みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リンドウ   Gentiana scabra var. buergeri

<<   作成日時 : 2011/11/15 12:58   >>

トラックバック 0 / コメント 36

画像





   今頃の季節になると、どうしても会いたくなる花がある。

   リンドウである。

   本州、四国、九州、と、リンドウは日本の広範囲に分布する。

   南限は奄美大島だが、いずれの地でも

   昔ほど多くはなくなってきている。

   場所によっては見ることができなくなった所もある。




   
画像





   リンドウはリンドウ科リンドウ属の中でも

   科を代表するもので、秋に咲く

   秋といっても晩秋の花のイメージが強い。

   リンドウには春に咲くものも、夏に咲くものもあるが、

   頭になにもつかないリンドウは秋の花である。

   霜が降りると萎れてしまうが、所によっては12月初頭の頃まで花が咲いている。




   
画像





   野や山がすっかり狐色に枯れる晩秋

   太陽の光りを満身に浴びて

   すっくと立つ

   茎の先端に花をまとめてつけることが多いので

   花が咲く頃には頭でっかちになり

   花の重みで倒れてしまうものも多い。

   花は晴天の時だけ開き、曇りや雨の日には

   筆の穂先のようにつぼんだままである。




   
画像





   栄養状態の良い株だと、花は葉腋にもつき、

   上の画像のように見事な姿になることもある。

   花つきの良い株は、たいていが倒れている。

   かつては里山のどこでも見ることができた花である。

   そのリンドウが簡単には見られなくなってきた。

   身近にあった花の衰退は悲しい。

   そんな訳で、確認の意味も含めて

   毎年のように自生地を訪ねている。




   
画像












   撮影は2011年11月4日 愛知県新城市で

   画像はクリックすると大きくなります。

   あなたの身近でリンドウの花は見られますか。

   地域も含めてリンドウの現状をコメントいただけると嬉しいです。

   撮影はすべてケイタイカメラで撮っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
数日前、林道脇の斜面で沢山見て来ましたよ!
半開き状態、晴れていたら素晴らしいだろうな? とちょっと残念でしたが・・・
そこは某大学演習林内の林道、北総の里山ではめったに見られなくなりました。
うちに昔からあるリンドウはネマトーダがついて元気ないです。今年は蕾も無くて・・枯れてしまうかもしれません。
やはり、自然の中で見るほうが心がなごみますね。
ケイ
2011/11/15 15:12
こんばんは
今日見てきました。高知市の北の山人家すぐ近くで満開でした・・ただ耕作放棄地脇でしたので近い将来イノシシにやられ消滅しそうなの気になりました。
近くでは(蛇紋岩地)はムラサキセンブリ・ヤナギノギク・トサトウヒレンが開花という良い場所です。
ひょっとしたら前にサカワサイシンを見た場所に近いかもです。
(Oさん・細さんともに知人です)
流れ星
2011/11/15 19:58
ケイさん 今晩は。
近くで見られる場所がある人は幸せですね。我が家の近くでは滅多に見ることができません。画像は新城市の蛇紋岩地なので、我が家からは東名高速を使って、3時間ほどかかる場所です。今年はまぁまぁといった感じでした。
みかん
2011/11/15 22:25
流れ星さん はじめまして。
ようこそお越しくださいました。高知市の蛇紋岩地周辺には、まだリンドウは数が多いですね。小さな場所も含めて、高知市の蛇紋岩地はひと通り歩きました。
Oさんや細さん家のすぐ近くの蛇紋岩地などは、一年中見ています。
このブログのリンドウを撮影した愛知県の蛇紋岩地は、高知の蛇紋岩地に植生がそっくりで、ヤナギノギクやムラサキセンブリなどの共通種があります。国の天然記念物に指定されている場所です。
どうぞこれからも遊びにきてください。コメントは大歓迎です。
みかん
2011/11/15 22:36
もう、とっくにリンドウの咲く季節なんですよね。なんか、この間まで、異常に暖かい日が続いたので、実感がないです。ということで、まだ、今年は、リンドウをちゃんと見ていません。
私の住んでいる兵庫県南東部(宝塚、篠山、三田など)では、比較的普通に見られると思います。山添いの田んぼや畑の土手を探せば、見つけるのは難しくありません。
この週末は、リンドウに会いに行かなくちゃ。でも、雨の予報だなあ。
ほととぎ
2011/11/16 07:56
みかんさん こんばんは〜

リンドウ、今年はあまり見ていない気がします
こちら長崎県北部では、リンドウの花はあまり見かけませんね
雲仙や、多良山系では見かけますが・・・
大きな花なので、咲いてると良く目立ちますね
大きさも色々だと思いますが、本当に少なくなっていますね
いっしい
2011/11/16 20:01
笹薮とかの手入れをすれば色々な絶滅したはずの野草が見れると思うんだけどね。
逗子の池子弾薬庫跡などアメリカの住宅なんか作らせないでキチット調査すれば色々出て来るだろうなー。
でも、出て来られちゃ住宅作れなくなってまずいから調査はさせないだろうな。
(〜〜;)
アライグマ
2011/11/16 20:16
ほととぎさん 今晩は。
リンドウはもう遅いくらいですよ。でも身近な里山なら、これからでも充分花に間に合いますね。ほととぎさんがフィールドにしている兵庫県南東部の様子が、本来の里山の環境なのでしょうね。今までほととぎさんのブログを拝見していて、そう感じました。
みかん
2011/11/16 23:24
いっしいさん 今晩は。
いっしいさんの近くでも減っていますか。リンドウは山地に限らず、海岸の草地などにも結構出てくる植物なのですけどね。山寄りで減っている第一の原因は、環境の変化でしょうね。手入れのされない林が増えると、リンドウは確実に減って行きますね。
みかん
2011/11/16 23:37
アライグマさん 今晩は。
逗子市の池子のような場所は、ある面で非常に貴重です。日本人の介入がないために、周りでは絶滅してしまった植物が残っている可能性が高いのです。沖縄のヤンバルが良い例ですね。バリケードが張られて、兵隊さんが銃を肩に見回っていますが、あの森の中には、貴重な植物がたくさん残っています。皮肉なものですね。
みかん
2011/11/16 23:45
 コチラでは天山、樫原湿原で10月から
よく見られますが 低地では全く見かけません。
近場で見られるといいのですが。

風太
2011/11/17 06:11
みかんさん、こんにちは。
やっと帰宅して、パソコンに向かっています。
入院中は、お見舞いコメントをありがとうございました。
嬉しくて、病気がすぐに治るかと思いましたが、
意外にそうはならず、不甲斐なかったです。。(笑)
ちょうど来年のみかんさんのカレンダーが、アマゾンから届いたところでしたし、
私の大好きなコスモスのことが取り上げられてたので、
早くうちに帰ってコメントをと願ったのですが、
念力は全然通じませんでした。。(爆)

リンドウの花は、私は多分、自然の中では見たことがないと思います。
毎年、アライグマさんのプランターで咲き誇るリンドウを見ては、
ハァ〜なーんて、うらやんだりしておりました〜〜(汗)
でも、流れ星さんによれば、高知市の北山で自生してるとか!!
来年の今時分までには、体調を直して見に行けるかも知れませんよね(嬉)
ヤッホーー!!来年も、私、頑張りますわ
リサ・ママ
2011/11/17 15:42
こんばんは。
リンドウ、綺麗ですね〜。
周りの草木が枯れ始めている中で鮮やかな青紫色の花は目立ちますね。
昨日、林道沿いで可愛い花に会って来ました。
今年は、何か所かで小さな花が咲いていました。
昨年に比べて、増えているようで嬉しくなりました。
台風で木々が倒れたり、折れた枝などが目立つ中で・・。
小さな鮮やかな花に元気をもらえるような気がしました。

2011/11/17 20:25
風太さん 今晩は。
樫原湿原のリンドウはブログで拝見していました。身近にないのは残念ですが、仕事場で見られるのですから、恵まれていると思います。みかんはリンドウを見るために、わざわざ出かけて行きます。
みかん
2011/11/17 22:22
リサ・ママさん 今晩は。
お待ちしていました。病院もそれなりに楽しんだようで。あはは
先ずは退院おめでとうございます。
元気なリサ・ママさんの復帰をいちばん喜んだのは、猫ちゃん達でしょうね。リサちゃんやチエちゃんの安心しきった寝姿には、ほのぼのとさせられました。
猫小屋のみんなも、喜んでいることでしょう。
お姫様生活からいきなりの現実、大変でしょうが頑張ってくださいね。
来年、高知でリンドウの花に出会えると思います。キキョウなどと同様に蛇紋岩地には結構リンドウも多いですよ。私も高知の一宮やそのほかでリンドウの花を撮影しています。ちょっと先は長いですが、楽しみですね。
みかん
2011/11/17 22:43
杏さん 今晩は。
都心に近いにもかかわらず、高尾山にはリンドウやセンブリが結構多いですね。
稀有な存在だと思います。東京はさすがに自然保護に関する意識も高いですから、訪れる人たちのマナーが良いのでしょうね。
晩秋に咲くリンドウの1輪は、ホッとすると同時に元気をもらえますね。みかんも全く同じ気持ちです。
みかん
2011/11/17 22:52
 みかんさん、みなさん、こんばんは。宮本@神奈川です。みなさんのリンドウばなしを拝見し、わたしも加わりたくなりました。神奈川でリンドウが咲く場所といえば、わたしは箱根の駒ヶ岳山頂の草原がまず思い浮かびます。ここでは強い風のせいか、どれもたおれて重そうに花をつけています。時期は10月上中旬ですから、もう花は終わっているでしょう。

 もう1つは三浦半島の海岸ぞいの斜面に咲くリンドウです。数こそ少ないものの、海をバックに花開くようすは独特のふんいきがあります。こちらはまだ花が残っているかもしれません。

 それから、わたしのHPでは、「2011年版・今年であった花ベスト集」が本日よりスタートしました。お時間のあるときにでも、お立ち寄りいただければうれしく思います。投稿作品もまだまだ募集していますので、こちらもよろしくお願いします。
○2011年版・今年出会った花ベスト集 
http://www.wildplants.sakura.ne.jp/bestflowers2011.htm
宮本
2011/11/18 00:15
まだ紅葉の始まらない房総南部です。
冬になってもリンドウは色あせながら
道路沿いにたくさん咲いています。
12月は紅葉と足元にはリンドウの散策が
楽しめます。
しずか
2011/11/18 10:10
宮本さん こんにちは。
神奈川ではやはり箱根や丹沢に多いですね。特に箱根の稜線には量が多い気がします。三浦半島の海崖に咲くリンドウも風情がありますね。こちらはまだ花が見られると思います。
「今年であった花ベスト集」早速拝見してきました。トップはセツブンソウですね。これから毎日が楽しくなりますね。私はまだ投稿していませんが、もうしばらく撮影したいと思います。これから咲く冬の花もありますので。
みかん
2011/11/18 11:04
しずかさん こんにちは。
今年はいつまでも暖かかったためか、紅葉は遅れていますね。特に里山の紅葉はこれからが盛りのようです。房総半島は温暖な地ですから、リンドウは12月でも楽しめるのですね。場所によっては水仙の花も咲き出しているのではないですか。道路沿いでたくさん見られるなんて、うらやましいです。
房総の南部は水仙や菜の花、キンセンカやストックが花盛りの頃に、何度も訪ねています。
みかん
2011/11/18 11:12
千葉県中央付近の台地では,いまがリンドウの盛り…をちょいと過ぎたくらいです。
ススキが茂るような乾燥気味の草原でぽつぽつと咲いています。
自生のリンドウを見つけると「ここにいたんだ」とまず驚いて,次に「生き延びてくださいね」とお願いしてしまいます。
はるこ
2011/11/18 23:01
頭に何も付かない本物のリンドウってこんなに背が高くなり、
たくさんの花が咲くとですね。
うちの近所でも背が低いのは見るけどこんなのは見たことないです。
すみませんが、むっちゃんが今年4月にブログにアップしたのはナニリンドウって言うのか教えて欲しいのですが。
http://ikamara-h.at.webry.info/201104/article_4.html


むっちゃん
2011/11/19 11:01
はるこさん こんにちは。
リンドウが最も多いのは、やはりススキ草原ですね。明るい雑木林の林縁部などにも多いですが、本来の自生地はススキと密接に結びついているようです。ススキ草原の衰退がリンドウの減少に結びついていますし、雑木林の手入れ放棄なども減少に拍車をかけていますね。ともあれ、リンドウが咲いているのを見るとホッとします。
みかん
2011/11/19 11:59
むっちゃん こんちは。
お問い合わせのリンドウはフデリンドウです。春に咲く代表的なリンドウのひとつですね。
秋に咲くリンドウは、花が咲くと頭でっかちなこともあって、茎が倒れて咲いていることが多いですが、直立すると20〜30センチになります。人里近くに生えたものは草刈りになどにあうことも多く、腋芽が伸びて丈低く、やや遅い季節に花を咲かせるものもあります。
みかん
2011/11/19 12:10
こんばんは。
毎年リンドウには出会っているのに今年はチャンスがありません。
みかんさんの艶やかな色のリンドウに見惚れています。♪

今年の豪雨で何時もの山道が通れなくなり見られないのと、とり込みがあったりとお花の時期を逃しそうです。
こちらではアサマリンドウもあるのですが、こちらも無理なようです。
庭では紫、白、ピンクと園芸種が咲いたのですが、やはり自然の中で出会いたいですね。(^^)
アザミの歌
2011/11/19 22:43
アザミの歌さん 今晩は。
山道はちょっとした災害でも通れなくなることがありますが、今年のような豪雨による被害は甚大で、なかなか山の中の林道までは手が回らないようですね。植物は強いですから、簡単にはなくならないと思いますが、崖崩れなどによってダメになってしまった所はあるかも知れません。
リンドウは毎年どこかで見ていますが、アサマリンドウはみかんも今年は見ることができませんでした。
みかん
2011/11/19 23:10
またまた訪問します。
アサマリンドウは今年特にたくさん見ました。
色もピンク・薄いのから濃いのまで
一番うれしかったのは大株の白。白は目立つので盗掘されないように願うのみです(道路脇)
丁度の時期に山へ3回登ったのが良かったみたい。

2日家に居たら3日目にはどこかへでかけることをしているからそうなったんだとは陰の声です
流れ星
2011/11/20 20:17
すばらしい花色ですね。昔は山野に出かけるとよくみかけましたよね。花屋ではイイデリンドウが目立つようですがこのような美しいリンドウの花もバイオ栽培して出荷してくれるとうれしいのだけれど。しかし美しい花は山に戻して自然のままを楽しめる日がくる事を願っています。
目黒のおじいちゃん
2011/11/21 10:01
みかんさん〜 こんにちは!

コスモスも素敵でしたが… 私的には高校時代のテニスコートの脇に咲く
なよっとしたコスモス大好きでした〜!(大昔の話です)
今は山の花しか写真撮ることなくなってしまいまして、綺麗ね〜と通り過ぎるだけ! でも、みかんさんの前の記事読みながら胸がキュンキュンしました!
(前の記事でごめんなさい)

リンドウの深い色を見ると秋を感じますよね!
毎年リンドウ違いですが、志賀や鹿沢にリンドウを見に行きます。
オヤマリンドウかエゾリンドウか判らぬままに・・・
長野オリンピックまでは志賀のスキー場でも沢山のリンドウが咲いて旅館の
おかみさんが部屋に飾る花を手折っていたものでした(20年以上前)
またまた古い話ですみません〜!

リンドウは赤城山でもよく見られますが笹からようやく伸びて花を咲かせています… 笹をなんとかして欲しいですし、ほかにも咲く花たちが心配です!
みちほ
2011/11/21 10:16
流れ星さん たびたびありがとうございます。
そうですね、四国ではリンドウよりアサマリンドウの方が見る機会が多いですね。リンドウもそうですが、花の色には濃淡があります。ですが、アサマリンドウの白花はネットの画像でしか見たことがありません。やはり四国にお住まいの山好きの方のブログで、真っ白のアサマリンドウを見ました。こんな素敵な花が見られるなら、それだけを目的に四国に出かけてもいいな、と思いました。
みかん
2011/11/22 11:12
目黒のおじいちゃん こんにちは。
花屋さんで売られているリンドウは、エゾリンドウを品種改良したものです。イイデリンドウというのは高山植物で、高さは5センチほどの小さなものです。勘違いされたようですね。東北の飯豊山系に稀産するイイデリンドウにはしばらく会っていません。撮り直ししたいと思っているリンドウのひとつです。
みかん
2011/11/22 11:22
みちほさん 久し振りです。
赤城山は貴重な植物も多いのですが、林床には笹がはびこっていますね。もう少し頻度を増やして笹刈りすれば、色々な植物が復活しますね。観光地として売り出している場所ですから、そんな方面にも期待したいですね。
志賀や鹿沢で夏から秋に見られるリンドウは、エゾリンドウが多いですね。典型的なオヤマリンドウは少ないですが、湿原などではオヤマリンドウも見かけます。リンドウの専門家である故豊国秀夫先生に、エゾリンドウとオヤマリンドウはどこで区別したら良いか、と質問したことがあります。先生は頭花の大きさを第一にあげられました。図鑑によっては茎の先端だけに花を咲かせるエゾリンドウをオヤマリンドウとして載せているものも見受けられます。エゾオヤマリンドウというのもあって、結構分類は厄介ですね。
みかん
2011/11/22 11:40
鮮やかリンドウですね!
頭に何も付かないリンドウ…はて、私は見たことがありません。
蛇紋岩地に咲くのですね!!
花が少なくなる遅い時期まで楽しませてくれるリンドウって健気で可愛いですね!
エゾリンドウ、オヤマリンドウなど山で見かけるリンドウにばかり興味を持っていましたが、リンドウにも是非、会ってみたくなりました。

本屋さんに行くたびに「野の花カレンダー」の有無を確認していたのですが、なかなか入らずヤキモキしていたのですが11月上旬から平積みされるようになりました。お陰様でやっと手に入れることができました!!
fu-co
2011/11/22 17:34
fu-coさん おはようございます。
お久し振りですね。今年出会った花ベスト拝見しました。ホソバヒナウスユキソウの画像が素敵でした。
リンドウは蛇紋岩地に限らず、里山と呼ばれるような低山のススキ草原や雑木林などで普通に見られます。東京近郊なら高尾山などでもお馴染みの花なのですよ。fu-coさんなら、きっとどこかで出会っていると思いますが・・・・・。
「野の花」カレンダーお買い求めいただいたようで、ありがとうございます。お気に入りの写真はありましたでしょうか。感想など聞かせていただけると嬉しいです。
みかん
2011/11/23 09:32
こんにちは、時々お邪魔しています^^
新潟の阿賀町に自生しているのを毎年見に行きます。林道の脇なのですが、廃線となって人も歩きません。荒れたようになっていますが、今年も咲いていました。そして、今年は新しく自生している所を見つけました。なんとなく、ほっとする花色です。株数は少ないですが、元気に咲いていました。
トビトビ
2011/12/16 17:53
トビトビさん 今晩は。
新潟もきょうはかなりの雪のようですね。リンドウも長い眠りについていることでしょう。毎年訪ねる場所で同じ花が見られるとホッとしますね。新しい場所も見つけられたとか、嬉しいですね。いつまでも咲き続けて欲しいものです。
みかん
2011/12/16 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンドウ   Gentiana scabra var. buergeri みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる