みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏高尾の春  春の花は駆け足で

<<   作成日時 : 2013/03/24 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 29

画像





   東京では桜が満開になったと言うのに、梅の写真を載せるの

   やめたら、と今日親しい友人に言われた。

   でも、これは3月16日の記録だし、ブログで続編載せるから、と

   約束してるから、と私

   春の花は駆け足でやってきて、駆け足で通り過ぎてゆく。




   
画像





   裏高尾には小仏川に沿って、小さな梅林がいくつもある。

   訪れた日は、どこもかしこも満開だった。

   加えて民家の庭や、畑に植えられた梅の木も多く

   紅梅や白梅、淡い色の梅、と梅見だけでも楽しかった。




   
画像





   だが、本来の目的は野生の花

   早春に咲く花々を見たかったのである。

   高尾山はスミレの名山でもある。

   タチツボスミレ、アオイスミレ、オカスミレ、ヒメスミレ等

   色々なスミレが咲き出していた。




   画像画像






















   画像画像
























   上の右画像のヒメスミレは民家の石垣である。

   随分昔から変わらずに咲いているが、なぜか石垣からは逃げ出していないようである。

   その石垣には、植えたものだろうがオキナグサも咲いていた。

   花好きの人達が何人かカメラを向けていた。

   スミレですか、と聞かれたので、ここのはヒメスミレです。

   と教えてあげた。




   
画像





   その後、19日に高尾山を訪ねた東京の友人から

   今年はスミレの当たり年、ヒナスミレの群落を見てきました、とメールがあった。

   ナガバノスミレサイシン、エイザンスミレなどが一気に咲いていました。と

   スミレの種類から、あのコースを歩いたな、と

   大体のコースが思い浮かんだ。

   まだスミレ類はしばらく楽しめるはずである。




   
画像





   午前中はうつむき加減だったアズマイチゲが

   昼近くになってすっかり花が開いてきた。

   人の多い裏高尾だが、私には滅多に人がやってこない秘密の場所がある。

   そこにはアズマイチゲが群生して咲いている。

   はやる気持ちを抑えて、その場所に行ってみた。

   そしたらガ〜〜〜ンである。

   民有地であるから仕方がないが、半分以上が開墾されて

   大きな木が何本も植えられていた。

   それでも山すそに、ちょっとした群落がまだ残されていて

   かろうじて生き延びた、という感じであった。




   
画像





   高尾山には数こそ少ないものの、キクザキイチゲもある。

   同じ白い花なので、アズマイチゲと勘違いしてしまうのか

   比較的道のすぐ側に咲いているのに、気が付く人は少ない。

   それでもその場所は、知っている人は知っているという場所。

   私がケイタイを向けていると

   昔はもっと咲いていたのですけどね、と声をかけてきた人がいた。




   
画像





   早春の花の定番といえば、裏高尾では

   ユリワサビは欠かせない。

   比較的どこにでもあるが、やはり沢沿いの雑木林の下に多い。

   上の画像は苔むしたコンクリートの壁に

   まるで忍者のごとく張りついていた。




   
画像





   キバナノアマナが咲いていたのは、確かこのあたりのはず、と思ってキョロキョロしていると

   少し長めのレンズをつけたその男性が、色々咲いていますよ、と声をかけてきた。

   ごつい三脚にカメラをつけて歩いてきた私を見て、花が目的だろうと

   推測したものらしい。

   いきなり声をかけられて面食らったが、すでに午後も遅く

   日影になっていたその場所は、アズマイチゲが閉じかけていた。




   
画像





   その人は長いレンズを構えて狙っているのだが

   レンズの前方を見ても、花らしいものは何も見えない。

   不思議に思い何を狙っているのですか、と私が声をかける。

   「これです」と、その人が指をさす。

   あっヒメニラですか、と納得する私。

   すでに花を閉じているヒメニラは、長さ数ミリの小さな花である。

   結局、キバナノアマナが咲いている場所もその人に教えてもらい

   気が付いたのである。

   一人だったらキバナノアマナもヒメニラも気が付かずに通り過ぎてしまったかも知れない。

   親切なその男性に感謝した。




   
画像





   あちこちでフサザクラが咲き出していたので、どこか目の前で撮れるところがあれば

   などと考えながら歩いてきたが

   もたもたしているうちにフサザクラの木がなくなってしまいそうなので

   とりあえず1枚だけ写した。

   結局、その後もめぼしい木は現れず、上の画像1枚だけになってしまった。




   
画像





   今回裏高尾を歩いてみて、困ったな、と思うことがひとつだけあった。

   庭からの逸出だと思うが

   ヒメキンセンカがかなり野生化して、はびこっていたのである。

   上がその画像、オオイヌノフグリに混じって、我が物顔で咲いている。

   以前このブログでも取り上げたが

   最近各地で野生化したヒメキンセンカが目立つ。

   第二のオオイヌノフグリになりかねない雰囲気である。

   これも時代の流れ、と言えばそれまでだが・・・・。

   いつも尻切れトンボに終わる当ブログも、今回は約束を果たした。

   少し急ぎ足だったけれど。








   撮影は2013年3月16日  東京の裏高尾一帯で。

   すべて携帯電話についているカメラでパチパチ撮ったものです。

   クリックすると少し大きくなります。

   今週はさらに色々な花が咲き出しているはずです。

   高尾山がますます混む季節になりました。

   当日はこの他にもシュンラン、コチャルメル、アブラチャン、

   ナツトウダイなど色々な花が咲いていました。




   




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ついこの前まで、今年はどの花も開花が
遅れ気味と感じていたら、ここへ来て
一気に咲き出しましたね。
忙しくも有り、嬉しくもあり、心配は
見そびれてしまう花が多くなりそうです。
一度も行ったことはないですが、高尾山なんて
観光地化されてしまった山と思っていましたが、
以外や以外そうでもないんですね。
イナ
2013/03/24 10:21
σ(^_^)が知っているキクザキイチゲは一箇所しかないからあれがなくなるとσ(^_^)にとっては全滅だ。
キバナノアマナは佐渡でしか見ていない。
ヒメニラを見つけようと思ったら老眼鏡が必要かな。ヽ(´ー`)ノ
アライグマ
2013/03/24 16:47
イナさん 今晩は。
春の花が一気に咲き出してきて、急にいそがしくなりましたね。
高尾山は大都市東京の近郊にありながら、驚くほど花の種類が多い所なのですよ。ケーブルカーやリフトのあるいわば表側は賑やかですが、結構広いので裏高尾の方は、平日ならばまだ静かな散策が楽しめます。でも人混みは愛知県の比ではありませんが。
みかん
2013/03/24 17:12
アライグマさん 今晩は。
キクザキイチゲの咲く場所は、高尾山では私も1箇所しか知りません。花が咲いているのは全部で10株ほどしかありませんでした。キバナノアマナも佐渡ほど多くはないのですよ。ヒメニラ、恥ずかしながら今回は私も気が付きませんでした。カメラのレンズの先を目で追ったのですが、気が付きませんでした。
教えてくれた人はかなり植物に詳しい方のようでした。
みかん
2013/03/24 17:28
高尾へは2度行っていますが春の花時期に行っていないので紹介していただくといきたくなりますね。
案内してくださる方がいるのですがそちらが花時にはこちらも花時。身は一つで残念です。
キバナノアマナ・ヒメニラはこちらで見られても見られない「ハナノコノメ」憧れます。
トゲミツクシネコノメは地味ですので花がつくネコノメいいな〜
流れ星
2013/03/24 18:16
千葉県中央部の台地ではウメがまだ咲き残っています…ので,ウメの花もまだまだ実感があります。
ウメの開花が遅く,ソメイヨシノの開花が早かった今年は,両方を見られておもしろい早春です。

高尾の園芸種逸出,気になるけど,気にしすぎるといけないのかな,とも思う「ように」しています。ヒメニラの近くにまで園芸種が来てしまったら…と思うと悲しくなってしまいます。

ハナネコノメはいつまでも高尾のアイドルでありますように…(個人的にはフサザクラが好きなのですけど)。
はるこ
2013/03/24 20:45
流れ星さん 今晩は。
トゲミツクシネコノメって初めて聞く名前です。と思って高知県植物誌を見たら載っていました。私は種子の表面の突起が0.05ミリ程度の違いでツクシネコノメソウと分けるのははなはだ疑問に思っていますが、オオコガネネコノメとコガネネコノメソウを区別しない若林先生の発表ですから、それなりの根拠はあるのでしょうが。基準産地の馬路村のものは私も撮影していますが、種子までは確認していませんでした。それにしてもツクシネコノメソウの変種というのは意外でした。品種クラスなら納得なのですが。だいぶ前からネコノメソウ属だけの図鑑を作りたいと考えていて、色々と調べています。
みかん
2013/03/24 23:53
はるこさん 今晩は。
雪国ではまだ梅さえもほころんでいない場所もあるのですから、違和感はないはずなのに、こうあちこちから桜が満開のニュースが飛び込んでくると、なんだか季節外れのような気になってしまいます。
フサザクラいいですね。私は今日、ハナノキのアップを写しました。全体の雰囲気はフサザクラに似ていますね。特に雄花は。急に色々な花が咲き出してきて、あわただしくなりました。
みかん
2013/03/25 00:01
こんばんは。
前回紹介されていたハナネコノメの場所へは、一週前に出かけてきました。(^^ゞ
春の葉にはまだちょっと早くて、人出はそれほどでもありませんでした。
それでも山の上の方の日当たりの良いところでは、たくさんのスミレが咲いていました。
ヒメキンセンカ、そういえば今年はよく見かける気がします。
房総でも見ましたし、家の近所の土手にも咲いていました。
本格的に増えてきたのだとすると厄介ですね・・・
nekoppana
2013/03/25 01:14
こんにちは。昨日は伊吹山山麓の観察会でした。梅が満開でした。桜も咲き始めていて、今年はちょっと不思議な感じの春です。昨年雪の中で見たセツブンソウはもう種の状態でした。その代わりキバナノアマナは土手のあちこちに咲き、林の中のスハマソウの群落に感激です。アズマイチゲも咲いていて楽しい観察会でした。ヒメキンセンカ、ヒメリュウキンカなどが植えられていて気になりました。
みえ
2013/03/25 10:11
nekoppanaさん おはようございます。
高尾山に出かけてきましたか。そうですね種類によってはまだ早いかも知れませんね。混雑にあわなかったのは何よりです。
ヒメキンセンカの増える速度はかなり速いですね。今年はいろんな県の道端で随分見ています。寒さにも強く丈夫ですから、これからますます増えてゆくでしょうね。
みかん
2013/03/25 10:29
みえさん おはようございます。
今年の春は寒い時期が長く続いたので、梅と桜が同時に見られる所が多いみたいですね。我が家のすぐ近くに市を代表する桜並木があるのですが、まだほとんど咲いていません。東京では満開だと言うのは、今年は少し変です。
伊吹山麓の観察会、楽しそうな雰囲気が伝わってきました。昨年は私もセツブンソウの頃に出かけましたが、今年はまだ一度も出かけていません。それにしても園芸種を自然の中に植えるのは困ったものです。どうにかならないものでしょうかね。
みかん
2013/03/25 10:36
みかんさん、こんにちは〜♪
今年は、1月の初めから期待して見ていた近所の梅が、
1ヶ月の留守の間に、すっかり咲き終わりましたぁ。。
桜便りは、開花宣言から満開までのすごい早さ!!
めまぐるしく春は先へ先へ、留まることなく、
私は、乗り遅れた感が強いですぅ〜☆
画像を見てるとワクワクとドキドキ〜(●^o^●)
山行きを計画してる夫に付いて、どの辺までなら行けるかな?(笑)
こっそり身体を鍛えようかと思いますぅ〜!(^^)!ムリムリ(爆)
リサ・ママ
2013/03/25 15:49
アズマイチゲは残念でしたね。
でも、転んでもただでは起きないみかんさん、さすがです。
写真を見ながら、春の風を感じています。
春があまりに早く通り過ぎそうなので、慌てています。
でも、やっぱり春は素敵です。
風月螢
2013/03/25 16:02
リサママさんのお元気なコメント見られて嬉しくなりました。無理しないでね。

みかんさん こんにちは!
高尾山のスミレ、是非見に行ってみたいです。
まだ満開のソメイヨシノほとんど見ていません。他では満開満開のニュースが流れているのに・・・少しお湿りがあったので明日は期待できるかな?
今年はコブシが素晴らしかったです。いつも行っている大きな谷津の入り口に立つと、すぐそばの斜面からは賑やかな滝のように花が垂れ下がり、谷津の両側には初々しい花の他に盛りを過ぎて薄茶色がかった花もあり、それも遠くから見れば彩の一つで、春霞のような濃淡が続いていました。もうちょっと経てばヤマザクラも!
ところが車で15分位しか離れてないのに、印旛沼の向こう側の谷津を歩くと、どういうわけかコブシがほんの少ししか無いのです。
いつもの谷津、改めて惚れ直しました。
ケイ
2013/03/25 16:17
リサ・ママさん 今晩は。
春は急ぎ足でやって来ましたが、リサ・ママさんはマイペースでゆっくり歩いてくださいね。無理は禁物です。花は毎年変わりなく咲きますから。とは言え人は桜が咲いた、と聞くとなんとなくソワソワしだします。不思議ですね。ですが我が家のすぐ近くの豪華な桜並木は、まだ咲く気配がありません。つぼみはかなりふくらんでいるのですが、テレビで見る上野公園や隅田川河畔の満開の桜に、なんでぇーという思いです。
みかん
2013/03/25 21:19
ホタル君今晩は。なんとまぁ久しぶりのコメント。
元気なのはわかっていたけど、生きてたって聞きたいほどです。あはは
もたもたしていると春はあっという間に走り去ってしまいますよ。お子さんは大きくなったでしょうね。またゆっくりとご一緒する機会があると嬉しいですね。
みかん
2013/03/25 21:26
ケイさん 今晩は。
お気に入りの谷津のコブシ、今年はそんなに見事でしたか。コブシには花の当り年と外れ年がありますから、今年は当り年だったのでしょうね。青空に映える真っ白な花は、心が浮き立ちますね。それが滝のように枝垂れているなんて、素敵な光景が目に見えるようです。
今年のソメイヨシノの開花は、場所によって随分とばらつきがあるようですね。我がマンションの前にも去年植えられたばかりの若木の並木がありますが、やっとつぼみがふくらんできたところです。
みかん
2013/03/25 21:35
みかんさん、おはようございます。
高尾山は行ってみたい山の一つです。たくさんの早春の花が咲き出していますね。
昨年9月に東京に滞在した時、娘婿に「お母さん、近場で行って見たいところはありますか?」と聞かれたので高尾山と答えたら「う〜んここからはちと遠いです、時間が足りません」と・・・・・
で・・・・・行けませんでした(笑)
いつか機会が来るかもしれません。

こちらは今、梅が真っ盛りで桜はまだです。
今年は思いがけないほど早くに山散策を始めていて、駆け足で春を追いかけています。
さなえ(花の庵)
2013/03/27 06:37
さなえさん おはようございます。
ブログ毎日拝見していますよ。そちらも今年は春が早いようですね。畑はまだ遅霜の心配がありますから充分気をつけてくださいね。ゴボウの挑戦楽しみです。それにしてももうトキワイカリソウが開花しているなんて、ちょっと驚きです。歩けばまだまだ新しい発見があるのは嬉しいことですね。
3日見ぬ間の桜かな、とは良く言ったもので、我がマンション前の若木の桜も
昨日でだいぶ開き、今日には満開になりそうな気配です。今年は東京の桜の開花が異様に早かったので当地は遅れている、なんて思っていましたが、考えてみたらまだ3月なのですよね。例年よりはやはり早い開花ですね。
高尾山はいずれ機会がありそうですね。山に畑に忙しくなりますが、くれぐれも無理はなさいませんように。
みかん
2013/03/27 09:15
ご無沙汰してしまって申し訳ありません。
メールもここのコメントもなぜかはじかれていたのですが、久しぶりに記事を読んでわくわくしてしまったので、コメント書いたらなんとか、ここのコメントだけははじかれなくなったようです。ほっとしました。(^^;)
春が、過ぎていってしまうので、あわてて近場をうろうろしています。
風月螢
2013/03/27 23:18
こんばんは〜

春が駆け足のように過ぎて行きますね。
行きたい山は、たくさん有るのですが体は一つ歯がゆいね。(^^♪
私の住んでいる地方にもスミレがたくさん咲く山が有ります。
ただ、残念な事に私の知識が追いついていません。
楽しんでいる趣味ですので頑張ろうと思ってはいます。
これからも、ブログを拝見して行きたいと思います。<m(__)m>

man
2013/03/27 23:21
ホタル君 たびたびどうもです。
このブログを見てくれている人は非常に多いのですが、コメントを書いてくれる人はほんの一部です。毎日のアクセス数から見るとほんとに少ない。こちらはコメント以外は全く手がかりになるものがないので、一方通行で終わってしまう。時々何やってんだろう、と思うことも多いのですよ。ブログなんかやめて仕事に専念しよう、と思いながらも、コメントを書いてくれる常連さんのことを思うと、あれも見せたいこれも見せたい、と出掛けた先々でブログ用の写真を撮ってる自分がいます。時間がなくてボツになるものが大部分ですが。
ですからコメントを書いてくれる人が、このブログを続けている原動力になっているのですよ。
みかん
2013/03/28 07:11
manさん おはようございます。
千本松原は面白そうな場所ですね。機会があったら訪れてみます。それにしてもスゴイパワーを感じます。行動力もそうですが、植物に対するパワーがものすごい。年齢と共に、若い時のような行動力が失われていっている今の自分にとっては、良い刺激になっています。
manさんのプレッシャーにならない程度のコメントは、これからも書かせてもらいますね。スミレは全部スミレと片付けていた日が過去のことになる日は、近いと思いますよ。趣味は楽しんでやる。これが第一だと思います。
みかん
2013/03/28 07:30
おはようございます。

みかんさんの秘密の場所、19日に私も行ってみました。
昨年はヒメニラを見つけられたのですが、今年は目に入りませんでした。
まだ早すぎたのかと考えていたのですが、16日にちゃんとあったのですね〜ちょっと残念です。
奥の方は少し荒れているように感じましたが、アズマイチゲやキバナノアマナは健在で嬉しかったです♪

それにしても、今年のヒナスミレは凄いです。
どうして、突然あのような咲き方をしたのか、みかんさんに分析して頂きたいと考えていました^^

ヒメニラ狙いでもう一度行ってみたくなりましたが、あそこに行くのは勇気がいりますね(汗)
fu-co
2013/04/02 10:31
スミマセン、裏高尾を歩いたのは19日ではなく26日の間違いでした^^;
もう、曜日も日にちも混乱していますね〜

「山に咲く植物」店頭に並ぶの楽しみにしています♪
fu-co
2013/04/02 10:46
今年の高尾山のヒナスミレはすごいと、メールや電話での情報はありましたが、実際にfu-coさんのブログで拝見して、なるほどと思いました。どのような条件が重なったのかはわかりませんが見事でしたね。
私が写したヒメニラやキバナノアマナは道沿いで、誰もが見られる場所ですよ。秘密の場所ではありません。それと「山に咲く花」はすでに本屋さんに並んでいます。機会があったらのぞいてみてください。
みかん
2013/04/03 19:38
初めてまして!
manさんのブログでタチキランソウの事を教えて頂きましてありがとうございます。
高尾山は好きで時々行っています。
花は好きなのになかなか名前は難しいです。
ネットで調べているのですが間違いが多いのではないかと恥ずかしく思っております。
「山に咲く植物」の著者でいらっしゃるのですね。
早速手元に置きたいです。
勉強させて頂きます!
hanasaku
2013/04/06 20:46
hanasakuさん ようこそお越しくださいました。歓迎します。
印象に残るハンドルネームですから、あちこちでコメント読んでました。私の九州の友人のブログなどでもよくhanasakuさんのコメントがあるので、あちこち良く見ているな、と感じていました。私はこの「みかんの花日記」がメインのブログですが、他に「髭さんのケイタイでパチリ」という軽いブログもやってます。そちらもご覧いただいてコメント貰えると嬉しいです。
みかん
2013/04/07 10:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
裏高尾の春  春の花は駆け足で みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる