みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オオバナノエンレイソウ(シュロソウ科エンレイソウ属) Trillium camschatcense

<<   作成日時 : 2014/05/23 19:40   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 14

画像



   オオバナノエンレイソウは北海道の春を代表する花のひとつである。

   本州の北部にも分布するが(青森、岩手県)

   個体数は決して多くない。

   北海道の花と言ってもよいほどである。

   北海道でも、どこでも見られるわけではないが

   かなり広範囲に見られる。

   しかも、その規模が半端ではない。


   
画像



   上の画像クリックしてみてください。

   このように、生えている場所ではたいてい大群落になっている。

   だから道路を走っていても、すぐに気がつく。

   上の画像は遅くなった時間を気にしながら

   宿へとひたすら道道 (国道ではなく道道) を走っていた時に見つけた。

   宿泊した宿からは20キロほどの距離だったので

   翌日引き返して撮影したものである。

   ✿ 北海道を車で走る場合、国道より道道を選んだ方が、花を見る機会が多い。


   
画像



   オオバナノエンレイソウは、その名の通りともかく花が大きい。

   よく似たミヤマエンレイソウと比べると

   花びらの大きさは3倍から4倍くらい、巨大といっていい大きさなのである。

   北海道にはミヤマエンレイソウも自生する。

   花びらの大きさを比較するために、両方を並べてみた。


   画像画像





















   違いは一目瞭然である。

   ミヤマエンレイソウの花びらの大きさは、本州のものより北海道のものは

   やや大きい傾向があるが、それでもオオバナノエンレイソウと比べると

   その差は歴然としている。

   北海道のエンレイソウ属は、他にエンレイソウとコジマエンレイソウがある。

   また種間雑種も多く、それぞれに名前が付けられている。


   画像























   オオバナノエンレイソウを含むエンレイソウ属は

   日本には4種がある。

   エンレイソウ、ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)、オオバナノエンレイソウ、コジマエンレイソウ

   である。北海道にはそのすべてが揃っていることになる。

   かつてはユリ科に分類されていたが、現在はシュロソウ科へと変更になった。

   新分類ではシュロソウ科エンレイソウ属ということになる。




   画像画像





















   
画像



   これだけたくさんの大群落があると

   人間の顔が一人ひとり違うように

   花の顔にも違いがでる。

   上の画像左が標準的とすると、とんがり顔の右画像

   丸顔の下の画像のように

   それぞれに個性があることがわかる。

   中には、花びらが長すぎるんじゃない、と思えるゾウさん顔(下画像)の花もあって

   思わず笑ってしまう。


   
画像



   ともあれ、これらの花が爛漫と咲いている北海道の大地は

   やはり只者ではないと思えるのである。

   ある群落の中に入ってゆくと

   オオバナノエンレイの陰に隠れるように、ニリンソウが花盛りだった。

   足元にはすでに果実となったフクジュソウがあり

   ザゼンソウの葉が伸び出していた。

   キバナノアマナの花はすでに緑色になって

   この場所一面に咲いていたことを伺わせた。

   季節はゆっくりと夏に向かって動いているが

   今しばらくはオオバナノエンレイソウの天下である。


   
画像











   撮影は2014年5月17日〜21日 北海道の道央や日高地方で。

   撮影は原則ケイタイカメラですが、大群落は本業用のデジカメで撮っています。

   大きくアップにして、臨場感を楽しんでください。

   これらの画像や本文は、すべて永田芳男に著作権があります。

   無断使用はお断りします。


   なお、オオバナノエンレイソウに関しては、2012年5月20日にアップしたブログに
   詳しいことを書いています。こちらも合わせてどうぞ。48986288.at.webry.info/201205/article_5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
まだ見ぬ北海道の花たちを見せていただけるかと楽しみです。
大きな花がこんな風に群生していると圧巻ですね。
この花に魚のエイをいつも連想してしまいますが、大きなエイが沖のほうから群れをなしてやってくるといった印象を受けます。

こちらは普通のエンレイソウで早春に花を見るので一度見てみたいです。

さなえ(花の庵)
2014/05/24 05:53
みかんさん こんにちは
ヒェー、たまげた。 
ミヤマエンレイソウの群落は猿ヶ京で見たことがありますが、スケール違いすぎ。ビックリ仰天。1度は自分の眼で見たいものです。北海道は凄いですね。
特徴的な3枚の葉、可愛い花、大好きです。エンレイソウも花色の変異が多いけど、オオバナノエンレイソウの花形の変異には驚かされました。
いいもの見せていただきました。ありがとうございます。
ちゅうちゃん
2014/05/24 10:11
追伸です。
みかんさん チット違反です。
こんなに綺麗で凄いもの見せるのは! 可愛さあまって憎さ100倍なんてね、ずるい。
私も見たいよー。
ありがとう。感謝、感謝です。
ちゅうちゃん
2014/05/24 13:26
あれま、エンレイソウってシュロソウの仲間なんだーーー
知らんかったーーー
(/||| ̄▽)/ 似てねーー
アライグマ
2014/05/24 21:24
大群落には,ひたすら「うわー,うわー」としか声が出ない私です。
オオバナノエンレイソウもお顔がいろいろある証拠画像も,非常にありがたい。
「図鑑のと違うんじゃ無い?」と,迷える素人を救ってくれます。
はるこ
2014/05/25 13:33
さなえさん こんにちは。
こんな大群のエイが押し寄せてきたら、怖い、ですね。あはは
毎年この花を見ている私でも、これだけの群落に出会うと、思わず車を止めて、と叫んでしまいます。北海道の春はどこを走っても、必ず何かの収穫があるのが嬉しいです。
みかん
2014/05/25 15:59
ちゅうちゃんさん こんにちは。
たまげてくれてありがとう。あはは
それが狙いでもあったのですよ。実際にはもっと広い規模の群落です。
画像は一部分を切り取ったものです。広がりを感じてくれれば成功したと言えるのですが。今頃の季節だと、時々はこんな群落に巡り合います。今回も道道15号線を走って良かったね、と、同行した仲間と話しました。
みかん
2014/05/25 16:05
アライグマさん こんにちは。
シュロソウ科と聞いて、今でもまだみかんも違和感があります。
時間とともにだんだん慣れてゆくのでしょうが、ユリ科とインプットされた頭には、なかなか拒否感があります。
みかん
2014/05/25 16:10
はるこさん こんにちは。
図鑑写真というのは、写した個体や時季によって、違って見えるものも多いので、どの個体をいつ写すかに頭を悩ませます。写された個体が主張しすぎるのですね。だからなるべく標準的なものを選ぼう、といつも心がけていますが、なかなか難しい問題でもあります。個体差を見せられるページ的な余裕があると面白いと思うのですが。
みかん
2014/05/25 16:17
ホント、大大群落ですね。しかも至るところで見られるとは!ぜひ出会いたい光景です。それにいろんな顔の子がいるのですね。今度あったらよくよく観察してみます。
そういえば私には、スミレさんたちはいつまで経っても「スミレ」としか判りません。
みえ
2014/05/28 10:47
こんにちは〜♪
少しの間油断してましたぁ〜!!
あっという間に、時は過ぎるのですぅヽ(^。^)ノ
オオバナエンレイソウのコメントを書く前に、以前の記事を振り返ろうとしたら、
私のコメントが出ていて、これから書こうと思ったこととほぼ同じだったので、ガックリでしたぁ〜(トホホ)
もう、全然考えることが進歩してなかったのみならず、減速してますぅ〜。。
でも、あんな大群落は、ビックリしすぎて恐ろしいほどです。
花の顔の違い、面白いですね〜♪
私は毎年、オシロイバナとツルニチニチソウの花が、どんどん様変わりするのが、
原因を知りたくて、とても気になります。

リサ・ママ
2014/05/30 16:48
オオバナノエンレイソウでしたぁ〜!!
またやっちゃった!!訂正しますm(__)m
リサ・ママ
2014/05/30 16:58
みえさん こんにちは。
興味を持って良く見れば、みな同じように見えるスミレの花も、その違いはすぐに分かるようになりますよ。要するに興味です。それが何という名前のスミレか、などと難しく考える必要なんてないのです。紫色のスミレと白いスミレ。こんな違いなら誰でもわかります。最初のスタートはそんなものでいいのです。
みかん
2014/05/31 13:50
リサ・ママさん こんにちは。
オオバナノエンレイソウでもオオバナエンレイソウでも、どちらでも良いのですよ。間違いではありません。
みかんも説明するとなると、前回と同じことを書きそうになりますよ。毎回毎回、新しい知識なんて無理です。だから、興味のある人は前回の記事を見てください、と、いうことにしました。
ところで前回アップした記事のアドレスの添付の仕方、どなたか教えてください。
クリックするとその記事に飛ぶ方法。なんか忘れてしまった。
みかん
2014/05/31 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオバナノエンレイソウ(シュロソウ科エンレイソウ属) Trillium camschatcense みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる