あえて太陽の反射を画面に入れて、上のような画面を作ってみたりした。


時々、膝が痛ててて、などと声をあげながらも


撮影を終了したのである。





追記   エダウチシロホシクサについて

ヒュウガホシクサ同様、日本では川南湿原だけで見られる貴重な固有種である。

一見するとシラタマホシクサのように見えるが、根の部分が枝分かれするので

エダウチシロホシクサという名前が付けられた。

川南湿原の中でも、こんこんと湧く遊水地周辺だけにわずかに生えている。

プカプカと浮いている、と南谷さんや私があちこちに書いたので

それが引用されて浮草のようなホシクサというのが流布されてしまったが

守る会の松浦さんによると、それは危機的な状況下での生態であって、

実際には水の清らかな浅瀬に生えるのが本来の姿だと言う。

なるほど確かに今回撮影したものは、しっかりと浅瀬に定着していた。

_MG_3785.JPG



かくして私のヒュウガホシクサ撮影の顛末は終了である。

これらはいずれレッドデータプランツ図鑑の1ページーを飾る植物達である。

今年も一年、アッシはだいぶさぼりましたが、ありがとうございました。

来年も細々と続ける予定ではありますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


                 2019年12月31日 慌ただしく記す。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年12月31日 22:01
みかんさん、こんばんは。ひさしぶりの記事をうれしく思います。しばらく更新がなかったため、体調など心配していましたが、ひと安心しました。

ヒュウガホシクサにエダウチシロホシクサ、どちらも名前しか聞いたことなかっただけに、たくさんの写真を拝見できてうれしく、また、文面からも、みかんさんの感動がひしひしと伝わってきますね。

じつは、わたしが運営するホームページ「野生植物写真館」では、みなさんから応募いただいた写真を日替わりで紹介する「今年出会った花ベスト集」を連載中ですが、ちょうど今、みかんさんの作品を順次アップ中です。こちらもごらんいただけたらうれしく思います。また、まだまだ作品募集中ですので、ご興味のある方からのご応募もお待ちしております。

みかんさん、みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。
http://www.wildplants.sakura.ne.jp/bestflowers2019.htm
2019年12月31日 22:04
アクセス100万回突破おめでとうございます。
ヒュウガホシクサかわいいなあ・・・よく似た花を
こちらの湿原で見ています。
お花大好きですから、2020年もブログ続けますので
来年もよろしくお願いします。
リサ・ママ
2019年12月31日 23:13
みかんさんが、突然にいつブログアップなさるのか予見できないから、
夜更けに毎日立ち寄らせていただきましたぁ~♪
大みそかにその日が来たとは、感激ですぅ~!!
アップにしたらすごいトゲトゲのあるヒュウガホシクサどんは、
とっても魅力的ですね~(喜)
今夜の初夢に見られたら嬉しいな~(笑)
みかんさん、来年もどうぞ更新よろしく、お願い申し上げます!!
ケイ
2020年01月02日 16:13
明けましておめでとうございます。
合わせて、100万回突破おめでとうございます。
お正月早々、感激のブログです!

キラキラ光る水面に凛と咲くヒュウガホシクサ、みかんさんの感動が伝わってくるようです。
太陽が映り込んでいる画像は神々しささえ感じ、胸キュンものです。
傷む足を引きずりながらも貴重な植物をいたわりながらの撮影、意気込みと人柄が感じられます。

オオカラスウリの写真がすり減ってしまうのでは?と思うほどしつっこく開いていた一人ですが、これを機会にお辞めになるのかな?とあきらめムードになり31日から開いていませんでした。
ところがところがです、今日立ち寄るとご無事な様子とこれからの撮影の夢いっぱいのブログに会えてほっとしました。
これからも、無理をせず、素敵な画像で私たちを楽しませていただけたら嬉しく思います。
みかん
2020年01月04日 17:32
宮本さん 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年出会った花シリーズも長いこと続いていて
毎日皆さんの画像を楽しませてもらっています。
新しい方がもっと参加してくれると良いのですが。

今年もマイペースで続けますが、無理をせずを
今年のテーマに掲げておきます。
みかん
2020年01月04日 17:36
ちごゆり嘉子さん いつもコメントありがとうございます。
ヒュウガホシクサはCRに指定されている絶滅危惧植物ですから
見られるのは宮崎県の川南湿原だけです。
かなり特徴があり、似ている植物は他にはありません。
みかん
2020年01月04日 17:41
リサ・ママさん こんにちは。
今年は良い初夢は見られましたか。
お正月の三が日もすぎて、そろそろ本格的に動き出そうか思案していますが
寒さが苦手で、2日、3日と出かけましたが、人工的な暖かい場所ばかりです。
16日からしばらく沖縄に出掛けるので、その資料の準備をと焦っています。
ブログはマイペースで、無理をせずに続けます。
みかん
2020年01月04日 17:48
ケイさん こんにちは。
長いことブログをさぼっていましたが、マイペースで続けます。
ツイッター的な短いものを、と考えています。
時間がある時は今までのような長いものも書くかもしれません。
年齢と共に不具合が出てきますが、足の方は完璧ではないものの
ビッコを引いて歩くようなことはなくなり、平らな所ではごく普通に
歩けるようになりました。登りはともかく、下る時に痛い、と感じることがあるので、まだまだ無理はできません。
これからもどうぞヨロシクお願いします。
ちゅうちゃん
2020年01月09日 10:52
みかんさん 明けましておめでとうございます。

とりあえずお元気そうで良かったです。
更新を楽しみにしている一人ですが、無理しないようにして下さい。

私、去年は南会津にヒメサユリを見に、夏は八ヶ岳へ、頂上を目指さない花旅。ぼちぼちと遊んでいます。

植物は心を癒します。
みかん
2020年01月09日 13:11
ちゅうちゃんさん おめでとうございます。
今年もあっと言う間に、もう7日正月も過ぎました。早いですね。

頂上を目指さない山旅、いいですね。
そのくらいのゆとりがないと、良いものに出会えない気がします。
ヒメサユリは保護地も綺麗になって、誰もが見に行けるようになったのが嬉しいです。
今年ももうすぐ沖縄の遠出からスタートします。
マイペースですが、今年もゆっくりとブログは続けますので
よろしくお願いします。