撮れたて特急便   ヤマユリ

_MG_3152.JPG


   愛知県内にはヤマユリの自生地は少ない。

   その数少ない自生地で、異変が起きている。

   イノシシによる食害である。

   嗅覚の発達しているイノシシは、土中にある球根を掘って食べるのである。

   ここ5年ほどの間で、自生地のヤマユリは激減した。

   人家周辺であっても、夜間に出没してイノシシは球根を漁る。

   ユリ根として人間が食べても美味しいヤマユリの球根を、
   
   エサ不足のイノシシが放っておくはずがないのだ。

   かくして愛知県内のヤマユリの自生地は息も絶え絶えなのである。



   画像の場所はまぎれもない愛知県内の自生地の一角である。

   何故ここだけにこのような見事な群落が残されているのか。

   理由は簡単、イノシシが近づくことができないのだ。

   急峻な岩壁の上部に、わずかに残っている急な草付きに生えているのである。

   だからまるで横一列に並ぶように花盛りとなる。

   開花の重みで、一様に崖に向かって垂れ下がっている。


   _MG_3224.JPG









   撮影は2019年7月24日 愛知県の山間部で

   クリックすると大きな画面になります。細部は拡大してどうぞ。


植物、花、自然





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月26日 20:51
みかんさん

こんばんわ!
こちらでも山の方ではイノシシで全滅した場所もあります。我が家の近くの海岸まではイノシシが来ないので、まだまだ沢山の見られます。そのうち海岸までイノシシが出るようになると困ります。
アライグマ
2019年07月26日 21:51
今晩は \^∇^/
これはまた見事な・・・・
いい加減に国会でも余りに増えすぎ生態系を乱すレベルになった動物たちをどうするかをきちっと考えてほしいですね。
高尾山にも10年以上行っていませんが、そんな昔でも彼方此方に猪の掘り起こした穴が酷くて盗掘でもあったのかと思いましたね。
鎌倉では猪の話は聞きませんが葉山の山中には「猪注意」の看板があります。
リサ・ママ
2019年07月26日 23:52
わぁ~!!きれい~!!
私は純粋に、ヤマユリの美しさに打たれてまーす(喜)
高知県でも、イノシシは市街地まで出没してます。
庭までやって来て、畑を荒らしたり、春はタケノコを掘って行きます。
でも、ヤマユリは、もともと無いので、被害は有りません!!
今年はいつも行く丘にユウスゲが溢れるように咲いてましたよ~♪
ツボミもいっぱいで、まだまだ咲きそうで、とてもうれしいです。
ところが8月の末には、タカサゴユリにとってかわられるので、
それまでの間にもう1回、見に行けたらうれしいのですが~(笑)
みかんさんのベランダのユウスゲは、今年もお元気ですか~??
みかん
2019年07月27日 07:53
やまそだちさん おはようございます。
各地のイノシシの被害もシカほど深刻ではないものの
相当広がっているようです。
土の中にいるミミズを掘り出すために、山の中が耕されたようになることも珍しくないですね。最近は町の中にも出てくるので
人身事故も起きています。なんとかならないものでしょうか。
みかん
2019年07月27日 08:02
アライグマさん おはようございます。
逗子や葉山、鎌倉のように、どこに行ってもヤマユリが見られる所はうらやましいです。6月からヤマユリが咲きだす最も開花の早い地域だと思います。わが故郷の群馬県の山間部では、7月下旬から8月上旬にかけてがヤマユリの最盛期です。
それにしても鹿や猪、猿などの動物による食害が各地で深刻化しているのに、なかなか国が大々的な施策を打ち出すことはないですね。これも今の政権に大きな問題があるよに思います。
みかん
2019年07月27日 08:09
リサ・ママさん おはようございます。
純粋に花だけ眺められていたら、どんなに幸せなことでしょう。
我が家のユウスゲは今年も良く咲きました。そろそろ終わりです。今はたくさんの種子が稔っています。
ユウスゲで思い出しましたが、ニッコウキスゲの大群生地である尾瀬や霧ヶ峰も、鹿による食害で今やズタズタなのです。
過剰に増えてしまった動物による食害、国の政策で何とかしないと、今後人間の食糧すら危うくなっていることに、多くの国民が早く気づいてほしいと思っています。
2019年07月29日 21:33
イノシシが近づけない場所…
このコ達、スゴイなぁ。
たまたまなのかもしれないけど、こんな風にして命を受け継いでいこうとしいるんや。
これが、自然界の格闘なんですね。
ヤマユリ達が、この場所で必死に耐えて増えていく事を願うばかりです。
みかん
2019年07月30日 13:21
yoppy702さん こんにちは。
猛暑日が続いていますね。体調は大丈夫ですか。
あまりに暑くて外には出たくないのですが
見たい花は毎年でも見たいので、同じ所にヤマユリを見に行ってます。
もうここでしか撮影できないほど、自然の状態が見られなくなりました。イノシシの被害も甚大です。

>yoppy702さん
>
>イノシシが近づけない場所…
>このコ達、スゴイなぁ。
>たまたまなのかもしれないけど、こんな風にして命を受け継いでいこうとしいるんや。
>これが、自然界の格闘なんですね。
>ヤマユリ達が、この場所で必死に耐えて増えていく事を願うばかりです。
2019年07月31日 07:52
 おはようございます。
ヤマユリいいですねえ こちらでは自生がないのでもっぱら栽培品を見て喜んでおります。
2019年08月01日 10:37
ヤマユリこちらにはありません。
こちらではオレンジ色の オニユリが咲いてます。
そちらのユリは千葉の千成 親戚で、見ました 近くの里山でした。
きれいなユリにびっくりでした。
ほととぎ
2019年08月07日 00:17
こんばんは。
私のホームページに上げていた、新城で撮ったヤマユリの群生、2か所、いい場所があったのですが、今はどちらもありません。
ひとつは、民家のすぐそばの土手で、何かの工事で、消えてしまいました。
もう一つは、沢沿いの急斜面で、土砂崩れで、かなりの部分が壊滅。追い打ちをかけるように、持ち主が代替わりして、草刈りの時ヤマユリを残してくれなくなってしまいました。
子供の頃は、ヤマユリもササユリも、通学路沿いに普通に咲いていて、花を手折って、蜜をなめたりしたものです。
遠い昔の話になってしまいました。
今、ヤマユリが見られるのは、イノシシが近寄れない、民家すぐそばの急斜面で、持ち主が、草刈りの時ヤマユリを残してくれる、そんな場所だけのような気がします。
みかん
2019年08月15日 14:39
風太さん こんにちは。
栽培品でもヤマユリは迫力がありますよね。
1本くらいは欲しいと思うのですが、ヤマユリは栽培していません。
みかん
2019年08月15日 14:41
ちごゆり嘉子さん こんにちは。
千葉県の里山ではヤマユリはよく見られますね。
この大きな花が野生かと思うと、誰もが驚くことと思います。
みかん
2019年08月15日 14:47
ほととぎさん こんにちは。
かつてのヤマユリの群生を見ている人にとっては、最近の衰退は残念でならないと思います。ヤマユリやササユリは日本にとっても世界に誇ることができる素晴らしい花なので、なんとかかつてのような風景を取り戻したいですよね。
でも現実は里山の荒廃をはじめ、動物の食害など、目に余ることばかりで明るい希望が見えません。それが残念でなりません。
みかん
2019年08月15日 14:54
ウェブリブログがガラッと様式を変えてから
使いにくくてたまりません。
ヤル気がかなり失せてます。毎日多くの方が見に来てくれているのに申し訳ありません。
まだ使い方がよくわかっていないので、書いている途中でアップされてしまったり、使い勝手が悪いです。
そんな事情でここしばらくブログから遠ざかっています。