みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 晴れ男、鹿児島を行く   きょうからスマホ写真家

<<   作成日時 : 2016/05/06 00:42   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 11

   晴れ男とか、雨男とか

   実際にはそんなことはありえないと思っている。(これがみかんの本音)

   だが、しかし、巡りあわせというものはある。

   運悪く出かけるたびに雨にたたられる人もいる。

   逆に私のように、奇跡的な晴れ男もいるのである。

   鹿児島地方の天気予報は、午前中も午後も雨100%だった。

   確かにホテルで目覚めた時は、外は雨が降っておりました。

   さすがに雨100パーセントでは、いかに晴れ男を自認していても

   もう少し寝るか、といささかのんびりのお目覚め。

   仕事をあきらめて、ケイタイ(スマホ)と折り畳み傘だけ持って

   観光へと出発した。

   だが、桜島の展望台でもある城山に到着すると


   
画像



   ガガーン、なんと晴れて来たではないか

   エッ、エッ、降水確率100パーセントだったんじゃないの?

   カメラなんかホテルに置いてきてしまったよ。

   こんな番狂わせになるなんて

   自分の運を信じるんだった、とひどく後悔。

   というのは昨日の朝も城山に来て、晴天だったにもかかわらず

   目の前にドドーンと広がっているはずの桜島が、なんと見えなかったのである。あはは

   仕方ないのでスマホで撮影。

   新調したばかりのスマホ、使い方もまだ良くわからない。

   習うより慣れろ、で、ガチャガチャ色々勝手に操作しながら覚えるタイプの私は

   ともかく適当にタッチしながら撮影する。

   今まで使っていたガラケーとは撮影方法がまるで違う。あはは当たり前か。

   でも撮れるんですよね。

   上の画像も、これからの画像もすべてスマホでの撮影である。


   
画像



   朝、まち巡りバスの1日乗車券を買ってしまったので、磯庭園へと向かう。

   昔は磯庭園という名前が普通だったと思うのだが、今は仙巌園というのが正式名称らしい。

   入場料1000円を支払って中へ。

   いちばんの目的は、ヤクタネゴヨウの現在の状況の確認である。

   多くは葉桜へと変わっていたが、入り口近くにはまだ満開のカンヒザクラの木もあった。

   それにしてもこの青空、雨100%の降水確率だったなんて信じられますか。


   
画像



   磯庭園に着く頃には、天気は増々良くなって

   錦江湾に浮かぶ桜島も身近にくっきりと望めるようになっていた。

   たびたび言うが、これが雨100パーセント予報の当日の天気である。

   園内は広く、野生植物も多い。

   見事なまでに手入れされた庭園はもちろん素晴らしいが

   私は園内の野生植物ばかりに目が行ってしまう。

   山寄りの斜面にヤブツバキが見事に咲いていた。


   
画像



   まだ季節は早いのだが、すでに色々な花が咲いている。

   リュウキュウアセビのように、植えられた珍しい種類もあるが

   タチツボスミレやムラサキケマン、キランソウなど

   早春の気の早い野生の花達も咲いている。

   何とも洒落たデザインでいつも感激するのだが

   ムサシアブムがあちこちで咲いている。


   画像画像























   これらの花々を眺めながら歩いていると

   いつしか島津家当主の別邸として使われた御殿へと到着した。

   御殿の甍が美しくうねる先、桜島の島影と重なるようにしてヤクタネゴヨウは屹立している。

   屋久島と種子島だけに自生する五葉松だが

   島津家の別邸に移植され、現在では、屋久島、種子島の中でも

   これ以上の大木は確認されていない。

   樹齢は350年と推定されている。


   
画像



   下に降りて、木の側まで行ってみよう。

   幹囲 5.4メートル

   樹高 21メートル

   じつに堂々たる樹である。

   幹の内部は空洞となり、枝の重みや台風の風圧で、主幹が西に大きく傾いている。

   そのためワイヤーで倒れないように固定されている。

   3年に1度の割で選定作業も行っているという。

   私がはじめてこの木に出会ったのは1999年のことである。

   現在は主幹の先端は止めた状態だが

   当時はまだ天に向かってぐんぐんと主幹が伸びていた。


   
画像



   このような大木になると、10年や20年くらいの経過では

   目に見える変化はほとんどない。

   17年前にはじめて見た時の印象と、姿、形はほとんど変わらない。

   大木の大木たるゆえんである。

   それにしても、手元にカメラも三脚もないことが

   こんなに地団太を踏むほどに悔しい思いになるとは


   
画像



   ミツバツツジの中では最も早く咲きだす鹿児島県の固有種

   ハヤトミツバツツジが咲いていたのである。

   花柄に腺毛があるので粘る。

   オシベは10本あり、オシベもメシベも無毛。などが花期に確認できる特徴だが

   こんなに早い時季に咲いているミツバツツジは他にない。


   
画像



   その昔、曲水の宴が開かれた山の斜面に生えているので

   この木は自生のものをそのまま借景として利用したものかも知れない。

   あるいは高隅山あたりのものを移植したものか

   由来は定かではない。

   近年、自生の木を見ることが稀になってきたハヤトミツバツツジである。

   上の画像は木の裏側から、錦江湾の青い海をあえて入れて写した1枚である。


   
画像



   よく手入れされた庭園には

   随所に様々な灯篭がある。

   自然石を利用したおもしろい形のものも多い。

   植物好きにとっては、仙巌園は1日いても飽きない場所であるかも知れない。

   それにしてもこの晴天

   雨の確立100パーセントなどという予報を出したのは何故?

   予報を信じた私が悪いのか、それとも・・・・・


   
画像



   青空の中にくっきりと浮かぶ桜島を仰ぎ見るたびに

   スマホ写真家は悔しい思いを新たにしたのだった。

   ちょんちょん。

   第1回スマホ写真家の報告終わり。












   オマケ画像


   画像画像























   左  ご存じ桜島大根                     右 親しい友人たちに旅先から画像付きのメールを
                                       送っています。スマホに変えたら画像が見られな
                                       いとか、1枚しか届かなかったの苦情多数。
                                       それもそのはず、今回と同じ大きなサイズで
                                       撮影していたのです。で、帰る時になって
                                       小さな画像に変えた最初の1枚がこの落ち椿。









   撮影はすべてスマホで撮っています。

   画像をクリックした方、ビックリしたでしょ。最初は何もわからずこんなに大きなサイズで
   撮影していたのですよ。でも、大きなサイズで撮れば、スマホ画像でも使えるかも。
   そんな可能性も秘めていますね。

   撮影は2016年3月7日から10日 鹿児島県で。この画像のほとんどが3月9日の撮影です。
   なかなかアップできなくて、今頃になってしまいました。
   コメント歓迎します。
      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
はーーーはっはーーーー(ノ;^◇^)ノ
こうなると生きた気象兵器レベルですかね。
敵国に送り込んで何時も晴れで異常乾燥になり食物も獲れないので国力を弱らせる。
・・・・・
ってそれ程の晴れ男だったら日本は滅びているか。
(〜〜;)
それにしても櫻島大根から出る菜の花・・・・面白い。
アライグマ
2016/05/06 07:22
アライグマさん おはようございます。
いつも一番乗りのコメントありがとうございます。
台風のさなか、私が着いた途端に晴れたり、台風当日の植物観察会の時、バスを降りた途端に雨がピタッと止んで、バスに乗るとザーザー降りになったり、神がかり的なこと数知れず、いつの間にか伝説の晴れ男と呼ばれるようになりました。あはは
とは言え1週間も10日も続けて撮影に出るわけですから、当然、雨に降られることもあるわけで、先日の西表島のように、たった3時間ほどでズブ濡れになり、あわや遭難か、なんてことも。あはは・・・・そのことは後日当ブログで。
みかん
2016/05/06 08:41
1枚目の写真など立体感があって鮮明でびっくり。全く手ブレしていない髭さんが撮った写真だから、ということもあるのでしょうけど、スマホのカメラ機能は凄いですね。
むっちゃん
2016/05/07 07:00
むっちゃん おはようございます。
1枚目がより立体的に見えるのは朝の斜光線のせいでしょうね。
それにしても大きなサイズで写せば、スマホもデジカメ並みなのですね。これでピント合わせが手動でできれば、まさにデジカメです。あはは
遊びのアイテムとしては高価なのが欠点かも。
みかん
2016/05/07 07:49
ヤブツバキが美しい。
この切り取り方もプロだからこそ,だと思いました。

私はスマホではなくガラケーなので,10mmレンズを付けたミラーレス一眼でGPSデータ込みの記録撮影をしていますが,ときに,デジタル一眼レフカメラよりもよい画像が得られたりします。とはいえ,つい最小撮影距離を忘れてしまって,手動でもピント位置が奥になってしまうことがあります。素人だな〜。
スマホ代わりのiPadは,まだ撮影のノウハウがわからなくて,GPSロガーとして使うのみですが,老眼の目には大きな画面が助かります。
はるこ
2016/05/09 15:00
あぁ,重要なことを書き忘れました。

みかんさんの晴れ男っぷり,神です。
はるこ
2016/05/09 15:01
はるこさん 今晩は。
GWは家でおとなしくしていたみかんです。気になっていた色々な物の植え替えを、3日ほどかけてなんとかやり終えましたが、腰が痛い。歳なんですねぇ。あはは
スマホの画像も習うより慣れろ、で、最近はもう少しうまくなったかも。微妙に露出の操作ができるのが嬉しいですね。ごく最近気がついた操作方法です。
昨日はたっぷりすぎるほどスマホで撮って、残りの電池がわずかになるほどでした。古いガラケーと比べると雲泥の差があります。
みかん
2016/05/09 18:11
こんばんは!!
珍しくご自分より気象庁を信じて、とんだことでしたね〜^^;
みかんさんの悔しさが、バンバン伝わって来ましたぁ〜(笑)
でも、こんなに立体感のある鮮やかな画像でしたら、コンデジよりずっと役立つのでは??
聞くところによると、スマホは夜の撮影でも軽々こなすそうで、
もしかしてホタルも撮れるかしら〜??(^^)/
でも今からでは、間に合いませんよね〜マスターするのが大変でしょうから〜(爆)
ちなみに、桜島大根を拡大したら、おぉ〜なんと云う巨大さ〜!!!
スマホは欲しいけど使えそうにない怖さもあり、ここ何年も、悩んで居りまーすヽ(^。^)ノ
リサ・ママ
2016/05/12 00:01
リサ・ママさん こんにちは。
さすがに雨100パーセントと言われると意気消沈しちゃいますよね。
でも、お蔭で久しぶりに観光気分を味わいました。
昔はいつもこんな旅をしていたっけ、と何だか懐かしくなりました。

今まで使っていたガラケーで充分事足りていたのですが
さすがに仕事に支障が出るようでは、と
仕方なくスマホに変えたのですが、まぁ便利なことは確かです。
みかん
2016/05/12 14:10
こんばんは。
天気予報が雨100パーセント!だったそうですが・・。
見事に晴れましたね〜。
城山の展望台からの桜島、綺麗です。
Wクリックすると、PC画面からはみだすような大きな画像!
雄大な桜島を見せて頂きました。
仙巌園のヤクタネゴヨウ、ピンクのハヤトミツバツツジ、初めて見せて頂きました。
スマホの画像、綺麗ですね〜。
私も時々撮りますが、なかなか難しいです(笑)

2016/05/12 22:55
心さん おはようございます。
最初は何も知らずに、こんなに大きなサイズで撮影してました。
自分でも1枚目の画像を見てビックリしました。あはは
今はずっと小さなサイズで撮影しているので、昔のガラケー仲間にも
画像は何枚も同時に送れています。
スマホの撮影もやはり慣れだと思います。回数を重ねれば上手くなりますよ。
頑張ってください。
みかん
2016/05/13 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
晴れ男、鹿児島を行く   きょうからスマホ写真家 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる