みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カキノハグサ   Polygala reinii

<<   作成日時 : 2012/06/18 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 24

画像





   ご覧のように、葉が柿の葉にそっくりなので、カキノハグサという名前が付いた。

   単純明快な名前だが、誰が見ても納得できる名前というのは、じつに覚えやすい。

   1度見ただけで誰もがすぐに名前を覚えてしまう。

   ところが分布となると、静岡県あたりから西に、東海地方、近畿地方と、割と狭い範囲に分布する。

   分布する地域でも、それほど普通のものでもない。




   
画像





   本来の自生地は、山地のやや乾いた落葉樹林下なのだが、

   人里近くのそれらの山々は、多くは人間の手によって樹木が伐採されて、

   長い年月にわたって杉や桧が植林されていった。

   カキノハグサはしたたかで、植林された木が育ち、鬱蒼と茂る杉林のような

   かなり薄暗い環境になっても、ある程度の光りが射し込めば旺盛に繁茂する。

   それどころか、競争相手の少ないことを幸いに、群生することもある。




   
画像





   写真の場所はもう何年もの長きにわたって、ちょっとした群落が維持されている杉林である。

   この杉林の中には小さな沢が流れていて、適度の湿気もあるせいか、周りの多くの杉林の下には

   まったくカキノハグサは生えていないのに、この杉林の下だけが別世界となっている。

   カキノハグサはヒメハギ科ヒメハギ属の植物である。

   日本にはヒメハギ科は少なく、ヒメハギ属とヒナノカンザシ属の2属だけの小さな科である。

   花は一見するとマメ科のようにも見えるが

   花に近づいてその形をよく見ると、ヒメハギ科だということが納得できる造りをしている。




   
画像





   春先に日当たりの良い山道などに咲くヒメハギを知っている人なら、

   ああ、なるほど、と思うだろう。

   上にピンと跳ねあがったクリーム色の2枚は萼片、

   下のオレンジ色に見える部分が、3枚の花弁が合着した花である。

   上の画像では5個の花がかたまって付いている。

   チラッと見える部分も含めれば、厳密には7個の花が写っている。




   
画像





   カキノハグサでおもしろいのは、根っ子である。

   ともかく奇妙な形をしている。

   私も1度しか見る機会はなかったのだが、エッと驚いた。

   くねくねとZ型に何度も曲がって、所々が肥厚している。

   この根に養分を蓄えて、暗い環境になるとじっと何年も耐えているような気がする。

   この根茎が折れたりすると、そこからも新たに芽を出すような気もする。

   カキノハグサは多年草だが、この特徴ある根茎は

   地上の環境が変化しても

   何年も地中で耐え忍ぶことができる根っ子である。




   
画像





   カキノハグサの花期は5月から6月にかけてである。

   もう今年は花が散ったかな、と思いながら自生地に行くと

   なんと花盛りだった。

   例年と比べると、今年の花はかなり遅れて開花したようである。

   じつは今回の目的はカキノハグサではなかった。

   ある地味なランの花の撮影が目的だったのだが、肝心のランの方は

   花がほとんど終わっていて、咲き残りが花茎の先端にかろうじて見られただけだった。

   カキノハグサは使っていない良い写真がたくさんあるのだが

   そんなわけで雨の降る中、傘をさしながらカキノハグサを撮った。

   少しの風と、雨のしずくのせいで

   なかなかシャッターが切れなかった。




   
画像















   撮影は2012年6月16日 愛知県設楽町で

   撮影はすべて携帯電話についているカメラで撮っています。

   画像はクリックすると2段階にアップになります。

   大きな画面でもどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
カキノハグサの花ですね。

実は先月歩いた場所でたくさん見ました。
まだ花は咲いてなかったんですが
つぼみがついてるのもありました…・

花が咲いてるところを見たいね〜と
一緒に行った野の花であい旅の友人と話したのですが
山歩き…ハイキングのお仲間たちは
あまり興味がなさそうでした(笑)
みかんさんの『山に咲く花』(1996初版)で見ましたが
ネットっていいですね〜。

こんな花なんですね〜。

やっぱり咲いてるときに行ってみたいです〜。

とてもリアルに知ることが出来ました。
明日は台風の影響は???心配ですね・・。


ぐーま
2012/06/19 05:39
 カキノハグサ初めて知りました。
こちらでは見られないようなので覚えやすかっても・・・(~_~;)

 台風が接近しそうです 大きな被害でなければいいのですが。


 
風太
2012/06/19 08:47
ぐーまさん こんにちは。
台風4号は明日の朝には東海地方は通過する見込みですが、念のために大事をとって、20日の「野の花であい旅」は中止に決めました。このブログを見ていてくれる会員の方も多いと思いますので、お知らせいたします。

さて、カキノハグサですが、花の最盛期はなかなか見事です。『山に咲く花』の撮影地は静岡県の渋川温泉でしたが、ここは自生地としてはかなり有名になってしまった場所です。花期としては5月中の方が絵になると思うのですが、
今年は大幅に花期が遅れたために、6月中旬で最盛期でした。
みかん
2012/06/19 10:05
風太さん こんにちは。
九州からだといちばん近くても、神戸の六甲山あたりまで足を延ばさないとカキノハグサは見られませんね。でも、いい花ですよ。
台風4号の影響か、当地もだいぶ風が強くなりました。今夜半が最も台風が接近します。大事な鉢植えはいくつか家の中に避難させました。
みかん
2012/06/19 10:14
ヒメハギは比較的乾いた芝生などで繁殖しやすいのに、σ(^_^)はそれを知らずに水をタップリ毎日上げていて消滅させてしまいました。(/||| ̄▽)/
カキノハグサは違う環境がお望みのようですね。
ヒメハギのように閉鎖花も出ないようだし。
ポリネターは何だろうなーー
アライグマ
2012/06/19 10:29
おはようございます。

みかんさん、こちら方面へ来られたのですね。
お会いしたかったです。
文面と画像の様子から、みかんさんが行かれた3日前に
私が行った場所と同じだと思いますが、もう一つの花は
遅かったですか。だんだん花数が少なくなっているよう
に感じました。

カキノハグサについて知らなかったことを、
いろいろ教えていただきありがとうございます。
イナ
2012/06/19 10:37
アライグマさん こんにちは。
ポリネーターは多分マルハナバチの仲間だと思います。以前、花にもぐりこんでゆくのを見たことがあります。
ヒメハギと比べると、花の大きさはカキノハグサはかなり巨大です。草丈は30センチほどですが。
みかん
2012/06/19 11:26
イナさん こんにちは。
どんずまりのNさん宅でお聞きした豊橋から見えた2人というのは、ひょっとするとイナさんかな、と、イナさんのブログを見てそう思いました。載せていた花を見てそう確信したわけです。
私の目的の地味なランというのはコアツモリソウではなく、もっとずっと小さい花の大きさが数ミリの小さなランだったのですよ。
Nさん宅では大変ご馳走になり、恐縮しました。元気だったおばあちゃんが亡くなったことも今回はじめて知りました。あの周辺には良く出かけます。今回はコショウノキがたくさん赤い実をつけていました。
みかん
2012/06/19 11:48
カキノハグサ、いつ見ても、いい花ですね。
みかんさんの写真を見て、見に行きたくなりました。でも、もう、今年は遅いですね。来年の初夏は、忘れずに、見に行かなくちゃ。
ほととぎ
2012/06/19 23:46
みかんさんおはようございます〜。

今日は中止でザンネンです…
ササユリとビロードウツギ…
そしてひょっとしてカキノハグサも!!と
期待してたのですが・・・

先月カルチャーの里山講座で歩いた山でたくさん見かけました。
たくさん咲いたんだろうな〜。

ぐーま
2012/06/20 06:25
ほととぎさん こんにちは。
ほととぎさんの故郷辺りにも多いのでしょうか。地域限定の花ではありますが、良い花だと思います。今年はさすがにもう遅いと思いますが、是非来年は存分に楽しんでください。
みかん
2012/06/20 12:22
ぐーまさん こんにちは。
台風一過で穏やかな日になりましたね。ササユリは下見の時で満開でしたから、この台風ですっかり散ってしまったと思います。ビロードノリウツギの花期は7月から8月です。来年にでもまた予定しましょう。沢沿いですから涼しいので、夏向きかも知れません。
みかん
2012/06/20 12:30
みかんさん、こんにちは
カキノハグサは六甲山辺りにもあるのですね。
それなら私にも、昔、見る機会があったかもしれませんね。
兵庫県の西宮に居た頃、六甲山をドライブすると、オオマツヨイグサが一面に咲いていました。
ドライブコースを外れることは無かったので、やっぱり無理でしょうか?
カキノハグサに遭遇率は、0.1パーセント以下??
雨に濡れて輝くカキノハグサは、森の中で黄色いドレスを着た若い妖精が、ダンスパーティーの始まりを待ってる姿に、見えます
リサ・ママ
2012/06/21 16:24
カキノハグサって 初めて見た気がします。後ろにピンと反り返ってるのが 萼片なんですね?昔の外国の王女様とかの襟がピンと立ったドレス姿みたいです。つんとすましたお花なのかなって感じ(^^ゞ
今年は みかんさんのヤマケイの春の野草を買っておけば良かったと思う事が多かったです。来年の春に向けて ちゃんと早目に準備しますねd(^^*)
夏のは昨年 購入したのでこれからが楽しみです♪
のの ☆
2012/06/24 20:36
みかんさん、こんばんは。
カキノハグサはつい1ヶ月ほど前に初めて見た花です。
最初に見た時の感想は「ヒメハギの花が黄色い!」です。けっこうカルチャーショックを受けたことを思い出しました。(^^ゞ
図鑑にものっていない根っこのことや、生育する環境のことなどとても参考になりました。
私が見たのは、たぶん「山に咲く花」に出ている場所ですが、もっと日当たりの良い山でした。
今回見せていただいた環境とはずいぶん違うので、杉林の中でも生育するんだな〜と驚きました。
nekoppana
2012/06/24 23:49
こんにちは。
カキノハグサ、初めて見せていただきました。
本当に、葉が柿の葉ですね。
ヒメハギ科、拡大して見せていただきましたが似ていますね。
この時期、雨が多いですが・・。
林の中で雨に濡れた黄色い花が美しいです。

2012/06/25 15:04
リサ・ママさん 今晩は。
北アルプスにしばらく入っていたので、返信コメントが遅くなりました。ご存知ですよね。あはは
カキノハグサは六甲山にもありますが、車でドライブしただけでは、それでは見ることは不可能でしょうね。若い妖精たちのダンスパーティーですか、そんなパーティーに是非とも招待されてみたいものです。いやいやすでに参加しているのかな?
みかん
2012/06/26 20:53
のの ☆さん 今晩は。
しばらく北アルプスの白馬岳に入っておりましたので、返信コメントが遅くなってしまいました。久し振りに登山靴を履きました。
カキノハグサは分布が限られていますので、多分そちらでは見ることは不可能でしょう。決して気取った、という感じではないのですが、はじめて見ると、エッと思う花かも知れません。
みかん
2012/06/26 21:00
nekoppanaさん 今晩は。
ブログは拝見していましたよ。ああカキノハグサを見に来られたのだ、と思いました。みかんも5月に静岡県で見ましたが、はじめだったせいかまだつぼみでした。おっしゃるように、普通はもっと日当たりの良い場所に生えます。杉林の下、というのはやはり特殊な環境でしょうね。花の構造からすぐヒメハギ科だとわかる人は、かなり植物に詳しい人ですね。
みかん
2012/06/26 21:12
杏さん 今晩は。
お久し振りです。杏さんの発信するブログで、高尾山の今の季節が良くわかります。杏さんファンもたくさんいるようで、いつも沢山の気持ち玉にビックリしています。これからも高尾山の四季の変化、楽しみにしていますね。
カキノハグサは関東地方にはないので、見る機会は少ないでしょうが、実物を見ると柿の葉にそっくりなので、なるほど、と誰もが納得しますね。覚えやすい名前だと思います。
みかん
2012/06/26 21:20
 みかんさん、こんばんは。カキノハグサの記事、楽しく読ませていただきました。
 カキノハグサは憧れの花です。見てみたい見てみたいと思いながら、未だに見る機会に恵まれません。来年は少し探し回ってみようかと思っています。
ペン
2012/06/26 23:05
カキノハグサのことをよく知らなかったので貴重なことを教えていただきました。
毎年草刈りが行われる場所でその年によっては花の時期ということもあります。
種を落とすことができない年もあるわけですがそれでも次の年は葉を茂らせて花も実も見ることができるのは強健な根っこを持っていたからですね。
広葉樹の雑木のしげる下草の中に隠れるようにして今年も見ることができました。
私が知っているのはこの場所だけなのでこれからも大事に観察を続けていきたいと思います。
C-NA
2012/06/27 08:31
ペンさん 今晩は。
関東地方にはないですから、いちばん近い静岡県まで遠征しないとだめですね。場所によって花期もずれますが、5月中旬から下旬がいちばんの狙い目だと思います。会えると良いですね。
みかん
2012/06/28 17:57
C-NAさん 今晩は。
同じ場所で定期的に観察できるということは、ある意味、とても貴重なことだと思います。個体数の増減をはじめ、その年その年の記録を是非、撮っておくことをお勧めします。定点観察の記録は後に貴重な財産ともなります。
みかん
2012/06/28 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
カキノハグサ   Polygala reinii  みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる