みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス点描

<<   作成日時 : 2018/06/16 15:52   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 12

画像



   しばらく遠出の撮影が続いて、なかなかブログにトライする時間がなかった。

   ざっとだが、最近の撮影からの状況をお知らせする。

   5月の末からしばらくは長野県に出掛けていた。

   晴天に恵まれ、残雪の北アルプスを満喫してきた。


   
画像



   6月1日 白馬岳の大雪渓のほとりにシラネアオイを訪ねた。

   まだ大雪渓の雪の量は非常に多く

   馬尻小屋の建設のため、雪を盛んに掘り出していた。

   かなり下から雪渓の上を歩き

   カモシカの動きを眼で追いながら目的の場所に。

   雪解けの早い場所では、オオサクラソウなども咲きだしていた。


   
画像



   
画像



   6月2日 この日から開通する始発のゴンドラに乗って、八方尾根に登る。

   見事なまでの晴天に

   白馬三山もくっきりと姿を現す。


   
画像



   早くもミヤマアズマギクなどが咲きだしていた。

   この日は相棒のKと、八方尾根開発のH女史が一緒だった。

   彼女は会社のブログ用の撮影があるので

   八方池までは行かなければ、と言っていたのだが

   みかんが途中で粘って撮影していたので、それに付き合って登ってくれたお蔭で

   青空と池の良いシャッターチャンスを逃してしまったらしい。

   申し訳ないことをしてしまった。

   池はまだ残雪に埋まったままだが、登ってから1時間もすると

   だいぶ雲が多くなってきた。


   
画像




   午後早くにいったん下山して

   みかんの希望でミヤマナガハシスミレを見に行くことにした。

   今の季節は一般車両は通行止めの林道を、彼女の運転する車で終点まで登った。

   そしたら、彼女の職場でもあるその場所には見事なまでのミズバショウが群生していた。

   これは思わぬ収穫だった。

   画面の右下の水中に注目して欲しい。

   白い繭玉のように見えるのはサンショウウオの卵塊である。


   
画像



   ミヤマナガハシスミレはナガハシスミレが蛇紋岩地に生えて変型したもので

   八方尾根の一部だけで見られるものである。

   日本のスミレは全種類撮影しているが、ミヤマナガハシスミレだけは見たことがなかったので

   しっかりと自生地を観察しておきたかったのである。


   
画像




   翌日もまた八方尾根に登った。

   今度はじっくりと、心おきなく撮影するためである。

   昨日登っているので、どこにどんな花が咲いているかわかっているので

   かなり気が楽だった。

   上の画像は鹿島槍ヶ岳と五竜岳である。


   画像画像






















   ハルリンドウ(左)やユキワリソウ(右)などをゆっくりと撮影した。

   他にイワカガミ、チングルマ、ムシトリスミレ、ミツバオウレン、クモイナズナなど

   色々な高山植物が咲きだしていた。


   
画像



   6月4日、白馬村の山麓も色々と歩いてみた。

   相変わらずの晴天続きで、本当に自分は晴れ男だと

   地元の方も、今の季節にこれだけ晴天が続くのは珍しいと言っていた。

   田植えの終わった水田には、白馬三山が水鏡となって写っていた。

   春の花が終わって一段落した時期なので、野生の花は少ないが

   ミゾホオズキなどが咲いていた。


   
画像



   この後、家に帰ってから慌ただしく北海道に旅立った。

   本来ならこのブログは、デジカメではなくケイタイの画像だけで構成しているのだが

   ケイタイで撮った画像の枚数があまりにも多くて

   今回は手っ取り早く、本業用のデジカメで撮影した大きな画像で構成した。

   かなり大きく拡大になるので、細部も良く見えることと思う。

   たまにはこんなのもアリかと思っている。あはは(単なる手抜きとも言う)













   撮影は2018年5月31日〜6月4日 長野県北アルプスの山麓で。

   撮影はすべて本業用のデジカメです。無断使用を巌にお断りします。

   無断使用が発覚すると高額の賠償請求を行います。充分お気をつけください。

   

   相変わらずコメントを書いてくれる人は少ないのですが、一言でも良いので

   感想をお聞かせください。お待ちしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ご多忙中のブログ更新有難うございます。
毎回楽しみ拝見しています。
サンショウウオの卵塊初めてです、ミヤマナガハシスミレは
数年前の5月探しに行って写しました。
懐かしく拝見しました。
silk
2018/06/16 17:07
silkさん 今晩は。
早速のコメントありがとうございます。コメントをいただけると励みにもなり
なんとも嬉しいのです。今後もよろしくお願いします。
サンショウオの卵塊は、あちこちで今回は良く見ました。高層湿原では黒い親の姿も良く見かけました。何サンショウオかはわからないのですが。
ミヤマナガハシスミレは典型的なものから、ナガハシスミレ寄りのものまで、色々なタイプがあり、やはり品種レベルだなと実感しました。スミレでは他にミヤマキスミレが僅かですが咲いていました。
みかん
2018/06/16 22:04
いつもながら花々の姿に見とれてしまいます。
ミズバショウの画像,右下の白い繭玉もしっかり見えました。
ケイタイの画像よりも,しっとりした画質に感じます(当たり前かな)。

雪渓の残る山々も素敵です。
先月,ちょろっとだけ,雪渓を歩きましたが,へこたれてすぐに引き返しました(素人だけで行ったので,安全のためにも)。
やはり,山は楽しい,と思います。
(そうしょっちゅう行けないので,みかんさんのブログで楽しんでいます。)
はるこ
2018/06/16 23:10
はるこさん おはようございます。
今回はデジカメの画像ですがローデータではなくJPGです。ですのでキャリブレーションしたモニターで見ると、色はケイタイよりはしっとりしていますが、本業で使うローデータと比べると、これでもやや派手目です。ローデータはより自然に近い発色になっています。

白馬の大雪渓を登っていて、頂上まで行きたい誘惑に駆られました。山慣れていると夏道より今の季節の雪渓の方がはるかに登りやすいからです。ただ6月はじめでは花はまだ何も咲いていないので、今回は雪渓脇の花々を楽しんできました。
みかん
2018/06/17 09:03
なつかしく拝見させていただきました。
40年近く前、白馬大雪渓から日本海まで縦走しましたが
いまのデジカメだったらもっときれいな高山植物が撮れたのにと
思ってしまいます。
体調を崩して山に行けなくなってからもう30年近くになります。
みかんさんがうらやましい限りです!
サラリーマンだったので大きな山は夏休みしかいけなかったので
季節の関係でシラネアオイは飯豊で一輪だけ見れただけでした。
また次の更新を楽しみにお待ちしております。
K.o
2018/06/17 09:22
K.oさん コメントありがとうございます。
北アルプスを日本海まで縦走したとは、良い思い出になっていると思います。
何年くらい続けたのか、毎年白馬岳フラワートレッキングを続け、頂上の宿舎では高山植物のスライドを皆さんにお見せしたことなどが懐かしく思い出されます。
現在はすべての講師を辞退して、自分の作品作りだけに没頭しています。そろそろ集大成の本づくりに入る予定です。いよいよ私も終活です。
みかん
2018/06/17 12:23
ブロ友さんで、5月26日の白馬岳開山祭に行かれた方がいらっしゃって、白馬尻小屋の所は、まだ除雪中で雪深い画像を載せてはりました。
お花は、シラネアオイ、オオサクラソウ、ニリンソウが載ってました。
お振る舞いの豚汁&天ぷらが美味しそうでした。
翌日は、乗鞍高原の方に行かれてましたが、みかんさんはゴンドラで八方尾根へ。
素晴らしい天気と白馬三山、それにミズバショウ…
とても、綺麗な写真ですね。(^^)
下の方には、ミズバショウの群生!
こんな素晴らしい群生地があったんですね。
画面の右下…
ええっ!この白い繭玉のようなのが、サンショウウオの卵ですか!
初めて見ました!(^^)
田植えの終わった田圃に白馬三山が写り込んで…
こんな光景は、一年の、ほんの一時期だけやから貴重ですね。
しかも、メッチャ、エエ天気や。(^^)
画像が大きくなるので、家に居てながら、八方尾根を散策してる気分になれました。(^^ゞ
yoppy702
2018/06/24 15:54
みかんさん、こんばんは。
ミヤマナガハシスミレに釘付けです。
正直言って名前さえ知りませんでした。美しいスミレですね〜
またまた課題が増えました^^;
初夏の八方尾根は訪れたことがありませんが、残雪が映る田んぼの風景とみずみずしい花たちにうっとりです。
素敵なデジカメ写真でサービスして下って有難うございます。
fu-co
2018/06/25 21:12
yoppy702さん おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。yoppy702さんからのコメントがないと、アレッどうしたんだろう、などと最近は思ってしまいます。
今回は特にお目当てがあった訳ではないのですが、雪山とユキワリソウが一緒のカレンダー用の写真を撮りたいと思ってました。なんとか目的も達成できたのですが、根が山男なもので、雪山を登りたくて登りたくて・・・・・アハハ
天気が良すぎて真黒に日焼けしました。
みかん
2018/06/26 09:10
fu-coさん おはようございます。
利尻礼文を楽しんでこられたようですね。今の季節はどこを歩いても花だらけですから、植物が好きな人にとっては、まさに楽園のようだったと思います。
ミヤマナガハシスミレは平均的にナガハシスミレより色が濃い傾向にあり、葉も黒っぽく光沢があるものが多いですね。ですが蛇紋岩変型にすぎないので、その程度は様々です。ナガハシスミレのように群生することがないのも特徴ですね。
八方尾根では、それほど標高の高くない場所に生えています。ミズバショウを撮影した湿地の周りには、わずかですがミヤマキスミレも咲いていました。
みかん
2018/06/26 09:21
偶然にここにたどり着き驚いて拝見しています。こういう人もいるのだとただ驚いています。初老のばあさんの楽しみが増えて大喜びです。お体に気を付けてください。ちなみにみかんさんは男性でしょうか?変な質問ですみません。
チコ
2018/06/27 13:09
チコさん ようこそお越しくださいました。
歓迎します。
みかんは正真正銘の男です。アハハ
可愛いハンドル名なので、勘違いする人もいるのですが、みかんという名前は可愛がっていた愛猫の名前なのですよ。もう天国に召されて久しいですが。
過去ログを見ていただけるとみかんのことも出てきます。楽しんでくださいネ。
みかん
2018/06/27 17:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アルプス点描 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる