みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ササユリ   Lilium japonicum

<<   作成日時 : 2015/05/30 20:25   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 14

画像



   学名のヤポニクムが示すように

   日本を代表するユリのひとつである。

   本州の中部地方以西と、四国と九州に分布する。

   毎年のようにササユリの追っかけをしてきたが

   今年はもういいや、と考えていたのだが

   ササユリが咲きだした、と聞くと

   1回くらいは見に行こう、という気になった。


   画像画像





















   まだ固いつぼみも多かったが

   思いのほかたくさんの花が咲いていて

   もう散りかけているものもあった。

   例年と比べると、やはり花期は1週間ほど早いようである。


   
画像



   毎年、毎年、何度もササユリの追っかけをしていると

   だんだんと贅沢になり

   なまじの花には感動しなくなる。

   今日咲いたばかりの新鮮な花

   それも葯がひらいて、花粉がこんもりと丸く

   まだ風に吹かれず、花弁に花粉が付着していない新鮮なもの

   そんな花を求めて

   いくつもの花を見てまわる。

   そして今日のスーパースターは下の画像のユリだった。


   
画像



   百輪近くのユリの花を、次から次へと見てまわり

   たどり着いた究極のユリの花である。

   ただ生えていた場所が急な斜面で

   かろうじて近づけた株だっただけに

   自由なアングルを選ぶことができなかったことが残念である。

   でも、新鮮さは充分に感じていただけることと思う。


   
画像



   きょうは2ヶ所の自生地を見てまわったが

   最初の自生地でのお気に入りは

   上の画像のユリだった。

   これが今日咲いたばかりの新鮮なユリの花である。

   この株を見つけて、きょうのスーパーモデルはこの株、と思っていたのだが

   上には上がいるものである。


   
画像





   上の画像は、きょう訪れた2ヶ所目

   愛知県の乳岩峡というところである。

   水量は多くはないが、透明度の高い冷たい水が流れている。

   目的のメインはササユリであるが

   ササユリばかりを見ているわけではない。

   咲きはじめたスイカズラ(下の左画像)や、コアジサイ(下の右画像)の小さな花の塊りなどを楽しんだ。


   画像画像




















   お昼は川の下流で食べたが

   渓流植物の代表、サツキがまだ真っ赤な花を咲かせていた。

   岩の割れ目のわずかな隙間に

   根を深く食い込ませて、多少の増水では流されない強さがある。

   一時と比べると、ここのサツキは少し減ったかな

   と感じられた。


   
画像



   画像画像




















   山道を歩いていて、オヤッと思う花があった。

   ツルアリドオシなのだが

   普通は左画像のような白い花が咲くのだが

   右画像のような淡紅色のものがあったのである。

   これからが花の季節だが、赤い果実も同時に見られる山地の植物である。

   白い花は結構どこでも見られるが

   淡紅色の花は初めて見た。


   画像画像




















   今の季節、花の種類はそれほど多くはないが

   歩けば、いろいろな花に気が付く

   やや小型だが、シライトソウが群生している場所があった。

   ほんの狭い一角ではあるが

   たくさんの花が咲いていた。

   クリックして大きな画面でどうぞ。


   
画像



   そんなこんなで、きょうも楽しい1日だった。

   最後に気をつけていても、そこに花があることを確信して見ないと気がつかない

   小さな野生蘭、ヨウラクランを紹介しよう。

   この状態が花盛りの姿である。

   1輪1輪の花は、ルーペで見ないとわからないほど極めて小さい。


   
画像










   撮影は2015年5月30日 愛知県内の各地で

   画像はクリックすると大きくなります。大きな画面でもどうぞ。

   毎度のことですが、初めての方のコメントは大歓迎です。

   気楽な気持ちで感想など聞かせてください。

   画像はすべて携帯電話に付いているカメラでの撮影です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ありゃま、サツキが渓流植物の代表格だ何て初めて知った。
普段、町の街路樹扱いだからなーーーー
自然環境なんて想像出来なかった。
(〜〜;)
アライグマ
2015/05/30 22:11
羨ましいなあー、色んな花が見られて・・・
ツルアリドオシもシライトソウも見たことないかもしれない。

花色代わりを見つけた時って、ちょっと嬉しいですよね。
私も農道を散策中、淡紅色のニワトコの花を見た時は感激しました。
柱頭の赤紫色が花全体に滲んでいるような感じというか、赤い水を吸い上げさせた感じというか、きれいでした。
藪の中だったのでたぶん誰も気が付かないはず? その後その藪は刈られてしまったので、このとき限りの花でしたけれど・・・
私は初めてだったのですが、時々見られるものなのでしょうか?
ケイ
2015/05/31 00:35
高知でも開花が1週間早いように思っていたらそちらも同じでしたか!ヨウラクランは自宅からすぐの標高5mの場所では5月中旬開花でした。繊細さにはただただ驚くばかりですね。
ツルアリドオシのピンクは昨年見て大喜びしたことです。色違いを見つけると嬉しいですよね。
コアジサイは自生していないので一度は是非丁度の季節に見たいと願う花の1つです。
ササユリはフクリンササユリが咲きますが盗掘で激減し100花みるってことは無理です。昨年綺麗だな〜と撮影して別の場所へ行った帰りにはもう切られていました。香と形・色ともにタキユリよりずっと好きな花です。徳島のジンリョウユリは今年は素晴らしかったでそうです。保護が有ってなんと生き残る花の多いこと・には驚きます。
サツキの自生地環境が岩場だということ・・ずっと前に聞いた記憶がありますがすっかり忘れていました。最近覚えるより忘れる事が多いような気がします。
流れ星
2015/05/31 18:04
山道で出会うササユリはほのかに香り、やさしい色合いです。先週イヨカズラとクサナギオゴケに出会ったときは、まだ固い蕾でした。もう咲きだしたのですね。急がねば・・・ツルアリドオシの薄紅色、気をつけて見ます。昨日はカイジンドウのピンク、見つけられませんでした。そんなに簡単に出会わせてはもらえませんね。きっと。
みえ
2015/06/01 11:06
アライグマさん こんにちは。
サツキは盆栽や街路樹でもおなじみの植物ですが
本来は河岸の岩の割れ目に生える渓流植物なのですよ。色々なツツジと掛け合わせて、たくさんの園芸品種があるので、サツキ本来の自生環境はあまり知られていませんね。
みかん
2015/06/01 15:00
ケイさん こんにちは。
ニワトコの淡紅色ですか、みかんは見たことないですね。
本来の花の色と異なるものを見つけた時って、なんだか得をした気分になりますね。でも折角の場所が刈られてしまったとはザンネンですね。
いつもの散歩道でも気をつけていれば、どこかに思わぬ発見があるものです。
みかん
2015/06/01 15:06
流れ星さん こんにちは。
四国は何故か覆輪ササユリですね。葉の幅も当地のものよりは広い気がします。
愛知県内では、まだあちこちでササユリは見ることができますが、数は減少傾向にあるように思います。それでもこれから高い山にかけて、まだしばらくは花を楽しむことができます。
みかん
2015/06/01 15:11
みえさん こんにちは。
今年はすべての花の花期が1週間ほど早い気がします。ササユリは本来なら6月の10日過ぎ頃がいちばんの見ごろだったのに、何故か早いですね。
これから撮影に出る予定の花も、少し早目に計画を立て直しています。今回のスーパースターは、撮影している間中、とても良い香りを放っていましたよ。
みかん
2015/06/01 15:16
みかんさん、こんばんは。
こちらは梅雨入りしましたが、山陰は雨が少ないようです。
サツキが河岸の岩の割れ目に咲く花だと初めて知りました。園芸種と思っておりました。
ツルアリドオシは旧自宅の裏山の檜の植林の中で沢山咲く場所があるのですが、
火事の後、檜を伐採してそのままなので、今は登れません。
ヨウラクランは一度は見てみたいです。

ササユリはようやく開花し始めました。
今年の初見でした。知人宅の裏山で撮りました〜これから次々と咲くと思います。

一昨年、昨年と骨折しているので、今年は骨折しないように、花散策したいと思います。



かげろう
2015/06/04 03:33
ササユリのスーパーモデル,きれい。
花の色の微妙さもさながら,葉の形もすっきりしていてきれい。

千葉県内の私が歩く野山では,ヨウラクランは木立の上の方にあるので観察するにも撮影するにも首が痛くなります。
あ,手が届く高さに生えているヨウラクランは採られて(盗られて)しまうのかな?
地味な花ながら,だから余計に「がんばれー」と応援しています。
はるこ
2015/06/04 14:55
かげろうさん おはようございます。
しばらく清里に入っていてコメント返しが遅くなりました。
かげろうさんが撮られたササユリの画像拝見しましたよ。その後もあちこちで花を見ているかも知れませんね。
みかんはこの時以降、まったく出会っていませんが、まだ高い山に出掛ければこれからも花を見るチャンスはありますね。あと1回くらいは出会いたいと思っています。
みかん
2015/06/16 08:49
はるこさん おはようございます。
千葉と言えばヤマユリですね。鎌倉ではもうヤマユリが咲きだしたそうですよ。千葉はもう少し先になると思いますが、みかんは、あのどっしりとしたヤマユリが大好きです。ササユリ以上に魅かれるものがあります。
子供の頃は群馬県で育ち、身近な場所にヤマユリが咲き溢れていたせいだと思います。ヤマユリに関しては花の季節だけではなく、冬の百合根掘りなども楽しかった思い出のひとつです。
ヨウラクランのような小さな花に気がつく人は、きっとかなりのラン好きか、あるいは悪い意味でのマニアかも知れませんね。採集されることなく、いつまでも自然の中で咲いていて欲しいと思います。
みかん
2015/06/16 08:59
みかんさん、お久しぶりです。ササユリは今年愛知の観察会で沢山出会えて仕合せでした。丁度カキノハグサも見ることが出来ました。
自宅近くではヤマユリが咲き始めていますが雨で撮影が出来ません。
5月から箱根が大変です。大涌谷周辺だけなのに観光客が少なく道はスイスイ走れます。今年は神山に入れないので予定していた花が見られませんでした。
今日は箱根行きの予定でしたが雨で中止です。

そうそう、箱根でも鹿の足跡や糞を見るようになりました。

お身体お大事にご活躍下さいますように。
ayaya
2015/07/06 09:38
ayayaさん こんにちは。
箱根は今大変ですね。観光客も激減しているようで、山の状態もなんとか収まってほしいですが、こればかりは予測がつきません。
登山も規制されているようですから、神山は近づくことは無理でしょうね。

いよいよヤマユリのシーズンですね。今年もどこかで1度くらいはお目にかかりたいと思っています。先日、伊豆に行った時に東名の道路わきには結構な数が咲きだしていましたが、高速道路では車を止めることもできず、ただ眺めるだけでした。
みかん
2015/07/07 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ササユリ   Lilium japonicum みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる