みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐渡の花  ミズバショウ

<<   作成日時 : 2015/05/04 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 12

画像



   ミズバショウと聞くと、とっさに尾瀬を想像する人が多いと思うが

   佐渡の島の中にも、ミズバショウは随所に咲く。

   決して珍しい花ではない。


   画像画像






















   画像の撮影場所は山のてっぺん

   人など滅多に訪れることのない山上の湿地である。

   ここに通じる道はない。

   山道からつるつる滑る急な斜面を、周りの木々につかまりながら登ると

   いちめんにミズバショウが咲く湿地に出る。


   
画像



   ミズバショウの花の後ろ、雑木林の奥に見える残雪の山が

   佐渡の最高峰の金北山(きんぽくさん)である。

   クリックして大きな画面で見ると

   残雪の金北山がよくわかると思います。


   画像





















   まったくの山の中なので、湿原には木道もないし

   湿原のまわりに道なんてありません。

   群生するカタクリやショウジョウバカマなどを踏まないように気をつけていても

   踏みつけないと歩けないほどの場所なのです。


   画像




















   はじめてこの場所にたどり着いた人は

   いったいどんな感慨を受けたことでしょう。

   手垢に汚れていない、まさに自然そのものの感動

   ここでのミズバシヨウの撮影は2度目になりますが

   今回も素晴らしい感動を受けました。


   
画像



   場所は変わって、こちらは杉池。

   すぐ近くまで車で行けて、遊歩道も完備

   湿地のまんなかには立派な木道

   誰もがほとんど歩くことなく行ける、いわば観光地の一部。


   画像画像






















   規模こそ小さいものの、木道の上から水面に写る木々の枝などを配して

   おもしろい写真が撮れる場所でもあります。

   ここを訪ねたのは、佐渡に着いた当日4月17日のことだった。

   花はやや終盤に近かった。


   
画像



   ミズバショウの写真なんてどこでも撮れるので

   熱心には写さず、あくまで記録

   そんな気持ちだったので、撮った枚数は少なかった。


   画像画像






















   それでも木道の上から

   パチパチと数枚は写してみた。

   生徒を連れての初日は、ここまで来る予定だったのだが

   あろうことか道路が規制されていて、観光バスはストップ

   明日が規制解除の日だったのである。

   そのためにやむを得ず、生徒達との初日は

   車道をえんえんと歩いて、ユキツバキの咲いている場所まで行ってきた。

   ここでの第一の目的は、ユキツバキの花を見せることだったから。


   画像画像





















   生徒達と歩いたのは、4月20日。

   最初は雨が降ったり止んだりだったが、帰る頃はかなり降られました。

   この日、私がケイタイで撮影したのはたった2枚だけ

   上の画像のユキツバキと、今を盛りに咲いていたミヤマキケマンだけだった。


   
画像



   晴れ男の私は、下見を兼ねて、どこに花がどのくらい咲いているか

   しっかりと調べておきましたよ。

   ヤブツバキとの違いを、どこでどのように伝えようか

   準備はしておいたものの、思わぬハプニングで

   行程の半分も消化できなかったのが、残念でもありました。


   画像画像






















   新潟県を代表するユキツバキは

   ヤブツバキのように花の付きがよくありません。

   花が満開のような画像の木は、どこにでもあるわけではないのです。

   雪に適応したしなやかなユキツバキは

   ブナ林下に群生はしますが、木がたくさんある割に

   花が咲くものは少ないのです。

   果実が実るような木はほとんどありません。

   ほとんどが同一のクローンであることが多いのです。


   
画像



   思いのほか残雪が多かった2015年は

   アオネバ峠の雪が解けたばかりの湿地で

   生まれたばかりのような新鮮なミズバショウを見せるつもりが

   雪の洞の下で、やっととがった苞が伸びはじめたばかりだった。

   生徒の中で、ミズバシヨウを見たいというリクエストがあったので

   最終日の午前中、最初にバスを止めて観察したのが下の場所


   
画像



   ここでは、生徒達に花の匂いも嗅いでもらった。

   ミズバショウの花には、よい香りがあるのです。

   この日、お昼を食べた場所にも

   流れの側にミズバショウが咲いていました。

   それが下の画像です。

   このように佐渡では、ちょっとした湿地や水辺には

   ごくごく普通にミズバショウが咲いているのです。


   
画像



   またまた長くなりました。

   他の花々のことがなかなか書けませんが

   次回にも佐渡の花のダイジェストつづけましようかね?


   
画像
  


   みかんの大好きなオオヤマザクラのこと

   それともキクザキイチゲやシラネアオイのこと

   あなたはどんな花が見たいですか?

   リクエストに応えます。


   画像画像

























   あと1回くらい続けますかね。ネタは山ほどありますが

   なにしろ商売で撮ってますので、あはは

   それとも北海道の雪解け後の花、九州の珍しい花などもありますが。

   皆さんのリクエストに応えます。

   コメントをどうぞ。



   撮影は2015年4月17日〜22日 新潟県の佐渡島で

   撮影はすべてケイタイカメラで撮ったものです。

   ケイタイ画像ですがクリックするとすべて大きくなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
東北はミズバショウがここかしこで見られて,春の訪れを感じさせてくれますね。
私も4月下旬に新潟の近くの山形に行ってきて,サクラの多さに驚かされました。
オオヤマザクラを見られるといいな,と,思って行ったら,よくわからないサクラもたくさん。山肌にピンク色を見せているサクラもたくさん。
カスミザクラもあったと思うのですが,不勉強で同定できませんでした。
(オオヤマザクラだけは,わかった。木肌も特徴的だったから。)

というわけで,個人的なリクエスト:佐渡のサクラを見せてください!
はるこ
2015/05/04 22:12
はるこさん 早い。
一番乗りですね。オオヤマザクラは了解。佐渡に着いた日にはソメイヨシノが満開でした。が園芸種の桜では仕方ないですね。佐渡にはカスミザクラもありますが、花期はこれからですね。海岸近くにはオオシマザクラとおぼしき桜もありましたが、これもパスしたので撮ったのはオオヤマザクラだけでした。
生徒が一緒の時は、なかなか本業の撮影ができないのですが、今回はあまりに見事な遠景のオオヤマザクラに、昼食そっちのけで望遠レンズに付け替えて撮影しました。これは本業用ですが。
みかん
2015/05/04 23:14
いかん、hal-coさんに遅れを取った。
山芍薬も捨てがたい。
キクザキイチゲもキバナノアマナも・・・・・
(>д<)絞れない
アライグマ
2015/05/05 09:31
アライグマさん こんちは。
GWまっただ中、みかんは部屋でせっせと仕事してます。
外に出たくてうずうずしながら、あはは
リクエストはひとり1点、キクザキイチゲにしましょ。そのかわり色々な色やタイプをお見せします。
みかん
2015/05/05 12:48
いやー、佐渡は凄いです。堪能しました。
私のリクエストは 北海道の雪解け後の花 にします。
去年のオオバナノエンレイソウの大群落が忘れられません。
ちゅうちゃん
2015/05/05 20:10
ちゅうちゃんさん こんにちは。
北海道も今年は雪が多かったですね。エゾエンゴサクの青い湖クラスの群落は撮影してきましたが、何もかもが例年より遅れていました。
ブログでは以前にも出していますので、今回は佐渡の第3弾にします。
みかん
2015/05/06 14:12
みかんさん、こんにちは。
佐渡は素敵な所ですね。一度は行きたいと思っても遠くて、思うながら終わりかもです。

ミズバショウは新鮮ですね〜♪

リクエストは色々な色のキクザキイチゲ、シラネアオイで悩みますが、
私が見れないのは、シラネアオイのような気がしますので、こちらをリクエストします。

でも、一度は、みかんさんの生徒で旅したい←願望!!
かげろう
2015/05/08 10:54
ブナ林にあるのになぜクローン? 花咲爺さんが挿し木して歩った? 
まさか???・・・ 
雪で押しつぶされ発根、営々と続いているこの繁殖方法の結果なのですね。

みかんさんのミズバショウ、いろいろな表情を撮ってあって楽しい。
図鑑やカレンダー用の優等生の写真ではなく、ケイタイカメラのは、くすっと笑える写真が混じっているのが好き、お花に愛情いっぱいなんですね。
ヅラが飛ばされそうになって慌てているミズバショウ君に笑わせられた後は、頬ずりしたくなるような初々しいシラネアオイで占めるなんて素敵です。

私もシラネアオイをリクエストさせてください。
ケイ
2015/05/08 23:48
かげろうさん おはようございます。
今年はキエビネが見事に復活しましたね。盗掘されることなく、いつまでも健在であってほしいです。
シラネアオイですね了解しました。やはり人気のある花ですが、佐渡には多いものの、今回はやっと咲きだしたところでした。今頃行けば花盛りです。足に触れそうな場所にたくさん咲いています。
みかん
2015/05/09 06:45
ケイさん おはようございます。
たくさん画像があると、おもしろい見方ができるのですね。確かに図鑑やカレンダーには使えない状態のものもありますが、あはは
シラネアオイはやはり良いですね。最後のは咲いたばかりで新鮮でした。この株ならカレンダーの表紙になれるかも、と頑張って撮ったのですが、来年のカレンダーの表紙候補からは落選してしまいました。
みかん
2015/05/09 06:51
みかんさん、おはようございます。
佐渡の花々、堪能させていただいてます。
佐渡の春は凄いですね〜一気に花々が開花し、どこへ行っても期待を裏切ることはないように思います。
私も二度、4月下旬の佐渡に渡り金北山まで縦走したことがありますが、佐渡の魅力のほんの一部しか触れてないことに気付かされました。
金北山を背景にしたミズバショウの美しいことといったら…
秘密の花園は素敵ですね^^
私からのリクエストは、多彩なキクザキイチゲをもっと見せていただきたいです。
fu-co
2015/05/12 09:14
fu-coさん 今晩は。
今年のスミレを訪ねての山旅はまだ続くのでしょうか。
佐渡でも随分と色々なスミレが咲きだしていましたが、ブログでは最も量が多いスミレサイシンでも取り上げますかね。
何度訪ねても佐渡の春は、歓声が止むことがありません。毎年1度は行ってみたいと思う場所のひとつです。GWが済んだ今頃も静かで良いのですよね。
みかん
2015/05/12 18:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐渡の花  ミズバショウ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる