みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS バラが咲いた バラが咲いた

<<   作成日時 : 2018/05/01 20:00   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 13

画像



   風薫る5月である。

   我が家のバラが次々と咲きだしてきた。

   きょうの当地は、気温が30度にもなるという。

   あまり暑すぎるのも問題だが

   5月の風は、まさに薫風、日本中どこに出掛けても

   季節が輝いている。

   一年中、野の花を追いかける生活を送っているが

   園芸種が、嫌い、という訳ではない。

   仕事で園芸種を撮影することはほとんどないが

   むしろ趣味の範囲では、ガーデニングは大好きである。


   
画像



   エッと思われた方もいるかも知れないが

   暇さえあればせっせとガーデニングに勤しんでいる。

   狭い庭だが、と言っても我が家はマンションの最上階なので

   地面はない。

   すべてプランターや鉢やトロ箱などで、様々な植物を育てている。

   ヘタな植物園よりも面白い。との評判も聞くが

   ともかく、へんてこりんな変わった庭である。

   例えば上の画像。

   主役はもちろん真ん中のバラである。

   香りの良いことで知られるブルームーンという品種だが

   昨年は植え替えることができず、剪定もいい加減にしてしまったので

   安定感が悪く、強い風が吹けば倒れてしまいそうである。

   言わば失敗作である。

   奥に見えるのは、大きな水草鉢だが、これにはガシャモクだとか、ミズスギナだとかの

   絶滅危惧植物や、ヒツジグサやコウホネなどが植わっている。

   フェンスの外側に置いてあるのはブーゲンビレアである。

   画像の右から枝垂れているのはトゲだらけのハマナツメ、その下はニッコウキスゲ

   バラの花の左には、ノジギクの中から育っているアスナロが

   その奥に見える緑色の濃い葉は、バラの代表的な品種、ピースである。

   チラッとつぼみが1輪見えている。


   画像画像






















   で、そのピースが上の2枚の画像。

   かつてはバラの代表的な品種として人気があったのだが、今では人気もすたれて

   有名なバラ園でも、見かけることはほとんどなくなってしまった。

   我が家のバラの中でも、最も古参で、樹齢は数十年である。

   若返りさせるために挿し木を、と思っているのだが

   なかなかその時間が取れないでいる。


   
画像



   昨年ひと回り大きな鉢に植え替えて、肥料も入れ

   バッチリと花芽も計算に入れながら強剪定もして、うん良し、と肯ける株に仕上がったひとつが

   上の画像のピエールドロンサールである。

   最近比較的人気のあるバラである。

   このバラは、じつはツルバラなのである。

   広いお屋敷でもあれば、縦横無尽にツルを伸ばして、それこそ街行く人が振り返るほどの

   そんな垣根にしてみせる自信はあるのだが

   何しろ猫の額ほどの、我がガーデンでは、ツルにすることさえ無理なのである。

   そんなわけで、ツルバラなのに、小さな鉢仕立てである。

   花の後ろに見える緑色の大麦若葉みたいな葉は、ユウスゲである。


   
画像



   同様にツルバラなのに、ツルにさせてもらえないのをもうひとつ

   ゴールドバニーという黄色の品種である。

   これも昨年植え替えて、しっかりと強剪定して、なかなかうまく仕立てられた鉢。

   肥料もあげてしっかりと管理すれば、植物は必ずそのことに応えてくれる。

   山野草と違って、思い通りになるのである。

   全体はこんな感じである。


   
画像



   鉢も含めて高さは約60センチ、横幅もほぼ60センチで

   つぼみは全部で16個ついている。

   本来はツルバラなので、本当は若いシュートをどんどんと伸ばして

   豪華に咲かせてやりたいのだが

   我が家の庭では、どだい無理な話しである。

   唯一の例外が下のナニワイバラである。


   
画像



   もう花の最盛期は過ぎたので、上の画像は残花だが

   我が家のガーデンは、このツルバラがぐるりを囲んでいる。

   お気に入りの白の一重、派手さがなく、特別に豪華でもないが

   私のいちばんのお気に入りのバラなのである。

   本当に好きなのは、八重山諸島に自生するカカヤンバラなのだが

   ナニワイバラはカカヤンバラに大変良く似ているのである。

   家で栽培している植物の多くは、私のもうひとつのブログ『髭さんのケイタイでパチリ』をどうぞ

   http://hige11.cocolog-nifty.com/blog/

   ナニワイバラはそちらに最盛期の画像があります。


   
画像



   もう1種類、ちょっと変わったバラをお目にかけます。

   品種名は何だったか忘れてしまいましたが

   昨年植え替えて、このバラもなかなか良く育ってくれました。

   フェンスに網を張っているのは、バラの花の左下に咲き残りの紫色の花がチラッと見えますが

   この紫色の花、カザグルマのツルを這わせるためものなのです。

   フェンスの下はちょっとした疑似湿地で、シラタマホシクサやミズトラノオなどが生えています。

   バラのつぼみが網を通って外側にはみ出しているので

   この鉢はもう動かせません。

   このバラが変わっているところは、花が咲くと1日で色が変わってしまうのです。

   花は黄色で、花びらの外側だけが少し赤味を帯びているのですが

   それが1日経つと手前の花のように赤く変わるのです。

   右端に見えるのは、実生で育てている若いナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木です。

   今咲いているバラは、他にもホワイトクリスマスやクリスチャンディオールとか

   色々ありますが、バラが咲いた、バラが咲いたで

   ともかくご機嫌なのです。










   撮影は2018年5月1日 我が家で栽培しているバラの一部をお目にかけました。

   すべてスマホで撮っています。画像はクリックすると大きくなります。

   たまにはちょっと変わったブログもいいかと。常連の皆さん、変わりすぎだと叱らないでくださいね。

   次回からはしっかりと野生の花に戻します。

   モンパノキの評判が今ひとつの気がして、こんなブログになっちゃいました。あはは

   はじめての方のコメントを歓迎します。

   
   




   

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ,モンパノキの評判がよくなかったのですか。うぅ〜ん。

そして,今回のバラの花は,きれいです。
でも,注目したのは「趣味としてのガーデンニングが好き」という部分でした。なるほど,いつも素敵な植物が咲き乱れるわけです。見習いたい…。
ヒトツバタゴ(雄木)を鉢でうまく育てられなかった私は,尊敬してしまいます。
はるこ
2018/05/01 23:26
驚き、やっぱり野草好きの方は植物大好きですよね。
私も園芸植物も好きです。ピエール ド ロンサールのこと 我が家は壁面に咲かせてます。今、身頃。道行く人がまぁ綺麗って言っていただけるので気持ちいい。このバラが人気なのは育ててみてわかりました。花の咲き始めから咲き進み、散るまでいつも可愛くて綺麗。丈夫で手がかからない。人気になりますよねー。
ちゅうちゃん
2018/05/04 16:48
はるこさん 今晩は。
南の島の綺麗な海を見てもらうことも目的だったのですが、今ひとつ興味を持たれなかったようですね。次の記事をリリースするまでの1週間ほどの日別訪問者の数は、平均で609人でしたから、私のブログでは少なめでした。
やはりより多くの人に見て欲しい、と言うのが偽らざる気持ちです。とは言え読者に迎合する記事を書こうとも思わないのですが、あはは。
庭いじりは(昔はガーデニングなんて言葉はなかった)子供の頃からですから、ガーデニング歴は60年以上です。木や草の状態を見れば、水を欲しがってるとか、植え替えてと言ってるとかが自然と解るようになります。経験で話しができるようになるのです。だから楽しい。
小学校低学年の時の作文に、いま欲しいものは、というテーマが与えられ、盆栽が欲しいと書いて、先生や両親や大人たちをビックリさせたというか、笑わせた事があったようです。自分では全く記憶にないことなのですが。あはは
三つ子の魂百まで、なんでしょうね。
みかん
2018/05/05 19:18
ちゅうちゃんさん 今晩は。
壁面に一面に咲くピエールドロンサールがどれほど素敵か
目に見えるようです。丈夫で葉の緑の鮮やかさといい、ツルバラの傑作のひとつでしょうね。地面のある人がうらやましいです。
私は就職活動をした時に、京都にある種苗会社に入りたいと思っていました。結局、寮がないということで諦めたのですが、やはり縁はあったのでしょうね。その後写真家になって、タキイ種苗さんのカレンダーを10年ほどやらせてもらいました。縁とは異なものですね。
みかん
2018/05/05 19:32
常連さんではなくてごめんなさい。でも時々お邪魔してます。
お花の勉強になりますし素敵なお写真が無料で見れるので私の教材にピッタリです。
タキイ種苗さんのカレンダーは掛ける指定席があるのですが何故か今年から届くのが中止(贈り主が超高齢になった為かな?)になり寂しい思いしてます。
我が家は田舎住まいのため雑草に負けている庭です。手入れされた庭が羨ましいです。草たちと話さなくても放任でも育ちます。一つだけ気を付けていることは帰化植物だけは居住地を与えると物凄い繁殖力で困っています。
なな
2018/05/06 16:23
ななさん 今晩は。
大歓迎ですよ。ようこそお越しくださいました。
特にコメントを書いていただける方は、非常にありがたい存在なのです。
何か一言書いていただけると嬉しいのです。毎日、見に来てくれる方は多いのですが、なかなかコメントを書いてくれる方は少なくて、さみしい思いもしています。
我が家は地面はないのですが、プランターや鉢が山ほどあるので、結構雑草も入り込んでいますし、遊びに来る鳥たちの糞の中からも色々とおもしろいものも出てくるので、それらも育てられるものは育てています。グミだとか、シャリンバイだとか、ハナミズキなどは、すべて野鳥が運んでくれた植物達です。
どうぞまた遊びにきてください。
みかん
2018/05/06 18:13
古い記憶を頼りに、あはは
2011年の12月に当ブログでクイズを出しました。
この実は何でしょうか、という問題でした。
沢山の方が参加してくれたのですが、その中にななさん、という方がいたのですが、ひょっとして今回コメントいただいたのは、あの時のななさんでしょうか?
何となく語り口が似ているような気がして、もし間違っていたらごめんなさい。
みかん
2018/05/06 18:24
やっはりわかっちゃいましたか(笑)でもすごい記憶力ですね。
あの頃は私はパソコンの勉強中で頑張ってコメント欄に記入してしまいました。
誠実なお人柄はお写真とブログ記事で拝見してそれからずっと隠れファンになってます。
一日違いで同じ花を見たこともあるんですょ。昨日先生がお見えになりましたと某湿原の山の上で噂話をお聞きしてへえっーお忙しいのにと驚いた事がありました。
なな
2018/05/06 22:24
ななさん おはようございます。
やはりそうでしたか。何となくホッとしました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。もし、フィールドでお会いする機会があれば、是非声をかけてくださいね。
みかん
2018/05/07 07:54
イエイエ、「変わり過ぎ」なんて思いません。
みかんさんは、ご自宅で、植物を育てたりされているのかなぁ…なんて、思ってましたから。(^^ゞ
で、記事を読んでビックリ。
さすがですねぇ!(^^)
『髭さんのケイタイでパチリ』も見に行きました。
バラの種類も豊富やけど、ヒツジグサ、コウホネ…
こんなんも、自宅で育てる事ができるんですね。
それに、ニッコウキスゲ、ユウスゲ…
ナンジャモンジャ!
やっぱり、みかんさん家のお庭は、ちょっと違う。
これだけ聞いただけで、植物園?
と思ってしまいます。(^^ゞ

バラのピースは好きなバラです。
ボクが行くバラ園では、必ずありますよ。(^^)
それに、ナニワイバラがあるなんて…

ボクも、ベランダで、チマチマやってますが、バラは見に行くだけで育てなかったんですが、8年前に、「アンネのバラ(Souvenir d'Anne Frank)」を買いました。
ある時に、とても魅了され、長い期間「欲しい」という気持が持続、強くなっていったので買ったバラです。
未だに、バラは一種類だけですが、4月末にとても賑やかに咲いてくれました。(^^)
yoppy702
2018/05/07 12:17
yoppy702さん こんにちは。
明日からはしばらく北海道なので、せっせとコメント書いてます。
いつもコメントありがとうございます。
子供の頃から庭いじりは大好きでした。高校生の時はバス通学だったのですが、バスの時間ギリギリまで庭いじりをしているので、いつも母に「バスに間に合わなくなる」と、言われ続けていたような、あはは
外国産の色々な植物の種子を蒔いて、どんなものが出てくるのか、そんな楽しみも味わっています。ともかく我が家の庭は支離滅裂、とんでもないものが育っていたりもします。大事に育った苗を枯らしてしまうこともあるのですが、最近はつくづく地面が欲しいと思っています。
みかん
2018/05/07 15:00
こんにちは・・・バラの花があまりに見事ですね🌹
ここがベランダとは、信じられないくらいでは?
育て方や配置の動かし方の妙なのでしょうか・・・
全体を見てみたくもなりました〜〜
バラの花の色が変わって行くというのはバラ園でも
何となく感じていましたが・・
今回もとても勉強になりました。

モンパノキの記事も素晴らしかったですよ〜〜
一週間後に葉っぱが芽吹きだすところ見てみたくなりました
今度沖縄に行ったらモンパノキの樹を探してしまうはずです
花もどんどん可愛く見えてきて
みかんさんの世界観に感化されつつあるようです🌷
有り難う御座います。
タコ
2018/05/19 18:19
タコさん 今晩は。
コメントありがとうございます。大方のバラは終わりましたが、今、今年2度目のホワイトクリスマスがかなり咲きだしています。ただ昨夜の台風並みの強風に、いささか傷んでしまいましたが。ピースなども太い芽がぐんぐん伸びて、今年2度目の蕾が見えてきています。
植物は手をかければ、確実にそのことに応えてくれるのが嬉しいですね。庭に出るとついつい色んな鉢に目が行き、なかなか本来の仕事に戻れません。アハハ
種があると何でも蒔いてみたくなるのも困りもので、北海道から拾ってきたトドマツの球果が開いて、翼果がたくさんこぼれ出ました。4月の末にいくつかをパラパラと蒔いたら、その芽がもう出てきました。驚きです。
やはり庭いじりは楽しいですね。
みかん
2018/05/20 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
バラが咲いた バラが咲いた みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる