みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田芳男の世界  1月の1枚   風

<<   作成日時 : 2012/01/31 08:48   >>

トラックバック 0 / コメント 36

画像





   眼に見えないものをどう表現するか

   常に頭の隅にありながら、試行錯誤、四苦八苦の毎日である。

   花の匂いを撮りたい。小川のせせらぐ音を撮りたい。すだく虫の声を撮りたい。

   香るが如くの薫風を撮りたい。潮騒の心地よい響きを撮りたい。

   メインは植物であるが、主役の植物を引き立てるこれらの音や匂いは

   常に私が意識していることである。

   いつでも眼に見えないものを撮りたいと思っている。

   匂いのする写真、音の聞こえる写真が、私が素晴らしいと思う究極の写真の姿なのである。




   
画像





   私は被写体に対して、順光線で向かうことは先ずない。

   逆光か斜光線がほとんどである。

   ところが、上の画像はあえて順光線で撮っている。

   しかもベタな光線である。

   この方が冬の乾いた感じや冷たさを表現できると思ったからである。




   被写体は放棄水田にはびこった葦である。

   2メートルほどに伸びた葦は夏に1度刈られて、それ以降に伸びた茎が冬枯れている。

   常に同じ方向から吹く冬の風に、葦の葉が乾いた音を立てる。

   この時は、風を撮ろうと思った。

   同じ方向になびく葦の葉だけでも、風の表現は出来るが

   あえて少しぶらして、吹き抜ける風の流れを表現した。

   本当はもう少し広い風景を撮りたかったのだが、田んぼの端には工場や民家があって

   それらは目障りなだけだったので、小面積だけを切り取っている。




   最初に掲げた画像は、2枚目の画像を撮影した後で、反対側に回りこんで

   逆光線で狙ったものである。

   2枚掲げると、風の流れがより強調できるので

   今回はあえて2枚を選んでみた。









   撮影は2012年1月5日 愛知県半田市のいつもの散歩コースで

   画像はクリックすると2段階に大きくなります。

   大きな画面でもご覧ください。

   感想をコメントいただけると嬉しいです。

   

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに風で葦の葉が擦れる音が聞こえてきますね。
変な感想を1つ
σ(^^;)は右利きのせいなのか風向きとしては1枚目の方が好き。
でも、広がりという面では2枚目の方が好き。
ヽ(´ー`)ノ 勝手な感想でした。
アライグマ
2012/01/31 11:29
アライグマさん早速にどうも。
そう言っていただけると嬉しいのですが、自己評価ではみかんにはこの画像からは音が聞こえてこないのです。自分の画像に関しては、客観的な冷静な眼も必要だと思っています。
みかん
2012/01/31 18:43
1名目の写真が好きですが私には風が見えました。

下記の文章を読む前に、画像をクリックして・・・・・
風が見え、そして乾いた風の音がして
そしてふっと枯れた草の匂いがしました。
さなえ(花の庵)
2012/01/31 19:29
さなえさん 今晩は。
そちらは大雪で大変のようですね。無理はしないでくださいね。
それにしても褒めすぎです。この画像はそんなにレベルの高い作品ではありません。キーンとした冬の冷たさも感じられない。自分としては今一歩なのですが。
みかん
2012/01/31 19:53
こんばんは。
私も1枚目の方がイメージしやすいです。
ざわわ ざわわという夏のもの悲しいサトウキビ畑の音でもなく、ざわざわと騒がしい音でもなく、近くに海辺はあるのかないのか分かりませんが、潮騒の音と虎落笛(もがりぶえ)と葦の葉擦れの音の三重奏をイメージしてしまいました。でも、やはり感性がありませんね〜。(〜〜;)
多くの音を聞けば好いという物ではないことは分かっているのですが、欲張りな物ですから済みません。
アザミの歌
2012/01/31 20:16
アザミの歌さん 今晩は。
画像から虎落笛を感じてくれたのなら本望ですね。嬉しいです。
1枚目の画像は逆光によって葉の色が出て、冷たさよりも暖かさが出てしまったのではないかと懸念しておりました。風の流れは感じてもらえるのでは、とは思っていましたが。
みかん
2012/01/31 22:15
こんばんは。
どちらの写真も、特に画面の上部を風が流れていくように見えました。
1枚目は強めの風が吹き抜けるように、2枚目は緩急をつけて流れるように。
私は冬の寂しさをより強く感じられる2枚目の方が好みでした。
それにしても冬枯れの葦だけで、こんな表現ができるなんて!と目からウロコです。
nekoppana
2012/02/01 00:27
みかんさん、こんにちは。
この写真の撮影時に風が吹いていた訳ではありませんよね?
風の結果の写真ですよね?それも直前の風ではなく、草の葉が一方向に固定されるくらい長い間、風にさらされた後の風景ですよね?
もし、写真から風の音を感じられないとすれば、そういう時間差ではないでしょうか?
想像力が豊かな人は、その瞬間以前の風の音が聞こえる?

私は、1枚目の写真の方が好きです。♪北風の中に聞こうよ春を・・・♪
年を取りますと、明るい光を感じたいので・・・。
もちろん、寒々とした冬を表現したいなら2枚目ですね。
Iris
2012/02/01 07:36
こちらでは除湿器が大活躍するこの時期、加湿器のTVコマーシャルを異国の物と感じて観てます。「乾いた寒さ」 ここ数年感じていないけど、太平洋側の冬となるとそうなると1枚目かな…
Tatsuya@能登
2012/02/01 12:04
すみません。やはりこれは、この時、風が吹いていたのですね。
静止画から、動きを感ずることはできますが、音や匂いとなると、やはり個人の記憶を呼び起こすということになるのではないでしょうか?
かつて聞いた風の音、記憶にある花の匂いが蘇るということで、受け取る人の経験や感性が大きく左右する・・・。芸術なんて皆そうですけど・・・。
Iris
2012/02/01 12:59
プロのみかんさんの悩みレベルは素人の私に手の届かぬレベルです。

私が,広大な原野でススキやアシの群生に圧倒されて,この圧倒され加減を撮影したい! と思ってシャッターを切っても,落胆する画像ばかりです。
あきらめて,しばらくぼーっとその群生を見て,できるだけ脳裏に焼き付けるのみ。
(その時に,風やにおいや気温や明るさなどの付帯感覚も記憶されるんでしょうね)

そして,みかんさんの写真を見て,脳裏から記憶を呼び戻し,満足しています。
自分の写真からでは満足感は引き出されませんから…。
はるこ
2012/02/01 13:59
1番目、そう、これは、陽も少し傾き始めた午後3時ごろ。ヨシの茎(カン)がなびくほどではないがヒューヒューと風が吹いていて、おお寒!と震えながらも、中に射しこむ暖かそうな光を見つけて、イイネ! ほっとする一瞬。
きっと、このヨシの繁みにはメジロやテントウムシが温まっているかもしれませんね・・・以前このような場面、見たような、懐かしい想いが湧いてきます・・・みかんさんの意図とは違うかもしれませんが。
申し訳ないですが、2番目は、こんなだよ、という記録写真にはなるけれど、イメージが膨らみません。
ケイ
2012/02/01 16:31
また、出遅れてしまいました。
どちらも、いいですね。22インチのディスプレイで全画面表示すると(A3ノビくらいの大きさでしょうか)、なかなかの迫力です。
逆光の1枚目は風を感じますが、順光の2枚目は、むしろ、アシの生命力を感じます。私は、この2枚目が好きです。
工場や民家が入らないように切り取ったとのことですが、あえて入れたら、どんなだったでしょう。潔さがなくなってしまうかな?
ほととぎ
2012/02/01 22:33
nekoppanaさん 今晩は。
どちらか1枚を選ぶとしたら、私も2枚目を選びます。
作為が見えるものはダメだと思うのです。何の変哲もない写真。一見すると、そんなのただ撮っただけじゃない、と見えるような写真を常に目指しています。
みかん
2012/02/01 22:36
Irisさん 今晩は。
2回目のコメントで気がついてくれたようですが、この時は冷たい風が吹いていました。だからこそその風を撮ろうと思ったのです。風の流れを強調するために、しっかりとした三脚を使って、わざと葦の葉を少しぶらしているのです。全体がぶれないように気をつけながら、風が吹くたびに何度もスローシャッターを切っています。
みかん
2012/02/01 22:46
Tatsuya@能登さん 今晩は。
今も日本海側は吹雪いているのでしょうね。きょうから明日にかけては、こちらの平地でも5センチとの積雪予報が出ています。同じ1枚の画像を見ても、育った環境や住んでいる地域によって、随分と違う見方になるのだと思います。北海道では野菜を凍らせないために冷蔵庫に保管するそうです。これなども北国の知恵なのでしょうね。
みかん
2012/02/01 22:55
はるこさん 今晩は。
共通の体験があるから見えてくる部分や感じる部分はあると思います。それは同じような風景を見た、というだけではなく、感性の部分で共通するものがあるからなのでしょうね。カメラという機器は、感性の部分までは写してくれないので、それをいかに表現するかにかかってくるのでしょうね。
みかん
2012/02/01 23:09
ケイさん 今晩は。
インパクトは1枚目の方が強いのですが、この写真は1ヶ月も眺めていたら厭きがきます。2枚目の画像は長い時間をかけて眺めていると、だんだんといろんなものが見えてくるような気がします。みかんの意図するものは、いみじくもケイさんがおっしゃった「こんなだよ」という程度の平凡さなのです。
みかん
2012/02/01 23:36
ほととぎさん 今晩は。
まだリリースしたばかりですから、出遅れたなんてことはないですよ。大きな画面で見てくれたようで感謝です。小さな画面だと写真の持つ意味が読み取れないと思います。写真には大きく伸びる画像と、大きくすると死んでしまうものがあります。この例で言うと1枚目の画像は小さく見ている分には問題ないが、大きく伸びる写真ではありません。逆に2枚目の画像は大きく伸ばして見ないと意味のない写真になってしまいます。我々プロは撮る時に、その画像を使うことを意図して撮影します。
実は民家や工場を入れて撮ったら、見た人がガッカリするような場所で撮影しています。
みかん
2012/02/02 00:02
みかんさんのおっしゃる通りかもしれませんね。
2枚目の写真、昨夜遅く落ち着いた時間帯に開いた時には、ヒューヒューと葉を震わせながら吹く風の音が感じられ、身が引き締まる思いでした。スクロールしなくても見られる大画面で見たら、さぞかし臨場感があるでしょうね。
写真だけでなく絵も音楽も、初めて目にした時、2回、3回と度重ねた時、又活動的な時間帯と落ち着いた時間帯とでは、全然印象が違いますね。見る度にそれは変るのでしょうね。
受け取る側のその時の心の響きようだと思います。
うまく表現が出来ませんが、失礼なことを言ってしまったかな、と・・・
ケイ
2012/02/02 12:10
みかんさん、こんにちは。
初心者の私は、みなさんのコメントを読んで、とても勉強になりました。
特にケイさんの想像力には、すごいと思いました。
そのようには、まったく思い至らなかったので、自分が形無しでした(笑)
またほととぎさんの云うように、全画面にしたら、確かに迫力が違ってました(笑)
やはり作品は、感じ取る側にどれだけの用意があるかないかで、違ってきますね。
で、私の好みから云うと、下の2枚目が、断然好きです。
スケールの大きさを感じます。
いろいろ想像が湧きます。
それに、私が自分の目で見た冬の稲田は、リアルにこんな色合いなので・・・
でもケイさんのコメントを読んでから上の1枚目を見ると、春を待つ稲田の感じがして素敵ですし・・・・
うーむむ、ワカラン!!ムツカシイなぁ〜!!
ところで今年の冬は、私にはめっちゃカラフルに感じ取れます。
昨秋、紅葉が寂しかった反動のように、草もみじに眼が行きよります。
先日は、私の賢いデジカメが土筆をめっけましたので、
みかんさんの『土筆(ツクシ)』にリンクして、ブログの記事にさせていただきました♪(笑)
これからも、みかんさんのトラの威を、どうか借りさせてくださいね
リサ・ママ
2012/02/02 17:40
ケイさん 今晩は。
見るときの心持ちによって、同じものを見ても印象は異なってくるでしょうね。嬉しい時と悲しい時では見え方も変わってくると思います。また、その人なりの好みの問題もありますから。それらを超越して、誰の心にも安らぎを運べるような、そんな写真が撮りたいですね。
みかん
2012/02/02 22:12
リサ・ママさん 今晩は。
コメントを書く前にリサ・ママさんのツクシを見てきました。
こちらでも早くに頭を出したものは、胞子を飛ばす前に首が折れてうなだれているものが何本かありました。寒さにやられてしまったのでしょうね。名古屋では15センチの積雪と騒いでいましたが、こちらは1時間ほど雪が舞って、すぐに消えてしまいました。
ところで、他の人の見方は参考になるかも知れませんが、写真の見方なんて、初心者もベテランもないと思いますよ。見て、それが自分にとって心地よければ、それが良い写真なのだと思います。
トラの威ですか・・・・・虎というより、みかんは猫くらいじゃないかと、あはは


みかん
2012/02/02 22:38
こんにちは。
私はほとんどの写真を逆光で撮ります。
被写体そのものに光が力を与えてくれる気がします。
時間帯にも寄りますが朝陽や夕陽はとくに植物にとっては大きな味方です。
風を表現するのに枯れ葦は素晴らしい被写体だと思います。
私個人の感想ですが工場や民家の見える広い空間の画像も見たかったです。
私はあえて背景を入れるほうなんです。生意気を申しました。
C-NA
2012/02/03 12:29
みかんさん、こんにちは。
ツクシを見てきてくださって、ありがとうございます。
私は、首の折れたツクシを見たのが初めてだったので、
めっちゃビックリして、写真を撮り、記事にしました。
アトで、みかんさんの方には、そんなツクシが無かったわけではなく、
写真として採用しなかったのではないかと思いました。
私の場合、見たものすべて珍しいので、
ついついなにもかもお披露目してしまいます。
それだけでなく、人のものも、なにもかも見たがります。
みかんさんに、
>実は民家や工場を入れて撮ったら、見た人がガッカリするような場所で撮影しています。
こう書かれると、ますます、どんな背景なのか知りたくなります(笑)
自分で見てガッカリさせてもらえたら、ナットクいたしますわ・・・なんてねっ

リサ・ママ
2012/02/03 15:35
C-NAさん 今晩は。
確かに逆光はより強い力を引き出しますが、シャドー部がつぶれる分だけ露出設定が難しく、アマチュアの写真を見るとほとんどがアンダーになっています。今のデジカメだとカメラが勝手に撮ってくれますが、それでは自分の作品になりません。ある程度写真をやっているのでしたら、是非マニュアルで撮影することをお薦めします。
今月も写真の審査のために東京まで出掛けなければなりません。ピンからキリまであるアマチュア写真の審査というのは、とても大変な作業です。
みかん
2012/02/03 21:49
リサ・ママさん 度々どうも。
写真家というのは夢を売る商売でもあります。ですから舞台裏はあっても見せないものなんですよ。
この頃はフウちゃんの登場が多いような気がします。太い尻尾には笑いましたが、ダンプの面構え、なかなか魅力的です。森の石松みたい。
みかん
2012/02/03 21:56
みかんさんありがとうございます。
写真をちゃんと習ったこともなくドがつく素人なんです。
やみくもに気に入ったものを数撃てば式に撮ってきたのでワンパターンから抜け出せないでいます。目指すのはやはり見えないもの聞こえない音、その場の空気感などを表現したいのですがお手軽なデジタルの設定から脱皮する勇気が必要ですね。
すみません、繰り言になってしまいました。
C-NA
2012/02/03 22:47
みかんさん こんにちは、
片葉の葦は各地に伝承があるようですね。祖母に昔話を聞かせてもらった子供の頃を思いだしました。沼に生えている葦の話だったのですが、残念ながらストーリーはもう記憶にありません。

手前の葦がぶれずに鮮明に存在感を示していて、左上から吹いてくる風と右上に抜けて行く風が画面の中で緩やかなリズムを与えているように感じました。一枚の中に静と動、鋭さと柔らかさ、確かに見飽きない写真だろうと思います。家が狭いので全紙は無理ですが、半切りぐらいの大きい写真を壁にかけて日常の中でじっくり眺めていられたらいいでしょうね。

でも、この写真はかなり渋くて、うちの家内は、「枯れ草ね〜、1枚目の方がきれいね。」と言いながらどちらも熱烈には支持していないふうでした。

1枚目も右上の葉のなびき方は魅力的ですし、透過光で見る葦の色の美しさも感じます。中央から左の葉がもう少し躍動感があるか、全体にもう少し広さが感じられればさらに魅力的かなーというところはあるかもしれません。

勝手な感想を書かせていただきました。
ridge_line
2012/02/04 18:27
C-NAさん 今晩は。
ヘタな鉄砲は数を撃っても当りません。私が写真教室で良く言う言葉です。デジカメが全盛になってますますこの傾向が強くなったような気がします。
四季の野草物語を拝見すると、霜の朝とか12月の紅葉とか、やはり逆光で撮ったものはアンダーの傾向がありますね。でも、れいさんの掲示板へ投稿のタンポポの綿毛のように、とても綺麗な露出のものもあります。さなえさんが欲しがったエノコログサに雪が乗っているような、センスが光る捉え方をしているものが多いので、少し勉強すればぐんと質があがると思いますよ。
みかん
2012/02/05 00:16
ridge_lineさん 今晩は。
奥様の言われるように、枯れ草ねぇ、というのが一般の方の受け止め方だと思います。だからこの画像はたいしたものではないのです。あはは
多少気にとめる人があるとすれば、それは写真をやっている人でしょうね。年齢とともに渋みが出るのは良いことだとは思うのですが、何歳になってもキラリと光る若さだけは失いたくないですね。2枚目の画像ではこちらの意図する所を、きちんと読んでくれてありがとうございます。
みかん
2012/02/05 00:30
こんな風景はうちの近所にいくらでもあるけど・・・、
被写体として狙ったことがないです
殺風景な冬景色をストレートに撮るって、
一歩間違うととんでもない写真になりそうで怖いけど、
音が聞こえる写真、匂いが漂う写真を意識して撮ってみようと思うです。
むっちゃん
2012/02/05 12:28
むっちゃん 今晩は。
寒くてもやはり温泉はいいねぇ。しばらく天然の温泉とはご無沙汰のみかんです。実家は温泉旅館なんですけどね。
誰でも目にする風景の中にも被写体はゴロゴロ転がっていると思います。何をどう捉えるかで、その人らしさも出てくるのではないか、と思っています。実際はこのところ遠出が出来ないので、地味な風景になっただけ、なんだけどね。
みかん
2012/02/05 21:22
この草はこちらでも、川原のふちでたくさん群生しています!
 いずれも一方に葉が向いています!
プロで無いから、みかんさんとは逆で、照りのある一枚目が好いです!
 二枚目は冬枯れを感じますが、寂しすぎます!

風はこの植物では、低いせいか?かんじることは無いです
 この草の中に立つ柳の枝の流れとかが、あるといいのになあ〜

それともその前に流れる・・水面のさざなみの方が、分りやすいて・・うれしいなあ〜

 みかんさんの風は、私には・・高度すぎです!
ちごゆり嘉子
2012/02/07 07:31
ご免なさい 画像大きく出来ました!
 一枚目のお写真で、風がさっと流れ・・感動しました!
うれしくなりました・・・ 
ちごゆり嘉子
2012/02/07 07:39
ちごゆり嘉子さん 今晩は。
風を感じてくれてありがとうございます。
水面のさざなみのような、誰にもわかる風も良いですね。風自体は目に見えないけれど、それを感じさせるものはたくさんあるような気がします。これからも色々な風を撮ってみたいと考えています。
コメントありがとうございました。
みかん
2012/02/07 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田芳男の世界  1月の1枚   風 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる