みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春を呼ぶ幸せ色の黄色    菜の花畑

<<   作成日時 : 2012/02/13 11:43   >>

トラックバック 0 / コメント 25

画像





   日本海側の地域や北国の人たちは、まだ日々雪との戦いの毎日のことと思う。

   テレビで放送される積雪の多さを思うと、本当に気の毒でならない。

   特に1人暮らしや、高齢の方達は大変のことと思う。

   どうか負けずに頑張って欲しい。

   あまたの花が咲く春は、必ずやってくる。

   ガンバレ、の応援歌の意味も含めて、ひと足早い春をお届けする。




   
画像





   愛知県の中でも、渥美半島は菜の花畑が多いところである。

   観光用に植えられている場所も多いが、野菜の出荷のための栽培や

   最近は休耕している畑や田んぼを借り上げて、エコ事業として菜の花のタネを蒔いているグループもあり

   それらの事業を市が応援している。

   それゆえ、今の季節は道路沿いの随所に菜の花畑が広がっている。




   
画像





   菜の花、というのは、菜っ葉の花という意味だから、色々の花の色があるのだけれど

   一般にはアブラナ科の黄色の花を咲かせるものを菜の花と呼ぶ。

   今は花を観賞するために開発された花菜という種類まである。

   観光用に蒔かれる種子は、ほとんどがこれである。

   草丈があまり大きくならず、大きめの花をびっしりと咲かせる。

   観賞用だが、若い葉やつぼみは、もちろん食用にもなる。




   
画像





   そもそも菜の花は野菜なのである。

   食べるためや、種子から油を絞って取るために栽培されていた。

   今でこそ中国やその他の国に頼っているが、かつての日本は、どこに行っても春になれば

   いちめんの菜の花畑が広がっていた。

   人々の心の中にある郷愁が、今は観賞用の菜の花となって各地で植栽されている。




   
画像





   いちめんの菜の花は、春の訪れを知らせてくれると共に

   人々の心の中に、ふんわりとした幸せを運んでくれる。

   少し昔に「幸福の黄色いハンカチ」という健さん主演の映画があったけれど

   クライマックスで黄色のハンカチがバタバタと風になびくシーンがよみがえってくる。

   そう、黄色という色は春を代表する色であると同時に

   幸せを感じる色でもあるのだ。




   
画像





   あちらの畑、こちらの畑、と、随分広範囲に車で回ってみたが

   いちばん行って見たかった場所に行きつけない。

   そこは2010年1月20日の当ブログで取り上げた菜の花畑だった。

   スケール、雰囲気とも素晴らしい場所だったので、どうしてももう一度見て

   しっかりと撮影したい、と考えていたのだが・・・・・・。



   昼を過ぎてから、何度もそれらしい道を走っているうちに

   ついにその場所に行き着くことができた。

   だが、しかし、その畑には菜の花は1本も咲いていなかった。

   広い畑には、まるまると太ったキャベツが延々と続くキャベツ畑に変身していたのである。

   観光用ではない畑では、それは当たり前のことなのだが

   やはりガッカリは隠し切れなかった。




   
画像





   渥美半島は太平洋に突き出すモリのような形をしている。

   先端の伊良湖岬を経由してぐるっと一周できる道路がある。

   午前中ならキラキラと光る海をバックに、菜の花畑が見られるところもあるが

   温室やビニールハウスや人家が邪魔をして、絶好のポイントという場所がない。

   観光バスが停まるような人工的な菜の花畑には興味がまるでないので

   人に見せるためではない場所をあえて探してシャッターを切る。

   上の画像は無理矢理光る海を背景に入れてみたが

   やはり銀色に光るビニールハウスや温室の屋根が邪魔になる。

   いちめんの菜の花畑と光る海、などと言うのは写真家のわがままかも知れない。









   撮影は2012年2月11日 愛知県の渥美半島全域で

   クリックすると画像は大きくなります。

   撮影はすべて携帯電話のカメラで撮ったものです。

   今年はこちらでも例年より花期は遅れ気味です。



   オマケ画像

   渥美半島は電照菊の栽培でも有名です。房総半島などと違って露地栽培の花は少ないのですが

   菜の花畑の横で、キンギョソウが咲き出していました。


   
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁーぃ!!菜の花だぁ!!いちめんの菜の花だぁ!!
その菜の花が、こっちへおいでおいでと呼んでるようで、
ぐいぐい花へと吸い寄せられる心地好さ(^−^)!!
日本は小国なのに、雪あり!!花あり!!
なんて奥が深いのでしょうねo(*^▽^*)o~♪
高知県は、平野と見ればどこにでもビニールハウスを建てて、
生計を立てるが故にでしょうか?
かなたにビニールハウスの光るを見て、なんだか親しい気が・・(笑)

あ、でもいちめんの菜の花と光る海、青春小説の始まりのような!!
そんなのもいいかな〜♪と思って、ここで10年1月20日へワープ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン
はーぃ!!確かにこんな迫力の菜の花畑には、まだ行ったことの無い私でしたぁ〜♪
着衣の裾が黄色い花粉まみれになるほど、菜の花に浸ってみたいにゃりぃ〜\(^o^)/

リサ・ママ
2012/02/13 16:09
リサ・ママさん 今晩は。
お早いお越しですね。歓迎します。
今回も菜の花畑の中に入ったわけではないのですが、いちめんの菜の花畑の縁を歩いて撮影しただけなのに、ズボンは黄色い花粉にまみれてしまいました。菜の花の匂いを終始感じながらの撮影でした。いちめんの黄色は、何故だか心が和みます。2010年のブログにまでワープしてくれて、ありがとうございます。
みかん
2012/02/13 17:33
みかんさんこんばんは〜。

菜の花・・・・春ですね〜♪♪
一面の菜の花・・・懐かしい香り。

こちらは今日も養老山系の山頂は雪でした。麓は(爆)雨なんですけどね。
揖斐川右岸の毎日のスロジョギも春はまだのようですが
中州の林ではカワウが巣作りで忙しそうです!!

春になると揖斐川河川敷は菜の花で真っ黄色くなります!!
待ち遠しいですね〜。
ぐーま
2012/02/13 21:09
ぐーまさん 今晩は。
こちらも夕方から雨になりました。
これからはひと雨ごとに春が近づいてくるのでしょうね。揖斐川の河川敷の菜の花はセイヨウカラシナでしょうかね。最近は遺伝子組み換えの菜の花が結構はびこっていて心配ですが、やはり昔から日本にある菜の花畑がいいですね。
当地の河川敷の菜の花は、嘘のように数が激減しました。不思議です。
みかん
2012/02/13 21:38
こういう、畑に植えられた、栽培のための植物が咲かせる花も、最近、好きになってきました。いいですね。私も、観光でない、こんなナノハナ畑を見たいなあ。関西の方にはないのかな?
ビニールハウスが気になるという写真、私は、好きだったりします。もっと、大胆に入れちゃってもおもしろいんじゃない?って思います。
ほととぎ
2012/02/13 22:37
追伸:
2010年1月20日のナノハナ、私もたどって見てきました。いちだんとスケールが大きいですね!
ところで、みかんさんのせいじゃないんですけど、このブログ、バックナンバーをたどるのが楽じゃないですね。
2011年3月までは下の方にリンクがあるのですが、それより前が見当たらない。結局、2011年3月から、ひと月ずつたどって行きました。
ほととぎ
2012/02/13 22:41
みかんさん、こんにちは。
一面の菜の花畑に気持ちが明るくなってしまいます。
凄いですね〜。♪
我が地方も咲き出していますが、こんな広大に黄色が広がっているところはまだ出会っていません。
県内でも南に行けばあるのかもしれませんが。
2010年1月20日も拝見いたしました。(^^)
ブログテーマの植物で2010年1月20日をたどって見るとすぐに出てきました。
こちらは花の色が今年のように鮮やかではないですが、これは又落ち着いて楽しめる色ですね。
さなえさんの地方のように雪景色もこのような春の菜の花畑もおなじ日本なのですね。
一足早く春を楽しませて頂き有り難うございました。(^^)
アザミの歌
2012/02/14 12:08
ほととぎさん こんにちは。
お手を煩わせて恐縮です。本当はそのブログのアドレスを貼れれば良いのですが、どのようにしたら良いのか、メカオンチのみかんにはわかりません。
トップページのブログ内検索で菜の花畑と入れればすぐに行き着けると思うのですが。もう少し勉強してみます。
みかん
2012/02/14 12:41
アザミの歌さん こんにちは。
やはりいちめんの菜の花畑は春を実感しますね。さなえさんの地方はまだしばらくは雪模様が続くと思います。南北に長い日本列島は、今の季節、場所によって全く季節感が異なりますね。
渥美半島も画面の菜の花畑だけを見ていると春のようですが、まだ早春で野生の花はほとんど咲いていません。ヤブツバキ、ノゲシ、シロバナタンポポなどを同じ日に撮影してきました。
みかん
2012/02/14 12:47
みかんさん、こんにちは。

朝、このページを開きあまりの違いにびっくりしました。
たなびく雲の下の菜の花畑をクリックすると、菜の花の匂いに包まれるようでした。
そして、ほっとしました。
もう少し待てば、この鮮やかな黄色に会えるんだと・・・・・・。
2010年1月20日の菜の花

http://48986288.at.webry.info/201001/article_7.html

も見てきました。
やわらかな色の山並みを背景の菜の花は、本当に素敵です。
こちらにはこんな菜の花畑を見ることはありませんので、余計に感じます。
さなえ(花の庵)
2012/02/14 13:36
さなえさん 今晩は。
わざわざアドレスを貼り付けていただいて感謝です。ありがとうございました。昔のケイタイでの画像ですから難点もありますが、雰囲気だけは味わってもらえたことと思います。今年はこの場所はキャベツ畑になっていました。
畑でキャベツの出荷をしている人に声をかけて、取り立ての新鮮なものを安く分けてもらったり、エコ事業の菜の花畑で菜花の束を買ったり、道の駅で別の野菜を買ったり、さながら野菜買出しツアーのようでもありました。(笑)
今、コップに挿した菜花が黄色の花を咲かせてきました。
みかん
2012/02/14 17:52
加賀友禅を見慣れた眼からすると、一枚目の画像は京友禅の色合いですね。
Tatsuya@能登
2012/02/14 21:46
Tatsuya@能登さん 今晩は。
空の青さが京友禅のイメージなのでしょうか?
秋草の咲き乱れる花野は、友禅の絵柄を連想することはあるのですが、菜の花では少し意外な感じがしました。
みかん
2012/02/14 23:08
みかんさん、こんにちは、ご無沙汰しています。
このところパソコンに向きあう時間がなかったのですが、今日はゆっくりと拝見させていただきました。
黄色い菜の花、春が近くまでやって来ていることを感じさせてくれますね。
みかんさんの写真は菜の花の持つ独特の香りが漂ってくるように感じます。
構図とフレーミングの違いなど、難しいことは分からないのですが、
私が撮ると空の分量が多すぎて間の抜けた写真になってしまいがち、注意してるつもりでもなぜかそうなってしまうんです^^;
こんな写真に挑戦してみたいと、意欲が湧いてきました。
一面に咲き乱れる菜の花、すてきですね
fu-co
2012/02/15 10:25
ときどき,放置された畑で,こういう黄色い菜の花の咲き乱れるところに出くわしますが,キャベツやブロッコリーのなれの果てなのかどうか,私にはわからず。
ただ,「うわ,黄色!」と驚くばかりです。
これだけ菜の花があるのに,市場に出回っている「なたね油」なおほとんどは,輸入した菜の花の種子が原料だとか。

私の住む千葉県の「県の花」が「菜の花」で,いろいろな品種をひとまとめにして,なんでも菜の花=県花です。それもアリかな,と。
今千葉で咲いている菜の花は「早咲き品種」だとか。
はるこ
2012/02/15 15:52
春色が見事! やっぱり春は菜の花ですね!
固ゆでして、おしたしで食べてよし、チラシの青みに入れてよし、
今日はたっぷり使いました。 
菜の花を東京方面に出荷してま〜す。
http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013
シダ植物を、見てくださいね!
ちごゆり嘉子
2012/02/15 19:32
fu-coさん 久し振りです。
今日セツブンソウの写真を撮りに行ってきました。当地方は今年の開花は例年より遅れていますが、ある場所では満開でした。
菜の花は青空が良く似合いますから、逆に雲などの表情が面白ければ、思い切ってたくさん空を入れても良いと思います。空というのは意識していないと、どうも多めに入ってしまう傾向はあるようですね。常に意識していると少しずつ変わってくると思います。
みかん
2012/02/15 20:56
いつもですが、携帯のカメラでここまで撮るとは流石ですねぇ。
下手な一眼より鮮明かも知れんばい。
農業統計をよく見るとですけど、
愛知県って日本で2番目に加温ビニールハウスの栽培面積が広い県なんですよね、
自動車産業のイメージが強いけど愛知県は隠れた農業県じゃ。
ちなみに1番は熊本県、3番は宮崎県です。
むっちゃん
2012/02/15 20:58
はるこさん 今晩は。
そうでした千葉県の県花は菜の花でしたね。菜の花というのは総称名ですから、キャベツでもブロッコリーでも、黄色の花なら良しですね。菜の花を特定するのは、割と難しいですね。
中国やネパールなどで、天まで届けとばかりに咲き続く段々畑の菜の花を見ていると、日本の狭い国土では到底かなわないな、と思います。
みかん
2012/02/15 21:04
ちごゆり嘉子さん 今晩は。
みかんも菜の花食べるの大好きです。当地のスーパーでは三重県産の菜花がブランドみたいです。今晩の夕ご飯でも食べましたよ。ちごゆりさんの所はご主人が菜花を栽培しているのでしたよね。
シダ植物のスライドショー拝見してきましたよ。5時間もの道のない山歩きは大変だったことでしょう。僭越ながらシダの名前の間違いをひとつ指摘しておきました。お暇な折にでもご訂正ください。
みかん
2012/02/15 22:33
むっちゃん 今晩は。
愛知県は2番目に多いとは知りませんでした。今の季節、渥美半島はメロンやら花卉栽培のビニールハウスがズラリです。

ところで、ケイタイもデジカメもムービーもに共通したことですが、この風景のようなコントラストの強い場面はうまく撮れませんね。フィルムだとそんなことはないのですが、例えば青空や雲をそれらしい色に出そうとすると、菜の花の黄色がアンダーになってオレンジ色になります。逆に菜の花の黄色をノーマルな色に出そうとすると、青空や雲は白く飛んでしまいます。これはデジカメの最大の欠点で、今のところそれらをカバーする方法がありません。メリハリのある画像にするためにはどう撮れば良いのか、目下のところ最大の悩みごとです。
みかん
2012/02/15 22:49
おはようございます
同じ愛知県でも西と東の端っこ、気候も季節の流れもずいぶん違いますね。
早春の黄色は見ているだけで暖かくなります。
一昨日、梅一輪を見つけてやっとかすかな春を感じました。
C−NA
2012/02/17 07:18
こんにちは。私もその日にセツブンソウ見に行きました。多分みかんさんと同じ所です。帰りに県民の森に寄りました。
菜の花は当地でも菜種油を採るために、たくさん栽培されていましたが今は皆無です。いつの間にか増え、土手にいっぱい咲く菜の花が散歩の楽しみですが、最近は白い大根の花に押され気味です。どちらかといえば、菜の花の方が春が来た!!と心が躍ります。
みえ
2012/02/17 10:14
C-NAさん こんにちは。
渥美半島や知多半島は愛知県の中でも暖かい場所ですね。先日、名古屋で積雪18センチなどと大騒ぎした時も、当地は雪が舞っただけで積もりませんでした。
来週はまた寒くなるようです。今年は梅の開花も遅れていますが、やっとチラホラと花が見られるようになりましたね。まさに梅1輪の暖かさです。
みかん
2012/02/17 11:16
みえさん こんにちは。
おやおや、それではどこかですれ違っているかもですね。お寺さんの庭では仕事にならないので、ここはいつもサッと見るだけです。県民の森ももちろん寄りましたよ。我々が行った時は、熱心に写真を撮られているご夫妻と、1人で来た男性と我々2人だけでしたけど、植物の話しを少ししました。
菜の花は、やはり黄色の方が春が来た実感がありますね。うす紫や白い大根の花も素敵ですが。
みかん
2012/02/17 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
春を呼ぶ幸せ色の黄色    菜の花畑 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる