みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シロバナタンポポ  Taraxacum albidum

<<   作成日時 : 2014/01/31 14:37   >>

トラックバック 0 / コメント 12

画像



 修理に出していたモニターがやっと直って

 今日我が家に戻ってきた。

 早速キャリブレーションをチェックして

 自分のモニターでの初ブログである。


 
画像



 その場所は広さにしたら畳8畳分ほどの

 ほんのわずかな一角である。

 私が住んでいる場所の近くでは

 もっとも早くシロバナタンポポが咲く場所である。

 雲ひとつない晴天に誘われて

 間違いなく花は咲いているだろうと確信してやって来た。


 
画像
  


 例年だとススキに覆われて

 暖かな陽だまりとなる川の土手

 だがしかし、今年は少し形相が変わっていた。

 ススキはきれいに刈られて

 いわば丸裸状態。

 ここで生活していた野良猫たちの姿はなかった。


 
画像



 そこに続く道も

 きれいに舗装されて砂利道ではなくなった。

 ソメイヨシノの若木が、並木として整然と植えられている。

 街中に残されていた断片的な自然が

 どんどんと無くなってゆく。

 それが何だか淋しい。


 
画像



 だが、川の土手のシロバナタンポポだけは健在だった。

 ボサボサに茂っていたクコも刈られて

 赤い実は見られなかったし、ススキや丈高いセイタカアワダチソウも見事なまでに刈り取られて

 地面にへばりつくように生えていたシロバナタンポポが

 少しむき出し気味ではあったが

 咲いていた。


 画像























 今頃の季節だと、咲いているのはほとんどが帰化種のセイヨウタンポポだけなのだが

 ここに咲いているシロバナタンポポは

 まぎれもない日本在来のタンポポである。

 図鑑類に記されている花期は普通4〜5月である。

 春を代表するタンポポだから

 その記載は正しい。

 だが、日当たりの良い場所では、今頃から咲いている場所もあるのである。


 
画像



 私がとても大事にしている場所のひとつである。

 この日、咲いている花の数を数えてみた。

 そしたら全部で32輪も咲いていた。

 例年より花の数ははるかに多かったが

 はたして今年は、暖冬になるのだろうか。












 撮影は2014年1月23日 愛知県半田市の私の散歩道で

 画像はクリックすると少し大きくなります。

 いつもの携帯電話での撮影です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
白と薄い黄色のグラデーションが絶妙。

千葉の我が家の周辺ではシロバナタンポポを見ることができません。
都内の方がよく見られるようで,それも人為的に蒔かれたタネが元だという話もあります。

もともとの自生地はどういう分布だったのか,ということにも興味がわきます。
はるこ
2014/02/01 15:23
はるこさん こんにちは。
関東地方には少ないものの、自然分布で広がっています。
最近はゲンノショウコなどでもそうですが、人為によって広がっているものも確かにありますね。タンポポのように風によって分布を広げるものは。人為によってその速度を速めていますね。これも困った問題ですが、それも自然と捉える見方もあります。量の問題はともかく、関東地方はもともとの自生地です。
みかん
2014/02/01 16:46
高知ではタンポポは「白」
黄色が教科書で出てくるのが不思議でした。がいまでは黄色をたくさん見かけるようになりました。それでもやはり基本こちらは白です。
タンポポ調査がもうすぐ始まります。新発見が今回もまたあるやもしれません。
キバナシロタンポポとかキビシロタンポポが好みです。
みかんさんの好きなタンポポはどれでしょう?
流れ星
2014/02/01 17:56
流れ星さん 今晩は。
帰化種が入る前は、九州や四国に住んでいる多くの人達は、タンポポは白い花と思っていたと思います。それが普通でしたから。今でもタンポポの花は白、と思っている人は多いと思います。
自分が生まれ育った地で、ごく普通に見られるものが標準だと思う考え方は、ごく自然だと思うのです。日本ではタンポポの花は黄色と白が普通ですが、国が違えばタンポポの花は赤、などというところもありますから、見聞を広めることは大事でしょうね。
比較的最近になって、愛知県のごく一部にキビシロタンポポがあることを知りました。私が住んでいる知多半島でです。足許にも思わぬ発見があるものですね。
特に好きなタンポポというのはないですが、まだ葉しか見たことがないクザカイタンポポの花を見てみたいですね。
みかん
2014/02/01 18:47
高知でも、セイヨウタンポポの勢いは、止められそうにないと思うのですが、
シロバナタンポポもまだ健在です。
今年ももう咲いてるはずだから、タクシーで見に行こうかどうしようかと迷ってるうちに2月になってしまいました。
昔、所属していて、今は休載してるブログのサイトが、1月末に閉鎖になるというので、
読み返して、画像を保存してたのですが、
昔は頑張ってたなぁと、自分をほめたくなりました〜(笑)
今は、ヤキガマワッテル!!しっかりせえ〜!!と思って、
明日にでも、タクシーで、シロバナタンポポを見に行くつもりになって居ります\(^o^)/(爆笑)
リサ・ママ
2014/02/02 22:54
みかんさん、ご無沙汰しています。覚えていて下さいますでしょうか。
気まぐれなコメントで、申し訳ございません。
時々はご挨拶申し上げますので、今年もよろしくお願いいたします。

シロバナタンポポは、高尾では3月に入ってから咲きだします。
すみれ類も含め、もうしばらくの我慢です。
流れ星さんのキバナシロタンポポ・・・ん、これ何と思っているところです。
調べてみます。
しばらく冬眠状態でしたが、そろそろ動きだしそうな気配ですね。
高知も数回行くことになりそうです。
t-yam1
2014/02/03 00:39
みかんさん、おはようございます。
t-yam1さん同様、たいへんご無沙汰しており、久々にコメントさせていただきます(^^ゞ
九州出身の私にとってシロバナタンポポはとても馴染み深く身近な存在でしたが、こちらではあまり見かける機会がありません。
昨年、山梨県の桃畑のあぜ道でシロバナタンポポの群落に遭遇したことがあります。
関東圏ではあまりみかけない光景だったので驚いたのですが、山梨県西部ですとシロパナタンポポも多いのでしょうか?

イヌノフグリは、自力で見つけたことはまだありませんが、今年は目を凝らして探してみたくなりました。


fu-co
2014/02/03 08:53
リサ・ママさん こんちは。
シロバナタンポポはわざわざタクシーを使って見に行くほどの植物ではない気がしますが。もう少し暖かくなれば、リサ・ママさん家のすぐ側でも、沢山の花が見られるのではないでしょうか?
昔、牧野植物園の中で夢中になって、シロバナタンポポばかりを写したことがありました。園の中に咲いていた野生のものです。今でも手入れの悪い場所には、たくさんあると思います。
みかん
2014/02/03 16:16
t-yam1さん こんにちは。
ホームページはお気に入りに入っていますから、時々は拝見していますよ。今年は四国も遠出の予定に入っているのですね。昨年の北海道も収穫が多かったようですね。未知の植物と出会えた感激は特別のものがあります。そんな感動が今年もずっと続きますように。きっと素晴らしい出会いが待っていることと思います。
みかん
2014/02/03 16:24
fu-coさん 久しぶりですね。
まだスミレの季節には少し早いですが、2月1日に隣町の里山に冬菫を訪ねました。今年は咲いている花数は少なかったですが、それでもシハイスミレとニオイタチツボスミレが咲いていましたよ。
きょうの東京は異様に暖かいようですが、明日は雪の予報とか。このところ異常気象続きで、植物たちも生活のリズムが狂ってしまいそうで、何だか心配です。
地球の温暖化が進むにしたがって、シロバナタンポポの自然分布もより北へと伸びているように感じています。
みかん
2014/02/03 16:33
拝読してとても嬉しい気分になれました。全く同感です。実は先年国道の脇に
シロバナタンポポの群生地を発見し国土交通省や横浜市にお願いしたのですが
絶滅危惧種でないからといずれも養生や保護を聞いてもらえず毎年業者を頼み
除草を繰り返したため数年後には消えてしまいました。折角の貴重な指標植物なのに庶民の声を顧みないのですから悔しいです。種子を採取して後日公立の薬用植物園に寄贈したのですがその後梨の礫。先生、どうか声を大にしてPRをお願いします。
目黒のおじいちゃん
2014/02/08 19:14
目黒のおじいちゃんさん こんにちは。
絶滅危惧植物も、そうでない植物も、全く同じ命なのですが、貴重なものが尊重される傾向が強いのは困ったことです。かといって自治体のようなところでは、ひとつの基準をひかなければならないので、これもまた仕方のないことかな、とは思っています。ですが自然をうまく生かすような配慮はして欲しいですね。業者任せにするのではなく、草刈りや除草などにしても、もっと知識ある自治体の職員が係るべきだ、というのが私の考え方です。またそれらのことを助言することができる専門家も必要だと考えています。
みかん
2014/02/10 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
シロバナタンポポ  Taraxacum albidum みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる