みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道大雪山   神々の花園

<<   作成日時 : 2015/07/18 21:29   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 29

画像




   北海道の屋根とも言われる大雪山は、ひとつの山の呼び名ではなく

   北海道の最高峰の旭岳(上の画像)をはじめとした連峰の呼び名である。

   だから大雪山という名前の山があるわけではなく、北鎮岳、白雲岳、黒岳などの

   連峰を総称して大雪山と呼ぶ。

   いまもモウモウと白煙をあげる活火山である。


   
画像




   その昔、アイヌは大雪山のことをヌタクカムウシュペと呼び

   神々が住む神聖な山として崇めた。

   ヌタクカムウシュペとは、神々の住む湿地や沼の多いところ、の意味である。

   広大な大雪山には、いたるところに高層湿原や池塘が

   まるで象嵌されたように無数に点在する。

   それらの場所が、花の宝庫となって

   お花畑がえんえんと続くのである。

   大雪山の魅力は、1にも2にも、先ずえんえんと咲き続くお花畑にある。



   
画像




   とりわけチングルマはその量が多く

   歩けど歩けどチングルマ

   行けども行けどもチングルマ、といった場所が多い。

   その花の数は、おそらく日本一だろう。

   数えきれるほどの量ではないのである。

   木道や登山道の両側がえんえんとチングルマで

   なんでこんなに花が多いの、と厭きれてしまうほどなのである。



   
画像




   草丈が10センチほどに見えるチングルマは

   代表的な高山植物である。

   草のように見えるが、チングルマは草ではなく、れっきとした樹木

   木なのである。

   だから雪が解けて、先端の葉を広げると

   中にはつぼみが用意されているので、みなが申し合わせたようにいっせいに咲く。

   それゆえ、えんえんとした大群落となるのである。



   
画像




   上の画像は旭岳の山麓だが、この無数に咲く白い花が

   すべてチングルマなのです。

   クリックして大きな画面で確認してください。

   驚くべきことに、ここは大雪山の中では

   それほどチングルマが多い場所ではないのです。

   もっともっと量の多い場所があるのです。

   その代表的な場所のひとつ、裾合平に向かって

   大雪山がはじめて、という友人を連れて今歩いています。



   
画像




   少し花に近づいてみました。

   チングルマは端正な五弁の白い花です。

   ひとつの花の命はそれほど長くはなく

   大群生地でも1週間は持ちません。

   それゆえ、花の素晴らしい時は、雪解けに左右され

   年によって随分と変わるのです。

   花の的確な時季を選ぶことはなかなか難しく

   北海道からは遠い愛知県に住んでいては

   いかにネットの情報等が発達していても

   まさにピッタリとは、なかなかいかないものです。

   実は、今回は大失敗でした。

   花の大群落の中を、えんえんと歩くつもりが

   なんと花が1輪も咲いていなかったのです。

   広大な平原は、雪が解けたばかりでまっ茶色でした。

   ただただ唖然。

   こんなこともあるのです。



   
画像





   仕方ないので友人には、上のような群落の規模の百倍くらいの面積に

   真っ白く咲いているんだよ。と説明して、なんとか納得はしてもらったけど

   今年は例年よりあきらかに残雪の量が多かったので

   もっと早く、途中で引き返すべきだったのかもしれない。

   余談になるが、私のデビュー作は『大雪山の花』という本である。

   1983年に文化出版局から発売された。

   この本のために、青春のすべてを注ぎ込んだ、と言っても過言ではない。

   雪解けの季節から新雪が来るまで

   山小屋に数年間こもって、大雪山の道のない場所まで

   隅々まで歩いた。

   人一倍の体力で、当時60キロを超す荷物を背負って山を登っていたなんて

   いまでは自分でも信じられないほどである。

   ヒグマにも何度も出会っています。

   毎朝恒例のように小屋の近くに出没していました。

   その後も、ことあるごとに大雪山には通っている。

   すみからすみまで知っている山のひとつである。

   今回は山慣れていない友人と一緒だったので

   大雪山のごくごくさわりの一部分だけだったが、雰囲気だけは充分感じとってくれたのでは

   と思っている。

   ちなみに大雪山では、どの花も規模が大きく

   半端な量ではない。キバナシャクナゲもエゾノツガザクラも、エゾイソツツジも

   それこそぐちゃぐちゃ咲いている。

   そんなほんの一端をお見せしよう。



   画像画像





















   
画像




   画像画像
























   これは今年見た花のごく一部である。

   もちろん仕事で、花を写すために登っているのだから

   まだまだたくさんの花を撮っています。

   今回のブログは、それでも大サービス、群落の迫力をお見せしたいために

   本業用のデジカメ画像も多用しています。

   無断使用厳禁、勝手に使用すると損害賠償請求をします。ご注意ください。

   撮影は2015年7月9日〜10日 北海道の大雪山で

   いつものケイタイ画像の他に、デジカメ画像も多いので、クリックして

   お花畑の臨場感もお楽しみください。

   気が向けば、次回、知床かも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
迫力ある画像をありがとうございます。今年こそ行こうと思っていた山なのです。事情があり行けなくなりました。代わりにここで見せて頂いています。圧倒的な群生を目の当たりにしたい欲望渦巻いてきました。
ぐちゃぐちゃ咲いているという表現が余計に咲いている感があります。
流れ星
2015/07/19 10:03
流れ星さん こんにちは。
同じ日に高知のHさんたちは、我々とちょうど反対側から大雪山に登っています。
本来なら白雲岳で合流するつもりだったのですが、何しろ今回は初心者を連れていたので、大雪山の表側を少し歩いただけでした。
この後、知床でどうしても撮影したい花があり、原生花園をあちこち巡りながら、知床へと向かいました。
大雪山の素晴らしさは、白雲岳のさらに奥、忠別岳からトムラウシ山にかけてですが、そこは完全に登山者だけの世界になります。
みかん
2015/07/19 12:05
北海道の,大雪山,と聞くだけで,あこがれの気持ちがわき上がります。
NHKの山旅番組で見た大雪山で「体力的に自分には行けそうにない山だなぁ」と思いました。だから,ここでチングルマの群生を見せていただけて,うれしい。
テレビだと植物は数種類が近接撮影で数秒,という扱いなので,静止画で全景も近景もじっくり見られる方がうれしい。
ありがとうございます。
はるこ
2015/07/19 14:31
はるこさん こんにちは。
この画像のチングルマの群生地までなら、はるこさんも充分行けると思いますよ。ロープウェイの駅から歩いて1時間もかからない場所です。観光客の多くは、ロープウェイの駅周辺の池だけをぐるっと回って帰る人がほとんどですが、ほんの少し足を延ばすだけで、大きなお花畑が見られます。
みかん
2015/07/19 15:11
やはり、北海道はスケールが違いますね。
北海道ももう一度ゆっくり回りたいのですが、なかなか実現できません。
やまそだち
2015/07/19 18:15
良いなーーーーーーーー
ヽ(´ー`)ノ 以上
アライグマ
2015/07/19 18:44
やまそだちさん 今晩は。
北海道の中でも大雪山のスケールは特別のもののような気がします。
特に花の群落の規模においては他を圧していますね。
ロープウェイを降りただけで、もうお花畑ですから、ある程度年齢が行っても
ここのお花畑巡りは可能だと思います。
みかん
2015/07/19 21:51
アライグマさん 今晩は。
大雪山は良いよーーーーーーーー。
みかん
2015/07/19 21:53
みかんさん、こんばんは。
北海道はいいですね〜お花畑、一度は出かけてみたい。でも何処へ行けば良いかわからないかげろうには難しいです。
今年のなって、色々と健康診断で要注意、先日は眼底検査の結果、紹介状が来ましたので、いつか眼科受診します。

画像で楽しませて頂きます〜有難うございます。
かげろう
2015/07/20 03:58
かげろうさん おはようございます。
年齢とともに色々なところに不具合が出てきますね。みかんも糖尿病からくる足のしびれに悩んでいます。歩くのに支障があるわけではないのですが、食後に薬を飲んでいます。昼食後は忘れてしまうことが多いのですが。明日は負荷心電図を撮って検査です。
いつまでも健康で山を登り続けたい、と思っているのですが。
みかん
2015/07/20 07:51
なんて壮大な風景やろぅと、舌を巻きましたぁ〜☆
若い時から体を鍛えて置けば、もしや、自分でも行けたでしょうかねぇ〜(笑)
でも、ブログで拝見できただけでも、大満足ですぅ〜(喜)
『大雪山の花』ぜひ、古本屋さんを探してみたいと思いまーす(^^)/
リサ・ママ
2015/07/23 23:27
リサ・ママさん おはようございます。
今回は残雪が多かったせいもあり、かなり風景写真も撮りました。
友人から植物写真家ではなく、今回は風景写真家だね、などと言われるほどでした。花の写真ももちろんたくさん撮りましたが、風景的なものが多かったですね。というのは初めて見るようなものは何ひとつなく、よほど個体が良くないと写さないからです。運が良ければ『大雪山の花』は古本屋さんで見つかるかも。
みかん
2015/07/24 07:43
こんにちは。
大雪山、素晴らしいですねー。チングルマの大群生!!夢のような光景ですね。
数年前運よく銀泉台から層雲峡まで縦走し、たくさんの花に初めて出会い感動しました。みかんさんのブログで、ぜひまた行きたい場所になりました。でも歩けるかなー?
みえ
2015/07/24 10:01
はははっ
ネットで探したら見つかったのでポチッとな。
大雪山の花 ヽ(´ー`)ノ
アライグマ
2015/07/24 20:39
みえさん おはようございます。
大雪山は銀泉台から登る人が多いですね。このコースは登りやすいうえに、大雪山の特徴的な花をほとんど見ることができるので、人気のあるコースです。私の四国の友人たちも同じ日に、このコースを登っています。
大雪山はどのコースから登っても、あふれるほどの花の大群落に出会えるので、花好きにとっては何度も訪ねたい山のひとつですね。
みかん
2015/07/25 09:45
アライグマさん おはようございます。
昔なら古本屋めぐりをしなければならなかったのに、今は便利になりましたねぇ。
パソコンの操作だけで良いのですから。
今となっては稚拙さが目立つ本ですが、随所に私らしさがあふれている本でもあります。装丁、レイアウトから文字校正まで、すべて自分でやったという、写真家というより編集者目線の本でもあります。
髭さん
2015/07/25 10:54
↑のハンドル名を間違えてしまった。

 髭さん=みかん です。同一人物です。アハハ
みかん
2015/07/25 11:02
先ほど届きました。
表紙が少し日焼けしていますが中は大丈夫でした。
みかんさんからの写真の常連の花たちが色々出ていて
ますます行きたくなりました。
_〆(..)メモメモ
アライグマ
2015/07/26 20:54
お久しぶりですが、いつも拝見はしています!
私もここは大好きでもう10年以上通っています! 今年は関東が異常に花の開花が早くて北海道もそんなつもりで行ってとっても悲しかったです(笑)
昨年のここはちょうど前日満開になったというチョーラッキーな日だったのですが今年はすべてが雪の下! そして去年のチングルマの綿穂が一面に残る不思議な場所があったりと行けども行けども雪! エゾコザクラも登山道沿いにポツンと何りんか咲いてる程度でした。 あまりの違いに愕然でした! でも旭岳周辺ではほかの場所では見られなかったエゾノツガザクラとチングルマのコラボが見られてとっても嬉しかったです! 自然現象ですからしかたないですが、やっぱり花の海は見たかったです・・・又来年です!
余談ですが「レッドデータプランツ」購入しました。
みちほ
2015/07/27 10:12
歩けど歩けどチングルマ、行けども行けどもチングルマ・・・想像もつかないような大雪山のお花畑。冷たい空気と花の香りが漂ってきそうです。
エゾイソツツジもいいですね。
せっかくの大きい画像、私の23インチのモニタでは残念ながら半分づつ・・・
大画面で一度に見られたら・・・きっと、自分もこの場所に立って時を忘れ撮影しているような錯覚におちいりそうです。
ケイ
2015/07/28 00:54
アライグマさん おはようございます。
中身の印刷もまぁまぁうまく行ってると思います。
また読んだ感想など聞かせてください。
みかん
2015/07/28 09:39
みちほさん おはようございます。
今年の裾合平はほんとに残念でしたね。あんなに雪解けが遅れているとは思ってもみませんでした。ただ途中の残雪の量も多かったので、一抹の不安もあったのですが、到着してビックリでした。
一昨年カルチャー教室の生徒を連れて行った時は、まさに最盛期で行けども行けども大群落でした。この頃は気候が変で、通いなれた大雪山でも全く予測がつかなくなりました。花たちに変化が現れなければ良いのですが。
みかん
2015/07/28 09:47
ケイさん おはようございます。
今日これからまた北海道です。今回は高い山ではなく釧路の海辺に行ってきます。先週も行ったのですが、探しものが見つかりませんでした。今回うまく見つかると良いのですが、可能性はかなり低いのです。貴重な絶滅危惧植物なので、なんとか見つけたいのですが。それにしても電車で移動だと、釧路は結構時間がかかります。
花の多い海辺なので、先週よりもさらに色々な花が咲いていると思います。良い結果をみなさんに報告できると良いのですが。それでは行ってきます。
みかん
2015/07/28 09:56
こういう写真を見せてもらうと、くそ暑い厨房を抜け出して北海道に行きたくなります。20代の頃、旭川に10日ほど滞在したことがあるのですが、大雪山は遠くから眺めただけです、もう一度行って山を歩き花や虫と戯れたいです、熊は絶対遭遇したくないけど。
むっちゃん
2015/07/28 21:55
むっちゃん 久しぶり。
昨日の夜、北海道から帰ってきました。北海道も気温は高くないものの日中は結構暑いんだよ。おでこが日に焼けてヒリヒリ痛いです。それにしても何とかならないの、と文句を言いたいのはJR北海道の特急車内、冷房がきいてるのか壊れているのかともかく暑い。汗で背中はぐしょぐしょ。これに4時間以上も乗っているのが最大の地獄でした。行きも帰りもそうだったから、サービスとは、なんて考えていないのでしょうね。それと電車の窓くらい掃除をせい、と声を大にして言いたい。ガラス窓なのに汚れで外が良く見えない。つぶれるのは時間の問題、とささやかれていますが、さもありなん。と前回も今回も思いました。
みかん
2015/07/31 12:16
窓から見える景色は、ビル群ばかりで、雄大な景色と素晴らしい色合いに心癒されました。ありがとうございます。
さなえ花の庵
2015/08/02 16:43
ワォーッ、さなえさんからだ。
何より嬉しいコメントです。
それだけ元気になられたということですね。それでは早速、さなえさんのために
これから頑張ってブログの更新をしますね。
みかん
2015/08/02 17:45
旭岳なんですね。
私がはじめて高山植物を知った場所です。まだカメラも持ってなく、でも何とかなにかに残したくてロープウェイのチケットの余白に必死に小さくスケッチした、あの思い出の旭岳。あのときの感動をわすれていました。
ありがとうございました。
shuku
2015/08/04 11:53
shukuさん 今晩は。
shukuさんの高山植物の原点はここだったのですか。ロープウェイのチケット、残っていれば大切な宝物ですね。
誰でもそんな宝物を持っていると思いますが、人間は大切な宝物も時として忘れてしまうことがありますね。でも、何かのきっかけでそれを思い出す。それもまた素晴らしいことだと思います。
みかん
2015/08/05 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道大雪山   神々の花園 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる