みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウメは咲いたか、桜はーーーーーー佐布里梅園

<<   作成日時 : 2018/02/28 01:31   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



   昨日、今日と春らしいぽかぽか陽気だった。

   今年の春は例年より10日ほど遅れている感じだが

   思わぬ暖かさに誘われて

   我が家から最も近い、愛知県知多市にある佐布里(そうり)梅園に

   行ってきた。


   
画像



   梅はまだ5分咲き程度なのだが

   早咲きの梅もあるので、場所によっては満開状態の所もあった。

   特に紅梅の鹿児島紅や、白梅の冬至という品種などは

   まさに満開だった。


   画像画像























   上の2枚の画像が鹿児島紅という品種である。

   紅梅の中でも、特に色が濃いのが特徴である。

   一般に梅の開花は白梅よりも紅梅の方が早い傾向がある。

   鹿児島紅は佐布里梅園の中では

   特に開花が早い。

   冬至の頃に花を咲かせるので、その名前が付いたトウジという

   野梅系の白梅の品種も、花期は早い。

   今がまさに満開である。


   
画像



   きょう見た梅の品種の中では

   上のトウジ(冬至)が、最も華やかだった。

   ただ、この品種は、佐布里梅林の中にはそれほど多いものではない。

   佐布里梅林を代表する梅と言ったら、やはりソウリウメだろう。

   梅林の名前が付いたこの品種は、園内に最も多く植えられている。


   
画像



   
画像



   うっすらとしたピンクのこの梅は、観賞用の品種というより

   梅の実を収穫するための品種、実梅なのである。

   微妙な色のピンクなのだが、今日のような晴天下では

   花の色が白トビする傾向があるので

   なかなか微妙なピンクを出すのがむずかしい。


   
画像



   青空の中で、すっきりとした白が輝くのは

   なんといっても青軸である。

   派手さこそないが、通好みというか、根強いファンがいる。

   独特の茎の色は、誰が見ても名前を間違うことがない。


   
画像



   白梅の中の、さわやかさんとも呼べそうである。

   平日なのに、あまりの人の多さに驚きもしたが

   皆、春が待ち遠しかったのである。

   特に今年は寒さが長く続いた。

   いまだに吹雪に明け暮れている地域の人だっているのである。

   上着を脱いで、腕まくりをしての撮影だったが、きょうは風もなく

   本当に暖かかった。

   咲きだしてきた梅の花の中で、せわしなく動き回っていたのはミツバチである。

   花粉集めに忙しく、羽音が結構響いていた。

   足には花粉団子をぼってりと丸めながら。


   画像画像























   佐布里梅園の中には、小さな温室がある。

   風が冷たいと真っ先に逃げ込みたい場所なのだが

   きょうはあまりにも穏やかで

   温室に駆け込むほどではなかった。

   だが折角やって来たのだから、一通りは見てみようと中に入る。

   カトレアをはじめとするラン類や、ブーゲンビレアなどが咲いていた。


   画像画像























   わずか3時間ほどの滞在だったが

   やっと春に巡り会えたような

   心がウキウキとする時間だった。

   一気に春とはならないようだが、春一番が吹く日も近いことだろう。

   ウメは咲いたが、園内の河津桜は、やっとつぼみが膨らんできたばかりであった。


   
画像



















   撮影は2018年2月27日 愛知県知多市の佐布里梅園で。

   デジカメとスマホでの撮影です。

   クリックすると大きな画面になります。

   あなたのお住まい近辺の春情報を教えてください。

   訂正

     佐布里梅園は東海市ではなく知多市でした。訂正します。



   オマケ画像

   
画像



   きょう一番熱心に撮影したのが、この鶯宿(おうしゅく)という品種。

   まだやっと咲きだしたばかりなのですが、カレンダーにできないかと

   長いレンズをデジカメに装着して、相当頑張って撮影したのですが

   皮肉なことにスマホでパチリとやった方がピントが良いのです。

   おまけにデジカメで何枚も何枚も撮影した方は、レンズに小さなゴミが付着していたようで

   結局使い物にはならず、残念な結果だったのです。

   昔から知られている品種なのですが、ウグイスの宿なんて、素敵な名前でしょ。

   まさに1月用のカレンダーにはピッタリと考えていたのですが

   なかなか思うようには表現できないものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
画像から、ポカポカとした暖かさが伝わってきます。(^^)
トップの池をバックにした画像が素適ですね。
鹿児島紅、冬至は見頃なのでで豪華です。
薄っすらとしたピンクって、ピーカンの時は、ホンマ、色って出し難いですが、この画像のは綺麗に出てますね。
さすが、みかんさんやなぁ。(^^ゞ

鶯宿は、大阪城公園の梅林でも、綺麗に咲いてました。
これも、ピンクの可愛いい梅ですね。

ボクは、2月27日に、大阪城公園の梅林に行きましたが、例年より遅れていて、普通咲きが五分にも満たない状態でした。
でも、梅林は、人出も多く賑やかでした。
3月5日に、奈良の月ヶ瀬梅林に寄った時は、まだまだ、これから。
全体が蕾という木も多く、咲いていても、ポツリポツリという感じでヒッソリでした。
まぁ、標高が250m位の所ですので、平地からすると、そんなもんなんでしょうね。
観梅客用には早咲き種もあるので、それは、七分位にはなってましたが、スタッフさんの話しでは、三週間程遅れてるそうです。

ここは、温室もあるんですね!
梅林というよりも、公園施設の中の梅林なんでしょうか?(^^ゞ
yoppy702
2018/03/07 11:58
yoppy702さん こんにちは。
きょうは木の芽雨がしとしと、春の雨はひと雨ごとに季節が進みます。
今年はどこでも春の花の開花が遅れているようですね。
月ヶ瀬梅林は数年前に訪れた時も、他よりかなり開花が遅れていました。
春先は野生の花にはまだ早い季節なので、各地の梅林もよく訪ねます。

来週は少し遠出して、ユキワリイチゲを見てくるつもりです。
今は6月に出掛ける北海道の花のコースを考えています。飛行機のチケットだけはすでに手配したのですが、見たい花や撮影したい花が色々あって、コースを決めかねているところです。4月と5月の北海道は、すでにコースも宿も決まって、後は花が順調に咲いてくれるか、だけなのですが、こればっかりは今後の雪解け具合によって決まるので、賭けみたいなものですね。
みかん
2018/03/08 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウメは咲いたか、桜はーーーーーー佐布里梅園 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる