日替わり携帯写真教室1   冬のタンポポを撮る

画像







   1月から2月にかけては、1年のうちでも最も寒い季節である。

   咲く花の種類は少ない。

   だが、セイヨウタンポポなどは結構冬の間でも見られるので

   冬のタンポポをテーマにどれだけ違った感じで見せられるか挑戦してみた。


   

   冬の間の葉は画像のように赤くなっていることが多い。

   なるべくキレイな葉を選んでアップ気味に狙ってみた。

   上から見下ろして、これはごくごく普通の撮り方

   ポイントはどこまで近づくか、だけである。




   撮影は1月7日 愛知県半田市で

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

かげろう
2010年02月01日 15:08
みかんさん、こんにちは。
この度はご心配おかけしました。ほとんど新型とはお別れに近づいております。あーちゃんに感染しなくて良かったです。
まだ見ぬ花「ハギクソウの紅葉」を有難うございました。完全に回復しましたら、散策してみようと思います。

みかんさんも新型にはご注意ください(隔離は大変ですよ)
アライグマ
2010年02月01日 20:38
みかんさん、たんぽぽって結構σ(^^;)にとっては難しい。
期待して見させていただきます。
((((((((^^;

かげろうさん始めまして。
σ(^^;)も親父とお袋の2人の介護をしています。
無理をしないといけない時もありますがインフルエンザは罹れません。
罹ると親父の老人ホームは出入り禁止ですし。
お子さんにうつらなくて良かったですね。
お体大切に。(^o^;)
かげろう
2010年02月01日 22:12
みかんさん、アライグマさん、こんばんは。
アライグマさん、はじめまして・・・。
いつも書き込みは拝読しています。
御両親の介護は大変ですね~かげろう家も昭和から、平成になる時期に、舅が脳内出血で寝たっきり(14年在宅)、その舅の母(主人の祖母)が痴呆で介護が必要でした。その時代はまだ介護制度が無い時でした。
娘あーちゃんの介護、それに次女が整形で骨切り術3回等などで一時目まぐるしい時代がありました。

御自身のお身体はもちろんのこと、御無理がないようにご両親の介護をなさってください。
御心配、頂きましてありがとうございます。

みかんさんのブログを利用しまして、大変失礼致しました。
みかん
2010年02月02日 19:58
かげろうさん 今晩は。
大変でしたね。でも家族の方に感染しなくて良かったですね。
私もちょっと風邪気味だったので、今日は早めに医者に行ってきました。
これから益々寒くなると思います。今後も充分に気をつけてくださいね。
みかん
2010年02月02日 20:02
アライグマさん 今晩は。
冬のタンポポはみな地面に張り付いているので、なかなか変化が出せません。
なので上から俯瞰するアングルだけではない、色々な変化に挑戦してみました。続けて見ると変化が出ると思います。