みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田芳男の世界  5月の1枚   春の深山

<<   作成日時 : 2012/05/30 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 18

画像





   気の早い人なら秋の紅葉と勘違いしそうな風景だが

   まぎれもない春の風景である。

   芽吹きの季節の深山は、秋の紅葉と勘違いするほど、多彩な色に溢れている。

   いや、微妙な色のニュアンスは、秋以上かも知れない。

   色は日に日に変わってゆく。

   葉が展開する時間差によって、色が微妙に変わる。

   色が動いている、といってもいい。

   だから今日見られた色は、明日にはもう見られない。

   それこそ出合ったその時限りの色なのである。

   また芽吹きの色は陽のあたり具合によって、輝きもすれば、沈んだりもする。

   私が好んで撮影する逆光は、とりわけ清々しい若葉を強調する。



   撮影した場所は、北海道小樽の朝里川温泉から山を越えて、札幌の定山渓温泉へと続く林道

   峠を越えて少し下ってきたあたりである。

   色の濃いオオヤマザクラが満開で、

   エゾイタヤやアカイタヤが若葉の展開と同時に黄色い花をびっしりと咲かせている。

   この風景は一見すると若葉のように見えるが、じつは花盛りの風景でもあるのだ。










   撮影は2012年5月18日 9時54分 北海道朝里岳付近の深山で

   カメラ Canon EOS5D MarkU

   レンズ TAMRON 28-300o 110o付近

   絞りF18 シャッター速度 50分の1秒 露出補正−1 ISO100 色空間Adobe RGB

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道だとこの時期に山が笑うんですね。
しかし、−1段かーーー
σ(^^;)だと標準で撮って画像を確認してヤバイって補正をかけそうだな。
逆に右上の明るさに引っ張られそうで+補正して試し撮りしちゃうかも。
素人は素人で大変なんだよーーー(/||| ̄▽)/
アライグマ
2012/05/30 23:19
山桜のある芽吹きの山・・・いいですねぇ〜!
ありがとうございます。
今、この文章を打っているPCの上に、日本画で描いた山桜の咲く山肌の絵があります。
れい
2012/05/30 23:33
紅葉とは違う、心温まる風景ですね。
錦に輝く山! 以前、アカバナヒメイワカガミを見に箱根の駒ケ岳〜神山を歩いた際に経験しました。いつも目にする里山のほんわかした春とは違い、ぼかしをなくした鮮やかな千切り絵とでもいうか、多彩に輝くなだらかな斜面を目にした時は絶句しました。神の花畑ではないかと思えるような景色でした。
きっと、これも、時間と光線、新芽の色の最高のコラボの一瞬だったのでしょうね。
一眼デジカメ初心者では満足する色は出ず、がっかりした覚えがあります。
1枚の写真が、感動を呼び起こしてくれました。
ありがとうございます。
ケイ
2012/05/31 11:38
小さな枠の中にギュッと詰った壮大な自然を、全画面に広げるときめきは、月イチの私の歓び!!
こんなにまで凝縮されて私の前にあるなんて、感動!!

先月末の日曜日に、瓶ヶ森の林道にアケボノツツジを撮りに行った時は、芽生えたばかりの若葉やネコヤナギの花の輝きに目を奪われました。
アケボノツツジが、まだあまり咲いてなかったため、その1週間後、同じ林道に行きましたが、もう若葉の輝きは最初に見た印象とは違い、ネコヤナギも表情を変えてました。
その代わりに、アケボノツツジはアチコチにたくさん咲いてましたけど、前週に見た山の魅力は、峠を越した感じがしました。
みかんさんの「色は日に日に変ってゆく」って、ほんまやぁ〜!!と思った次第〜♪
リサ・ママ
2012/05/31 14:07
アライグマさん こんちは。
プロも大変なんだよぅ。経験の浅いデジカメではまだ操作に戸惑うし、小さなファイダーではピントが合わせにくいし、小さな液晶の画面では色は参考にならないし、ましてや長いレンズを使うのが超下手くそなみかんは、こんな場面を撮るのは極めて苦手です。案の定ピントは甘いし、感動の10分の1も伝えられていない。印刷の仕上がりイメージが、まだデジカメではつかめていません。

最近は老眼も気になって、時々ライブビュー撮影もしています。歳は取りたくないもんだねぇ。
みかん
2012/05/31 14:57
れいさん こんにちは。
芽吹きの季節はまさに日本画にはうってつけのような気がします。あの微妙な諧調は油絵具ではとうてい無理でしょう。この季節になると川合玉堂や菱田春草の絵を思い出します。
みかん
2012/05/31 15:05
ケイさん こんにちは。
5月5日は箱根に撮影に行っていました。新緑が輝いていました。何度も車を停めて、と叫びそうになりました。ここになら1日居てもいいな、と思える場所が随所にありました。何の変哲もない場所なのに新緑が今がいちばんいい時なんだよ、と訴えてくるのです。ですが、悲しいかな当日はある花を案内してもらっていた関係で、涙を飲んで通り過ぎました。今でもあの風景がよみがえってきます。新緑と一言で片付けられない色の豊饒さ、芽吹きのエネルギーに圧倒されます。
みかん
2012/05/31 15:17
リサ・ママさん こんにちは。
月1回のこのページは自分らしい画像をお見せすることに徹底しているのですが、なかなか自分が受けた感動を伝えきれていない気がします。ほんとはもっと素敵だったんだけどなぁ、と、いつも反省ばかりです。
でも今回は、傑作を1枚ものにできたのでニコニコなんですけどね。いずれカレンダーで発表するつもりです。
みかん
2012/05/31 15:28
きれいな春紅葉ですね!
新緑直前の、芽吹き始めた若葉が彩る景色、ときどき、わあ、いいな!と思う場面に出会うのですが、いざ、写真に撮ってみると、感動の何分の一も写りません。
この写真の景色、実際に目にしたら、さぞかし、きれいなんだろうなあ。
ほととぎ
2012/05/31 23:48
もう,大好きな風景です。
山の木々の芽吹き(&花)。

デジカメの話題:銀塩カメラは手こずりまくりで現像代ばかりかかって,それに見合った腕にならず終いでした。
でも,デジカメはなんとか…Photoshopで補正したり,ですが。
私のカメラは,マイナス補正しないと明るすぎるケースが多すぎます。
測光ポイントは「ここだよね」というところを選んでいるのですが,このポイント選択がヘタっぴなのかも。
はるこ
2012/06/01 00:39
ほととぎさん おはようございます。
何事もそうだと思うのですが、実物にかなうものはありませんね。百聞は一見にしかず、というのは写真の世界にも通ずることだと思います。素晴らしい場面に遭遇すると、1人でも多くの人に見せてやりたい、というのが、写真を撮ることへの発想だと思うのですが、なかなか思うように撮れないのは、プロとて同じです。
みかん
2012/06/01 08:55
はるこさん おはようございます。
デジカメは普通に撮影すると、どうしても明るめになる傾向があるようです。かといって液晶の画面でいい色に見えるようにマイナス補正すると、結果的にはアンダーになりますね。このへんが露出補正の難しいところかも知れません。私もまだまだ試行錯誤しながら撮っていますが、銀塩と比べるとデジカメの方がはるかに撮りやすくなっていると思います。自分のイメージした通りに写せる、という意味ではデジカメは優れものです。ですが欠点もあって、コントラスの激しい被写体は撮れない。フィルムなら可能だったものがデジカメでは撮れない、というのは困ったことです。
みかん
2012/06/01 09:16
みかんさん、こんばんは。

色が動いている・・・・まさに春の山の変わり行く彩にぴったりの言葉だと感じます。
春の山のくすぶるような気配が大好きで、私は山道に立ちます。
ヤマザクラの優しいピンクが効いているなと思いました。
さなえ(花の庵)
2012/06/01 20:00
さなえさん おはようございます。
淡く霞むがごとくの芽生えの時はほんの一瞬、毎年どこかで出会えると、ああ今年も、と嬉しくなります。コナラやクヌギなどの白っぽい色も好きなのですが、谷筋には残雪が残る深山の、紅葉かと見紛うような芽吹きの時は、なお一層心魅かれます。野生の桜の中では最もお気に入りの、オオヤマザクラが混じっていたりするともう釘付けです。
みかん
2012/06/02 09:08
春の山肌の色の変化にはおもわずホッコリさせられますね。書かれているようにそのときを逃すと二度と同じ色合いに眺めにお目にかかれないのに、カメラを出そうかと逡巡することも多いです。後になって撮っておけばよかったと後悔するにことしばしばなのに・・・。この億劫さはなんなのでしょうかw
しかしみかんさんも28-300なんてレンズ使われるんですね^^
レンズの銘柄だけで写真を撮るものではないと思いますが、ネイチャーには画質的にちょっときつくないですか?
それと、高倍率ズーム便利さは抜群ですが、自分にとってはその便利さ故に何につけルーズな写真ばかりになってしまう諸刃の剣です(笑
すや
2012/06/07 23:30
すやさん おはようございます。
久し振りですね。28-300ミリのレンズは万が一に備えて常に持ち歩いていますが、使用頻度はほとんどゼロに等しいですね。ロープや柵が張られていて近づけないものとか、高い木に着生しているラン類とか、特殊な場合以外、出番のないレンズです。年に何度か使う程度のレンズですから、ほとんどデータにも登場しません。あはは、でもいざという時に重宝しています。
みかん
2012/06/08 08:00
プロの先生でも高倍率ズーム使うのならこちら一般人は躊躇なく…
とは言え、なんか「ん〜〜〜〜」っていう事もありますね。
まぁ、昔フォトコンに入選した殆どの機材が「コニカ現場監督」「オリンパスXA4」
フィルムが共通のフォーマットだったあの頃が、今となったらいいのかな〜と
思えるこの頃です。
磁鱗坊
2012/06/08 20:28
磁鱗坊さん 今晩は。
使えるものなら何でも使いましょう。今の携帯に変える前は、レンズの前にルーペをくっけて超アップ写真を撮ってました。今の携帯ではそれができないので、部分アップが撮れません。デジカメならそれこそ様々なレンズがあり、選り取り緑なのですが、本業の方でも、最低でもあと2本欲しいレンズがあります。
みかん
2012/06/09 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田芳男の世界  5月の1枚   春の深山 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる