みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田芳男の世界  11月の1枚  散り紅葉

<<   作成日時 : 2012/12/01 01:57   >>

トラックバック 0 / コメント 24

画像





   時間ばかりがあわただしくすぎてゆく師走となった。

   あれも載せたい、これも載せたいと

   ブログ用のネタはどんどん増えてゆくのに

   いつも整理できないうちに

   時間ばかりがすぎてゆく。

   今年ももう12月である。

   このシリーズのように画像を1枚だけ載せて

   ハイそれで終わり、だと、もう少しブログの回数も増えそうだが

   まぁ、そんなわけにも行かないだろう。

   今月は花を出そうか迷ったが、結局はこの画像にした。

   11月という季節にも合っているし、自分の心情としても

   散り紅葉がふさわしいと思ったからである。

   写真を鑑賞してもらうに、あまり無駄な説明はしない方が良い。

   どうぞ、ごゆっくり。



   撮影ワンポイント

   撮影時にいちばん気を使ったのは、シャドゥ部分をいかに暗く見せるか。

   レンズ保護用のフィルターは装着しているが、特殊なフィルターは使わず

   わざと水面の反射を出している。







   撮影2012年11月18日 11時51分 岐阜県横蔵寺で
   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影データ
   カメラ EOS5D MarkU
   レンズ COMPACT−MACRO EF 50mm
   絞り 18 シャッタースピード 8分の1秒
   露出補正 マイナス3分の1
   ISO感度 100
   ホワイトバランス オート

   三脚 GITZO

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
>絞り 18 シャッタースピード 8分の1秒
それにしても隅から隅までピントキッチリで・・・・・・
三脚立ててもレリーズ使ってもσ(^_^)の腕では何故かぶれるなーーー
枝葉の紅葉も好きだけど、地面の散り紅葉や水面下の散り紅葉は風情があって好きです。
(^◇^;)
アライグマ
2012/12/01 11:25
みかんさん、こんにちは

一杯に散り落ちた紅葉を見ると、ついついその艶やかさに
目を奪われて、「どうだっ」っていう感じで撮ってしまい、
後で見返してみると、どうも単調に感じていましたが、艶やかさ
明るさを引き立たせるのは、影の部分があってこそなのですね。

最初は、地面に落ちた紅葉と水溜りに落ちた紅葉と思ったのですが、
よくよく見ると、全体が水面のようですね。
下のほうには土に還る寸前の落ち葉もあるようで・・・
散紅葉はまだまだチャンスがありそうなので、しっかり頭に叩き
込んで参考にさせていただきます。
イナ
2012/12/01 13:44
アライグマさん 今晩は。
ピントは写真の命ですからねぇ。一般にプロが考える「ピントが合ってる」とアマチュアが考える「ピントが合ってる」には大きなへだたりがあるようです。
最近のデジカメにはライブビューなどという便利な機能が備わっているので、最近とみに眼が悪くなってきたみかんには、非常にありがたいです。ですが電池の減りが早くなるので、この画像の撮影では使っていません。
プロはどこにピントを合わせて、どのくらい絞れば、どこまでピントが合うか計算できるものなのですよ。
みかん
2012/12/01 22:41
イナさん 今晩は。
燃えるような紅葉も素晴らしいですが、散り紅葉もなかなか風情がありますね。
誰もが狙う被写体ではありますが、どこをどう切り取るか、によってその人らしい個性が生まれてくると思います。
我々プロは撮影時に、この画像はどこでどう使うか、頭の中で考えながら撮影しています。3ミリの断ちしろを考えて撮る見開き用とか、タイトルを入れる位置を考えて撮影するとか、図鑑用なのか、それともカレンダー用なのか、とか。使う時の大きさを考えて被写体により近づいたり、離れたりします。
隙のないフレーミングをしてしまうと、使い勝手の悪い画像になってしまうことが多いですね。
みかん
2012/12/01 22:55
わぁ〜!!すごーぃ!!もぅ、全然違う!!
そう叫んでしまわずには、いられません。
どうしてそんなに深くものを捉えることができますか??
ちょうど自分が、落ち葉を撮ったところだったので、
めっちゃ落ち込みましたぁ〜!!
いえいえ、落ち込むなんて、不遜かもですね〜♪
どうせピントだって、きちんと合ってはいないですもの!!
でも、明日も、たぶん、落ち葉を撮ってみることにしますわ(笑)
リサ・ママ
2012/12/01 23:50
リサ・ママさん おはようございます。
リサ・ママさんのブログ「別冊・雲にのろう」の別府峡の紅葉拝見しましたよ。久しく訪れていませんが綺麗に色づいていましたね。まぁハンデはあるにしてもオトウチャンの写真が素晴らしかった。構図がどれもしっかりしていて、作者の意図するところが見る者に伝わってくるのです。
どこをどう伝えたいのか、を意識することはとても大切なことなのです。リサ・ママさんの写真は、その部分がまだ整理しきれていないので、ただシャッターを押しただけ、に見えてしまうのです。せっかくの散り落ち葉も余分な部分が入りすぎると、見苦しいものになってしまいます。例えば蕗の葉の緑色と、そこに散った赤い紅葉に魅かれたのなら、それがより美しく見える場所をもう少し探して
みましょう。きっとどこかにさらに美しく見える場所があるはずです。ガンバッテ。
みかん
2012/12/02 08:42
紅葉が終わると、こちらはしばらく色と光が乏しくなる季節だな〜と・・・
Tatsuya@能登
2012/12/02 19:01
Tatsuya@能登さん 今晩は。
パソコンの前に座る前に、北海道と山形の友人と電話で話しました。どちらも雪で真っ白だそうです。きょうは隣町のお気に入り里山に撮影に行きました。冬のスミレとイヌセンブリが咲いていました。ですが外気温は7度、手がかじかみました。ほんの数分でしたが霰がパラパラと、早々に自宅に戻りました。
色と光りが乏しくなる季節は辛いですね。でも被写体はそれなりにありそうですが。
みかん
2012/12/02 22:27
いつもさすがと感心させられる今月の一枚ですが、今回は、特に見入ってしまいました。隅々までクリアな画像。絶妙に配置された影の部分、反射する水面の部分。モニターいっぱいに拡大すると、リアル感がすごいです。
デジカメにF18というのは絞りすぎで、回折ボケが起きてしまって画像が甘くなると言われますが、問題ないんですね。
こういう、どのようにでも切り取れそうな被写体は、どこをどう撮るのかがむつかしいです。帰って写真を見直してみると、もうちょっとこっちに寄ればよかったとか、ここのピントが甘いとか、そんなことばかり。
みかんさんは、一瞬で構図を判断されるんでしょうか、それとも、あれこれ角度を変えてみて、決められるんでしょうか?
ほととぎ
2012/12/03 00:23
おはようございます。

写真やカメラのことは詳しくわかりませんが、黒い影の部分と水面に映る空の色でしょうか、白い部分のバランスが絶妙で生け花にも通じるバランスと良い勉強ををさせてもらいます。

それから落ちたもみじ葉の赤と黄色・・・黄色がかっているのも素敵だと思いました。
さなえ(花の庵)
2012/12/03 07:09
ほととぎさん おはようございます。
みかんは構図に迷うことはほとんどありません。見た瞬間にここを撮りたい、これを撮りたい、という部分がハッキリしているので、アングルに迷うことはありませんね。今回の画像では、最初から広い池の中のこの部分、と決めて臨みました。回りの石垣だとか緑のコケだとかは最初から頭になく、水面だけで勝負しようと考えました。池の中だと思わせるために、あえて水面の反射を入れたりの苦労はしていますが。
銀塩カメラにはなかったデジカメの細かい絞りはいろいろ使っていますね。F10とかF9とかの微妙な絞り加減の違いを楽しんでいます。アオリに近いF20なんかもたまに使います。
みかん
2012/12/03 09:15
さなえさん おはようございます。
バランスはとても大事だと思います。見る人に安らぎを与えるような安定感は、写真でも生け花でも同じだと思います。ですから自然をねじ伏せるような超広角や魚眼レンズをみかんは好みません。
人間が見た眼に近いもの、奇をてらわないもの、動かさずいじらずの自然そのままが好きなのです。
みかん
2012/12/03 09:27
水をたっぷり吸い込んだ散り紅葉の透明感!
ふわりと落ちたばかりの葉。
時の経過がしみじみと感じられ、飽きませんね。
ケイ
2012/12/03 11:36
やっぱり、瞬時に決められていましたか!
勝手な想像ですが、みかんさんの目は、被写体と思って何かを見た瞬間、カメラの目になっているにちがいありません。
色、形、ボケ、その他、諸々、写真としてのイメージが、瞬間的に出来上がる。
あとは、カメラをセットして、それを切り出すだけ。
写真をたくさん撮っていると、おそらく、多かれ少なかれ、カメラの目で物を見られるようになってくると思います。私も、まれに、そんなふうに花が見えたような気がして、そんな時は、いつもよりいい写真が撮れているようです。
なんちゃって(^_^)
ほととぎ
2012/12/03 20:49
写真って不思議ですね!
グッと引き込まれてしまう胸にせまる一枚、訴える力はどこに潜んでいるのでしょう!
どこにでもありそうな風景なのに、見とれてしまいます。

どうせ写真は上手く撮れないからって私は手持ちばかりなのですが、重くても、たまには三脚を持ってフィールドに出たくなりました。
fu-co
2012/12/03 22:07
みかんさんお久です〜。
おはようございます。

私の写真・・・(長年)
今まで一体型一眼カメラで(しかも)オートで
カシャカシャやっていましたが
一眼レフに換えて今四苦八苦しています。
(一体型は持ち歩きに便利だった〜)

絞りとかシャッター速度・・・
う〜〜ん、いろいろ試しては頑張ってます〜。

来期の講座もどこへ行ってどんな花に出会えるか・・・
楽しみです〜

みかんさん、このデータで撮りまくってみます。
ありがとうございました〜♪♪
ぐーま
2012/12/04 07:37
ケイさん こんにちは。
同じ画面を見ても感じ方は人さまざま。写真てそれでいいんじゃないかと思います。あまり気負わない方が良い写真になるような気がします。
みかん
2012/12/04 10:39
ほととぎさん たびたびどうも。
そうですね。何を見ても、人と会話をしていても、今ならこう撮る。この人ならこのアングルだな、というような見方を無意識のうちにしているような気がします。カメラを手にしている時は、それが現実味を帯びるだけのことのようです。これもいわゆる職業病なんでしょうね。あはは
みかん
2012/12/04 10:47
fu-coさん こんにちは。
強く訴える力がどこにあるのか、それがわかれば教えて欲しいものです。
みかんは誰もが見ている風景を、誰もが見ているように撮りたいと常に考えています。アッこんな風景どこにでも転がっているよね、という風景を、どこにでも転がっているように撮りたいのです。
三脚はみかんにとっては必需品です。三脚がないと写真が撮れません。三脚は自分の右手であり左手でもあります。体の一部分になっている気がします。
みかん
2012/12/04 10:58
ぐーまさん 11月の講座は時間がたっぷりあったので、具体的な写真の撮り方もやったのですよ。不参加なのが残念でした。

この画像のような特殊なデータは参考にはなりません。ブレの多い画像を量産しそうですから、参考にはしないでください。
新しいカメラに慣れるまでは、絞り優先にしてシャッター速度はカメラまかせにしましょう。晴天の日で絞りは8から11くらいの間で少し練習してください。ISO感度は200くらいに設定してください。自分がイメージした画像は、絞りがどのくらいにしたものが近いか、先ずそれを習得してください。
後は次回の講座の時にでも。
みかん
2012/12/04 11:15
みかんさん こんにちは、
透明感を感じる写真ですね。右下の星のような小さなキラリもするどく光っていて画面全体が調和しているように思えます。これをディスプレイで見ているように印刷するとしたら印刷屋さんは大変でしょうね。
いつも思うことですが、24インチで大きくして見るのはもちろん臨場感が増して良いのですが、ブログを開いたときに見えるあの小さな画像でも美しく引き締まって見えるのがすごいなと思います。
ありがとうございました。
ridge_line
2012/12/04 22:14
ridge_lineさん おはようございます。
細かく見てくれていますね。ありがとうございます。
水面の反射をどの部分にどの程度入れるかは考えていますが、さすがに右下の赤いモミジのキラリまでは計算できていません。これは偶然の産物ですね。
我々は印刷することを第一に考えて撮影します。デジカメで撮影したいわば原版
にあたるものを見ていただけるネットというのは、そこにひとつの魅力があります。大きなディスプレイで見ていただける、というのも魅力ですね。
みかん
2012/12/05 08:43
みかんさんこんばんわ!初めてコメントさせて頂きます!(^^)!
今日 ステキなプレゼント届きました〜ヽ(^。^)ノ
お手紙…と思いましたが 筆不精なのでメールで失礼します。
大した事 してあげれていませんでしたのに
このような心遣いして頂き 本当に申し訳ありません。
恐縮しています<(_ _)>
折角ですので ありがたく使わせて頂きます。
頂いたカレンダーをブログに出させて頂いても
よろしいでしょうか?
なっちゃん
2012/12/06 22:27
なっちゃん こんにちは。
ようこそお越しくださいました。その節は色々とお世話になりありがとうございました。また来年も何回か撮影に伺うことになると思います。
カレンダーは毎年何種類か作っています。どうぞブログに載せて宣伝してください。ありがとうございます。
みかん
2012/12/07 14:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田芳男の世界  11月の1枚  散り紅葉 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる