みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オオバナノエンレイソウ    Trillium kamtschaticum

<<   作成日時 : 2012/05/20 14:42   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像





   先月に引き続き今月も北海道にやってきた。

   何度訪ねても北海道は期待を裏切ることがない。

   春爛漫と呼ぶにふさわしい季節

   北海道の広い大地は、花々に溢れていた。

   画像はオオバナノエンレイソウである。

   5月から6月にかけて咲く、北海道を代表する春の花である。




   
画像





   北海道全土に分布する。

   日本国内の分布は、北海道と東北の一部である。

   青森県や岩手県などにも分布するが

   本州では規模も個体数も少ない。

   南限は岩手県である。

   国外ではサハリン、カムチャツカをはじめ、中国東北部、アムール、ウスリーなどに分布する。

   どこでも大きな群落となるのが普通である。




   
画像





   生えるのは丘陵地の明るい落葉広葉樹林、笹の茂る原野、亜高山帯ではダケカンバ林などである。

   標高の高い亜高山帯では、花期は7月のはじめ頃になる。

   今咲いているのは、比較的人里近くの湿地などである。

   名前の通り花が大きい。

   よく似たミヤマエンレイソウの4倍から5倍の大きさがある。

   それらが群生して咲いているので、車で走っていても眼に飛び込んでくる。




   
画像





   北海道の初日は霧雨だった。

   何の予備知識も持たず、ある山に向かった。

   そこには滅多に見ることができないミヤウチソウが分布すると知って

   そのミヤウチソウを探しに出かけたのだった。

   礼文島と道北の山だけに分布するというミヤウチソウ

   結果的には探すことが出来なかったのだが、春の花は充分に堪能できた。

   誰にも会うことがなかった。

   霧雨に煙る緑はしっとりとして、心の中までが潤されてゆく。

   そんな気がした。




   画像画像






















   林床はおびただしい数のカタクリの葉、花の時期はもう終わっているが、2週間ほど前なら

   ビンクの絨毯だっただろう。

   エゾエンゴサクもすでに終りに近く、咲き残りの花が見られた程度だった。

   今盛りなのはニリンソウ、オオカメノキなどだった。

   標高があがるにしたがって、季節は早春へと逆戻りしてゆく

   ヒトリシズカがあちこちで花盛り、ニリンソウと混生して咲いているのが

   いかにも北海道らしかった。




   画像画像



























   細い山道は錯綜していて、何本もの道がある。

   山仕事のための道なのだろう。

   登るほどに春の花が多くなる。

   カタクリもエゾエンゴサクも花が現れた。

   キクザキイチゲが雨にうつむいている。

   雨の日には、雨でなければ撮れない写真を撮ればいい。

   これも私のポリシーのひとつである。




   
画像





   話しをオオバナノエンレイソウに戻そう。

   花が大きいので他のエンレイソウと間違うことはないが

   オオバナノエンレイソウの特徴は、メシベの先端、3裂する柱頭のすぐ下の部分が

   濃紫色に色づくことである(下の画像の左、2段階アップにしてどうぞ)

   ところがオオバナノエンレイソウには多様な変異があって、右画像のように色がつかないものもある。

   メシベに色がついていないとミヤマエンレイソウみたいだが、3枚ある花びらははるかに大きい。

   北海道にはミヤマエンレイソウもあり、中にはすぐ近くで咲いていることもあるが

   花びらの大きさを見れば、先ず間違うことはない。




   画像画像


























   オオバナノエンレイソウの学名トリリュームは、エンレイソウ属という意味だが

   トリリュームというのはTRES (3) に由来している。

   エンレイソウ属はどれも葉が3枚、花びらが3枚というように、3が基本になっているのである。

   かつてはユリ科エンレイソウ属に分類されていたが

   新分類では、ユリ科は大幅に変更があり、最新のDNAを使った新分類では

   ユリ目ではあるが、シュロソウ科エンレイソウ属に変更となった。




   
画像





   ともあれオオバナノエンレイソウは、北海道に春の訪れを告げる

   清々しい大きな花である。














   撮影は2012年5月16日 北海道旭川近郊の山で

   撮影はすべて携帯電話についているカメラで撮っています。

   クリックすると画像は2段階にアップになります。細部を見る場合に便利です。

   
   注意

   画像を含む著作権はすべて永田芳男にあります。無断使用厳禁です。ご注意ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは〜♪
やっぱり、北海道の花だから、大陸的でデカイのかなぁ〜!!なんて思いながらオオバナノエンレイソウを拝見しました。
パッと見にトキワツユクサによく似た感じに見えたけど、等倍にしたら、白い美しい花びらが、優美に迫ってきました。
わぁ〜〜〜!!やっぱ、きれいさも並外れ〜〜〜!!
そのほかの花々も、何か神々しく感じられるのは、霧雨ゆえでしょうか??素敵ですぅ〜〜〜!!
特に、森林の緑が、眼に焼き付いてなかなか消えません。
リラクゼーションには、持って来いの画像、ありがとうございますぅ〜♪(笑)
リサ・ママ
2012/05/20 21:10
今晩は、やっと自宅ですね。
ヽ(´ー`)ノ
オオバナノエンレイソウ、σ(^_^)は見たことがないので実際の大きさがイメージできませんが、見たことのあるシロバナエンレイソウは内花被片と外花被片の大きさの差がそれほど無かった様に思っていますがオオバナノエンレイソウの方は内花被片の方が明らかに大きいですね。
葉と花の大きさのバランスも他のエンレイソウに比べ明らかに花の方が大きいように見えますね。
おっと、今見ている図鑑の写真は、みかんさんの撮影だ。
((((((((^^;
アライグマ
2012/05/20 21:45
おはようございます

今日は金環日食は見られましたか?
こちらでは、厚い雲で見ることは出来ませんでした、今は雨が降っています
北海道のオオバナノエンレイソウ、迫力あるお花ですね
そうなんですか、北海道では普通にどこででも見られるのですか
大きさもですが、これほど群生すると見ごたえあるでしょうね

お目当ての花には出会いは叶わなかったようですが
春の花との出会いは沢山あったようですね
雨の日には、雨の日にしか撮れない写真を撮る!!
本当にそうですね、私もやってみます、ありがとうございます
いっしい
2012/05/21 09:48
リサ・ママさん こんにちは。
オオバナノエンレイソウはともかく大きいのです。トキワツユクサと比較したら、トキワツユクサは豆粒に見えるほどです。あはは
はじめてこの花を見た友人は「デカッ」と言って絶句しました。ミヤマエンレイソウよりはるかに大きいので、想像を超えていたようです。最初の画像のように、ひとつの根茎から3本の花茎が出てきます。
みかん
2012/05/21 11:07
アライグマさん こんにちは。
やはり実物を見るにこしたことはないですね。デカイのが当たり前と思っているみかんも、はじめて見た時はビックリしましたよ。はるか遠い昔の話しですが、はじめてこの花を見たのは何十年前のことだろう。日高本線の列車が巻き起こす風にゆらゆら揺れながら、群生して咲くオオバナノエンレイソウに、列車の中から歓声をあげました。量は減ったものの、今でも似たような風景は見られると思います。最近は車で移動することがほとんどで、日高本線とはすっかりご無沙汰になりました。
みかん
2012/05/21 11:24
いっしいさん こんにちは。
金環日食は当地も曇りでダメでした。世紀の天体ショーが終わる頃になって太陽が顔を出しました。なんだか意地悪されてるような気分です。あはは
お目当てのミヤウチソウはすでに礼文島で2度ほど撮影しています。ただ花がやっと開いたばかりだったり、つぼみだったりなので、花の最盛期の写真を撮りたいと思っていたのです。図鑑などには先ず出てこない珍品ですが、ピンクの
なんとも可愛らしい花なのですよ。
みかん
2012/05/21 11:33
こんにちは♪ご無沙汰してます。エンレイソウの私の誤りを教えて下さってありがとうございました!何回か見てるはずなのに 覚えきれなくて 勉強不足で恥ずかしい限りです。
みかんさんの日記は 夜 自宅のパソコンから よく見に来ているんですが コメントを入れる前に爆睡してる事が多いです
今は会社のお昼休みで こそこそと・・(*^^*ゞ
先日見に来た時に 朝日カルチャーセンター いいなぁって思って調べたら・・石川県にはなかったようです。でも考えたら こちらから県外まで行くのはちょっと大変なので うーん 残念って感じでした。
白山はまだまだ雪の中ですが 山麓では 少しずつ色んな花が咲き始めているようです。いい季節になったなぁ。休みは山に行きたくて うずうずしてしまいます。
のの ☆
2012/05/23 12:31
オオバナノエンレイソウは日曜日に判官館で観ることにしていますが、どうやら今年は早めに開花したらしくあまり期待できそうにありませんね。
二年前、優駿浪漫街道を走っているとあちこちで白い花が目につき、
飛行機の時刻が迫っているのに30分だけと自分に制限をかけ、森林公園に立ち寄った際、一面に広がるオオバナノエンレイソウの群落に息を呑みました。
北海道の自然はスケールが違いますよね!
今年は、道南のエゾヤマザクラも例年になく早く終了したようで、楽しみにしているお目当ての花たちがしおれていないか心配です。
ま、今更心配しても仕方ないで、楽しんできま〜す^^;
fu-co
2012/05/24 15:33
のの ☆さん 今晩は。
早速にみかんの願いを聞き入れてホンシャクナゲの画像アップありがとうございました。何度見ても見事な花ですね。特に透過光で撮っているので、ひときわ豪華に見えました。山の花を見るには便利な地域にお住まいですから、今後も白山周辺の色々な花をアップしてくださいね。名前のわからない花があれば、その時はいつでもお手伝いしますよ。
今後もコメント期待しています。
みかん
2012/05/24 21:03
fu-coさん 今晩は。
もう北海道に出掛けられたかな? どのあたりを回るのか存じ上げませんが、オオバナノエンレイソウは少し標高の高い場所に行けば、まだまだ充分花が見られるはずですよ。北海道の花、たっぷりと楽しんできてくださいね。お目当ての花が何か?ですが、咲いていると良いですね。いずれfu-coさんのブログで拝見できると思いますが、楽しみにしています。
みかん
2012/05/24 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオバナノエンレイソウ    Trillium kamtschaticum みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる