みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モチツツジ   Rhododendron macrosepalum

<<   作成日時 : 2014/05/17 00:45   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

画像



   さわやかな新緑の季節である。

   どの山に登ってもツツジの花が目立つが

   地域によって見られるツツジの種類は様々である。

   今日はモチツツジの話しをしよう。


   
画像



   モチツツジは数多くの園芸種の元になった野生のツツジである。

   品種改良の手を加えなくても

   それだけで充分に鑑賞に値する。

   本州の静岡県と山梨県を結ぶあたりから西に、岡山県まで分布する。

   飛んで四国の山地にも分布する。


   画像画像





















   花の色には濃淡がある。

   上の左画像のものは色が濃いが、右画像のものはかなり薄く、白っぽく見える。

   だが、モチツツジの色は、平均的には紅紫色である。

   花の直径は5センチから6センチ近くもあり

   野生のツツジの中では大輪である。

   深く5つにさけた花びらの一片に、濃い色の斑点が入る。


   
画像



   モチツツジの名前の由来は、花の柄やガクに生える腺毛に因る。

   花の柄に手で触るとよくわかるのだが

   人の指が張り付くほどにネバネバしているのである。

   このネバネバを餅や鳥モチに例えて

   モチツツジという名前が付いたのである。

   腺毛というのは、白い毛の先端が水玉のようになっていて

   そこからネバネバする液を出すのである。


   
画像



   上の画像はまだつぼみだが

   花の柄やガクに生える腺毛がよくわかると思う。

   クリックしてご覧ください。

   山で出会ったら、是非ともルーペでのぞいて見てほしい。

   そうすればもっとはっきりと、腺毛のおもしろさがわかるはずである。


   
画像



   モチツツジに限らず、野生のツツジの花は

   どれもが美しい。

   花を眺めているだけでも、充分心穏やかな気分になるが

   ほんの少しだけ花に近づいて

   葉を見たり、触ったりすると、また違った面白さが見えてくる。

   花は誰もが見るが、葉をしみじみと眺める人はあまりいない。


   
画像



   葉にも毛が生えていて、触るとフカフカした感じ。

   時に腺毛も混じるので、花柄ほどではないが

   粘つく感じがする時もある。

   この葉、じつは花の頃に出る葉と、夏になって出てくる葉とは微妙な違いがある。

   花の時に出る葉は、秋には散ってしまうが

   夏に出るやや小さな葉は、常緑のまま冬を越すのである。


   
画像



   5月という季節は、どこに出かけても気持ちがいい。

   野山は多くの花たちが咲き溢れている。

   吹き抜ける風もさわやかで

   まさに自然の恩恵にたっぷりと浸れる季節でもある。

   下の画像は愛知県の宮路山の山頂に咲いていたモチツツジの大株である。

   あまりの見事さに、いつものケイタイの画像のサイズを大きくして撮ってみた。

   クリックしてその見事な咲きっぷりをご覧ください。


   
画像









   撮影は2014年5月7日と14日 愛知県豊川市の宮路山で

   撮影はすべて携帯電話についているカメラで撮っています。

   明日から21日まで北海道に撮影に出ます。

   コメント返しは帰ってからになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道から帰ってきました。
今年もたくさんの花を撮ってきましたよ。いずれ一部紹介しますね。

ところでコメントを書いてくれたのに、ここに反映されなかった方ゴメンナサイ。私の指定ミスでコメント欄に載らないような設定になっていました。ある方の指摘でそれに気がつきました。直しましたので、誰でもコメント大歓迎です。
みかん
2014/05/22 12:23
こんばんは
モチツツジ、はじめて見ました。幹も枝も見えない。花付の良いツツジですね。
やわらかなピンクに赤いブロッチがお似合いです。
ちゅうちゃん
2014/05/22 23:04
おかえりなさい。
初めてモチツツジを見たのが,愛知県でした。
つぼみの状態でもベタもちっ,が印象的で,葉っぱもふかネバ,でした。
はるこ
2014/05/22 23:53
ちゅうちゃんさん おはようございます。
早速にありがとうございます。ブログをアップして、しばらくたっても何もコメントがないとさみしいものです。最後の画像の大株は、とりわけ見事な花つきでした。
みかん
2014/05/23 06:59
はるこさん おはようございます。
みかんも初めてモチツツジを見たのは、愛知県の葦毛湿原の裏山だったような気がします。これが自生のツツジだとは信じられなかった。腺毛のネバネバが強烈だったことも、その時に知りました。
みかん
2014/05/23 07:05
みかんさん。お久しぶりです。
モチツツジは冬でも花を1,2輪つけているものもあり、他に花の少ないこの頃にはつい「よく咲いてたね」などと思わず声をかけてしまいます。それ以外の時期には他の花に目がいって、登山者からそれほど注目されていないような気がします。宮路山のすばらしいモチツツジ!!来年はぜひ出かけなければ!!
北海道の花楽しみにしています!!
みえ
2014/05/23 15:10
みえさん こんにちは。
モチツツジもそうですが、ツツジの類はよく返り咲きをしますね。冬に花を咲かせているものには、特別な愛おしさを感じます。関東地方で育った私は、ヤマツツジやミツバツツジとは違った、モチツツジには特別な感情があります。
北海道の花はいろいろ見てきましたが、大群落が素晴らしいオオバナノエンレイソウあたりから紹介しますね。
みかん
2014/05/23 16:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
モチツツジ   Rhododendron macrosepalum みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる