みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サヨナラ携帯写真家  これが最後の画像です

<<   作成日時 : 2016/04/05 20:15   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 23

画像



   このブログのほとんどが、長年愛用してきた携帯電話で撮影した画像でやってきた。

   いわゆるガラケーと呼ばれる携帯電話である。

   何台か乗り換えはあったものの、ずっとガラケーで通してきた。

   ところが今年になって、のっぴきならない不便が生じることとなった。

   みかんが使っている携帯電話の機種が古すぎて、仕事で頻繁に利用していた新幹線のチケットが

   いま使っている携帯電話では予約できなくなってしまったのである。

   頻繁に新幹線を利用するみかんは、我が町の駅から電車に乗った段階で、携帯から新幹線のチケットを

   手配するのが常だった。

   新幹線の予約システムがバージョンアップになった段階で、みかんが使っている機種では対応ができなく

   なってしまったのである。

   さぁ大変、これは困った。どうしよう。

   いろいろ考えた末に、特別に必要でもなかったのだが、スマホに変えることにしたのである。

   サヨナラ、携帯写真家である。

   今回の画像は、長いこと慣れ親しんだ携帯電話での最後の撮影となってしまった。


   
画像



   場所は沖縄県の八重山諸島、西表島と石垣島での撮影である。

   西表島はまさに新緑の季節

   芽吹きの緑が瑞々しかった。

   撮影は2016年2月22日〜25日である。

   多い時は年に数回は訪れる西表島、石垣島だが

   この時は天候に恵まれなかった。

   1日中雨と言う日はなかったものの、曇ったり、ザーッと雨が来たり

   すっきりと晴れた日は1日もなかった。

   晴れ男を自認しているだけに、いささかガックリの日々だった。


   
画像



   テリハノギクは西表島に生える唯一の野菊で

   最盛期は12月頃なのだが、まだまだ綺麗に咲いている株もあった。

   名前の通り葉に光沢があるのが特徴である。

   画像では雨に濡れているが、晴れていてもこのような光沢がある。


   画像画像

























   上の2枚の画像はナガバイナモリである。

   この花もどちらかと言うと冬の花なので、最盛期は1月頃までなのだが

   まだまだつぼみも多く残っていた。

   亜熱帯に属する西表島の植物の多くが、花期がだらだらと長く続く特徴がある。


   
画像



   オキナワテイショウソウも冬の花である。

   花穂の先端部分の花はすでに終わっているが

   花茎の元の方では、まだ花盛りの株も多かった。


   
画像



   リュウキュウツワブキは海岸に生えるツワブキが

   山地の渓流沿いに登って、急流に適応した葉の形に変化したものである。

   やはり冬の花なのだが、この季節でも結構花が見られる。

   画像で注目して欲しいのは、やはり根元に広がる葉の形である。

   海辺に生えるツワブキとは多いに趣を異にしている。


   画像画像
























   上の左画像のクワズイモは食用にならないのでこの名があるが

   都会では観葉植物として良く知られている。

   サトイモ科だから画像のような花が咲く。

   クリックして仏炎苞に包まれて咲く花がわかるでしょうか?

   右画像は、大きな花を重そうに下向きに咲かせているリュウキュウバライチゴである。

   木苺の仲間ですから、今頃は黄色く熟した果実がたわわに実っているはずです。

   もちろん食べられますよ。


   画像画像
























   今回の白浜林道では、いちばんの目的が上の2枚の画像のギョクシンカであった。

   たまたま石垣島の港で、白浜の金城旅館のおかみさんから声を掛けられた。

   まったくの偶然だったのだが、たまたま石垣島に来ていたおかみさんが私に気がついて

   声をかけてくれたのである。

   西表島では私が常宿にしている宿のおかみさんである。

   おかみさんは植物に詳しい。

   明後日白浜林道を歩く予定なんだとおかみさんに話しをすると

   いま咲いている花の情報をくれたのである。


   
画像



   私が生まれてはじめて西表島を訪ねたのは

   まだ沖縄が日本に返還になる前だった。

   なんの知識も持たず、セイシカという花が見たいがための無謀とも思える旅だった。

   はじめて使うドルに戸惑いつつ、西表島に渡った。

   そして出会う植物の多くに、ビックリの連続だった。

   そんな植物のひとつに上の画像のコウトウシュウカイドウがあった。

   ジャングルの中の苔むした岩に着生したベゴニアを見つけて

   とにもかくにもビックリしたのである。

   当時の私の知識では、ベゴニアは完全に園芸植物だと思っていたからである。

   そして、さらにビックリしたのは、当時祖納(そない)にたった1軒だけあった宿で

   コウトウシュウカイドウの漬物が出たことであった。

   西表島にはコウトウシュウカイドウの他に、あと1種類マルヤマシュウカイドウという

   葉に大きなギザギザがあるベゴニアがあるが、そのどちらも地元では

   葉柄の部分を漬物として食べていたのである。

   そんなはるか昔のことを思い出しながら、目の前に咲きはじめたばかりの株に

   携帯電話を向けたのである。


   
画像



   今回の旅は、7年ほど続けてきた朝日カルチャー教室の特別バージョンである。

   参加者の誰もが完成をあげたのが、上の画像のフトモモである。

   花期としてはあきらかに早いのだが、何輪か咲いていたのである。

   フトモモは果樹である。もともと西表島に自生していた木ではない。

   栽培していた果樹が逃げ出し、今では相当山奥深くまで自生状態になっている。

   花は雄しべが多数丸く咲くので、異国情緒たっぷりの花となるのである。


   
画像



   花のことばかり書いてきたが、南国特有の木のことにも少しだけ触れてみたい。

   マングローブのことは以前に書いているので

   今回はサキシマスオウノキのことに触れたい。

   恐竜の背骨を思わせるような大木、上の画像がサキシマスオウノキである。

   マングローブが生えるような泥湿地に生える。

   板根が極端に発達する特異な木である。

   高さは20メートルに達する常緑高木。マングローブ林や海辺の泥湿地に生える。

   潮が満ちてくれば根元が海水に浸かるような場所に生える。

   そのため、つっかい棒の役目となる板根が発達するのである。

   昔はこの板根を使って、船の櫂を作ったりしたそうである。

   では、どのくらい板根が発達するのか、次の画像を見ていただこう。

   側にいる人と比べて見てください。


   
画像



   画像画像
























   こんな大木が、場所によっては何本も生えているのである。

   板根の高さは人がすっぽりと隠れてしまうほどの高さになる。

   ここは観光客などが来る場所ではないが、何本もの大木が林立していた。

   上の右画像は、大木の途中から芽吹いた葉である。

   サキシマスオウノキはこのような厚くて常緑の葉をつける。

   仲間川の遊覧船に乗れば、西表島で最大のサキシマスオウノキを見ることもできる。

   こちらは観光客向けである。


   
画像



   翌日は石垣島を観光して回ったのだが

   参加者の関心はどうしても植物に向く。

   織物工房を見学しても、焼き物工房を見学しても

   アレッみんなの姿が見えないなぁ、などと思っていると

   すぐ側の海岸の、オオハマボウの花の傍らに全員がいたりする。

   野生の植物が好きな人たちの思いは、みな同じなのである。


   画像画像


























   昼ご飯は地元の食材を使った特別なランチをいただいた。

   ここでなければ食べられないような、ちよっとレアな昼食なのだが

   なかなか好評だった。

   玄関前の水鉢にさりげなく浮かべられたハイビスカスの花に

   おもてなしのセンスの良さが光っていた。


   
画像



   黒真珠が育つ川平湾では、グラスボートに乗って珊瑚の色々や

   熱帯魚の数々も堪能した。

   石垣島の代表的な観光コースなのだが、今年は広い駐車場もできて

   大型バスでもゆっくりと停車ができるようになっていた。










   多少急ぎ足だったが、西表島と石垣島の花々を紹介した。

   長いこと愛用してきた携帯電話での最後の撮影である。

   植物の数はもっとたくさんの花々を見たのだが、講師の手前ゆっくりと撮影しているわけにもいかず

   携帯でパシャパシャとやっただけである。

   本業用の三脚もデジカメも、もちろん持参はしたのだが、今回はデジカメでは1枚も撮影しなかった。

   こんなことは初めて、天気がいまいち、ということもあるが、非常に珍しいことである。

   だから、というわけではないのだが、今月19日から26日まで、今度は1人で西表島に行ってきます。

   今度はすべてが自分のための時間なので、じっくりと撮影してきます。

   乞うご期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
スマホに変えたのは新幹線の予約のためだったのか。
(∩_∩)
σ(^^;)はもっと維持費が安くならないとスマホには変えないよ。
アライグマ
2016/04/05 21:41
アライグマさん こんにちは。
スマホにした第一の理由はそれなのですが
携帯の画像と比べると写真がまた格段に進歩しているのですよ。
フルサイズで撮れば、仕事としても使えそうなレベルです。
恐るべしスマホですね。
みかん
2016/04/06 11:29
新幹線のチケット予約の必要性から,スマホに…そういう理由でしたか。
端末製作するメーカー側,そして,ガラケー向けにソフトウェアを作る会社からすると,スマホにしてもらった方がラクですものね。
どんどん切り捨てられていく,ガラケー(涙)。

私はガラケー+タブレット端末です。
みかんさんほど外出しないので,家ではパソコンですし。

タブレット端末(iPad)で便利に使っているのが,GPSロガーです。
植物を求めて道無き道を彷徨うとき,迷子にならないし,あとで,彷徨った場所を確認しやすいのがお気に入りです。
携帯電話回線の通信ができない場所でも,記録できるので便利です。
私はいつも通信をオフにして,歩いた場所のログ記録しています。

(機材の話はさておき)テリハノギク,ほんとに照り照りなんですね。

1972年(でしたっけ?),沖縄が返還されるというニュースは子供心に覚えていますが,その意味を知るのは成人してだいぶ経ってからでした。
はるこ
2016/04/06 14:07
みかんさんおはようございます。

本当なら昨日は納古山のヒカゲツツジでした。
今年から新しいこうざのさんか・・・
カルチャーって感じがしないです〜。

西表島は行事の関係で不参加。
皆さんの姿を思い浮かべながら読ませて頂きました

みかんさんもガラケーが諸事情で使えなくなる・・・
最後の記念すべき画像なんですね。
大きくしてじっくり見入っていました。

19日からの西表島・・・思う存分写真を撮ってきて下さいね〜。
ぐーま
2016/04/07 05:36
はるこさん 今晩は。
当時のビザが記念にとってあり、日付を見たら出国は1972年2月27日でした。
帰国が3月6日ですから9日間の旅行だったわけです。当時はサラリーマンでしたから
よくこれだけの休みが取れたと思います。
持参したキャッシュが180ドルと書かれています。最も1ドルが360円くらいの時代ですから、この金額で何とかなったのでしょうね。
今の若い人は沖縄が外国だったなんて信じられないでしょうね。那覇空港の側の海が、見事なまでの珊瑚礁でしたが、現在は埋め立てられて当時の面影は微塵もありません。確かこの年の夏頃に日本に返還になったような気がします。
みかん
2016/04/07 16:44
ぐーまさん 今晩は。
納古山は健脚向きと案内のパンフレットに書いたためか、途中でのキャンセルもあり中止にしました。天気が良かったのに残念でした。多分6月の清里が最後になると思います。
ぐーまさんのようにガラケーで充分事足りていたのですが、新幹線のチケットが取れなくなるのが何よりの痛手でした。バージョンアップでは座席まで指定できて便利なのですが、スマホの利用代金の方が心配です。あはは
みかん
2016/04/07 16:55
これから髭さんがアップするスマホの写真が楽しみです。私はまだガラケー、スマホはすぐにバッテリーが空になるし、投げると壊れそうで・・・、でも、周囲のみんながスマホで、私も買い替えを検討中です。。南の島、いいですねぇ、髭さんは南の島と北海道、どちらが好きですか?
むっちゃん
2016/04/07 20:36
むっちゃん こんちは。
花見弁当の最盛期もそろそろ終わるのでは。
先日のげんちゃんには思わず噴き出してしまった。あまりにいい話しすぎて、肝心の散った桜の画像にコメントしそこなってしまったよ。
髭さんは南の島も北海道もどっちも好きです。何しろ欲張りですから。あはは
西表島から帰ったら、5月はもちろん北海道です。飛行機のチケットだけは手配済みだけど、まだどこに出掛けるか、雪の解け具合によって決めるので、行先は今のところ未定です。一緒に行く友人が四駆のレンタカーだけは手配済みです。
スマホのバッテリーはすぐ空になる、というのは過去の話し、今のは結構持ちますよ。バッテリー切れになったことはまだ1度もありません。
みかん
2016/04/08 14:25
携帯からスマホに進化ですか。
楽しみにしています。
やまそだち
2016/04/10 17:05
やまそだちさん 今晩は。
まだスマホに慣れなくて、電話がかかってくるとドギマギします。
携帯なのに電話の出方がわからない。あはは
画像的には良いのですが、ピントのシャープさに不満が残ります。
みかん
2016/04/10 22:49
さよなら、携帯写真家
そして、こんにちは、スマホ写真家、ですね!

西表島、懐かしいです。
学生のころですから、かれこれ、30年以上前、春休みに、一度訪れました。
今は、ずいぶんと変わってしまったでしょうねぇ。
マルヤマシュウカイドウは、その名を見て、思わず丸山集会堂?って思ってしまったので、妙に、記憶に残っています。
サキシマスオウノキの板根もなつかしいなあ。
また、いつか、ゆっくりと訪れたいです。
ほととぎ
2016/04/12 23:47
はじめまして。
今まで携帯の画像を楽しませて頂きました。
次回からは、スマホの画像ですね。
西表島と石垣島、まだ行ったことがありません・・。
南国の花は鮮やかですね。
フトモモの花、沢山の蕊が美しいですね〜。
サキシマスオウノキ、驚くほどの板根です!

19日からは西表島にお出掛けだそうですね。
みかんさん、スマホの画像を楽しみにしてます♪

2016/04/13 23:43
ほととぎさん こんにちは。
気持ちいい季節になりましたね。新緑も輝きはじめました。
本来なら最も清々しい季節なのに、熊本県を中心にした地震による災害の被災者のことを思うと、暗い気持ちになってしまいます。
慣れ親しんだ阿蘇地方も各地で山崩れ等、報道される画面を見ていると、何度も通った場所や温泉地が取り残されていたり、この場所に自分がいた可能性も充分あるだけに、暗澹とした気持ちにさせられています。
一刻も早く地震が収まることを祈っています。
みかん
2016/04/16 15:15
心さん こんにちは。
ようこそお越しくださいました。コメント歓迎します。

西表島は年に何回も訪れる場所のひとつです。何年通っても飽きることがありません。植物的には非常に面白い特異な場所なのです。今回は自分1人だけなので、じっくり、ゆっくりと楽しんでくる予定です。
スマホの画像にはまだ慣れていませんが、何か面白いものがあったら、また報告しますね。今後ともよろしくお願いします。
みかん
2016/04/16 15:20
みかんさんは阿蘇地方にお知り合いも多いのでご心配ですね。
皆様のご無事と植生が壊れないことを祈っています。
(-◎_◎-)
アライグマ
2016/04/16 18:10
アライグマさん 今晩は。
今も大きな余震が続いているので、とても心配です。
まだこんな状況なので、熊本の友人には電話を入れていません。電話するのも正直怖いですね。繰り返しテレビで写される場所の多くが、何度も訪ねた場所だったりするので、余計に心が痛みます。
早く収まって欲しい。願うことはこれだけです。被害がこれ以上大きくなりませんように。
みかん
2016/04/16 21:50
みかんさん、こんばんは。
かげろうの実家は熊本です。実家は和水町で玉名市に近い方ですので、幸いにも被害はありませんが、従弟は熊本市内(瓦が落ちたそうです―2年前ぐらいに脳梗塞)、宇土市(従弟)、益城町(家が崩壊したようです)にも親類があります。
幸いにも、皆一応元気らしいですが、長引くとやはり心配です。

地震のたびに心を痛めております。(寝不足ですが・・・道路が崩壊しているので、早く回復してほしいです)

次回からは、スマホの画像になるのですね。楽しみにしております。
かげろう
2016/04/20 20:05
かげろうさん 今晩は。
熊本、大分の地震、収まる気配がないですねぇ。
テレビの速報が流れるたびに心配しています。
少しずつ復興はしているようですが、早く終息してほしいものです。

しばらく西表島に出掛けていて、コメント返しが遅くなりました。
みかん
2016/04/29 20:12
携帯最後のお写真素適です。





ちごゆり嘉子
2016/05/03 15:07
そろそろエゾエンゴサクの季節か・・・・・・・・
いや唯の独り言です。
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ
アライグマ
2016/05/03 22:17
ちごゆり嘉子さん 今晩は。
良い季節になりましたね。
いつもコメントありがとうございます。
みかん
2016/05/05 18:39
アライグマさん 今晩は。
昨日札幌の友人が私のお気に入りの場所を下見して来てくれました。
まだ雪が多くフキノトウの世界、周りで少しエゾエンゴサクが咲きだしていて、カタクリはすべてつぼみ、咲いているのは1輪もなかったそうです。
これからの気温にもよりますが、今年はカタクリとエゾエンゴサクの競演がバッチリのような気がしています。
14日からしばらく北海道に行ってきます。楽しみにお待ちくださいませませ。
みかん
2016/05/05 18:47
大きな独り言が聞こえたようですね。ヽ(´ー`)ノ
期待して待っています。
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ
アライグマ
2016/05/05 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
サヨナラ携帯写真家  これが最後の画像です みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる