みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田芳男の世界  4月の1枚    早春の彩り

<<   作成日時 : 2014/04/30 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 16

画像





   久しぶりに訪れた故郷は

   里ではソメイヨシノが満開だった。

   遠くの三国連峰はまだべったりとした白い残雪

   山はまだ早春だった。

   芽吹きと呼ぶには、抵抗があるような

   ほんわかとした色

   だが、エネルギッシュな春への胎動は

   樹の体内では、ほとばしるような勢いではじまっている。

   ほんのりと紅いのはカツラの花か

   トチノキの太い芽が、ふつふつと煮えたぎるような勢いで

   伸びはじめている。




   
画像





   画像の桜はソメイヨシノではない

   私の大好きなオオヤマザクラである。

   わが故郷の山には、ヤマザクラよりも、むしろこのオオヤマザクラが多い。

   標高が高いせいもあるだろうが

   新潟との県境に近いせいもあるかも知れない。

   北海道や東北にはヤマザクラがなく、山を染める桜はほとんどがオオヤマザクラである。

   オオヤマザクラは北海道に多いのでエゾヤマザクラとも呼ばれる。

   また、花の色が濃いのでベニヤマザクラという別名もある。

   雪国の桜と呼ぶとぴったりする。

   この地で高校生までを過ごしたせいか

   桜というと、私はオオヤマザクラをイメージするのである。

   今回の故郷探訪ではじめて知ったが、村の木がオオヤマザクラなんだそうである。

   町村合併によって、私が生まれ育った群馬県の新治村猿ヶ京は

   今では群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉と地名が変わった。

   実家は小さな温泉宿である。







   撮影は2点とも2014年4月26日 群馬県のわが故郷での撮影である。

   クリックして大きな画面で楽しんでください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ芽吹かぬ木々の枝枝の中に,オオヤマザクラの花と新葉,この冬と春先の混じり合う光景が好きです。
何度かこういう場面でうまく撮影できずにじれていましたが,みかんさんの手にかかれば,「そうそう,この景色!」とうれしくなります。

私も高校生まで育った場所がヤマザクラの無い地域なのですが,ソメイヨシノしか見ていないような気がします。東北の地方都市の町中育ちは,自然とはちょっと縁遠かったかも。
みかんさんのよき故郷,うらやましく思います。
はるこ
2014/05/02 15:44
はるこさん 今晩は。
私が生まれ育った猿ヶ京温泉という所は、関東地方の中でもとりわけ自然度の高い地域なのですよ。今もその面影は随所に残っています。ブナ帯にほど近い標高ですから、今回もこの風景の中でカタクリやキクザキイチゲの花の撮影を楽しみました。人が誰もこないカタクリの群生地なんて、関東地方では今時珍しいと思います。故郷の自然だけは、胸を張って誇れます。
みかん
2014/05/02 22:04
こんばんは〜

オオヤマザクラですか
ピンク色の可愛い桜なんですね
北海道や標高の高い山で見られるんですね
九州で見る山桜は、全体的に白っぽい感じのお花です
4月の終わりに山を歩いた時には、山桜も終わりがけでした
いっしい
2014/05/03 22:18
いっしいさん おはようございます。
九州にもオオヤマザクラに極めて近い桜があるのですよ。4月の末にそちらに撮影に行った時、目的のひとつがその桜だったのですが、残念なことにまだ咲いていませんでした。今頃が花盛りのはずです。
比較的最近になって名前がついたキリタチヤマザクラがそれです。霧立越えに数本があります。ヤマザクラと比べると、はるかに色は濃いですね。
みかん
2014/05/04 09:28
みかんさんこんにちは〜。

今日、5/5こどもの日は雨!!
珍しいです!!

4/26鉄道浪漫旅ツアーで敦賀まで行きました。
(電車に乗る旅ではなく今回は北陸本線の〜)
バスで現地まででした。

途中オオヤマザクラが満開!!
野の花初年度初回の講座で
バスの中で教えて頂きましたよね〜。

あのときよりもたくさん咲いていて見事でしたよ。

忘れてることも多いですが・・・
思い出すこともあるんだなと
我ながら感心しました(笑)

今月の野の花・・・o(^O^*=*^O^)oワクワク です〜♪
ぐーま
2014/05/05 11:00
ぐーまさん こんにちは。
北国や雪国では、これからがオオヤマザクラの季節です。
ヤマザクラも素敵だけど、オオヤマザクラはもっと魅力的だと感じています。

明日6日に「野の花」の下見をしてきます。
まだ目的のツツジはつぼみだと思いますが、当日はもちろん満開のはず、桜よりは判断しやすい。上の駐車場までは道が細くてバスが上がれないので、下から歩くことになります。なるべく花の多いコースを、といくつか歩いてきます。1人だとゆっくり撮影ができるのが嬉しい。
みかん
2014/05/05 11:34
今思うと、あれはオオヤマザクラだったのだろうか。。。
子どもの頃、友だちとおにぎりを持って登った桜山の大木。

実家の庭にも亡父が植えたヤマザクラがありましたが、花が白色だったので
カスミザクラだったのでしょう。桜山のはそれよりも紅いサクラだった・・・。

そんなことを思い出しながら猿ヶ京早春の彩りを眺めています
shuku
2014/05/05 12:40
shukuさん お帰りなさい。
shukuさんの実家の辺も今頃はオオヤマザクラが花盛りなのでは。
久しぶりの田舎で、のんびり温泉も独り占めしてきました。いつもお客さんのいない時間帯に入るので、露天風呂にハラハラとソメイヨシノが舞い込んできましたよ。
猿ヶ京の隣り相俣という集落には、上杉謙信由来の逆さ桜という名木があります。上杉謙信が杖として使った木を地面に刺したら、それが根付いたといういわくつきの桜です。猿ヶ京という地名は、上杉謙信が名付け親なのですよ。関所として栄えた猿ヶ京は、昔は宮野という地名でした。もっとも正しくは猿ヶ京ではなく申ヶ京と表記するのが正しいのですが。今も数々の古文書が残されています。
みかん
2014/05/05 15:49
こんにちは
箒を逆さに立てたような木々の芽先が赤っぽくなり、新芽が伸びてくるとモヤモヤとした頼りない緑や淡赤、グレーのように見えたりそんな早春の山もいいもんですね。
30年以上前に猿ヶ京でキクザキイチゲの群生を見たときの感動がよみがえってきました。猿ヶ京の早春はゴールデンウイークの頃だったんですね。もっと早い時期かと思っていました。また行きたいな猿ヶ京。
ちゅうちゃん
2014/05/09 20:59
ちゅうちゃんさん おはようございます。
随分昔に猿ヶ京に行ったことがあるのですね。その頃、私はすでに東京に出ていましたが、自然はそれほど変わってはいないと思います。今もGWの頃はキクザキイチゲはあちこちでたくさん咲きますよ。

ところで、栽培しているオオウバユリはその後どうなりましたか?
みかん
2014/05/10 08:01
猿ヶ京は友人宅に子どもを連れてよく泊まりに行きました。法師温泉のぬるくて気持ち良いお湯、入り口のゴヨウマツ?川向こうに見えたハイキングコースらしき道、子ども達がもう少し大きかったらきっと歩いていただろう魅力的な雰囲気でした。そうそう、平標山も行きたかったなー。
クワガタ採りは山もありですが、夜、自販機に採りに行くなど、思い出多きところです。匠の里ができ、見晴館が廃業し、上越クリスタルの経営が変わったりと(前後しているかも)変化の多い時でした。
キクザキイチゲ、オオバナノエンレイソウ、イワウチワ、アサツキ、ツルリンドウなど、ドキドキの散策でした。
オオウバユリのこと、教えていただいたように、腐葉土を大目にして植替えました。今年は本葉が茂りプランターではもう無理、葉が枯れ次第庭に定植予定です。まだまだ先ですが立派な花を咲かせます。
ちゅうちゃん
2014/05/10 20:46
ちゅうちゃんさん 度々ありがとうございます。
猿ヶ京のこと、よくご存じですね。猿ヶ京温泉の代表的旅館見晴館のことまで知っていて、少しビックリしました。見晴館は私の母が長いこと手伝いに行ってました。みかんが高校生の頃の話しですが。お客さんがいない時、広いプールみたいな大浴場でよく泳ぎましたよ。あはは 
主のおかみさんにも可愛がってもらいました。今は兄夫婦が「吉長」という小さな温泉旅館をやってます。機会がありましたら、よろしくどうぞ。
みかん
2014/05/11 17:59
みかんさん こんばんは
猿ヶ京のこと。 もしかすると、みかんさんとはニアミスしていたのかも、実は私が泊まっていたおうちの長女の方(湯の町にお住まいです)の旦那さんが見晴館の番頭さんで、みかんさんが泳いでいた温泉に度々入らせていただきました。

また、吉長さんは、三国ドライブインの下にあるのでは?そこならお泊まりしていた家の紹介で、できたての頃から何度か泊まっています。季節感のある、料理の美味しい宿でした。
みかんさんのお年頃から推定すると、(ちなみに私は昭和22年生まれでみかんさんと同年)私の友人宅の方をご存知だろうと思います。何かよけいに親しみを感じちゃった。
また良い写真待ってまーす。
ちゅうちゃん
2014/05/11 19:12
ちゅうちゃんさん 度々どうも。
「吉長」もご利用いただいていたようでありがとうございます。
食事が美味しい宿で売っていたのですが、最近は板前が変わったせいか、味がやや濃いめでした。私的には前の板長を評価しているのですが、何しろ私が経営しているわけではないので、ただ全般的にいつも厳しい意見は言っています。高い温度の源泉かけ流しなのに、適温に保っている温泉の温度管理や、いつも清潔そのものの風呂場など、気持ちいいところもたくさんあります。清潔さを保つために、一年中靴下ははかない兄の努力なども評価はしています。庶民的な値段設定ですから、できることには限界もあるのでしょうが。どうぞ機会がありましたら、また利用してやってください。
みかん
2014/05/15 18:22
はじめてコメントさせていただきます。
半年前に新潟県上越市に引っ越してきて初めての春を迎えたのですが、野山のあちこちに美しい花が沢山あり、名前を知りたくて図書館でたまたま手にした本が永田先生の『春の野草』という本でした。野生にこだわった素晴らしい写真とともに、限られたスペースにも関わらずとても分かりやすく、しかも興味深く書かれた解説に読み更けてしまいました。
解説一つ一つが面白くて、こんなに夢中になって読んだ図鑑は初めてです!
永田先生という人物に興味が湧き、こちらのブログにたどり着きました。
春の野草とともに、樹木の春夏編を購入し、本を片手に子どもとの散歩を楽しんでいます。今、野草観察が楽しくて仕方ありません(*^^*)
かたつむり
2014/05/16 20:14
かたつむりさん 今晩は。
拙著をご利用いただいているようでありがとうございます。
とりわけ春が素晴らしい上越市にお住まいとのこと、うらやましいです。
私は現在は愛知県の半田市という所に住んでいます。ないものねだりで、雪解け後にどっと咲く春の野草は、やはり雪国にはかないません。全くマイペースののんびりブログですが、どうぞ時々は遊びにいらしてください。コメントも大歓迎です。
どうぞ今後もよろしくお付き合いください。
明日からしばらく北海道に撮影に行きます。コメント返しは遅くなります。
みかん
2014/05/16 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田芳男の世界  4月の1枚    早春の彩り みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる