みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年カレンダー  「野の花」発売中

<<   作成日時 : 2017/12/06 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

   師走を迎え、何かとあわただしいことと思います。

   今年もカレンダーの季節となりました。

   毎年、本屋さんで販売するカレンダーはいくつか作っていますが

   私のカレンダー「野の花」の紹介です。

   このカレンダーはもう20年以上も続いているもので

   山と渓谷社の定番ミニカレンダーです。


   
画像



   植物写真家の平野さんと私が、1年おきに担当しています。

   今年は私の当番で、表紙はシデコブシです。

   月ごとの花名は   1月   ナンテン

                2月   セツブンソウ

                3月   キバナハナネコノメ


   
画像



                4月   エゾムラサキ

                5月   ヒダカイワザクラ

                6月   ニリンソウ

                7月   スカシユリ


   
画像



                8月   バイカモ

                9月   イブキトリカブト


   
画像



                10月   サツマハギ

                11月   サキシマフヨウ

                12月   ボタンヅル


   以上がラインアップです。出来上がりを撮影したのでこの画像の色はあまり綺麗ではないので

   山と渓谷社のホームページやアマゾンなどで実物に近い色のものをごらんください。

   サイズはタテが20センチ5ミリ、ヨコが10センチ5ミリです。

   壁掛け用にも、組み立ててスタンド用としても使えます。

   使用した後は絵柄のところでカットすると、絵葉書として利用できます。

   値段は900円+消費税です。

   近くに書店がない場合は、アマゾンなどでの購入が便利かと思います。

   多くの方に使っていただけると嬉しいです。




   今年1年間、北海道から沖縄まで、じつに沢山の方々にお世話になりました。

   年末の挨拶を兼ねて、お世話になった方々にこのカレンダーを送りました。

   あまりにも多くの方々にお世話になったので、何回かに分けた郵送がやっと終わったところです。

   すでに感想なども届いていますが、そこで皆さんにお願いです。

   このカレンダーを見ての、あなたのご意見を是非お聞かせください。

   何月の写真がお気に入りですか。

   また次回に取り上げて欲しい植物名などもお教えいただけると参考になります。

   よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
amazonで注文しました。(^^)
prime会員なので、送料無料やし。(^^ゞ
仰る様に、amazonの画像の方が、色が綺麗でした。
こんなに素敵な野草のカレンダーがあるなんて知りませんでした。
教えて頂きありがとうございます。
新年の楽しみの一つが出来ました。(^^ゞ
スタンドタイプになるというのも嬉しいですね。
見た感じ、素晴らしいお写真ばかりやし、一年が終ったら、日付け部分を切り取って置いとけますね。
あっ、ポストカードしても使えるんや!
でも、勿体無いから、出さんと飾っとこっと。(^^ゞ
みかんさんの写真と解説には、教わる事が多いので、とても勉強になってます。
これからも宜しくお願い致します。
yoppy702
2017/12/11 10:14
カレンダー、届きました。(^^)
発色が綺麗やし、光沢紙になってるので、とってもクリアーですね!
もう、どれも素晴らしいです。
この中から、どれが良いかを選ぶのは、かなり残酷ですね。(^^ゞ
う〜ん…
12ヶ月の中じゃないんですが、シデコブシが素晴らし過ぎます。(^^)
で、1月を見て…
こんなのイイなぁ〜。(^^ゞ
セツブンソウは、「どや!僕らの季節やでぇ〜(^^)」って言ってるようです。(^^ゞ
3月は、「どんな所で撮ってたんやろ?」と、なんか、恐怖を感じました。
でも、滝を白く流してるので、三脚が立てられる場所なんかなぁ…
という様に、12ヶ月、全部気に入ってしまったんですが…
ボクは、パープル系が大好きなんです。
それに、伊吹山でお目にかかってるので、イブキトリカブトをイチオシにします。(^^ゞ
このカレンダー、1年が終っても、ここから切り離すのは勿体無いです。
1年が終っても、このまま保存しておきます。(^^ゞ
yoppy702・再
2017/12/11 19:10
yoppy702さん こんにちは。
過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
イブキトリカブトがお気に入りですか。この撮影地は伊吹山のお花畑より、かなり低い場所なのですが、残念なことに今年は全滅状態で唖然としました。鹿による食害なのです。トリカブトは猛毒のため今までは鹿が食べることはありませんでした。ところが最近はエサ不足のためか、各地で様々な種類のトリカブトが鹿の食害遭っています。解毒することを覚えたのか、恐ろしいことになってきたと感じています。
みかん
2017/12/12 11:22
師走も中旬を過ぎると、慌ただしさが増してくるような気がします。
寒波も訪れて、吹雪のところもあるようです。
さてさて、当ブログですが、毎日の閲覧回数は多いものの、何故か常連さんからのコメントが貰えていません。
おべんちゃらではない忌憚のない意見を聞きたいところです。
せめてお気に入りの写真は何月の花か、くらいは教えていただけませんか
お待ち申しあげております。
みかん
2017/12/12 11:29
1月の綿帽子の南天
3月のキバナハナネコノメ
4月の隅っこのエゾエンゴサク
12月のボタンヅルの果実
で、キバナハナネコノメはアップも見たい。
鹿はいい加減駆除しないと・・・・
アライグマ
2017/12/12 19:01
カレンダー、一年おきだったんですね。
私は、
3月 キバナハナネコノメ
5月 ヒダカイワザクラ
がいいなと思いました。

みかんさんの写真は、さりげなく撮っているようで、その花の特徴、咲いている環境が、わかります。味わい深い写真です。

ところで、カレンダーの印刷ですが、少し、セピアがかっていません?
あえて、この、色調にしているのでしょうか?
これが、リアルな色なのかもしれませんが、もう少し赤みを払った方が「記憶色」に近づき、きれいに見えるのでは?と思いました。
ほととぎ
2017/12/12 19:58
アライグマさん 早速にありがとうございます。

4月はエゾムラサキですが、脇役のエゾエンゴサクにまで気がついていただき、嬉しいですね。じつはこの写真、今回の中では自分のいちばんのお気に入りなのです。
ブルーの花とブルーの花の組み合わせ、何ともオシャレでしょ。現地ではそんな気持ちで撮りました。左端にあるオオイタドリの赤紫色の芽も、大事なポイントなのですよ。エゾムラサキの花びらの質感がもう少し出て欲しかったのですが、この大きさではこれが限度でしょうね。
自分のお気に入りを気に入ってもらえて、本当に嬉しいです。
みかん
2017/12/13 11:09
ほととぎさん コメントありがとうございます。

特にセピアがかってはいないと思いますが。12月あたりの色調でそのように感じたのでしょうか。印刷結果は満足のいく出来栄えだと思っているのですが。ただ表紙のような逆光のものは、注文は出して調整はしてもらったものの、原板の持つ迫力は出せませんでした。
「野の花」は1年おきですが、大判の「日本花紀行」やデスクダイアリーの「フラワーカレンダー」は写真家達の競作ですが、毎年作っていますよ。機会があればこちらもご覧ください。
花紀行では5月のエゾエンゴサク、8月のエゾノキリンソウ。
週めくりのフラワーカレンダーでは、1月のソシンロウバイ、ウメ。
2月のサバノオ。4月のヤマツツジ、タテヤマリンドウ。
9月のヒゴタイが私の写真です。
みかん
2017/12/13 11:32
 今日、カレンダーを手にしました。1年おきだったのですね。毎年のような気がしていました。
 3月 キバナハナネコノメ
 4月 エゾムラサキ
 5月 ヒダカイワザクラ

 あたりが特によかったです。ヒダカイワザクラは見たことはありませんが、濃い色の花は素敵ですね。キバナハナネコノメはこんな最盛期の状態をぜひとも見てみたいものです。
 自分はつい花ばかりに目を向けての撮影になりがちなのですが、うまく環境を取り入れての写真は素晴らしいです。あとは光を上手に取り入れての写真は流石ですね。
 今後ともよろしくお願いします。
ペン
2017/12/13 20:15
>常連さんからのコメントが貰えていません。
5年以上、皆様のブログや掲示板へは投稿していませんでしたが、
今回はコメントさせていただきます。
表紙のシデコブシ…野生種は一味違いますね。
3月のキバナハナネコノメ…自生地の状況がよく分かる素晴らしい作品です。
5月のヒダカイワザクラ…プリムラ好きにはたまりません。
9月のイブキトリカブト…未見のアコニツムには憧れています。
来年1年間、楽しませていただきます。
上州花狂い
2017/12/13 22:35
ベンさん こんにちは。

ヒダカイワザクラは何度も撮影していますが、画像を撮影した2016年5月17日は特に花期がドンピシャで素晴らしい群落でした。ケイタイをスマホに変えたばかりだったので、はじめて動画撮影もしたほどでした。動画は現場の風の音までも拾ってくれて、スゴイなと感心したことが記憶に残っています。スマホは本当に色々なことができて、つくづく優れものだと思います。データに撮影日時のみならず、撮影時間まで記録できるので、自分の足跡が良くわかります。
このブログに動画が載せられるようになると、より臨場感は増すのですけどね。データ量が半端なく多くなるから、現状では無理でしょうね。披露する場がないのが残念です。
みかん
2017/12/14 10:50
上州花狂いさん こんにちは。

わざわざコメントありがとうございます。
カレンダーを構成するには、アップもロングも入れて先ず変化をつける。誰もが知っている親しみのある花から、ちょっと珍しい種類までを入れて、オヤッと思わせる。花の色が月ごとに重ならないように、2月が白なら3月は黄色というように気を使う。草も木も入れる。海辺から高山まで、様々な環境に生えるものを選ぶ。前年のカレンダーの花と種類がだぶらないようにする。それぞれの季節が充分感じられるような花の種類を選定する。などなど、相当気配りはしています。
使う写真は13枚なのですが、最初の候補は50枚くらいの中から、ああだこうだと並び替えをしながら決定します。これに1ヶ月くらいかかります。これらの仕事は本来は出版社の編集者の仕事なのですが、このカレンダーにおいては、すべてを私が一人でやっています。良くも悪くも私の個性がそのまま出ていると思います。
編集者に任せるのは表紙の写真選びだけです。今回に関しては5点ほどの候補から、一発でシデコブシに決まりました。私の第一候補と出版社側の意見がめずらしく一致しました。あはは
このような流れでカレンダーは出来上がります。原稿書きが大変でしょう、と良く言われるのですが、原稿書きはいたって簡単、1日で書き上げます。20年近くもやっていると文字数も行数も頭の中に入っていますので、この植物に関してはこんなことを書こうか、と決めると、ほぼピッタリの文字数で書くことができます。この辺が長いこと編集者をやってきた強みでしょうか。
カレンダーの裏側の事情を書いてみました。
みかん
2017/12/14 11:28
カレンダーの写真の色調をセピアがかってるとコメントしましたが、すみません、セピアというのは、ちがいますね。
何と言ったらいいのか、コダックのエクタクロームのような色、かな?
どうも、フジのプロビアのような色、少し青みが強い色、に見慣れてしまったのか、なんか、赤寄りな色に、感じてしまうのです。
でも、これが、正確な色だとは思うのです。
ほととぎ
2017/12/14 23:56
ほととぎさん たびたびどうも。
エクタクローム懐かしい名前です。フィルムとしては最高のものだったのですが、私が常用していたエクタクロームEPRというフィルムは、製造が中止になってしまったので、私は仕方なくデジカメに変更しました。
日本のフジフィルムは発色が派手すぎて、植物写真には向いていません。以前、ベルビアというフィルムを新発売する時に富士フィルムから頼まれて、テスト撮影したことがあるのですが、ヒドイものでした。それ以降、我々プロの意見を取り入れてプロビアというフィルムが生まれたのですが、派手な発色傾向は変わりませんね。世界に名を馳せた富士フィルムも、今はデジカメ全盛の時代に変わってしまったので、最近は化粧品などに力を入れているようですが。
みかん
2017/12/17 16:10
みかんさん、ほととぎさん今晩は(^^)/〜
懐かしいフィルムの話しですね
ベルビアと言えば「本物より派手な紅葉が撮れる」フィルムと絵師さんと話していました。
紅葉以外は無理な・・・・・赤・・・
プロビアはベルビアのイメージが有ったせいか落ち着いた色に見えました。
でも改めて見ると確かに派手かもしれませんね。
素人にはエクタは地味に見えた。(ベルビア・プロビアが派手すぎる)
アライグマ
2017/12/17 19:56
アライグマさん こんにちは。
デジカメ全盛の時代になって、次第にフィルムカメラのことは忘れ去られて行くのかも知れません。フィルムの生産は極端に減少していると思います。現像所の数も少なくなりました。
私ですらもはや銀塩カメラへのフィルムの装填に戸惑うほどです。全く撮影しなくなった6×6フィルムなどは、もう使うこともないでしょう。これも時代の流れなのですね。
みかんもジイサンになるはずです。あはは
みかん
2017/12/20 12:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年カレンダー  「野の花」発売中 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる