ガンガラーの谷  沖縄県

画像



   ガンガラーの谷は、鍾乳洞が崩れてできた谷である。

   一部にはまだ立派な鍾乳洞も残っている。

   ここは勝手に入ることはできず、ツァーガイド付きでないと入れない有料施設である。

   以前から気になっていた場所である。


   
画像



   一体どんな植物がどのように生えているのか

   いささか気になっていた。

   今年1月になってから、沖縄を訪ねるのはこれが2度目である。

   しばらく暖かい南西諸島にいたせいか、愛知の自宅に帰るなり風邪をひいてしまった。

   その風邪が完治しないまま再び沖縄にやってきた。

   今回は沖縄本島だけである。

   さすがに沖縄は暖かい。あまり無理をせず、今回は観光気分で回ってみた。


   
画像



   入り口は鍾乳洞。その下がティーラウンジになっていて、そこでしばし待たされた。

   時間になるとガイドから一通りの説明があって、さんぴん茶の入った水筒を一人ずつ渡されて

   いざ出発である。

   入り口の鍾乳洞を抜けると、すぐに青々と茂った森が広がった。


   
画像



   ガイドがゆっくりゆっくり歩きながら説明してゆく。

   はじめての場所なので私はあちこちキョロキョロしながら植物を見ている。

   見慣れた植物ばかりで、とりたてて珍しいものはない。

   前回の下見で、目的の植物がまだ咲いていないことがわかっていたので

   今回は風邪気味のこともあり、三脚や本業用のデジカメは家に置いてきた。

   代わりに手持ちで簡単にパチパチと写せるキャノンのM3とスマホだけが今回の撮影道具である。


   画像画像






















   ガイドは植物にはあまり詳しくないようだった。

   孟宗竹よりも太い、古い時代に植えられた竹や、いちめんに群生しているクワズイモの名前は告げたが

   大きな葉の下で咲いているクワズイモの花があることなどは、説明がなかった。

   とりたてて珍しいものが生えているわけではないが、散策路は良く整備されていた。

   国道のすぐ近くでありながら、原始の森の雰囲気は感じられた。


   
画像



   とりわけアカギなどの大木に着生する植物が多かった。

   そのほとんどがシダなのだが、着生ランでもないかと梢を見上げるのだが

   それらしい植物は見つけられなかった。

   水辺でもあり、その大部分がシダなのである。

   着生している姿がなかなか絵になるので、ついつい皆からは遅れがちになる。


   画像画像






















   倒れかかった大木に、見事なまでにシダが着生している。

   上の左画像はヤエヤマオオタニワタリ、右の垂れ下がっているのはホウビカンジュである。

   こんな樹の下をくぐり抜けたりしながら進んでゆく。

   そして最初のポイントであるイナグ洞に到着である。

   イナグとは女性を表す言葉だそうだ。


   
画像



   石灰岩の深い穴が続いているようだが、そこは神聖な場所でもあるので

   入り口からただ中を覗き込むだけである。

   それにしてもこのあたり一帯はシダの宝庫、さながらシダの海である。

   とりわけ多いのはオオイワヒトデである。

   バサバサと茂っている。


   
画像



   思わず本当にオ・オ・イ・ワぁ~とダジャレでも言いたくなるほどの量である。

   かつて四国の足摺岬の近くで、真剣に撮影したことがあるのだが、ここに来れば思いのまま

   好きな場面を、どうとでも表現できそうである。

   第二のポイントはイキガ洞。イキガとは男性を表す言葉である。


   
画像



   画像画像






















   暗い鍾乳洞に入って行くので、入り口で数人おきにカンテラを渡された。

   天井からは無数の鍾乳石が垂れ下がっている。

   気をつけていないと、大きな鍾乳石にぶつかりそうになる所もある。

   抱きかかえられないほどの巨大なものもあれば、大小さまざまな鍾乳石が垂れ下がる。

   数万年の時を経て、今もなお成長を続ける鍾乳石

   陰と陽とに見立てて信仰の対象になったのであろうことは、容易に想像できた。

   だからこそイナグ、イキガという地元の言葉が、今も生き続けているのであろう。


   
画像



   かつては海底であった場所を、大岩の間をすり抜けたりしながら歩いて行く。

   相変わらずシダが多い。

   隆起珊瑚の石灰岩の壁面を垂れ下がっているのは、新芽ならば食することもできる

   ホウビカンジュである。


   
画像



   やがてこの谷のハイライトとも言えるガジュマルの大木に行き着く。

   ガジュマルとしてはそれほど大きな木ではないのだが、無数の気根が谷底まで伸びているので

   景観としてはまさに圧巻。

   観光客の多くが驚きの声を発する場所でもある。


   
画像



   画像画像






















   
画像



   この樹の幹のように見える1本1本すべてが、気根なのである。

   気根とは幹や枝の途中から空気中に伸びだした根のことで、ガジュマルでは主に

   つっかい棒の役目をしている。

   このガジュマルの樹のすぐ横を道路が走っているので、時たま通り過ぎる車が見えている。

   多分こんな谷だからあるだろうな、と思っていたウスバシダが出てきた。


   
画像



   日本では沖永良部島以南に分布する南国のシダで、やや湿り気のある隆起石灰岩に多い。

   西表島などでも撮影しているが、本来が熱帯のシダである。

   ガンガラーの谷の最後が武芸洞と呼ばれる鍾乳洞である。

   ここで日本人のルーツではないかと思われる人骨の化石が、ほぼそのままの形で発見された。

   1970年のことである。

   港川人と名付けられたその人骨は、今から2万年前にここで生き暮らしていたのである。

   発掘調査は今もなを続けられている。

   それゆえ勝手には入れない場所となっているのである。

   最近の調査では、世界最古と言われる2万3千年前の釣り針なども見つかっている。

   ゆったりとした時の流れのように、ぽたりぽたりと鍾乳石から雫が垂れる。

   その石灰岩の割れ目には、ホウライシダが目についた。


   
画像



   悠久の時の流れを感じるこの場所で、ガイドは最後の説明をしてくれた。

   それぞれが、どんな思いでこの時短のツアーに参加したのかはわからない。

   ただ、単なる物見遊山の観光客とは違うと感じたのは、個々人で参加申し込みをした人が多かったこと。

   ピーチクパーチクと賑やかな人達がいなかったことだけは幸いだった。

   それにしてもガンガラーの谷は、シダの種類が多い谷だった。

   最後に人骨の化石がほぼそのままの形で見つかった武芸洞の画像をお目にかけて

   沖縄でのある1日の報告としたい。


   
画像












   撮影は2019年1月30日 沖縄県のガンガラーの谷で。

   画像はクリックすると大きくなります。大きな画像でも楽しんでください。

   撮影はいつものスマホのカメラとキャノンEOS M3です。

   今回はシダが中心になりました。

   花は翌日に色々と撮影しましたが、今年は例年より花期が早いと感じました。

   感想などお聞かせいただけると喜びます。

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

リサ・ママ
2019年02月08日 23:45
みかんさん、こんばんは~♪
体調は如何かと気になってましたが、
お風邪を引きつつもお元気なご様子で、安心しました。
鍾乳洞とシダの森林を拝見していて、
ふと、小学校の宿題で植物採集に母の実家の土佐山田町に行き、
近くの里山でシダを山ほど採集して、
何とシダばっかりのお山やなぁ~と思ったこと、
龍河洞の鍾乳洞を見て、怖かったこと、
親戚の家によって牧野富太郎の植物図鑑だったろうと思うけど、
モノクロの図鑑で名前を調べてすっかり疲れたことなど、
思い出して懐かしかったです。
歳を取ると昔のことをよく思い出すって云うのは、本当ですね~♪
ガジュマルの木の気根に思わず「わぁ~!!」と云ったことは、
私もミーハーだから。。
翌日に撮影なさった花も、どうか見せてくださいませね~☆
ちごゆり嘉子の部屋
2019年02月11日 22:45
沖縄の素晴らしさをありがとうでした。
又も行きたくなりました。
みかん
2019年02月12日 16:55
リサ・ママさん こんにちは。
コメント返しが遅くなりました。風邪はすっかり抜けたようですが、寒いの大嫌いなのでコタツムリしてます。
今年は花の開花が早く、梅便りや早咲きの河津桜の開花情報なども届いていますし、フクジュソウやセツブンソウ、ザゼンソウなどの開花情報なども届いているので、そろそろ動き出さなければ、なんて思ってます。
沖縄の花々は色々と撮影していますが、すでに色々と発表したものばかりなので、旅先からのメールも今回は控えました。
2回目の沖縄は本当に遊びに行ったようなもので、たまにはこんな旅もいいかな、と思っています。沖縄では久しぶりにディナーにステーキを食べに行ったのですが、200グラムも無理でした。エビはとても美味しかったけれど、ステーキは半分がやっとでした。あはは。歳取った証拠かも。
みかん
2019年02月12日 17:00
ちごゆり嘉子さん 今晩は。
お久しぶりです。寒い季節はやはり沖縄などの暖かい場所が好きです。
最近はLCC利用で沖縄に飛ぶので、以前よりは行きやすくなりました。四国からだと少し不便かも知れませんが、やはり南国はいいですね。
ちごゆり嘉子さんにも、再度の沖縄行きをお薦めします。
はるこ
2019年02月12日 17:48
鍾乳石もシダも樹木も,のびのびとしているように感じます。
いいですね,ほんとに。

現場の保護をしっかり考えていて,案内人がいることは安心です。
沖縄方面に行く植物仲間から,盗掘現場のことを聞くことが何度かあり,どうにかならぬものかと思っていたところです。
いい例を見せてもらえて,うれしくなりました。
みかん
2019年02月12日 18:18
はるこさん 今晩は。
自然の場所でありながら有料施設と言うのはいささか気になりますが、それゆえにある程度の整備も、保護もされていることには納得です。ブルーシートがかけられたままで、私が行った日は発掘調査はお休みのようでした。普通ならば、すぐ近くで発掘現場も見ることができるようです。
ここは沖縄観光では代表的な鍾乳洞が道路を隔てた反対側にあり、観光客の大部分はそちらを目指します。鍾乳洞の規模こそ小さいものの面白い場所でした。ある程度の人数制限をしているのも好感が持てました。
2019年02月24日 20:33
スゴイ鍾乳洞ですね。
観光地の鍾乳洞って、何ヶ所か入った事がありますが、全て、鍾乳洞だけでしたが、ここは、原生林(?)と共に鍾乳洞があるんですね。
青木ヶ原樹海のツアーに行った時に、歩いた先には氷穴があったので、規模は違っても、そんな自然の偉大さを感じました。
まぁ、青木ヶ原樹海といっても遊歩道を歩いていただけですけど。(^^ゞ

暗い場所ではカンテラ利用というのにも驚きです。
観光施設であっても、照明設備を設置せずに自然を大切にされているという事でしょうか?
この樹木の画像を見ていると青木ヶ原樹海や五色ヶ原で見た森を思い出してしまいました。

ガジュマルの大木というか、気根に唖然です。
気根と聞くとラクウショウの気根を思い出してしまいますが、それとは、全然様相が違うんですね。
こんなん、目の前で見たら、そりゃー「驚きの声」や!

沖縄と聞けば、スグに、首里城や美ら海水族館、そして綺麗な海が頭を過ぎりますが、これが沖縄???という景観です。
日本であっても、日本で考えられない景観ですね。(^^ゞ

ガンガラーの谷って何処にあるのかチェックしましたら、「ひめゆりの塔」の近くなんですね。
そういえば、沖縄本島南部は、沖縄戦の時に使われた洞窟が多いそうですね。
沖縄って行った事がないんですが、行く機会があれば、こういう所に行きたいですね。
みかん
2019年02月28日 18:57
yoppy702さん 今晩は。
ガンガラーの谷は、沖縄では有名な玉泉洞のすぐ近くにあります。
鍾乳洞としては日本を代表する見事なものですが、その陰に隠れてガンガラーの谷は、沖縄に在住の方でも知らない人が多い場所です。
とりたてて特別のものがないから素晴らしい、などと言うと、発掘調査をしている人から叱られそうですが、かつてこの地に暮らしていた人が一体どんなものを食べていたのか、私は植物の面から知りたいと思っています。地層の花粉分析などをすれば、そのこともわかってくるはずです。将来に期待したいですね。

yoppyさんが沖縄は未踏の地と聞いて、少しびっくりしました。あちこちに旅行されてるイメージが強すぎたので。機会があれば是非沖縄にも行ってみてください。
観光バスで巡る様々なツアーもありますし、例えばヤンバルをレンタカーなどで巡れば、観光の島、沖縄などとは全く違う一面も見られると思います。
どこに行っても南国の植物たちが迎えてくれますよ。