みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イヌノフグリ   Veronica polita var. lilacina

<<   作成日時 : 2012/02/20 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 24

画像





   上の画像はイヌノフグリの果実である。

   イヌノフグリとは犬の陰嚢、つまり犬のタマタマという意味である。

   かわいそうな名前、という人もいるが

   私はそうは思わない。

   むしろ先人の観察力の鋭さに敬服する。

   誰が見ても、思わず笑ってしまうほど似ているではないか。




   
画像





   イヌノフグリは日本在来の植物である。

   花は寒さにはめっぽう強く12月頃から咲き出すが

   最盛期は2月から3月にかけてである。

   画像の花で直径は2ミリほど、ずいぶんと小さいので人に気がつかれることは少ない。

   路傍や畑、石垣の間などに生えるが

   最近は全国的に数が減ってきていて

   絶滅危惧植物に指定されている。




   
画像





   まだ絶滅寸前というほど危機的な状況ではないが

   身近な場所に生える普通の雑草だったのに、身近な場所では見られなくなっている。

   上の画像はわが町の街路樹の下でコハコベと一緒に咲いていたもの。

   わが町では幸いなことに、まだまだ普通の雑草である。

   石灰岩との相性がよいので、石灰岩地には多い傾向がある。




   
画像





   石灰岩はコンクリートの材料として使われる。

   だからイヌノフグリはコンクリートも大好きで、上の画像のようにコンクリートの隙間など

   土などあるようには見えない場所にも生えてくる。

   コンクリでできた古い石垣などは、イヌノフグリを探す最大のポイントでもある。




   
画像





   イヌノフグリはかつてはゴマノハグサ科に入れられていたが

   新分類ではオオバコ科クワガタソウ属である。

   雑草の代表のようなオオバコとは、とても同類には思えない気がするが

   DNAでの解析では、極めて近縁であることがわかったのである。

   最近は帰化種のオオイヌノフグリが、大手を振って我が物顔ではびこっているが

   日本在来の小さな花のイヌノフグリを知っていないと

   オオイヌノフグリの名前の意味もわからなくなる。




   
画像





   上の画像で右の小さな花が日本在来のイヌノフグリ

   左の大きな花が帰化植物のオオイヌノフグリである。

   花の大きさはこれほど違うのである。

   ちなみにオオイヌノフグリとは、イヌノフグリと同類で

   大きな花を咲かせる、というのが名前の由来である。

   だから果実は、日本在来のイヌノフグリほど

   犬のタマタマにそっくり、というわけではない。




   
画像





   左がオオイヌノフグリの果実、右がイヌノフグリの果実である。

   詳しくは当ブログの「植物似たもの同士 イヌノフグリとオオイヌフグリ」を

   48986288.at.webry.info/200801/article_13.html 参照されたい。









   撮影は2012年2月19日〜20日 愛知県半田市で

   画像はクリックすると大きくなります。

   今回は花が小さすぎて、いつものケイタイでは無理なので、デジカメに中間リングを入れて撮影しています。

   植物似たもの同士の方は、以前に使っていたケイタイカメラのレンズの前に、10倍のルーペを押し付けて

   無理矢理接写しています。そのため画質が劣るのはご容赦ください。

   新しいケイタイではその手が使えません。また何か考えなくては。


   次回はオオイヌノフグリの予定です。





   


    




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
これが正しい犬のキ○○マだったのですね!
確かに似てますね(笑)。
今回も大変勉強になりました。
むっちゃん
2012/02/20 22:35
むっちゃん 今晩は。
一番乗りですね。そうです、これが犬の金玉の語源だったのですよ。最初の原稿では犬のキ○○マと書いたのですが、少しはばかられるのでタマタマに変えました。あはは
みかん
2012/02/20 22:57
本当に寒さに強いんだよね。
σ(^_^)の所のイヌノフグリは既に花を通り越してタマタマに変化しつつある奴が見つかった。
葉は寒さで赤くなっているのに。ヽ(´ー`)ノ
アライグマ
2012/02/21 00:16
おはようございます。
植物にも鳥や動物にも人間にさえ気の毒と思えるような名前はたくさんありますよね。個々の主観から受け止め方、見方によってさまざまな感想や意見があるのも面白いところだと思います。ところで我が家の愛犬は雌だったので犬のタマタマをじっくりと見たことはありませぬがオオイヌノフグリの果実が大きいというわけではないようですね。今度犬の男の子を見かけたらさりげなくじっくりとみてみようと思います。
C-NA
2012/02/21 07:16
アライグマさん おはようございます。
耐寒性に関しては明らかに日本在来のイヌノフグリの方が強いですね。花が咲くのもオオイヌノフグリより早いし、寒さの中で天気さえ良ければ次々に咲きます。葉は今頃はまだかなり赤いです。茎を持ち上げるとタマタマがぶらぶらと下がっているでしょ。
みかん
2012/02/21 08:29
C-NAさん おはようございます。
植物の名前にはヘクソカズラだとか、ママコノシリヌグイだとか、ひどい名前や凄い名前もありますが、それらにはきちんと意味があって、とんでもない悪臭がするとか、ひっかかれると傷になるような鋭いトゲがあるとか、知れば納得できる意味があります。魚などでは名前を変更したものもありますが、私は昔から呼ばれてきた名前は大切にしたい、と考えるひとりです。
オオイヌノフグリの意味を、大きな犬のふぐりと思っている人が多いと聞いたのも、このブログを作るきっかけになりました。いちばんは日本在来のイヌノフグリをより多くの人に知ってほしくてなのですが。昨夜の9時すぎにリリースしたのですが、昨日のアクセス数が600件を越えているところを見ると、感心は強いようです。
みかん
2012/02/21 09:01
イヌノフグリとオオイヌノフグリの花が一緒に撮れるなんて羨ましい!
フラサバソウとオオイヌノフグリだったら出来るのですが・・
昨年もみかんさんに教わったように石垣やコンクリートの隙間など探してみたのですが、いまだ、イヌノフグリの実物に会えません。
今年こそは、タマタマちゃんにお目にかかりたいです。
ケイ
2012/02/21 11:34
イヌノフグリとオオイヌノフグリ 柴犬とサモエドなんですね。
果実を見たら、犬より猫のほうが実際には合っているいるかも…
Tatsuya@能登
2012/02/21 12:28
イヌノフグリの季節なんだ…と,みかんさんのブログで知らされる私です。

最近はしっかり去勢されているオス犬も多いので,観察する機会も少ないのですが,逆に都会では「小型犬で危害を加えないから」という理由で去勢していないケースが多いので,かわいいたまたまを観察できます。
たまたま付きの小型犬が吠えまくったり噛みついたりする姿を見るにつけ,イヌノフグリは静かでかわいいなぁ,などと思ったり。
はるこ
2012/02/21 13:18
みかんさん、こんにちは。
私が、学生の頃から知ってたのは、オオイヌノフグリのみです。
タチイヌノフグリとフラサバソウを、
ブログのお友達から教わって知ったのは、つい最近です。
イヌノフグリは、まだ自分では見てないと思います。
昔、オオイヌノフグリを初めて知ったとき、
「なんて小さくて、きれいなんだろう!!」と思いましたが、
今見ると、「なんてデカイんだぁ〜!!」思いは変わるものです(笑)

3枚目の携帯写真をクリックすると、
なんだか砂粒にも似たよくワカラン物が、
アッとおどろくちゃんとしたきれいな花になる(シツレイ!!)のが、
めっちゃオオウケで、
何回もクリックして観た事でした。
私が、画素を多くして、いくら撮っても、細部がボケて、
みかんさんの携帯写真のように微妙な色までは拾えないのに、
みかんさんのは、なんでこうまで鮮明なんだろうと、いつも思います。

フグリのカタチは、ウチの猫の風太のによく似てるのに、
やっぱネコノフグリでは、キマラナイと思われたんでしょうね。
猫派としては、ザンネンです(笑)

リサ・ママ
2012/02/21 13:40
ケイさん 今晩は。
イヌノフグリとオオイヌノフグリが一緒に写っている画像は、花の大きさの比較のために並べたもので、一緒に生えているわけではありません。隣りあって生えていても微妙な住み分けをしているようです。今年こそは出会えると良いですね。
みかん
2012/02/21 23:03
Tatusuya@能登さん 今晩は
なるほど言われてみれば猫のタマタマにも似ていますね。野草の覚え方の図鑑には、わざわざ犬のタマタマまで載せているものもありますよ。
みかん
2012/02/21 23:14
はるこさん 今晩は。
そろそろ散歩ははじめられましたか。何かにつけて愛犬のことが思い出されると思いますが、まだまだ寒いですが、春の兆しは見えてきましたよ。そろそろ野外に出かけるのも良いかも。ちょっと足を伸ばせば、房総半島はお花畑ですし、イヌノフグリも多いですからね。
みかん
2012/02/21 23:21
リサ・ママさん 今晩は。
植物の名前では圧倒的に猫より犬の方が多いですね。でもネコノシタなんて、言いえて妙な植物もありますよ。これらの名前を付けた先人の感覚の鋭さには、いつも脱帽です。現代人は自然に触れることが少なくなってきているせいか、感覚が鈍ってきているような気がします。オオイヌノフグリを知っている人でも、日本在来のイヌノフグリを知らない人が多いのですよね。高知にもありますから、どこかで見つけてくださいね。
みかん
2012/02/21 23:38
イヌノフグリ!私も昨年のみかんさんのお話からずーと探しているんですが、周辺では見つからないんです・・・。今年こそはと思っています。
みかんさんがこちらに見えることがあって、興味が湧いたら見ていただきたいものがあります。ツノミオランダフウロ。花もきれいですが、種がすごく変わっています。2月〜4月中観察できると思います。
みえ
2012/02/22 11:46
みかんさん、こんばんは。

こちらの地方でもイヌノフグリはあまり見かける植物ではないように思います。
確かに洞察力は素晴らしいと思いますが、個人的にはもう少し何とかならないものかと(笑)

我が家の3は男の子で、自然界ではとても生きてはいけないと思うような仰向け大の字で寝ることしばしです。
とてもとても似てはいるのですよ確かに。
さなえ(花の庵)
2012/02/22 21:29
高知でイヌノフグリ探すこと3年。情報をいただいて昨年やっと見ました。
小さいのにびっくり。国道わきのコンクリートの近くにあったのは石灰が好きだからだったんですね。
注意して他のところでも探しますがなかなかありません。
ありそうでないのが悔しいです。

名前はやはり大きな声で言うのは憚られます。
流れ星
2012/02/22 22:36
みえさん 今晩は。
イヌノフグリを探すのは、もう少し季節が進んでからの方が良いかも知れません。今年出会えると良いですね。
ツノミオランダフウロは村田 源先生が命名したナガミオランダフウロという名前の方がピンときますね。ツノミゲシというとんでもない果実をつける植物がありますが、こちらはまさに角の実、はじめて見た時はビックリしました。
みかん
2012/02/22 23:32
さなえさん 今晩は。
やはりいただけませんか、あはは。
そうでしょうね。特に詩を書かれるさなえさんにとっては、とんでもない名前かも知れません。女性からはやはり評判がよろしくないようですが、男は割と抵抗なく、むしろ面白く思っている人が多いのですよ。
みかん
2012/02/22 23:38
流れ星さん 今晩は。
久し振りですね。高知もシコクバイカオウレンをはじめ、色々な花が咲き出してきたようですね。これから忙しくなることと思います。高知県には石灰岩地も多いですから、鍾乳洞の付近は案外穴場だと思いますよ。1度実物を見てしまうと、次からは意外と探し易いものです。
みかん
2012/02/22 23:44
 佐賀には相変わらずありませんねえ
3月も中旬以降はまた気をつけて探さなければ。

こちらは一昨日から暖かくなってきています。
このまま春になってくれればいいのですが。
風太
2012/02/24 20:25
風太さん 今晩は。
こちらも今日は特に暖かかったですね。でもこの暖かさ一時的なもので、来週からまた寒くなるみたいですよ。
佐賀では見つかりませんか。ある所では雑草のごとく普通に生えているのですけどね。
みかん
2012/02/24 21:10
こんにちは。オオイヌノフグリについて調べていたらたどり着きました。
イヌノフグリは知りませんでした。
実がイヌのタマタマだったんですね〜
オオイヌノフグリの実はちょっと違いますね!
知人がこれだよって写真を送ってきてくれたのはイヌノフグリの実だったようです。名前の由来に納得しました(^^)
花写真をUPするサイトがあって、オオイヌノフグリでUPしたら、
ご丁寧にタマタマなんですよって・・・
子供とかもみますし、変な名前だと花がかわいそうなので・・・
みんなで変えていきましょうって。。。。(ノ゚听)ノ
私もこの花名でいいと思うんですけどね〜
お茶目だな〜と思わず(´m`)クスクスっと心が楽しくなりましたけど。。。

かなり小さいんですね。
東京23区でさがせるでしょうか。
和着付教室みほり
2016/06/02 14:01
みほりさん ようこそ。
都内で探すのは無理かも知れませんね。
でも隣の埼玉県や千葉県ではまだ見ることができますよ。と言っても
かなり田舎に入らないと無理ですが。
日本在来のイヌノフグリ、もっと多くの人に知って欲しいと思います。
どうぞ時々はこちらも見に来てくださいね。
みかん
2016/06/04 08:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
イヌノフグリ   Veronica polita var. lilacina みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる