みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春うらら  スミレと遊ぶ

<<   作成日時 : 2018/04/01 19:50   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 14

画像



   ここ数日の温かな陽気に

   一気に春がやって来たようだ。

   各地の桜も咲いて、連日テレビでは桜の名所を紹介している。

   当地の桜は、はや満開を過ぎて

   早いものはすでに鮮やかな若葉がのぞいている。


   
画像



   上の画像は隣町、武豊町の別曽池のほとりのソメイヨシノである。

   3月最後の日、匂うが如く満開だった。

   春うららな陽気に誘われて

   毎年のように訪れる別曽池の近くの水田に

   また今年もアリアケスミレを見に行ってきた。


   
画像



   4〜5年前と比べたら

   その規模は随分と小さくなってきたけれど

   水田の土手に、春が来ましたよ、とばかりに咲いていた。

   じつはあまりにも見事に咲き誇っていたタンポポやタネツケバナや

   ノミノフスマなどの水田雑草に足を止められて、

   普通に歩けば30分ほどの距離なのに

   2時間あまりも時間がかかってしまったのである。


   
画像



   アリアケスミレは白い花びらに、紫やピンクのかすれ模様がでるが

   この花びらの様子を、有明の空の色に例えて

   名前が付けられた。

   路傍でごく普通に見かけることのできるスミレで

   地域や場所によっては、花の色にかなりの差がある。


   
画像



   陽当りの良い水田の土手など、比較的湿り気の多い場所に生えるが

   石垣の間や舗装道路の割れ目などから伸びだして、咲いているものもある。

   分布も広く、本州から九州まで、かなり広範囲で見ることができる。

   九州の南部から沖縄県にかけては

   よく似たリュウキュウシロスミレに入れ替わる。

   白い花びらに赤紫色のかすれ模様が出るので、花の顔つきは大変良く似ているのだが

   リュウキュウシロスミレはヒョロヒョロと伸びて、花が一ヵ所に何輪も

   まとまって咲くようなことはない。


   
画像



   スミレの集団は年とともに少しずつ移動する。

   私が毎年のように訪ねているこの場所も

   花の密度の濃い場所が、ここ数年で10メートルほど先に延びている。

   多量にできる種子は、乾燥する力を利用して

   思い切り種子を遠くに弾き飛ばすからである。


   
画像



   深いコンクリートの側溝の端に

   きょう咲いたかのような新鮮な株があった。

   こんな株を見つけると、つい嬉しくなって

   一人なのに、きっとニコニコとほほ笑んでいたはずである。

   株の後ろに伸びだしてきたカラスノエンドウが

   どこかつかまる所がないかと、細い巻きひげを左右に揺らしている。

   穏やかな静かな時間だけが流れてゆく。


   画像画像






















   別曽池のほとりには、ほんの一部だが植栽された小さな花壇がある。

   池のほとりに植えられた紫木蓮が、土手の上に作られた散策路から見ると

   ちょうど目の前で、満開となって咲いていた。

   園芸種は美しいなと思っても、カメラを向けることはほとんどない。

   だが、今まさに花盛りの紫木蓮は、ことのほか美しく感じられた。

   折しも対岸の山は、ヤマザクラで淡く霞んで見える。

   上の2枚の画像はスマホでパチパチと撮ったものにすぎないが

   三脚の脚を伸ばし、デジカメを取り付ける。

   じっくりと撮影したことは言うまでもない。


   
画像



   この散策路の周りには、何故か圧倒的にニオイタチツボスミレが多い。

   コナラの落ち葉の中に咲いていたり、植栽された紫陽花の株元に咲いていたり

   山の斜面の笹薮を刈り込んだ場所に咲いていたり

   ともかくニオイタチツボスミレだらけなのである。

   だから下の水田の真ん中の道を、池の方まで登ってくると

   かすかにニオイタチツボスミレの香りが漂ってくる。

   この道端で、きょう一番の別嬪さんが、下の画像の株だった。


   
画像



   もうお分かりですね。

   このブログのトップに掲げた株と同じものです。

   あちこちにぽつぽつと頭を持ち上げているワラビの、握りこぶしのような太い芽も

   高知県人ならば必死になって収穫するであろうイタドリの食べごろの太い茎も

   まるで見なかったことにして、山菜取りは残念だけれど、きょうは封印して

   せっせと本業の撮影に精をだしました。

   この日の予定は、あとフモトスミレやマキノスミレなども撮るつもりでいたのですが

   時間が足りず、目的の場所まで辿り着くことができませんでした。

   ですが、春うららな1日は、おでこも腕も赤く焼けるほどの陽射しで

   充分に満足できる1日となりました。









   撮影は2018年3月31日 愛知県武豊町の山裾で。撮影はすべてスマホのカメラです。

   クリックすると大きくなります。大きな画面でもどうぞ。

   コメントを頂けると本人の励みになりますので、何でも気軽にどうぞ。

   4月は半月ほど長い撮影の旅に出ます。沖縄本島とさらにその先

   以前に何度かブログにも書いた与那国島にしばらく滞在します。

   コメント返しが遅くなりますがご了承ください。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでも今日は天気が良いので散歩中に道路脇のアリアケスミレの大株に出会いました。大株と言っても一つじゃ無く幾つかが合体した奴だろうけど。
集団全体の横幅が40〜50cm有りました。
(´o`)ハア〜〜
ヤマユリの新芽が30〜50cmに伸びて来ています。6本くらい出ている。
アライグマ
2018/04/01 20:52
春ですね。みかんさんの汗を浮かべたニコニコ顔が目に浮かんできます。
暫く取材旅行とか、帰ってからになるのかな、報告を楽しみにしています。
人士
2018/04/02 04:37
こちらもようやくスミレシーズンになりました。
見事なアリアケスミレですね。
なぜか、こちらではアリアケスミレ、スミレが少なくなかなか見られません。
やまそだち
2018/04/02 20:24
こちらの桜も、葉っぱが、かな出始めてます。
なんか、あっという間にソメイヨシノは走り去ったような感じです。
ホンマ、好天が続いてますね。
大抵、桜が見頃になる時って、雨降りがあったりするんですが、今年は、不思議です。
そりゃー、みかんさんの、おでこや腕が赤くなるハズや。(^^ゞ
トップのニオイタチツボスミレ、ホンマ、別嬪さん。
アリアケスミレは、清楚な感じで静かな春っていう感じです。
このシモクレン、メッチャ、鮮やかですね。
モクレンの中でも、シモクレンは華やかやけど、さらに、華やか。(^^)
この日は、目的の場所まで辿り着けない程に、植物達は、みかんさんを放さなかったんですね。
みかんさんの満足感が一杯伝わってきました。(^^)
yoppy702
2018/04/03 16:57
初めまして・・・
イヌノフグリを検索してこちらに出会いました・・
先日、朝の🌸を撮りに出かけた時に、その足元に
コンクリを割って生えていたスミレに感動していた所です。
スミレにも種類が多くて簡単ではありませんが
その可憐な姿と生命力に感動しきりでした・・・
とても勉強になりました、またお邪魔させて貰います。
タコ
2018/04/04 11:42
アライグマさん 今晩は。
大株のアリアケスミレ拝見しましたよ。スミレは特定のファンもいるので、とんでもない種類がとんでもない場所に生えていたりしますね。そちらにツクシスミレが自生状態になっているのも特定のファンの仕業ですね。本来分布しない地域に、分布しているということは、とんでもない事なのですが。困ったものです。
みかん
2018/04/15 17:40
人士さん 今晩は。
長く取材に出掛けていましたが、やっと沖縄から帰ってきました。
今年の八王子のマキノスミレはいかがでしたか。恒例のスミレに出会えることは嬉しいことですね。
今月末には、みかんはまた北海道に飛びますので、スミレの何種類かは見られるかも知れません。残雪いかんではまだフクジュソウの世界かも知れませんが。
みかん
2018/04/15 17:45
やまそだちさん 今晩は。
スミレシリーズ色々と拝見していますよ。比較的近くの筑波山でも、もう地元とは違う種類のスミレが見られるのですね。不思議な気がします。
それにしてもやまそだちさんの地元に、ムサシアブムがあるとは意外でした。1月に下見に行った時に沖縄の名護周辺では花盛りでしたが、今回はもう青い果実になっていました。季節は確実に進んでいます。
みかん
2018/04/15 17:50
yoppy702さん 今晩は。
往復夜行バスとは若いですね。その体力がうらやましい。みかんは片道が夜行バスでも疲れてしまうので、最近は滅多に夜行バスは使いません。
お蔭様で成田山の見事な枝垂れ桜を堪能させてもらいました。
これからの季節はどこに出掛けても春の花が盛りなので、とても楽しい季節ですね。みかんはしばらく初夏の沖縄を楽しんできたので、これから出かける北海道は季節の逆戻りを楽しんできます。北海道は温泉も山菜も、今からとても楽しみにしているのですよ。
みかん
2018/04/15 18:03
タコさん はじめまして。
ようこそお越しくださいました。歓迎します。
しばらく沖縄本島よりさらに先の島に撮影に出ていまして、コメント返しが大変遅くなり失礼しました。ここ「みかんの花日記」には、植物好きの皆さんがたくさん集まっていますので、色々と植物談義が楽しめると思います。コメントはいつでも大歓迎ですので気楽に書き込んでいただけると嬉しいです。
これからもよろしくお付き合いください。
みかん
2018/04/15 18:10
たいへんご無沙汰しましたf^_^; なかなかゆっくりと自分の時間がとれず久々に拝見させて頂いております。
素敵な薔薇の数々を愛でて南国を堪能し、やはり地元の記事に目が止まりました。
昨年の春、友達とハルリンドウを探しに行った事を懐かしく思い返しました。沢山の可愛い野草には出会えたものの、お目当てのハルリンドウには嫌われてしまいました。みかんさんのブログとの出会いでもありました(*^^*)
知多半島には、まだまだ自然豊かな場所も残っていて嬉しく思います。にゃんたの生息場所も昔ながらの場所で、山躑躅と呼んでいるピンクの鮮やかな三河躑躅が咲いたりします。でも少し車を走らせ街に出れば不自由はありません。昔は田舎が嫌いでしたが、今は心地よい場所だとつくづく思います。

ところで、専門家のみかんさんに教えていただきたいのですが、知多半島で瑠璃ハコベは見つける事はできませんか?
白いハコベしか見たことがなく、瑠璃ハコベの写真を見た時に可愛さに感動しました。先日には福岡の友達に赤花瑠璃ハコベの写真を見せてもらい、自分の目で見たくて種をリクエスト中です。この頃 我が家の雑草園で白花庭石菖を見かけるようになり、その友達からリクエストされ送りました。彼女は黄花庭石菖もコレクションしているのですよ。
外来生物の危険性が叫ばれますが、野草も外来種が増えていますね! にゃんたは今、イネ科の花粉症に悩まされています。カモガヤも外来植物なんですよね。

みかんさんは、南は沖縄 北は北海道へと、精力的に活動されているご様子! また北海道の素敵なブログも拝見できるのかしら〜? 私は北海道 大好き!ハルリンドウを一緒に探しに行った友達は、息子さんが沖縄にいるので沖縄のブログを楽しみにしています。
いつも勉強になるブログをありがとうございます。楽しみにしています。(*^o^*)
にゃんた
2018/05/08 16:49
にゃんたさん お久しぶりですね。
12日に北海道から帰ってきました。何とか目的の植物は撮影できたのですが
ともかく移動距離が長くて、改めて北海道の広さを実感しました。

さて、お尋ねのルリハコベですが、知多半島はおろか愛知県には分布していません。アカバナルリハコベはあったのですが、標本を押してなかったので、今年その場所に行ってみたら、立派な工場が建っていて、アカバナルリハコベは見つかりませんでした。ちなみに愛知県内では、豊橋南、渥美、長久手、常滑で標本が採集されています。
ルリハコベは沖縄に行けば雑草、道端や畑、海岸などにわんさかと咲いています。
みかん
2018/05/14 10:39
ありがとうございます。(*^o^*)
やはりこちらでは、ルリハコベは見られないのですね〜!
以前 紀伊半島で撮られた写真を拝見し、その方曰く、海からの漂着ではないかと… 知多半島の海岸部を探せば見つかるかもしれないと教わりました。
淡い期待をしていましたが、残念です!
アカバナルリハコベは、常滑にあるのですか‼ 豊橋 渥美 常滑は、海から説が頷けますが、長久手は…?ですね。人為的な感じですね〜
野草 雑草は、驚くべき繁殖力を見せるものが多いので大変です。我が家の地面には、ハタケニラが蔓延りお手上げ状態です。オオバコの大きな種類も大変な事になって来ました。一時期 手を焼いたワルナスビが少しだけ落ち着いて来た印象です。雑草たちの陣取り合戦も、着々と行われているのでしょうね!

北海道は、今からが新緑の季節なのですね〜!オオヤマザクラ(*^^*)こちらの平地でみるヤマザクラとは、ひと味違いますね。
北海道はでっかいどー!お疲れ様でした。にゃんたも若い頃には、何度も行きました。やはりレンタカーで回りましたよ。まだあまり知られていなかった神の子池や裏摩周など… ナキウサギがどうしても見たくて然別湖でねばったり〜f^_^; お花は原生花園を目指して走りました。懐かしい思い出です。今では、もう無理でしょうね〜(^^;; 自由な時間と体力が〜 (笑)


にゃんた
2018/05/18 20:39
にゃんたさん たびたびどうも。
まだ春浅い季節に、海岸で見るルリハコベは素晴らしい輝きを放っています。
四国や九州に住んでいる人でも、野草好きには人気のある植物ですね。
アカバナルリハコベは結構帰化するのですが、何故か普通のルリハコベは分布が乱れることは少ないですね。

北海道でナキウサギを見るには、結構高い山に登らなければ見ることができないのですが、然別湖近くの山は簡単に登れて、いわば穴場です。こんな所を知っているとはにゃんたさん、なかなか通ですね。あそこは植物も良いのですよ。
みかん
2018/05/20 18:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
春うらら  スミレと遊ぶ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる