みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ★新称★   ハマオトコエシ  

<<   作成日時 : 2014/09/18 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 17




   
画像



   4月から10月の間、月に1回ずつだが

   「野の花であい旅」というカルチャー教室の講師をしている。

   朝日カルチャーセンターの名古屋教室のひとつである。

   9月は石川県の海岸にハマベノギクなどを訪ねた。

   その時、名前がわからない画像の植物に出会った。


   
画像



   砂浜に10株ほどがまとまって、こんもりと咲いていた。

   遠くからもよく目立っていたが、今頃の季節に砂浜に咲く白い花に思い当たるものがなかった。

   近づいてみると、オミナエシ科のオトコエシに大変良く似ていた。

   だが、オトコエシとはあきらかに違う。

   ガッシリとして花茎は太く、花序はこんもりとまとまっている。

   葉の幅が広くて厚く、やや光沢があり鋸歯がハッキリと目立っていた。

   オトコエシが海岸に進出して、海辺に適応した形であることは容易に想像できたが

   はて、これをオトコエシと呼んでよいものか、迷うところである。


   画像


   

   画像























   花序は散房状ではあるが、花の密度が濃いので、こんもりと盛り上がるように咲く。

   真上から見た1個体の花序のアップ(左)と、さらに近づいてみた花の様子である。

   画像は2段階にアップになるので

   大きな画面で細部を見て欲しい。

   花が咲いた株は、種子を稔らせて枯れてしまうが

   親株から延びて、来年花を咲かせる子株が、すでにいくつも育っていた。

   多分ロゼットで冬を越し、来春になれば伸び上がってくるものと思う。

   それが下の画像である。


   
画像



   オミナエシには海岸に適応して草丈が低く、葉が厚く、表面に光沢があるものがあり

   ハマオミナエシ Patrinia scabiosaefolia f. crassa として区別されているが

   オトコエシの海岸型には、まだ和名も学名も付けられていない。

   ちなみに学名のcrassaとは、厚いとか太い、という意味で、

   ハマオミナエシの場合は、葉が厚いことや茎が太いことに由来している。

   2012年に開催された日本植物学会、中国四国支部大会において

   オトコエシの染色体についての発表があった。

   それによると、今までオトコエシの染色体は2n=44の4倍体のみが知られていたが

   2n=22の2倍体(九州産)や、2n=88の8倍体(近畿・中国地方)など

   日本全国でさまざまに分化し、しかもそれらに地域的なまとまりがあることが報告された。

   砂浜に進出した上の画像の植物も、おそらくこの地域の独特の集団と思う。

   いずれDNAをはじめ、詳細を調べたいと思っているが

   とりあえず和名のみ、ハマオトコエシ、と新称しておく。


   
画像










   撮影は全てケイタイカメラで撮っています。2段階に拡大になります。

   撮影は2014年9月17日 石川県の海岸で。

   植物の専門家からの意見や、新情報などありましたらお知らせいただけると嬉しいです。

   当方の勉強不足のため、すでにどこかで発表されている可能性もありますので

   そんな情報も歓迎です。よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

巡り会いってすごいラッキーな花でした!!
『ハマオトコエシ』
あとで黒松の林の道道出会ったオトコエシに比べても
想像がつかないけれど
一瞬『オトコエシ??』って感じでした。

これだから先生の講座は楽しいし
ドキドキ、ワクワクです!!
(すぐ忘れるんですけど)←スミマセン

ありがとうございました〜。
早速私のblogトップに名前を入れておきますね。

次回は夏の花が見たいですね〜(笑)
ぐーま
2014/09/19 07:40
ハマオトコエシって、めっちゃ逞しい!!
さすが海岸植物の特徴を備えた新種は凄いと、感心しちゃいまーす!(^^)!!(^^)!!(^^)!
じっと見てると、海の男の唄が、聴こえて来まーす〜(笑)
どうかこの名が、和名に決定しますように!!\(^o^)/
リサ・ママ
2014/09/19 15:34
ぐーまさん こんにちは。
日本海の海辺は気持ち良かったですね。毎日の原稿書きで忙殺されている日々だったので、とても良い気持ちの切り替えになりました。
ハマオミナエシと勘違いしていて、確か北陸タイプのものには名前がついていたなぁ、と現地でさんざん考えたのですが、名前が出てこないのも道理でした。
生徒の皆さんにはブログでお知らせします、と言った手前、仮にハマオトコエシと命名しておきます。
みかん
2014/09/20 10:59
リサ・ママさん こんにちは。
この名前はあくまで仮の名前です。
すでにどこかに発表されている可能性もあります。例え品種クラスであれ、正式に発表するとなると、とても大変な段取りがあるのですよ。
みかん
2014/09/20 11:02
驚きですね、ハマオトコエシと言うのもあるんですね
此方では海辺が多いので、探してみたくなりました
ハマオミナエシも探してみたいです
島巡りが楽しみになります
いっしい
2014/09/20 20:01
千葉市では毎日のように多量に見ているオトコエシですが,海岸型になるとやはり変わってくるのですね。
千葉県の南の海岸では,アケビの海岸型があり,同じような感じです(和名は無いと思います)。

ちょうど,トモエソウの乾燥地型(葉が分厚くなって全体が小さい)を見ていたので,環境による植物の変わり方に「へぇぇ」と思っていたところ。
オトコエシが…こんな風に…ふーむ…(面白く,興味尽きず)。
はるこ
2014/09/20 23:26
おはようございます。
同じ日本海側ですのでこちらも調べてみたいと思います。
楽しみが増えました。
それにしても野山に咲くオトコエシとは随分イメージが違うものですね。
さなえ・花の庵
2014/09/21 06:52
みかんさん、こんにちは。
海をバックに砂浜に咲いているオトコエシ、とても新鮮な気持ちで拝見いたしました。
オトコエシにしてはコンパクトにまとまっていて、とってもきれいに咲いていますね。海岸型の植物の特徴がよく出ていて面白いです。

そういえば、、、オトコエシって山で見かけても、背が高くて狭い山道では撮影しづらいせいか、ここしばらく被写体にした記憶がないです・・・
毎年、毎年、必ずどこかで見かけてるとは思うのですが・・・ちょっと反省。
nekoppana
2014/09/21 19:00
いっしいさん こんにちは。
画像のような植物は存在しますが
ハマオトコエシという名前は、私が仮に付けたものです。正式なものではありません。
長崎県も島の多い県ですから、探せば面白いものが出てくる可能性はあると思います。
みかん
2014/09/22 13:15
はるこさん こんにちは。
アケビにもそんなものがありますか。
ここの海岸にもアケビもミツバアケビもありますが
特に変わった感じのものはありませんでした。
環境によって変化するものはありますが、どの程度の変化なのか、が大切だと思います。
みかん
2014/09/22 13:19
さなえさん こんにちは。
この海岸も砂浜から続く松林の下には、ごく普通のオトコエシもあるのですよ。
さなえさんの所は、この海岸からも近いですから
画像のような植物が出てくる可能性は充分ありますね。
是非とも探してみてください。そしてあったら教えてくださいね。
みかん
2014/09/22 13:23
nekoppanaさん こんにちは。
この海岸に向かうバスの車窓からも、ガードレールの脇に咲くオトコエシがたくさん見られました。今の季節はどこでも見られますね。
でも、画像のオトコエシは少し変わった感じでしょ。生徒に名前を知らせるために、仮の名前を付けてみました。研究したいという学者が現れると良いのですが。
みかん
2014/09/22 13:31
こんにちは。へー、すごいですね。みかんさんでも初見の花が、出てくるんですね。
どんな和名になるか楽しみです。
秋めいてきて花は少なくなりましたが、種子が目に付き始めました。今までそれほど気にしたことがありませんでしたが、キンレイカの種子を教えられて、これからの野山歩きも悩ましい事になりそうです。
みえ
2014/09/24 11:07
みえさん おはようございます。
みかんだって知らない花はたくさんありますし、まだ見たことがない花は山ほどありますよ。
せめて日本に自生しているものはすべて見たい、と言うのがみかんの夢です。
一生かかっても無理かもしれませんが・・・・あはは。
みかん
2014/09/26 10:07
みかんさん こんにちは
こちらの常連のお一人である宮本さんからの紹介でお邪魔しました。
私も9月20日に、みかんさんのと同じ群落を見つけました。
この海岸へは15年来、毎年数回は通っているのですが、この日始めて、オトコエシに似ているが、少しおかしい? 一塊の白い花に出会い、後でゆっくり調べようと思っていたのが、このハマオトコエシでした。ヒントを頂きありがとうございました。
私のブログ「mizuaoiの写真館」に取りまとめました。なお、参考までにハマオミナエシの写真も載せてあります。ご覧頂ければ幸いです。
http://mizuaoi.photo-web.cc/index.htm でご覧頂ければ幸いです。
mizuaoi
2014/09/26 23:19
mizuaoi です。
申し訳ありません。先のメールでお伝えしたmizuaoiの写真館のアドレスをそのままコピペすると、htmの後ろのブランクも一緒にコピーされて正しく伝わらないことがあります。その場合には空白を削除して下さるようお願い致します。
mizuaoi
2014/09/27 07:46
mizuaoiさん こんばんは。
久しぶりにホームページにお邪魔してきました。
まったく同じ場所のものですね。昨年まではここには生えていなかったと思うのですが。私も毎年のように訪ねている場所のひとつです。
ハマオミナエシは栽培品はあちこちで見ますが、なかなか自生のものを見る機会がないので、参考になりました。
里見先生が撮影されたものは、もう少し岩場だったような気がするのですが。いつかは自生のものを撮影したいと思っています。
どうぞ時々はまた遊びにいらしてください。
みかん
2014/09/30 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
★新称★   ハマオトコエシ   みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる