みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 動き出した春  オキナグサなど

<<   作成日時 : 2012/03/23 18:17   >>

トラックバック 0 / コメント 14

画像





   寒かったかと思うと、翌日は急に暖かくなったり、このところの天候はなんだか変である。

   地球規模で様々な不具合が発生しているのは、周知のとおりである。

   だが、「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったもので、お彼岸をすぎるとどの地方も

   急に春めいてくる。

   カイコバイモの調査のためにN先生を案内して、静岡県まで出かけた。

   10日前に下見に出かけた時は、まだオオイヌノフグリが花盛りで

   アオイスミレがやっと咲き出したところだった。

   だが、今の季節の10日間というのは、見違えるほどに季節が動く

   春がはじまったことを実感した。




   
画像





   朝から終日、富士山が顔を覗かせていた。

   目的地は我が家からだと日帰りが厳しい距離にある。

   6時半には家を出発した。

   祝日の割には高速道路が渋滞することもなく、順調に目的地に向かった。

   前日から現地入りしていた先生を迎えて

   先ずは目的のカイコバイモの自生地に。




   画像画像



























   数年前に撮影した時と比べたら、個体数は激減していた。

   減少した第一の要因は、山草マニアによる盗掘である。

   もともとカイコバイモは個体数が少なく、日本に数あるコバイモの仲間の中では

   絶滅が最も心配されるCRにランクされている。

   詳しくはこちらをどうぞ。


   48986288.at.webry.info/200803/article_7.html

   
   10日前にはまだみんなつぼみだったが、きょうはほとんどの花が咲いていた。

   何箇所かの自生地を回ったのだが

   この他の場所では、あと1箇所でたった3本が咲いているだけだった。

   他の自生地を足を棒のようにして、環境を見ながら探したのだが

   ついに見つけることはできなかった。

   この日は春のような陽気で、汗をだらだらとかきながらの探索だった。




   
画像





   陽あたりの良い雑木林には、シュンランの姿があちこちで見られた。

   まだつぼみが多かったが

   この場所の株は花盛りだった。

   画像の株は花の色が随分と黄色い。普通はもっと緑色をしている。

   このように花が黄色い株は、これも山草マニアの標的になる。

   見つかると根こそぎ盗掘の被害に遭うことが多い。

   自然のものは自然の中で見る、という当たり前のマナーは

   必ずしも守られている、とは言えない。




   
画像





   カタクリも咲いていた。

   この場所に着いたのが午後遅くだったので、花はすでにつぼみかけている。

   これから咲くであろうつぼみが

   あちらにも、こちらにも、まだたくさん伸びだしていた。

   カタクリは説明する必要がないほど、誰からも好かれている春を代表する花のひとつである。

   公園などに植栽されたり、自生地を保護のロープで囲ったり

   各地で色々な取り組みがなされているが

   東北地方や北海道などに行けば、どこでも群生しているごく普通の植物で

   決して珍しいものではない。

   だが、何故か春の花では特別の扱いをされているスターである。

   よろしかったらこちらもどうぞ。


   48986288.at.webry.info/201105/article_5.html




   画像画像



























   オキナグサは真っ白いふさふさとした毛に包まれて伸びだしてくる。

   寒さを用心しながら、そっと頭を持ち上げる。

   キラキラと光る毛は、セーターの役目もして、オキナグサにとっては大事な大事な春の衣装。

   うつむき加減に咲く花は控えめで、これも誰からも愛される春の花である。

   まだやっと頭を持ち上げたばかりで

   気をつけないと踏んでしまいそうな芽だしの株が多かった。

   オキナグサについては、こちらをどうぞ。


   48986288.at.webry.info/201106/article_1.html

   
   北国では来週もまだ雪の予報が出ている。

   だが、季節は確実に春への前進を続けている。

   あまたの花が咲く春が、もう目前に迫ってきていることを実感した1日だった。






   撮影は2012年3月20日 静岡県の山間部で。

   画像はいつものように携帯電話に付いているカメラで撮っています。(トップ画像のみデジカメ)

   今回は詳細についてほとんど触れてはいません。過去のブログのアドレスを載せていますので

   そちらを参照していただくと、より詳しくわかります。

   感想をコメントいただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
カイコバイモも自生のオキナグサもまだお目にかかったことはありませんがどちらも野草マニアに狙われやすい植物の上位にあるようですね。
10年以上通い詰めているフィールドも今は当初とずいぶん様子が変わってきました。イノシシやシカの獣害に加えて盗掘の堀跡を目の当たりにすると悔しさがこみあげてきます・・・がそのフィールをを見つけた当時うれしさのあまりHPに掲載した自分にも責任があると今も苦い思いを抱えています。
地名こそ伏せましたがみるみる人が増えて足元も荒れて無残なことになりました。
それからHPをそっくり作り変えて今に至っています。
情報も最小限なのでこちらにも入ってきませんが最近は聞きつけて駆け付けるよりも新鮮な出会いの感動を楽しんでいます。一番乗りで繰り言のようなコメントになってしまいました。
C-NA
2012/03/23 19:42
 こんばんは。
カイコバイモは見た事無いです。いつか行けるようになった頃には
絶滅したってことがないように願いたいものです。

 オキナグサは当地では早い年では中旬には咲いているのですが
今年はまだのようです。 

カタクリもそろそろかと気もそぞろの毎日です。
風太
2012/03/23 22:03
今日は会社が休み。
で、猿山岬にと思っていたけど生憎の雨。明日、明後日は例年通りの最後の雪。除湿器がまだまだ活躍中です。
Tatsuya@能登
2012/03/23 22:22
C−NAさん こんにちは。
カイコバイモの自生地もネットによる被害のようです。紹介した方は良かれと思って場所を公表したのでしょうが、そのせいでたった1年で壊滅状態になってしまいました。ネット社会になって失われてしまった自然がいかに多いか、
何箇所もの現実を目の当たりにすると、ほんとに残念でなりません。日本人は自然を大切にする国民と言われていますが、悲しい現実に度々遭遇している私は、いつも疑問に思っています。
山野草を愛する人間は、決して善人ばかりではない、ということを肝に命じる必要がありそうです。悲しいことですが。
みかん
2012/03/24 16:18
風太さん こんにちは。
いろんな花が咲き出してきましたから、気もそぞろですね。あちこちの自生地が気になります。
N先生から色々と面白い話しを聞きましたよ。東京の自生地は植栽されたものからの繁殖ではないか、とか、DNAを調べれば山梨のものと同一かどうかすぐにわかるらしいですが、多分塩基配列が同じなら出所は同じ、ということなんでしょうね。今のところ調べている人はいないようです。カイコバイモは見る機会は、これからますます減りそうですね。
みかん
2012/03/24 16:28
Tatsuya@能登さん こんにちは。
猿山岬、もう咲きだしているでしょうね。誰もが行くあの場所ではなく、是非違う場所の群生地を探してください。そちらに期待しています。そちらではまだ雪も降るでしょうが、春はもうすぐですね。
みかん
2012/03/24 16:37
みかんさん、こんにちは〜♪
過去ログを拝見してましたら、
オキナグサの開花したお顔を、直に見たくなりました。
でも残念ながら私の持ってる「花もようー四国の山を歩こうー」(高知新聞社)と云う本には、掲載されてないのです。
あまり四国では見ない花なんでしょうね。
カタクリとシュンランは、出てました。
カタクリは、昔は、夫の実家の裏山から谷へかけて一面に生えていて、
片栗粉にしてたそうですよ〜♪
でも今は、1本も生えてません。
大変残念です。
先日、牧野植物園へ行き、酸素ボンベを引っ張って一巡しましたが、
山道を重いものを引っ張って歩くシンドさを感じました。
昨日は、県立のいち動物公園を一巡、やはり、後半は、シンドさが先立って、あまり愉しめませんでした。
それでも、後日、映像に残る花や動物の姿を見返すと、やっぱり行ってよかったと思います。
これからも、どうぞ、いろいろ美しい植物の姿を、画像で愉しませてくださいますように!!
私は、家の近くの草木を、飽きる事無く、もっときれいに撮ることに熱中したいと思います(笑)
リサ・ママ
2012/03/26 15:57
リサ・ママさん こんにちは。
酸素ボンベと一緒だと何かと不便だと思います。いつ頃になったらボンベが取れるのでしょうか。大変なのにあちこち出掛けているリサ・ママさんの行動力に敬意を表します。例え猫ちゃん達とのお散歩でも、良いリハビリになっていると思います。
近くの花たちも季節とともに色々と変化していきますね。じっくりと良い写真を撮って、ビックリさせてください。楽しみにしています。
みかん
2012/03/26 17:34
シュンラン以外はどれも見たことがないです
カタクリは是非写真に撮りたい花なんですが、
北の方に多く咲くみたいなので九州で探すのは難しそうですね。
過去ブログに飛んでみて、
北海道のカタクリの素晴らしさにびっくりしたです。
むっちゃん
2012/03/27 07:15
むっちゃん 今晩は。
カタクリは九州にもありますよ。ただ東北や北海道のように山一面の大群落というわけにはいきませんが、ある程度の群落は見られます。花の色は雪国のものの方が鮮やかな気はしますが。
反面、オキナグサなどは断然九州の方が素晴らしいですね。阿蘇などには歓声をあげてしまうほどの群落があります。それぞれの地方に独特の良さがあるので、結局、西も東も素敵ということになります。
みかん
2012/03/28 00:56
みかんさん、おはようございます。

春を告げる花たちが次々に咲き出しているようですね。
カイコバイモは見たことがありません。
小さく渋い花ですが、存在感がある花姿ですね。

オキナグサのふわふわは、グレーがかったほんのり萌黄色で赤子の産毛を連想させます。
こちらにもかってあったのだそうですが、私は見かけたことがありません。
先週から山に入り始めました、いよいよ春始動です。
さなえ(花の庵)
2012/03/29 05:58
オキナグサ徳島よりも早いなんて、さすが!咲き始めも素晴しいですね。
こちらではアワコバイモが、たくさん咲いていますが・・トクシマコバイモはまだですもし咲いてもあまり教えたくなく、写真で楽しんでもらうことですよね。
ちごゆり嘉子
2012/03/29 08:58
さなえさん おはようございます。
みかんも昨日今年最初の登山をしてきました。三重県の藤原岳というフクジュソウで有名な山です。7合目から上は雪でした。雪解けに咲く福寿草をたくさん写してきました。いずれ当ブログで紹介します。
これから春は一気に加速してゆくのでしょうね。ますます忙しくなります。
みかん
2012/03/30 11:24
ちごゆり嘉子さん こんにちは。
みかんはまだトクシマコバイモは見たことがありません。いずれ撮影には行きたいと思っています。貴重な植物が咲く場所は口外しないほうが無難だと思います。ネットによる自生地情報で、何箇所もの場所でコバイモの類が全滅した場所を知っています。ブログを書かれている方は、そんな配慮もして欲しいと常々思っています。
みかん
2012/03/30 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
動き出した春  オキナグサなど みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる