みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハギクソウ  Euphorbia octoradiata

<<   作成日時 : 2015/01/04 01:14   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 26

画像



   ハギクソウはトウダイグサ科トウダイグサ属の多年草である。

   日本では愛知県の渥美半島の砂地だけに生える。

   生える場所も個体数も限られ、絶滅危惧植物に指定されている。

   個体数は減る傾向にあり、環境省の見直しリストでは絶滅危惧TA.類に指定された。

   絶滅危惧植物のなかでも、TA類というのは赤信号が点滅している状態

   絶滅の危険性がきわめて高いもの、つまり絶滅寸前のランクなのである。

   Critically Endangered の頭文字をとって、普通CRと呼ばれる。


   
画像



   ハギクソウという和名は葉菊草で、上の画像のように晩秋に紅葉した状態が

   菊の花のように見えるところからの命名である。

   花のように見えるが、これは葉が紅葉した状態で花ではない。

   花は4〜5月に咲く。杯状花序(はいじょうかじょ)という奇妙な形をしている。

   花は黄緑色でさほど目立たないが、紅葉した葉は

   ひときわよく目立つ。


   画像


   画像




















   
画像



   最初は緑色をしていた葉が、寒さが募る季節になると少しずつ色づきはじめる。

   例年だと、葉が紅葉するのは12月なのだが、この頃は温暖化のせいなのか

   色づく季節が少しずつ遅れて

   12月から1月のはじめ頃が、最も美しい赤い色に染まる。

   かくして今日、2015年1月3日の状態が、このような彩なのである。

   あと1週間ほどは、まだ綺麗な紅葉が見られるだろう。


   
画像



   渥美半島は美しい砂浜が多い。

   お正月の今日は多くの観光客で賑わっていた。

   風は強いが、砂浜を歩く人もいる。


画像画像





















   砂浜を這って広がるハマゴウは、すっかり葉を落として強風に耐えている。

   三島由紀夫の「潮騒」の舞台となった神島が

   きょうはすぐ近くに見えた。

   浜には流木が打ち上げられていた。

   渥美半島は愛知県のなかでも温暖な地で

   特に先端の伊良湖岬あたりは、霜が降りることもすくない。

   それゆえ、季節を先取りするかのように

   もう菜の花が咲いていた。


   
画像



   黄色は見る人をほんわかと幸せにする。

   菜の花の黄色の前にたたずむと

   もう春が来たかのような錯覚に陥る。


   
画像



   いちめんの なのはな

   いちめんの なのはな

   と謳ったのは山村暮鳥だったか

   ふと、そんな言葉が口をついて出た。


   画像画像





















   ヤブツバキの花の間をさかんに飛び交っていたのは

   メジロ。花の中にくちばしを突っ込んで

   小さな体まで黄色の花粉がついていた。

   道路沿いに植えられたキンセンカなどの園芸種もあるが

   やはり海辺に咲く野の花がいい

   マサキなどの木の実は

   まだ熟す前で、光沢のある種子はほとんど飛び出していなかった。


   
画像



画像


















   まだ暗いうちに家を出たせいもあり

   ハギクソウのある砂浜には

   思いのほか早く着いてしまった。

   日が昇って間もないせいもあり、もう少し青空が広がるまで待って

   ハギクソウを十分に撮影した。

   真っ赤に紅葉したハギクソウは、撮っても撮ってもきりがないほどだった。


   画像画像






















   ハギクソウの観察を続けて20年ほどが経ったが

   花の季節は変わらないのに

   紅葉する季節は明らかに年明けのほうが見事になった。

   きょう嬉しかったのは

   砂浜の工事によって絶滅したと思われていた場所の近くに

   それなりの個体を見つけたことだった。

   その場所では、まだ紅葉には早かったが

   下のような可愛い株もあった。


   
画像



   ふたたび最初の場所に戻って

   しっかりと本業のデジカメでの撮影を済ませ

   その後で、今年最初のブログネタとして

   携帯でも何枚も何枚も写しました。


   
画像



   太陽の光というのは偉大で

   日が当たるか当たらないかによって、ハギクソウの葉の色が全く違うのです。

   赤を強調するために、反逆光気味の光線を多く使いました。

   で、今日一番のみかんのお気に入りが

   下の画像です。

   クリックをして是非大きな画面でお楽しみください。


   
画像













   撮影は2015年1月3日 愛知県の渥美半島全域で

   撮影はすべて携帯電話についているカメラです。

   ハギクソウの撮影が今年最初の仕事始めとなりました。

   感想をお寄せいただけると嬉しいです。お気軽にどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりにハギクソウの姿を見ることができました。いつかそちらに伺って、ハギクソウの写真を撮ってみたいものです。(^^;)
風月螢
2015/01/04 11:40
新年早々にうれしいお便りを拝見させていただきました。最先端・伊良湖岬まで
一度だけ行ったことがあります。固有種ハギクソウの姿がいいですね。
孫の草野球チームの合宿宿があります。
目黒のおじいちゃん
2015/01/04 13:21
風月螢さん こんばんは。
早速のコメントありがとうございます。
最近は豊ボタも全く開催されていないので、なかなかこちらに来るチャンスは少ないと思いますが、是非暇を見つけて来てください。スケジュールが合えばご一緒したいと思います。
みかん
2015/01/04 16:50
目黒のおじいちゃんさん こんばんは。
お久しぶりです。目黒の自然園にはこのところご無沙汰で行く機会は少ないのですが、おじいちゃんのブログで時々拝見しています。以前は一緒に仕事をしていた学者がいた関係で、時々は撮影に行っていたところです。東京の都心とは思えない自然が息づいていますね。今年もよろしくお付き合いください。
みかん
2015/01/04 16:56
あけましておめでとうございます!
ご挨拶が遅くなってしまいました・・・
ハギクソウは、ハイネズ(でしょうか?)の茂みの中から茎を伸ばして、なかなか逞しいのですね。
濃い緑色と紅葉のコントラストがきれいです。
花の頃には、ぜひ訪ねてみたいと思ったしだいです。
最後になりましたが、レッドデータプランツの制作、お疲れさまです。
発売楽しみにしています!!
nekoppana
2015/01/04 17:57
明けましておめでとうございます。
ハギクソウ12/21に見てきました。Yasukoさんとの出会いの花です。久しぶりに行った浜辺には、オオアサリを食べた店も変わらずありました。ハギクソウの紅葉は始まったばかりでしたが、存在感がありました。海に近いところでは探し出すことができませんでした。近くにムラサキセンブリなどの咲くところもあるようですが、友人たちは海岸の植物に余り興味がなく、なかなか一緒に行ってくれません。今年はハギクソウの花も見たいと思います。
みえ
2015/01/05 11:40
nekoppanaさん おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ハイネズの中にも生えているのですが、ハイネズが旺盛に茂るとハギクソウは競争に負けて絶えてしまいます。ハイネズを少し切りたい衝動に駆られます。花の頃は紅葉の頃より探すのが難しくなります。砂地の面積が減りつつありますね。
みかん
2015/01/05 12:01
みえさん おめでとうございます。
12月21日だとまだ少し早かったでしょうね。20年前くらいだと、その頃がいちばん紅葉のきれいな時でした。年々真っ赤になる時期がずれ込んでいるようです。温暖化の影響だと私は考えているのですが。
渥美半島には結構蛇紋岩の露出した山があり、それらの山にはたいていムラサキセンブリは咲いています。愛知県ではムラサキセンブリより、ただのセンブリの方がずっと少ないですね。今年もよろしくお願いします。
みかん
2015/01/05 12:10
今日、豊橋の知人のブログをみたら今年はなかなかハギクソウがよいと書いてありました。その後こちらをみたら沢山の画像が並んでいて「あれ〜」だれしも同じことを考えるのですね。
今の季節花は少ないのでこの紅葉は貴重。
絶滅の危機を脱することが出来れば嬉しいのですが・・・
今月末のコセリバオウレンの開花が待たれます
流れ星
2015/01/05 19:44
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします

ハギクソウ、本当にその名の通りに、赤い菊の花に見えますね
真っ赤なハギクソウがとても綺麗ですね
最後の画像を大きくしてみました、赤い葉が光で輝いていますね
青い空と、赤のグラデーションもとても良いですね
いっしい
2015/01/05 22:42
今年の正月は、大雪で新名神などの高速が通行止めになったため、帰省を1週間延期して、次の3連休に新城に帰る予定です。
ハギクソウが綺麗そうなので、時間が取れれば、寄り道して見たくなりました。
かつて、豊ボタで案内してもらいましたが、場所を覚えているかな(^_^)
ほととぎ
2015/01/05 23:05
流れ星さん こんばんは。
ハギクソウの紅葉に注目するような人は、まだまだ少数だと思います。もっと多くの人が気にするようになれば、保護の仕方も変わってくるかも知れませんね。そういった意味も込めて、ここで取り上げています。現状ではハギクソウを撮影するための踏み荒らしのほうが気になっています。
みかん
2015/01/06 01:22
いっしいさん おめでとうございます。
携帯電話だからこそ、あのような画像が取れました。みかんが普段使っているレンズではあのような画像は写せません。
アップ気味に撮ると、まさに菊の花そのものですね。命名者の観察眼の鋭さを思います。昔の人は植物をしっかりと観察していますね。見習うべきことが多いです。
ハギクソウがいちばんの目的だったのですが、海辺ならどこにでもある赤いヤブツバキの花を見るのも楽しみにしていました。
みかん
2015/01/06 01:30
ほととぎさん こんばんは。
今年のお正月は新城の実家ではなかったのですね。何しろ思わぬ大雪でしたから、道路も大変でしたね。半田でも雪が積もってビックリしました。今冬はもう2度も雪が降ったのですよ。
みかんは寒いの大嫌いですから、コタツムリ状態です。3日だけは喜び勇んで出かけたのですが、もう少しぬくぬくしていたいですね。
みかん
2015/01/06 01:36
ハギクソウの赤さがみごとで見とれてしまいました。

葉を落としたハマゴウも素敵です。
砂浜の大きな流木に座ってちょっとぼんやり過ごしてみたいような気がします(寒いかも!)。
よし,私も地元の海岸方面にでかけてみよう! なんて気になります。
はるこ
2015/01/06 14:27
みかんさん あけましておめでとうございます。
本年もいいもの見せてください、期待しています。

本の編集・校正お疲れ様です、もぅ一踏ん張りですね。開放感が分かります。

トウダイグサ科の仲間はタカトウダイなど、紅葉するものが多いんですね。それにしてもハギクソウの紅葉は素晴らしい。
去年、川村記念美術館(千葉県)の庭を散策していたら、園芸種のトウダイグサのコーナーを見かけました。流行っていそうです。
ちゅうちゃん
2015/01/07 13:11
こんばんは。
ハギクソウは未見の野草です。
機会があれば見に出かけたいと思っていながらチャンスがありませんでした。

腎臓が一つつぶれてしまった今、無理はできないのですが、
タクシーを借り切ってい行けば可能かもしれないと話しています。
体調のいい時に考えてみたいなあ〜と思っています。(^^)

素敵に色づいたハギクソウを見せていただきありがとうございました。♪
アザミの歌
2015/01/07 19:02
はるこさん こんにちは。
きょう年賀状が届きました。おもしろいですね。ハガキを2倍くらいに大きくして見たいと思いました。種子の表情って面白いですが、まだまだ知られていないものも多いですね。「日本の樹木」クラスの種子図鑑ができたら面白いと思いました。
みかん
2015/01/08 16:31
ちゅうちゃんさん おめでとうございます。
トウダイグサ科の園芸種、じつは我が家にも1鉢あります。年を越してよい状態で若葉が茂ってきています。斑入りなので花よりも観葉植物的な意味合いでいろいろと販売されているようです。花はとても地味です。
ユゥフォルビアというのは科の吹き溜まりのような扱いを受けていますが、海外では木本で面白いものが多いですね。海辺に生えるものでは園芸的に価値の高いものが多いですよ。今年もどうぞよろしくです。
みかん
2015/01/08 16:40
アザミの歌さん こんにちは。
無理をせずにのんびりとお過ごしください。何事にも無理は禁物です。
ネットで日本はおろか世界中の旅が楽しめるのですから、そんな楽しみ方もひとつの方法だと思います。春先には、今年もまた教えていただいた早春の花々を訪ねたいと思っています。
みかん
2015/01/08 16:45
みかんさん、こんばんは〜♪
ハギクソウは、ほんとうにきれいな紅葉ぶりですね〜!!
携帯サイズではじめに見た時は、花かと思ってしまいました〜(笑)
もし、こんな可愛らしいコサージュみたいな葉っぱを見つけたら、
即欲しくなっちゃうかも知れないですね〜!!
寒椿の蜜に惹かれてたわむれるメジロの可愛さや、
すっかり葉を落としたハマゴウの寂しい姿と、
ひとりでに頬がゆるんでくる菜の花の黄色、
黄色は何しろ「幸せの色」ですから〜(喜)、
みんなみんなとても素敵な浜辺の風景ですね〜(*^-^*)♪
しばらく骨休めなさったら、
また今年もたくさんのめずらしい草花を、
どうぞお願いしまーす!!(*^▽^*)!!
リサ・ママ
2015/01/09 20:48
みかんさん、お久しぶりです。
お忙しくて倒れてしまわれたのかと心配してました(笑)が良かったー! そんなわけありませんよね。
ハギクソウ…まさに菊の花?
私は、開いた松ぼっくりにそっくり! だなんて思ってしまいました。
なぜか打ち上げられた倒木の写真に「ドーン」とインパクトを感じたり、少々ひねくれているかな?
でも、やはり、色のある世界の方がステキ!
最後の写真のような景色、憧れます。

今年も花紀行、楽しみにしています。
ケイ
2015/01/10 12:14
リサ・ママさん こんばんは。
早いですね。今年もあっという間にもう10日です。うかうかしていると1月も終わってしまう。あはは
寒いの大嫌いなコタツムリ人間ですが、明日は天気が良さそうなので、ケイタイだけ持ってチラッと散歩に行こうか、と思っています。外に出れば何かしらが目につくはずです。こんな感じで今年もマイペースです。
みかん
2015/01/10 21:26
ケイさん こんばんは。
昨年末ぎりぎりまで、ともかく忙しくて忙しくて、ブログどころではなかったのですよ。ネタはそれなりに有ったのですが、何しろ自分のブログを覗く時間もないほど超多忙だったのです。
年が明けて以降は少々気が緩んでおります。いつも一緒に出掛けていた花仲間が、海外勤務になり、急に思い立っての遠出ができなくなりました。このハギクソウを見に行った後でベトナム勤務に飛び立ちました。あとは融通のきかない相棒だけが頼りです。あはは
みかん
2015/01/10 21:39
ハギクソウ、見てきました!
予定通り、一週遅れの帰省の際、ちょっと寄り道しました。
場所は、すぐにわかりました。というか、遠目にも、よく目立っています。
でも、一般の観光客のほとんどの人は、見向きもしませんけど。
まだまだ、十分にきれいでした。というか、色の乗りは、むしろ今頃がピーク?
私のブログにも載せましたので、よかったらご覧下さい。
ほととぎ
2015/01/12 22:51
ほととぎさん こんばんは。
拝見してきましたよ。まさに紅葉の最盛期でしたね。
この頃は正月すぎの方が見事ですね。年々紅葉の時期が遅くなるのが気がかりです。私が撮影に行った時も、道路近くの場所はだいぶ踏み荒らされていて気がかりでした。踏みつけられて折れている株もありました。盗掘はないものの、撮影者のマナーがいちばんの問題かも知れません。
みかん
2015/01/13 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハギクソウ  Euphorbia octoradiata みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる