みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田芳男の世界  1月の1枚  コウヤボウキ

<<   作成日時 : 2013/01/30 02:10   >>

トラックバック 0 / コメント 24

画像





   あたかも花が咲いたように見えるこの画像

   じつは冠毛である。

   冠毛とは種子についている毛のことで

   風が吹くとこの毛がパラシュートの役目をして

   種子を遠くに飛ばすのである。

   コウヤボウキの花期は秋である。

   花が終わって、葉も枯れると、種子を飛ばすための冠毛が

   ふわぁっと伸びだしてくる。

   11月の終わり頃から1月頃にかけてである。

   普通、冠毛の色は白である。

   だが、画像のような美しいピンクもある。

   おはずかしい話しだが、私はコウヤボウキの冠毛にピンクがあることを知らなかった。

   昨年の12月には、わざわざコウヤボウキの冠毛の撮影に出かけたが

   その時も白しか見なかった。

   友人のブログで、美しいピンクの冠毛の画像を見て

   いても立ってもいられず、その翌日に比較的コウヤボウキが多く自生する山に出かけた。

   そしたら探すまでもなく、7対3の割合くらいで、ピンクの冠毛のコウヤボウキがあった。

   嬉しかった反面、ちょっとショックでもあった。

   普段植物の先生として、色々なところで指導しているが

   この事実を知らなかったのである。

   何でも知っているなどという驕った気持ちは毛頭ないが

   自分の無知を恥じ入った次第である。




   
画像





   ちなみに一般的なコウヤボウキの冠毛は、上の画像のように白い。

   いちばん上に種子に付いた冠毛がわずかに残っている。

   コウヤボウキは種子が風に飛ばされた後も

   萼片が水平に開いたまま残り、これもまた花のような感じに見える。

   花のない冬場も、結構楽しみはあるのである。






   撮影は2013年1月20日 愛知県新城市で

   クリックすると画像は大きくなります。

   2月になれば、春らしい画像もお届けできると思います。

   感想をお寄せいただけると嬉しいです。




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

ふわふわと綺麗なコウヤボウキのピンクの花跡。
花の無い季節にこんなのを見かけると小躍りしたくなります。
たしか私もピンクのものを撮っていたはずとたまゆらを検索してみたら
2011年1月に撮っていました。

同じ日本海側でも今年はこちらは根雪になりません。
降っては消えを繰り返しています。
春が早そうな予感です。
さなえ(花の庵)
2013/01/30 08:49
さなえさん おはようございます。
女性が使う頬紅をさす刷毛のようだと感じるその感覚、なんとなくわかる気がします。ピンクの冠毛のものは、結構各地で見られるようですね。私が今まで白しか見ていなかっただけのようです。
日本海側の雪は、場所によってはかなり大変のようですが、さなえさんの所は少ないのですね。でもこれからドカッと降る可能性は充分あるので、気をつけてくださいね。
みかん
2013/01/30 10:34
私もYさんのブログでピンク色のコウヤボウキの冠毛を見て「へぇぇー」でした。
私も今まで白しか見ていなかったので…。

コウヤボウキは冬芽がかわいいので大好きな木です(木と言うべきかどうか悩みつつ)。
はるこ
2013/01/30 14:25
みかんさん、こんばんは
コウヤボウキは、高知県だったらどの辺の山へ行けば見られるでしょうか。
みなさんのブログで拝見し、みかんさんのお話に接しましたら、
無性に見たくなりました。取り急ぎ(●^o^●)
リサ・ママ
2013/01/30 21:35
はるこさん 今晩は。
はるこさんも白しか見ていませんでしたか。やはり白のほうが圧倒的に多いですからね。気になってこの後、ナガバノコウヤボウキの冠毛を見に行ったのですが、やはり白しかありませんでした。
コウヤボウキの冬芽は白い綿帽子のようですから、花がない季節でもナガバノコウヤボウキと区別できますね。2次肥大成長しているかは疑問ですが、茎が生きているので、定義としては木本でしょうね。
みかん
2013/01/30 22:06
リサ。ママさん 今晩は。
植物を観察する、ということは、自分で見つけるという楽しさもあるのですよ。人に教えてもらうことは簡単ですが、いつもそれだと印象に残りません。本当に見たいのだったらその位の努力はしましょう。高知市内にもいくらでもありますよ。
みかん
2013/01/30 22:20
 こんばんは。 朝からコメントハネられていました(^_^;)

コウヤボウキは遠いから無理ですが ナガバノコウヤボウキは
1時間ちょっとで行けるので近々確かめに行きたいと思います。
風太
2013/01/30 23:03
風太さん 今晩は。
元気になられてホッとしています。また今年も一緒に歩くことができますね。
楽しみです。
さて、ナガバノコウヤボウキにも冠毛のピンクのものがあるか不明です。私が見た多くの個体は白いものだけでした。ピンクのものがありましたら、是非記録しておいてくださいね。
みかん
2013/01/30 23:45
嬉しいですね、私も白しか見ていませんでしたが、今年初めてピンクの冠毛のコウヤボウキを見つけました。もう少しすぼんでいる状態の時でしたが・・・
でも一つの画像にこんなに収まるほどあるなんて羨ましい!
その杉林、カシハバハグマならい〜っぱいありましたけれどね。
その中に、ほっ!とほほを染めたような、お花の様な冠毛を見つけた時は嬉しくなりました。
他の場所で濃いピンクの蕾を見たことがありますが、その個体がピンクの冠毛なのか、今年は是非確かめに行かなくては。
ケイ
2013/01/31 00:22
ケイさん おはようございます。
ピンクの冠毛を見つけた時はやはり嬉しいですね。この画像を撮影した山は、標高の低い場所にピンクのものがありました。花の色と冠毛の色が連動していたら面白いですね。みかんも花期に気をつけて見たいと思っています。
この時はオケラのドライフラワーもだいぶ写しました。花のない季節の楽しみでもあります。
みかん
2013/01/31 08:49
ピンクのコウヤボウキはどこにでもあるのでみかんさんが今年初めてしっただなんて驚きました〜。ピンクというより紅色に近いものまであります。それを探すのが今の季節の楽しみです。白はまず撮影しませんね。どこにでもあるので大群生を見ない限り素通りです。
暖かい高知でも花がすくなく毎日のブログ更新ネタがなく困っています。今日咲き残りのシオギクそしてコウヤボウキをUPしてから訪問です
気の早いシコクバイカオウレン・ユキワリイチゲ・コショウノキの花くらいですね
流れ星
2013/01/31 17:12
お返事、ありがとうございました。
たぶんそうおっしゃられるとは思いましたが、
気軽にお聴きしても良いかとも思いましたので(#^.^#)
これからも気軽に馬鹿なことを書くと思いますが、
どうぞよろしくお願いします。
リサ・ママ
2013/01/31 17:39
私も数年前に近くの緑地公園で、薄いピンクのものを初めて見て、あれ〜と思いました。
昨年末同じ所へ見に行きましたが、白ばかり・・・
katsu
2013/01/31 18:20
 ナガバノコウヤボキのところに行ってきました。
雪が少し残って坂ではヒヤっとした場面も。

 20株ぐらいあるのですが やっぱりピンクはなかったです。
風太
2013/01/31 22:18
流れ星さん 今晩は。
高知にはピンクの冠毛のものが多いようですね。かなり地域差もあって、白い冠毛のものしかない場所も結構あります。最近ネットサーフィンをしていると、あちこちでピンクの冠毛のコウヤボウキが取り上げられていて、なんだかブームみたいです。花が少ないせいでしょうかね。
シコクバイカオウレンという新しい名前もだいぶ浸透してきたようです。
みかん
2013/01/31 23:18
リサ・ママさん 今晩は。
流れ星さんのコメントのように、高知ではピンクの冠毛のものも簡単に見つかりそうですよ。頑張って。
みかん
2013/01/31 23:23
こんばんは。
コウヤボウキの花後の姿、綺麗ですね〜。
最初の画像は、沢山の花が咲いているように見えますね。
コウヤボウキの花も、微妙に濃淡が有りますが・・。
山道などでピンクの冠毛を見ることが出来ます。
驚くほど濃いピンクの冠毛は、陽の光を浴びて本当に綺麗でした。
綺麗なピンクの冠毛に出会うと嬉しいものです。

2013/01/31 23:27
katsuさん 今晩は。
ピンクのものが白に化けるとは思いませんが、色の濃淡があるところを見ると、そんなこともあるのかも知れません。今回、少しオレンジがかった色のものもありました。不思議ですね。
みかん
2013/01/31 23:29
風太さん 今晩は。
ご苦労様でした。車で出かけたのですね。まだあまり無理をしませんように。特に雪道は大変ですからね。
ナガバノコウヤボウキの冠毛はやはり白だけでしたか。みかんもかなりの個体数を見たのですが、白しかありませんでした。どなたか、ナガバノコウヤボウキのピンクの冠毛を見られた方はいないですかね。
みかん
2013/01/31 23:35
杏さん 今晩は。
高尾山周辺もコウヤボウキは多いですから、ピンクの冠毛のものもあるのですね。随分昔に、コウヤボウキの冬芽の撮影のためだけに高尾山に登ったことがあるのですが、その時も白い冠毛のものしか見ませんでした。やはりタイミングや巡り合わせなどがあるのでしょうね。
みかんは、ピンクの冠毛を見たことがなかった、と発言したら何人かからひどくビックリされました。あはは、何でもかんでも知っているわけではないのですがね。
みかん
2013/01/31 23:47
こんばんは。
ピンクのコウヤボウキの冠毛は画像を探してみると私はさなえさんと同じように2011年1月5日に出会っていました。
皆がこんなに綺麗な色になるのかと思って居たのですが、白いままで終わるのもあるのですね。
アザミの歌
2013/02/01 21:41
アザミの歌さん こんにちは。
コウヤボウキの冠毛は白の方が圧倒的に多いのですよ。運良くピンクを見られたのはラッキーだったと思います。みかんはこれまで1度も出会っていませんでしたから。
みかん
2013/02/02 13:52
また、うっかりしていて、出遅れた(^_^)
コウヤボウキのピンクの冠毛、知りませんでした。白しか見た記憶がありません。
さっそく週末にでも探しに行きたいですが、法事があったりして、無理かも。
花の色の濃淡と、冠毛の色とは関係ないんでしょうかね?
ところで、2枚目の僅かに残った冠毛の写真、素敵ですね。残った総苞片(でいいのかな?)の配置、背景の色バランス、ぼかした冠毛、どれも絶妙です。光は当たっていないようですが、それでも、こんな印象的な写真が撮れるんですね。
ほととぎ
2013/02/07 00:48
ほととぎさん おはようございます。
冠毛の色と花の色に因果関係はあるのか、今年の課題です。私も今まで白い冠毛のものしか見たことがありませんでした。場所によっては白しかない所も多いようです。
2枚目の画像のような撮り方はあまりしないのですが、これはデジカメなのでバックのボケを効果的に使いました。光りは直接には当たっていないのですが、絞りを開放気味にすることでこのような効果が出せます。
みかん
2013/02/07 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田芳男の世界  1月の1枚  コウヤボウキ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる