みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の妖精   カタクリ

<<   作成日時 : 2015/03/27 15:15   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 22

画像



   このところの暖かさに、春が一気に押し寄せてきた。

   各地の桜の開花宣言も出されて

   いよいよ春が本格的にやって来る。

   比較的家の近くで、撮影のウォーミングアップをしていたが

   木曽川のほとりのカタクリが咲きはじめたと聞いて

   早起きして、久しぶりに電車を乗り継いで、出かけてきた。


   
画像



   なるほど見事な群生だった。(クリックして大きな画面でどうぞ)

   これは商売用にデジカメで撮影したものですが

   良かったら壁紙にどうぞ。

   自生地に到着したのは10時頃で、やっと陽が射し込んできたばかりだった。

   まだ多くはつぼんだままの姿で、花は開いていなかった。

   カタクリは何故か北斜面に生えることがほとんどである。

   陽が当たらないと開かないので、花が開くのは、陽が射し込んでから1時間ほど後である。


   
画像



   午前11時頃になると

   6枚の花びらは見事に反り返る。

   この花の開花した姿を、ある人はモダンバレーを踊っているようだ。と表現した。

   それにしても、圧倒されるほどの花の数だ。

   (クリックして大きな画面で臨場感をお楽しみください。2段階アップになります)

   この自生地は岐阜県可児市土田の木曽川のほとりにある。

   助成金によって里山を整備し、遊歩道もつけて、カタクリの里として売り出したようだ。

   2015年は3月28〜29日が、第4回のカタクリまつりだという。

   開花時期としてはピッタリだが、おそらくもの凄い混雑だろう。

   うまい整備事業だとは思うが、これ以上の公園化はして欲しくないものだ。

   人為を嫌うみかんは、すぐ近くの鳩吹山へと向かった。

   岩場の多い乾燥した尾根筋には、ツツジの類が随分と多い。


   
画像



   最盛期はこれからだが、ヒカゲツツジが咲きだしていた。

   常緑の葉を持つヒカゲツツジは

   ツツジというよりシャクナゲに近い

   地面を這うような低木で、高さはせいぜい1メートルほど

   あまり大きくならない木なので

   咲いている花は写しやすい。


   画像画像






















   鳩吹山は標高が313メートルほどの低山である。

   カタクリの群生地は、ちょうどこの真下あたりにある。

   山頂からはS字にカーブした木曽川の流れが見事である。

   正面に見える雪をかぶった三角形の山は恵那山

   その左に小さく見える雪山が御嶽山である。

   雲ひとつない快晴のこの日は、遠く白山をはじめ、アルプスの山並みさえ望むことができた。


   画像画像


















   



   頂上からさらに稜線を歩いてみたが

   ツツジの類はずいぶんと多いものの、まだ全く咲いていなかった。

   途中で出会った年配の人に呼び止められ

   何を撮りに行くのかと聞かれた。

   「花を撮りに来ました」と答えると

   その人は手帳を取り出して、今は花が少ないからと、

   それでもこの先の橋の付近にショウジョウバカマが咲いていると教えてくれた。

   目的だったこの尾根筋では最も早く咲くミツバツツジは

   もう色も白っぽくなっていて、撮影対象にはならないだろうと助言をくれた。

   ここまで来てショウジョウバカマかぁ、と少しガッカリしながらも

   橋のところまでは行ってみた。

   その帰り道、ところどころに数株のシュンランの花を見つけたのが

   唯一の収穫だったが、絵になるような株ではなかった。


   
画像



   山を下りて、再びカタクリの群生地に向かった。

   一部に陽は当たっているものの

   群生地の斜面は、すっかり日陰になっていた。

   陽が陰って間がないせいか、カタクリの花はまだ開いていた。

   人の姿も少なくなって、数人が見ているだけだった。

   こんな時間帯なら、誰に気兼ねなく安心して三脚の足を広げられる。

   花達よ、ありがとう、と感謝の念を込めて

   最後のシャッターを切った。


   
画像














   撮影は2015年3月26日 岐阜県可児市の木曽川のほとりで

   撮影は群落写真の3枚がデジカメ、そのほかはいつものケイタイカメラです。

   画像はクリックすると2段階に大きくなります。

   特にデジカメ画像は大きくして、その密度を楽しんでください。

   いずれも壁紙としての利用を許可しますが、その他での使用はご遠慮ください。

   みかんの飯の種ですので。無断使用は厳禁です。


   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらより一足早い、春を楽しませていただきました。それにしてもカタクリとヒカゲツツジが同じ時期に咲くとは驚きです。
やまそだち
2015/03/27 18:24
みかんさん、こんばんは!
やまそだちさんと同様に、もうヒカゲツツジ!? と思ったのですが、昨年、私のヒカゲツツジは4/12でした。岐阜県に近い長野県です。
もうそんな時期になったのですね。さあ、いよいよシーズンインです。一層身が引き締まりました。

レッドデータプランツ拝見しています。やはり写真がきれいです。背景の取り方ががいいのでしょうね。時に黒く花を浮きだたせ、時に環境を知らしめる、私にはできない技術ですが、いい勉強になります。
撮影記は一つ一つ読ませていただいてます。いい本の提供、ありがとうございます。
t-yam1
2015/03/27 21:30
ヒカゲツツジが美しい。
そして,カタクリのものすごい数に圧倒されます。
こちら,千葉県もそろそろカタクリが開花する時期ですが,ヒカゲツツジはなかなかよい個体に出会えません。
はるこ
2015/03/28 00:05
ヒカゲツツジ、きれいでいいですね。早く見たいです。
カタクリもあちこちにカタクリの里ができると出かけるのをためらってしまいます。株数は少ないけど時々山中で見かけるカタクリでよしとしようなんて思います。
それにしてもすごいカタクリの群落ですね。
人士
2015/03/28 12:07
ここに書き込むメンバーにとっては春と言えば真っ先に思い浮かぶ花の筆頭に出てくるカタクリですが野草を見ない人たちにはカタクリといえば澱粉のこと。
まさか花が咲くとは思っても居ないかも。
30前のσ(^_^)がそうでしたし。(* ̄∇ ̄*)でへ
アライグマ
2015/03/28 21:57
やまそだちさん おはようございます。
そちらのカタクリは色が綺麗ですね。岐阜や愛知のものは東北や北海道のものと比べると、かなり白っぽく感じます。ヒカゲツツジはこれからが本格的な花期になります。
みかん
2015/03/29 07:45
t-yam1さん おはようございます。
ヒカゲツツジは咲きだしていますが、最盛期はやはり4月でしょうね。まだ蕾が大部分でしたよ。
レッドデータプランツの感想ありがとうございます。レイアウトは自分で決めましたから、意図するところにはなっているのですが、本当はもう少し大きく見せたかった写真がほとんどなのです。ですが、限られた紙面なので、どうしても小さく見せなければならない種類が増えました。
みかん
2015/03/29 07:53
はるこさん おはようございます。
カタクリよりも何故かヒカゲツツジの人気が高い。いわばこちらは添え物なのですが。あはは
岐阜県はヒカゲツツジの山が結構多いですね。関東地方より分布が西に偏っているせいだと思います。宮崎県の霧島山では大群落に遭遇したことがあります。
カタクリのこの群落には圧倒されました。
みかん
2015/03/29 07:59
人士さん おはようございます。
愛知県内では豊橋や香嵐渓のカタクリの群落が有名で、今年もテレビで取り上げられていました。ここ同様、確かに群落は見事なのですが、しょせん管理されている場所ですから、やはり純粋な自然の中に咲く花にはかないませんね。群落の規模こそ違え、やはり人の手を借りていない自然のものは、崇高な気高さがあるように感じます。
みかん
2015/03/29 08:06
アライグマさん おはようございます。
そうかぁ、考えつかなかったけど、なるほどと納得しました。
でも今のカタクリ粉はジャガイモのデンプンですからね。本当のカタクリ粉もわずかに作られていますが、そのほとんどが薬用のようです。東北などでは今も山菜のイメージが強いのでしょうね。みかんも最近は食べていませんが、よく食べた山菜のひとつです。
みかん
2015/03/29 08:11
みかんさんおはようございます〜。

鳩吹山のヒカゲツツジ・・・見に行きたいですね〜。
花が終わった季節に登って(寂光院側から)エライ遠くて
低山だと侮って失敗しました。

今孫のharurunが来てます。
小学生のとき、野の花で八島湿原??に同行した
でっかい小学生が4月から高校生です〜。

佐渡島・・・(。>ω<)・゚・ヴェ━ン!!研修会が入って
泣く泣くキャンセルです〜スビバセン

4/1は参加です〜。
何だか今年も着いてなかったです〜(´∩`。)グスン

今日はharurunとお買い物です〜。

カタクリの群生地はすごいんですね!!
その時山で出会った方が教えてくれました。

来年の宿題になりそうです〜。
ぐーま
2015/03/29 08:53
昨日の午後、みかんさんの写真を見て急に思い立ち、地元のカタクリ自生地(保護地)を2か所巡ってきました。
どちらも北向きの結構急な斜面で、満開の一歩手前。
土曜日だというのに農作業の夫婦の他だあれもいなくて、春の妖精を独り占め?
とはいえ、手前には水路、その向こうの有刺鉄線の柵越しに眺めることになるので、100mmマクロで撮っても小さくて、しかも背景は刈り取った草や小枝の白っ茶けた茶色、その中にぽちょっ、ちょっと咲いているので残念な写真しか撮れませんでした。
みかんさんの写真を見た後だからなおさら貧弱に見えたのかなー?
カタクリを見るならせめてお昼前後には出かけないと、とつくづく反省です。
ケイ
2015/03/29 15:33
みかんさん、こんばんは。

カタクリの大群生に驚かされます。こんな大群生は見たことがありません。
「乙女」「少女」といった風情を感じさせるカタクリは神様が創られた造形美の花だと思います。
こちらは4月10日くらいの開花かなと思い、一足早い艶やかな春を感じさせていただきました。
さなえ(花の庵)
2015/03/29 18:55
いつどこで見てもカタクリの群落はきれいですね。ただちょっと人が多くなるのが厄介です。カタクリが終わった後の林を静かに歩くのも好きです。(^^;)
風月螢
2015/03/30 09:35
「レッドデータプランツ」やっと届きました。写真が本当にきれいですね。細かいところまでクリアで特徴が、的確に解かりますね。撮影記でその花たちが生きている様子が思い浮かびます。全部を読み切るまでどれだけ時間がかかることやら・・・。
鳩吹山のカタクリの群生すごいですね。数年前に行きましたがその時もカタクリとヒカゲツツジを見ることができました。地元の里山の秘密の花園のカタクリも北側の斜面にあります。湖西連峰の尾根は木が刈り払われてしまいました。カタクリに影響はなければいいのですが・・・気がかりです。
みえ
2015/03/30 11:35
ぐーまさん 今晩は。
harurunちゃんがもう高校生ですか。早いものですね。お互い歳をとったということですね。あはは。でも彼女に負けずに頑張りましょう。
佐渡は残念でしたね。みかんは3日前から下見に入って、とっておきの場所に案内する予定ですから、後悔するかも。あはは
木曽川のほとりのカタクリの群落は一見の価値はありますよ。来年どうぞ。
みかん
2015/03/30 20:29
ケイさん 今晩は。
木曽川のほとりのカタクリの群落は凄いですが、これは異常な状態です。カタクリしか生えていないということは、もはや花壇と変わりありません。ただここは周りの雰囲気が良いので救われていますが、自然からは遠ざかりつつあります。自生のカタクリの凄さは、他の植物との共生なのです。
みかん
2015/03/30 20:34
さなえさん 今晩は。
こういった場所を取り上げるのは、あまり好きではないのですが、確かに群落の規模としてはスゴイものがあります。一般の花好きさんたちは、こんな所がお好みなのでしょうね。
ボランティアの人たちも大勢参加されているようなので、もう少し自然にやさしい取り組みになったら、拍手喝采となるのですが、現状はカタクリだけです。
みかん
2015/03/30 20:39
螢君 それが正解だと思います。
花の時季なら誰でもうならせる凄味はあるのですが、本当の花好きさんは、こういった場所は敬遠されるかも知れませんね。
みかん
2015/03/30 20:42
みえさん 今晩は。
お買い上げありがとうございます。じっくりと読んだ後でまた感想などお聞かせください。
最近は自然に興味を抱く多くのボランティアによって、随所で自然保護がなされていますが、必ずしも正しい方向に進んでいない場合も多いので、これらの人たちをまとめていける正しい認識を持った人の養成が大事なのかも知れません。自然保護というのは、難しい問題点を多く含んでいます。
みかん
2015/03/30 20:48
関西のカタクリ自生地は、どこも、小さく囲われた場所ばかりなので、今週末、福井の自生地に行くつもりだったのですが、シカの食害にあって壊滅とのことです。
2年続けてやられたみたい。あてにしていたので、今年も、カタクリの見そびれです。
囲って、増やして、人を呼んで、などということをせずに、自生が見られれば一番なのですが、そうでもしないと、人に取られ、シカに食われ、という現実があります。
来年は、愛知に帰って、どこか見に行こうかな。
ほととぎ
2015/04/10 00:34
ほととぎさん こんにちは。
久しぶりですね。画像が明るくなったのは、キャリブレーションを定期的に実行しているモニターで見ていても綺麗ですよ。
鹿の食害はどこでも大問題になっていますが、福井ではカタクリまで犠牲になってますか。いよいよ深刻です。
さて、愛知県内のカタクリの群生地と言えば先ず香嵐渓、そして豊橋市郊外などですが、最近は観光客も多く撮影には向かないと思いますよ。今年も豊橋の群生地をテレビで取り上げていましたが、今は公園のように整備されていました。なかなか自然状態で見られる場所が無くなってきましたね。ザンネンですが。
みかん
2015/04/10 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の妖精   カタクリ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる