みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オオハナウド  Heracleum dulce

<<   作成日時 : 2011/09/04 14:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 18

画像






   セリ科ハナウド属の大きな多年草。

   高さは1メートルから2メートルになる。

   深山から高山にかけて生え、6〜8月にかけて花が咲く。

   高山植物と言っていい種類である。

   台風6号の影響で道路が決壊した伊吹山は

   やっと8月6日になって復旧し、道路が通れるようになった。

   すぐに出かけるつもりが、なかなか思うようにならず

   どうにか8月の最後の日になって、やっと行くことができた。

   山は夏の花が終わり、すでに秋の花へと衣替えをはじめていた。




   
画像





   セリ科の花というのは、どれもがよく似ていて分類が厄介な種類である。

   だが、私はセリ科の花が好きである。

   得意な分野に入るかも知れない。

   オオハナウドは、よく似ている花が多い中にあって

   比較的見分けやすい種類である。

   散形花序 (さんけいかじょ) の、いちばん外側の大きな花びらの形を見ると

   すぐにオオハナウドとわかるからである。




   
画像





   散形花序というのは、白い大きな円の中にある花のかたまりを指す言葉である。

   セリ科の花の、最小単位の花のかたまりを指す植物用語である。

   散形花序がいくつもより集まって、大きな花の形を作っている。

   だからセリ科の花というのは複散形花序 (ふくさんけいかじょ)と呼ぶのである。

   オオハナウドでは、いちばん外側にある花びらが、中の小さな花よりずっと大きく

   特に1片の花びらが長いので、他のセリ科の花と比べると特徴があって

   すぐにわかるのである。




   
画像






   オオハナウドは草丈も大きいが、葉も大きく、花茎も太い

   太い茎には白い毛がびっしりと生えている。

   特に節には毛が密生しているので

   これも見分ける時の目安になる。

   まるで白い打ち上げ花火のようにダイナミックなオオハナウドは

   真上から眺めると、意外と繊細で美しいことに気が付くかも知れない。

   遠くから眺めるだけではなく

   時には思い切って近づいて見ると、きっと新しい発見があるだろう。




   
画像
















   画像はクリックすると2段階にアップになります。

   大きな画面で細部もご覧ください。

   撮影は2011年8月31日 滋賀県と岐阜県境にある伊吹山で。

   撮影はすべてケイタイ電話についているカメラで撮っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
>高山植物と言っていい種類である。
えーーーそうなのーーー
て、そうかみかんさんの本にも海岸にも生えると書いてあるんだっけね。
で、昨年の5月の初旬に見た
http://room-araiguma.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-9b9a.html
コイツは季節が全く違うけど・・・・・・・
(/||| ̄▽)/
アライグマ
2011/09/04 20:54
アライグマさん 今晩は。
アライグマさんのブログの植物はオオハナウドではなく、ハナウドです。平地に生える植物で、5〜6月が花期です。三浦半島には結構たくさんあります。神奈川県はほぼ全土にあります。果実の先端が少し凹むのが特徴です。これに対しオオハナウドは花期が7〜8月と遅く、全体に毛深く、果実の先端は凹まないなどの違いがあります。
日本にはハナウドとオオハナウド、それに葉が細いホソバハナウド、ツルギハナウドなどのハナウド属があります。
みかん
2011/09/04 22:00
>日本にはハナウドとオオハナウド、それに葉が細いホソバハナウド、ツルギハナウドなどのハナウド属があります。
ぎえーーー覚えきれない。(/||| ̄▽)/
ハナウドも結構でかかたけどオオハナウドってくらいだから更にでかいんでしょうね。
アライグマ
2011/09/04 22:17
こんばんは〜

オオハナウドと言うのもあるんですね〜
セリ科の花は苦手です
やっと今年、ヨロイグサの実物を見つけてから、ヨロイグサが分かるようになりました
この花も大きいですね、2m以上あるものもありました
でもオオヨロイグサの様に、全体に大きいのでは無くて頭でっかちに思いました(笑)
いっしい
2011/09/04 22:52
こんばんは。
まっ白いオオハナウドの花、綺麗です。
白いレースのようです(笑)
山道などで咲いている大きな花は迫力があります。
甘い蜜が多いようで沢山の虫が集まっています。
Wクリックで、綺麗な大きな画像を見せていただきました。

2011/09/04 23:22
おはようございます〜。

ひとまとめにして見た花は『花』・・・
でもその花も一つ一つを見ているとかわいい花ですよね!!

小さな花もかわいくて愛らしいけど
オオハナウドのように一見大きな花に見えるけど
こうやって近づいてみると
ホントかわいいと・・・うならされます!!

だから雑草と言われてる花でも見過ごせません〜☆♪
ぐーま
2011/09/05 07:33
アライグマさん おはようございます。
セリ科の同定では、果実の形が重要になります。上から2枚目の画像を2段階アップにすると、緑色の若い果実が見えますが、これを見てもハナウドと違うことがわかります。亜高山帯に生えるオオハナウドはそれほど大きくはならず、1メートル前後のものが多いような気がします。
みかん
2011/09/05 09:08
いっしいさん おはようございます。
セリ科は大所帯ですから、やはりちと面倒ですね。小さなものもありますが、平均的には大型のものが多いですね。ヨロイグサなどもその典型に入ります。背が高いものは花序を見にくいですが、セリ科というのは枝分かれして、脇から伸びたものは花の観察もしやすいと思うので、頑張って見てください。
みかん
2011/09/05 09:16
杏さん おはようございます。
アップにして見ると、ほんとに白いケミカルレースのようにも見えますね。遠目で見ていると、皆同じ花のように見えますが、セリ科というのは結構個性があります。何故か昆虫が多く集まってきますね。匂いもありますが、美味しい蜜や花粉が多いのだと思います。そのせいか、果実の結実率は高いですね。
みかん
2011/09/05 09:23
ぐーまさん おはようございます。
雑草と言われている花でも見過ごせません。この言葉に共感します。
オオハナウドは大型でよく目立つ花ですが、咲いているのがわからないような小さな花も良いですね。昔、ミチヤナギの花をしみじみと眺めて、なんて素敵な花なんだ、と思ったことを思い出しました。
みかん
2011/09/05 09:29
オオハナウドは,青森県の太平洋沿岸でよく見ていました。
みかんさんの解説通り,セリ科のお花は難しいのだけど,オオハナウドだけは私にもわかる種です。

虫達がたくさん訪れている印象が強いオオハナウド,楽園,みたいな。
はるこ
2011/09/05 14:44
はるこさん 今晩は。
オオハナウドは北に行くほど平地に多くなりますね。花は虫達の食堂、というほどたくさんの昆虫が訪れます。ひとつの花序に蝶が数匹、などと言うことも珍しくないですね。画像はにわか雨の後の撮影なので、虫達はおりませんが。
みかん
2011/09/05 19:56
みかんさん、こんばんは。
セリ科は(も)大の苦手分野です。
なので、こちらで紹介してもらうととっても参考になります。
オオハナウド、あらためて写真で見るととても大きな花弁なんですね。
地味なセリ科の花のイメージとは、かけ離れてて驚きました。

nekoppana
2011/09/06 01:09
 オオハナウド初めて知りました。
コチラにはないようでよかった(笑)
だいたいが「シシウド」「ハナウド」の区別
つかないですので道ばたで見ても知らん顔する
風太です。
風太
2011/09/06 04:25
nekoppanaさん おはようございます。
セリ科は確かに面倒ですが、わかりかけてくると大所帯だけに面白い科だと思います。何かきっかけは必要だと思いますが、花のクローズアップを撮るだけでも随分と違うことに気がつきますよ。遠目ではみな同じように見えていた花が、近づいて見ると意外と個性があって、きっとハマルと思います。
みかん
2011/09/06 10:00
風太さん おはようございます。
ノロノロ台風がやっと通り過ぎて、今日はやっと庭の整理ができました。紀伊半島の被害を思えば、我が家の庭の被害など、笑って済ませられる程度なのですが、それでも悲しい、丹精込めて育ててきたものがズタズタです。大事なものは家の中に避難させましたが、それはほんの一部です。憎っくき台風ですが、今朝の風はさわやかです。被害に遭われた方達には、ただ頑張ってとエールを送ることしかできません。
セリ科の花は、アップにするととてもフォトジェニックですよ。知らん顔するのはもったいないです。 
みかん
2011/09/06 10:11
みかんさん、こんにちは〜!
雨の群馬もやっと昨日から太陽がみえてきました! うれしいです!
台風の被害は甚大で被災されたかたがたに何といったらよいのか。
天災とはいえ、本当に悲しいです・・・

セリ科の花は今まで避けてきました(笑) 又、シソ科、タデ科も
しかりです(笑) 綺麗なのは判るのですが判定のポイントが〜!
今回のオオハナウドは良くわかりました(プリントしたよ)!
又のご指南、宜しくお願いします!
みちほ
2011/09/07 10:13
みちほさん おはようございます。
こちらも台風が過ぎて、急に秋めいてきました。陽射しは強いものの気持ちよい季節です。昨日1時間ほど川の中に入って、近くの岩場に咲いているイワギボウシを撮影しましたが、川の水は冷たくなくとても気持ち良かったですよ。
苦手の分野もいざ踏み込んでみると、案外、素敵だったりします。みかんもカヤツリグサ科などは苦手なので、なかなか自分から進んで、という訳にはいきませんが、あはは。
みかん
2011/09/08 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオハナウド  Heracleum dulce みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる