みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 撮れたて特急便8      スルガジョウロウホトトギス

<<   作成日時 : 2012/09/16 15:02   >>

トラックバック 0 / コメント 39

 じつに久しぶりのブログである。

 ここ2ヶ月ほどは超多忙でブログどころではなかった。

 まだその仕事が終わったわけではないが

 どうにか一区切りがついた。

 昨日は日帰りで静岡県まで出かけてきた。

 下の画像のスルガジョウロウホトトギスを撮影するためである。



   
画像









 この花を写すのははじめてではない。

 以前にも撮影はしているのだが、ある方がとても良い場所があるので

 その場所のものを是非とも撮影して欲しい、と、丁寧に道順を電話で教えてくれた。

 以前に撮影したものもまだどこにも発表していなかったので

 どうしようかと躊躇したのだが、そんなに良い場所のものなら、と

 あわただしく出かけてきた。

 電話口でその人と話している時に、ああ以前撮影した場所と同じところだな、と思った。

 ホトトギス属の中では最も個体数が少ないのが、スルガジョウロウホトトギスである。

 拙著の絶滅危惧植物図鑑「レッドデータプランツ」では、唯一撮影が間に合わず

 本に写真が載せられなかったのが、ホトトギス属ではこのスルガジョウロウホトトギスだったのである。

 環境省のランクでは絶滅寸前のCRに指定されている。




 どうかじっくりとご覧いただきたい。

 今回は本業用のデジカメで撮影した、商売用の画像提供である。

 教えていただいた場所は、当然のことながら道などない場所である。

 だが数日前にここを訪れた団体があり、足場などがかなり荒らされていることが気になった。

 エゴかも知れないが、こんな場所は団体では訪れて欲しくない場所である。

 この場所を教えてくれた方も、○日は団体が入るので、その日は避けた方がよいですよ、と

 なかば苦々しい口調で話していた。

 ほんの数人にしか知られていなかったこの場所も、そんなことがきっかけで口コミで広がってゆく。

 荒らされなければ良いが、と切に思う。





 10年の時を経て、絶滅危惧植物だけを集めた図鑑 『日本の絶滅危惧植物』 が

 山と渓谷社からカラー名鑑の1冊として、来年発売予定です。

 これからの私の仕事具合によって、出版時期が多少遅れるかも知れませんが

 遅れても再来年の春までには発売したいと思っています。

 値段等は未定ですが、値段の高いぶ厚い本になる予定です。

 ここ10年の私の仕事を是非ご覧ください。





 撮影は2012年9月15日  静岡県で

 カメラデータ

  キヤノンEOS 5D マークU  キャノンコンパクトマクロEF50ミリF2.5
  f16 オート マイナス3分の1補正 ISO 100 オートホワイトバランス adobeRGB

 画像の無断転載、使用を厳禁します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(39件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。更新、心待ち致しておりました。
スルガジョウロホトトギスの群生、見事ですね。
花が好きで、皆さん会いに行かれるのだと思います。でも、それを聞いているのは、善意の人ばかりとは限りません。
私自身、ほんとは何処へも行かず、何も発表しない方が良いのでしょうね・・・
10年間の成果をまとめた図鑑を出版されるのですね。楽しみです。
れい
2012/09/16 22:53
れいさん 今晩は。
誰でも見たことがない花には憧れがあると思います。ましてや個体数の少ない花となるとなおさらでしょうね。自然になるべく負荷をかけない方法もあると思うのです。団体行動の悪いところは、道のなかったところに道ができてしまうことです。本当に見たい花なら自分で調べて自分で探す。そのくらいの気概は欲しいものです。
みかん
2012/09/17 01:14
デカイ画面で見るのもなかなか良いですね。
最近、私鉄の観光課みたいなところが主催で「歩こう会」がアチラコチラで開かれています。鎌倉で出くわした奴は200人くらいでしたか。
山の細い道を延々と途切れないハイキングの人間たちとすれ違うたびに誰かが道を踏み外す。もう滅茶苦茶です。中には摘み取った花を抱えている人も居ますし。
集団は良くない。
また、珍しい花の咲いている場所を知っていることを自慢したい気持ちは判るけど、善人ばかりじゃないし悪気が有ろうと無かろうと人間が動くだけで自然にはストレスが掛かると思う今日この頃。
アライグマ
2012/09/17 09:49
これは見事ですね。
確かにだれしも見に行きたいですが、超稀少なものはそれを守る義務がある。
見守りのこす心が必要です・・高価であっても本を買って楽しませていただきます。
ジョウロウホトトギスもそろそろ咲きます。これほど見事ではありませんが咲いてくれるでしょう。
流れ星
2012/09/17 16:08
みかんさん こんばんは〜
スルガジョウロウホトトギス、もちろん初めて見せて頂きます
ジョウロウホトトギスも見たことが無いので・・・・
開かないホトトギスと言う感じなんですね
貴重な生育地、あまり沢山の人に知られると荒らされないかと心配になりますね
九州にも、キバナノツキヌキホトトギスと言うのがありますが
数年前からすると花数が減っていて、本当に少なくなりました
とても心配です
いっしい
2012/09/17 20:14
10年分の蓄積を形にする,という仕事は素敵ですよね。
楽しみです。
はるこ
2012/09/17 21:36
初めてコメントさせて頂きます。
昨春、さなえさんからみかんさんのお話をお聞きして、「みかんの花日記」を楽しみに拝見させて頂き、みかんさんのお考えを勉強させて頂いています。
実は昨日山梨県の希少植物の保護活動の帰り、この山の入り口を確認してきたばかりです・・・。
その折バスで団体さんがと言う話を聞きました。
山梨と長野二つの花の保護活動にボランティア参加して、そのあり方も含めて色々考えさせられます。
みかんさんと同じ県に住む一人として、県東部のある花の保護を地元の方と一緒に進めたいと考えて、昨年から動き出していますが思うようにはいかないのが現実です。
お知恵を拝借できたらと考えていますが・・・。
10年間の成果、楽しみです。
勝手なコメントで申し訳ありません、今後とも宜しくお願い致します。
katsu
2012/09/17 22:44
こんばんは。
スルガジョウロウホトトギス、とっても見事な群落の写真を見せていただきありがとうございます。
このタイプのホトトギスは、本当に美しいですね。いつまでも、残っていてほしいと心から思います。
お隣りのサガミジョウロウも「しばらく見てないな〜」と思い出して、無性に会いたくなりましたが、もう遅いので来年までお預けですね。(^^ゞ
道も整備されていないような場所に、団体で分け入るのは考えものですね。(人数の問題ではないかもしれませんが・・・)
地元で自然環境に近い形で栽培して、有料で見てもらえるようにすれば、団体で見に来るような人はたいてい満足するのではないかと思いますが、いかがでしょう。。。
「日本の絶滅危惧植物」楽しみですね〜!
値段が高いということなので、今から貯金します!!
nekoppana
2012/09/17 23:43
こんにちは。
お忙しい中の更新、ありがとうございます。
スルガジョウロウホトトギスの存在を初めて知りました。
キイジョウロウホトトギスも自生地では見たことがありません。

このような貴重なお花を団体でと企画されることが信じられません。
以前に伊勢の山でお寺の方が仰っていましたが、専門家が沢山の方を案内されて観察会をしたときは皆さんはそのまま帰られるのだそうです。
でも、後日に単独で盗掘に来たりしてごそっとなくなっているのだそうです。
貴重なお花は絶対に場所は出来る限り伏せておきたいですね。
いつまでもスルガジョウロウホトトギスがそこで咲いていることを願っています。(^^)
アザミの歌
2012/09/18 09:59
肝心なことをコメントしていませんでした。
「日本の絶滅危惧植物」楽しみにいたしております。
アザミの歌
2012/09/18 10:02
山渓カラー名鑑 日本の野草 1984年4刷発行 山と渓谷社というのを持っている
これと同じくらいの本になるのだろうか 720ページ位あるが

楽しみに待っていますm(_ _)m
ごくらく鳥花
2012/09/18 22:35
みかんさん、こんばんは
『日本の絶滅危惧植物』の発売、心待ちにしています。
私は、高知県には牧野富太郎さんという偉大な先人が居るのだし、
植物学に関して先進県だと思ってましたが、
最近、そうでもないのに気が付きました。
なんだか、植物採集をして標本を作ることを、小学校の頃学んだ割りには、
植物に関する基礎的モラルは、何も習わなかったような。
習わずとも知るほど利口ではない私など、アブナイ!!アブナイ!!
悪気もなくイケナイ事をやっちゃいそうでした。
みかんさんや、アライグマさんたちの書かれたものを読んで、
だんだん判ってきた事を、まわりの人にも伝えたいと、今は思います。
リサ・ママ
2012/09/18 23:28
 スルガジョウロウホトトギス見事ですね
ジョウロウホトトギス、サガミジョウロウホトトギス、キイジョウロウホトトギスとともにまだ見ぬ花です。
風太
2012/09/18 23:52
みかんさん、こんにちは。
今年こそはサガミジョウロウホトトギスに会いたいとチャンスを狙っていたのですが、諸事情により時季を失してしまいました。
来年9月初旬ごろ登ってみるつもりです。
スルガジョウロウホトトギスはサガミよりさらに難易度の高そうなので、写真を拝見して楽しませて頂きます。
それにしても素晴らしい群生地ですね〜毎年咲き続けて欲しいです。
『日本の絶滅危惧植物』の出版も楽しみに待っています。
fu-co
2012/09/19 11:13
みかんさん こんばんわ!
スルガジョウロウホトトギス!初めて拝見しました!清楚で、気品のある
素晴らしい花ですね。植物図鑑でも観れない花を、プロの画像で観れるなんて恐縮です!何時までも咲き続けて欲しいですね。「日本の絶滅危惧植物図鑑」の出版!一人の山野草フアンとして楽しみに待っております。
まさ
2012/09/19 21:37
アライグマさん こんにちは。
やっとコメント返しができる時間が取れました。
デジカメで撮影したものは、やはり大きな画面で見ていただけると迫力があると思いますので、やはり拡大して見ていただけると嬉しいですね。
当地でも私鉄主催のハイキングが行われています。団体行動で困ることは山道などですれ違う時ですね。延々と続く場合は登り優先などと言っていられないことです。主催者も参加者もその辺のところは充分認識して欲しいものです。
みかん
2012/09/21 09:57
流れ星さん こんにちは。
高知でもジョウロウホトトギスが咲きだしますね。牧野富太郎が命名した上臈の意味がよくわかる品のある花だと思っています。
みかん
2012/09/21 10:00
いっしいさん こんにちは。
キバナノツキヌキホトトギスも岩壁に群生して垂れ下がりますね。花茎が垂れ下がるものにも、花が上向きに咲くキバナノツキヌキホトトギスのようなものもありますが、多くはこのスルガジョウロウホトトギスのように、下向きに花が咲きます。ホトトギスの類は、下向きに花が咲くものと、上向きに花が咲くものとの2系統があるのです。ジョウロウホトトギスの仲間は、つぼみのような形に見えますが、これが花盛りの姿なのです。花の命は4日間ほどです。
みかん
2012/09/21 10:09
はるこさん こんにちは。
10年分の成果をやっとまとめられます。まだページ数が未定なのですが、限られた紙面の中で、どれだけ効果的に写真を見せられるか。これから悩みながらも楽しい苦労が続きます。
みかん
2012/09/21 10:13
katsuさん はじめまして。
自然保護というのは様々な問題を抱えていて非常に難しいものがあります。それらにボランティアで関わっているとのこと、頭が下がります。私でお役に立てることがあるのなら、協力を惜しみませんよ。何なりとお申し付けください。
みかん
2012/09/21 10:20
nekoppanaさん こんにちは。
逗子市に住んでいた頃はよく丹沢のサガミジョウロウホトトギスを訪ねました。最近、その折の写真を見直す機会があり、懐かしくなりました。
今度予定している図鑑の値段は、多分1万円近くになるのでは、と思います。まだページ数も決まっていない段階ですが。貯金をするほどの額ではないと思います。あはは
みかん
2012/09/21 10:25
アザミの歌さん こんにちは。
私も団体を引き連れての講師をしていますので、団体行動にはものすごく気を使っています。ある程度の人数が集まると、山を歩くだけでも自然に負荷をかけてしまうので、出かける場所や曜日などにも気を使っています。それでも自然を傷めていると思います。多くの方にそんな認識を持っていただけたら嬉しいですね。
みかん
2012/09/21 10:31
ごくらく鳥花さん こんにちは。
「日本の絶滅危惧植物」はまだページ数は決まっていませんが、720ページ以上になることは確かです。現在発売されている「レッドデータプランツ」720ページを元に、それ以降、10年間で撮影できた絶滅危惧植物100種類以上を追加します。製本の事情もあるのでどの程度の厚さになるのか、少なくとも枕代わりにはなるかも、あはは 期待していてください。
みかん
2012/09/21 10:42
リサ・ママさん こんにちは。
何の悪気もなくやってしまっていたことが、じつは、とんでもないことだった、と気がつくだけでもものすごい進歩だと思います。そんな人がひとりでも多く増えることを願って、みかんはこのブログをやっています。
勘違いして欲しくないのは、何でもかんでも取ってはダメではなくて、花や葉の匂いをかいだり、ちぎってかじってみたり、フルに五感を発揮して植物に触れて欲しいのです。根を掘ってみて、はじめて植物の特性に気がつくものもあるのです。大事なのはその見極めができることなのです。
みかん
2012/09/21 11:35
風太さん こんにちは。
いずれも下向きに咲くホトトギスですね。これらは限られた場所に生えるので、見ることの難しいホトトギスです。知っている人にでも案内してもらわないとちと難しいでしょうね。みかんは全部自分で見つけましたが、やはり長い年月がかかりました。
みかん
2012/09/21 11:43
fu-coさん こんにちは。
サガミジョウロウホトトギスは開花してから3日から4日で散ってしまうので、9月10日前後が理想的ですよ。沢登りをすればたくさんの個体が見られる所もあります。出会えることを願っています。
みかん
2012/09/21 11:50
まささん こんにちは。
今回は特別サービスです。あはは
1度発表したものは使いたくないので、このカットは没ですね。でも、プロはタテ位置ヨコ位置、アップにロングと様々な株を写しますので、まだまだ良いカットは温存してあるのですよ。今度の図鑑にはどのカットを使うかまだ決めていませんが、楽しみにしていてくださいね。
みかん
2012/09/21 11:57
みかんさん、こんばんは。

超多忙スケジュール、お体に気をつけてくださいませ。
スルガジョウロウホトトギスの自生見事なものですね。
いついつまでもと願わずにはいられません。

10年間暖められた日本の絶滅危惧植物が陽の目を見るとのこと、素晴らしいですね。
今から楽しみにしています。
さなえ(花の庵)
2012/09/22 20:52
さなえさん こんにちは。
忙しかった仕事は一段落したのですが、その後も撮影他で毎日走り回っています。今日もこれから東京に出て、栃木、群馬と撮影して回ります。
さなえさんも自宅に戻られて、これから畑をはじめ、色々と大変そうですね。
秋野菜は順調に育っていますか、花も野菜も、かけた愛情が素直に表れますから、手抜きはしたくないですね。ブログの更新楽しみにしています。
みかん
2012/09/23 13:05
見たこともない花、大画面で一発で見られたら臨場感あるでしょうね! 
23インチモニタでスクロールしながら想像力働かせています。

人が踏み入ってない雑草繁茂の休耕田(放棄田)でさえ、お目当ての花があれば3人も入ると踏み荒らされ痛々しい感じになってしまいます。
超希少種ともなれば誰もが夢中になり知らず知らずのうちにダメージを与えてしまうのでしょうね。

「レッドデータプランツ 2003」より100種類も多く掲載なんて楽しみです。
ケイ
2012/09/24 23:51
ケイさん こんにちは。
スクロールしないまでも、ご自分のパソコンの画面いっぱいにすれば、臨場感は味わってもらえるかな、と想像したものですから。
数日前にかねてから撮りたいと思っていた水田雑草を撮影に群馬県まで行ってきました。以前より随分と少なくなっていました。他の植物の侵入もあり、水田雑草の良い状態というのは、放棄水田では1年ほどなのを実感しました。

絶滅危惧植物図鑑に載せる予定の植物は、10月にしばらく八重山に出かけて
さらに何種類かは追加したいと思っています。具体的な作業は11月以降になりそうです。
みかん
2012/09/26 10:12
やっと暑い夏も終わり涼しくなりました。珍しい花を拝見でき有難うございます。
目黒のおじいちゃん
2012/09/26 13:41
お久し振りです。みかんさん!キイジョウロウホトトギスのような姿ですかね・・・
 凄い!ただでプロの写真見せてもらえうれしい最高です。
友人が県内の絶滅危惧種の写真集を、来月出すのですが、規模が違いますよ・・・。
見たいなあ〜自分で買えるかなあ? 図書館でかなあ〜 楽しみです。
ちごゆり嘉子
2012/09/26 17:35
目黒のおじいちゃん 今晩は。
久しぶりですね。このところ多忙だったもので目黒のおじいちゃんのブログにもご無沙汰してしまいました。また拝見に伺いますね。
みかん
2012/09/26 22:55
ちごゆり嘉子さん 今晩は。
ご友人が出される写真集とはどのようなものですか、詳しく知りたいです。本屋さんに並ぶのでしょうか。具体的な内容をお知らせいただけませんか。ここに見に来てくれる人は多いですから、皆さんの参考にもなると思います。
みかん
2012/09/26 22:59
出来ました! 
画面いっぱいという訳にはいきませんが・・・
トホホです。字が小さくて見えないので拡大画面にしていたのを忘れていました。
なんか、いつもおちょこちょいでで抜けています。
一時的にデスクトップの背景にお借りしてみたら、画面いっぱいにも見られました。

いいですね。苔むした岩場に咲く花は憧れの的です。
このままでは目がきついので又、拡大画面にします。
ケイ
2012/09/26 23:24
今月末に写真展があるので、多分その時に展示場で販売となる予定と聞いてます。
またお知らせしますが、みかんさんのが凄いから、彼には失礼ですが、規模が違うと・・・思います・・・
ちごゆり嘉子
2012/09/27 05:24
ケイさん 今晩は。
確かにこの白抜きの文字は読みにくいですね。次回からは紅葉シリーズで行きますので、読みやすくなります。
自分のパソコンで色々と挑戦して見るのも、また違った面白さが発見できるかも知れませんね。
みかん
2012/09/27 20:52
ちごゆり嘉子さん たびたびありがとうございます。
地方で熱心に撮られている方の写真集は、規模こそ違え貴重なものです。どのような写真を撮られている方は存じ上げませんが、自費出版の小部数だと手に入りにくいかも知れませんね。手に入る方法等がありましたら、また是非皆さんにお知らせください。
みかん
2012/09/27 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
撮れたて特急便8      スルガジョウロウホトトギス みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる