みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 再度のササユリ  Lilium japonicum

<<   作成日時 : 2011/07/04 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 24

画像







   標高の高い場所に生えるササユリは、これから花盛りを迎える頃である。

   今年は自分でもあきれるほど

   ササユリの追っかけを何度もした。

   最後の最後になって、ほんとに見事なササユリに何本も出会った。

   過去に何度もササユリのことは書いているので

   ブログに載せるのはやめようと考えていた。

   だが、断念するには惜しいほどの花なので

   あえて今年、再度の登場である。




   
画像







   この日の探訪先は、標高1200メートルほどのやや高い山である。

   ササユリは標高 0 メートルの海辺から、標高 1700メートルあたりまでに分布する。

   最も数が多くみられるのは丘陵地や山地の草原だが

   そこでの花期は6月である。

   花は5月の中旬頃から咲き出し、最も標高の高い場所では、花期は8月上旬になる。

   標高が1000メートルを越えると、花期は7月になる。

   今年は花期が遅れ気味だったので、花にはまだ早いかな、

   と思いつつ登って行くと、案の定、咲いている花は1輪もなく

   みなつぼみだった。




   
画像








   それならと、標高を少しさげることにした。

   何のことはない、文明の利器、車で登って来た山道を下るだけのことなのである。

   民家のある辺りまで降りてくると、急激に曇って雷鳴がとどろき

   土砂降りの雨となった。

   車のワイパーが役に立たないほどの強い雨である。

   だがそんな強い雨もひと時のこと

   また、嘘のように青空が見えてきた。

   そんな時である。

   車窓の林縁に1本のササユリが咲いているのが眼に飛び込んできた。

   停めて、瞬間に判断して叫ぶ

   まだ花が咲いて、それほど時間が経過していない花 (上の画像) だったからである。

   動態視力が決して良いわけではないが、長いことササユリの追っかけを続けていると

   瞬時にして、それがきょう咲いたばかりの花であることがわかるのである。




   
画像







   ちょっと急な山の斜面を登って、反対側に回り込んで見ると、

   そこには

   飛び切りの別嬪さんたちが、今しがた降った雨滴を光らせて

   ようこそ、と言わんばかりにたたずんでいたのである。

   花びらの色が白っぽいものも

   淡いピンクのものも

   かなり濃い色のものも

   それこそ選り取り見取り、で

   撮られることを順番待ちしているような状態だったのである。




   
画像







   ズボンの裾が濡れることなど、気になんかしていられない。

   今この時のこの出会いを切り撮らなければ、何のためのカメラマンか

   やや薄暗い杉林の下で

   そんなことを自分に問いかけながら

   夢中でシャッターを押す

   至福の時である。




   
画像







   時間にしたらわずか1時間ほどの間だったが

   このわずか1時間ほどの間に、きょうの大切な時間が凝縮されたかのようだった。

   花たちは人間の言葉をもたないが

   ほのかに香るその香りで、あるいは、はんなりとした優しいその色あいで

   無言のままの言葉を投げかけているのである。













   モデルになってくれたササユリは、すべて違う個体です。

   撮影は新しくした携帯電話のカメラで撮っています。

   2段階アップになりますので、是非とも大きな画面で楽しんでくださいね。

   撮影は2011年6月25日 愛知県稲武町とその周辺の山で。



   ササユリについて、さらに詳しく知りたい方は

   6月13日にアップしたササユリの記事や

   2008年6月2日のササユリ
   2009年6月11日のササユリ などが参考になるはずです。
   写真を撮られる方は 2010年6月1日のササユリは、カメラデータがついています。

   今まで知らなかったことが、ひとつかふたつは見つかると思います。

   過去のブログのササユリも見ていただけると、より理解が深まるはずです。

   またか、のササユリですが、コメントいただけると嬉しいです。





   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさんの場合
>それこそ選り取り見取り、で
は使い方が違うと思う
「選り撮り見撮り」だたりしてーーー
((((((((^^;
良いササユリが迎えてくれましたね。

アライグマ
2011/07/04 21:30
やっぱりアライグマさんが一番乗りだねぇ。
みかんのブログを見に来てくれる人の中には、アライグマさんのコメントを楽しみに見に来る人が何人かいるらしい。ブログよりもコメントの方が面白いらしい。喜んでいいのか、悲しんでいいのか、ビミョー。(笑)

昨年の6月、畑仕事をしているおじいさんに声を掛けました。「山の土手に咲いているササユリをトラせてください」と。そしたら取ったらダメだでぇ、との返事。大きな三脚にカメラをつけて手に持っていたのですけどね。あわてて「いえ、写真を撮らせて欲しいのですが、と訂正して、しばしササユリ談義となりました。畑には美味しそうなトマトがなっておりました。
みかん
2011/07/04 22:15
 みかんさん、こんばんは
私も アライグマさんのユーモアたっぷりのコメント
好きです。

 こちらでは遠くてササユリの追っかけ出来ないのが
ザンネンです。みかんさんが羨ましいです。

「ササユリ談義」トマト食べながらだったらもっと
よかったかも(笑)
風太
2011/07/05 01:45
ササユリがまだ見られて・・・・羨ましいです。
それにしてもしとやかで品があって・・・・
ユリの中でも一番好きです。

先日(6/25)天生湿原へ行った帰り・・・・くねくね下り坂で3本見つけました!!
運転中急停車(爆)・・・もちろんこの日は入山者が駐車場に2台だったので車は来ない・・と((^∇^)アハハハハ)

それから集落で3本見ました。私は今年初めてです!!そして最後でした〜。

奥三河に土曜日に行ってセッコクの見事な木に再会し道ばたで見かけるササユリを期待したのですが時すでに遅し・・・・でした。

さて・・・・ずっと気になっているんですが
トップの花はなんていう花ですか??
ひょっとしてミニヤコンカでも見られるの??
ぐーま
2011/07/05 04:32
みかんさん、おはようございます。

毎年ササユリ追っかけの私もこの花だけはいつ咲いたかわかります。
今年は時間的余裕のなさと、土砂崩れで通過できる山が少なかったのとで、追っかけが出来ませんでした。
みかんさんに追っかけていただいて、こうして見せていただけるのは嬉しい限りです。

始めてこの花を見たのは子供のころですが、瞼が熱くなったのを覚えています。
子供心に、世の中にはこんな美しい花があるのかと・・・・・

比較的よく車が通る広い山道の端に何本ものササユリの蕾が点々とあり、楽しみに行ってみたのですが(10日ほど前)堀跡が埋めもしないであり、ただの1本もありませんでした。残念でなりません。
さなえ(花の庵)
2011/07/05 06:14
風太さん こんにちは。
トマトは収穫するには、まだ少し早い状態でした。
そのおじいさんの話しでは、昔はもっとたくさんあったけど、車でやってくる都会の人たちが掘り取ってゆく、という話しでした。今年もその土手の反対側で撮影しました。
みかん
2011/07/05 10:08
ぐーまさん こんにちは。
表紙の花は、ヒマラヤを代表する植物、レウム・ノビレです。
このブログをはじめた頃に紹介しています。2007年8月7日のブログ、表紙の花についてをご覧ください。
もう出発されたかな、ミニヤコンガお気をつけて。
みかん
2011/07/05 10:17
さなえさん こんにちは。
今年はさなえさんに代わって、ササユリの追っかけを何度もしました。だんだん贅沢になって、スーパーモデルでないとカメラを向けないようになりました。あはは
当地ではマナーはだいぶ良くなってきているように感じますが、場所によってはまだまだ盗掘があるのですね。そんな話しを聞くと、いっぺんで気持ちが萎えてしまいます。この見事なササユリが、いつまでも自然の中で見られることを願っています。
みかん
2011/07/05 10:24
みかんさま
今まで 黙って拝見だけしてきましたが 今回初めてコメンターの仲間入りです。よろしく。
というのも 私もササユリが大好きで 幸い まだ 近くでササユリの香りを吸い込むことが出来る場所に住んでいます。
先日早朝5時30分、1時間程歩いて900メートルの山頂まで ササユリに会ってきました。朝露に光るススキの中で 咲いたばかりの見事な花が「おはよう!」って。すばらしい一日の始まりでした。
野草を楽しむようになって10年。先日は ナガバノモミジイチゴで当分食べれるほどのジャムを作って保存しました。山の幸、なんて贅沢なシジャムでしょう。今年は ナガバノモミジイチゴが大豊作です。それから今年の大豊作といえば ヒメコウゾも 赤い実をいっぱいつけて 存在を誇示しています。今年は実ものが豊作のように思えるのですが・・・・
みかんさんのブログ いつもフムフムって 楽しませていただいています。
これからも楽しませてください。よろしくお願いいたします。
seiko
2011/07/05 21:19
seikoさん 今晩は。
ようこそお越しくださいました。コメント大歓迎ですよ。
近くでササユリが見られる環境なんて、とても贅沢なことだと思います。木苺のジャムを作ったり、自然を楽しんでおられるようですね。既製品のジャムには、さすがに木苺はないですね。自家製のなにより贅沢なジャム、ご家族の皆様がうらやましいです。
どうぞこれからも遊びにいらしてください。そしてコメントもじゃんじゃんと書き込んでくださいね。またお会いできることを楽しみにしています。
みかん
2011/07/05 21:57
みかんさん こんばんは〜

今日はこちらは大雨が降っています
山予定は中止になりました

ササユリは標高0m〜1700mまで咲くのですか
九州では咲く場所が限定されていて、そこの山に行かなければ見ることが出来ないので
花期は短い様な気がします
素敵なササユリは2段階で大きくなるのですね
これは、新しい携帯の機能でしょうか?
スゴイドアップで見ることが出来ましたよ〜
いっしい
2011/07/06 16:32
どれも、美人だ〜!しかも、初々しい〜。
まさに、恥らう乙女たち!ですね!
ほととぎ
2011/07/06 23:53
いっしいさん こんにちは。
新しいケイタイでは少し大きなサイズで撮っています。画素数が多いのでケイタイ画像でも雑誌程度なら使えそうですね。まだまだ使いこなせていませんが、やはり前のケイタイとは雲泥の差があります。
昨日出掛けた中央アルプスは見事な晴天でしたが、当地もきょうは雨です。梅雨が開けるのはまだ先になりそうですね。
九州ではササユリが見られる場所が限られていますから、花の見られる時季も短いと思います。
みかん
2011/07/07 11:17
ほととぎさん こんにちは。
1日でこれだけ美人揃いの花にめぐり合えることは少ないと思います。
久し振りに興奮して撮りました。再度のアップはどうしようか考えたのですが、やはり載せる甲斐はありますよね。
みかん
2011/07/07 11:21
こんにちわ〜
こんなにおしとやかなササユリ♪ 何度でも紹介してくださいませ!
胸をときめかせて撮影されたご様子が微笑ましくて受けます(^^
私は出会ったことは在りませんので、此方で拝見できるのを楽しませていただいています。
azami*
2011/07/07 15:19
azami*さん こんにちは。
撮影してしばらくは躊躇していたのですが、やはり綺麗なものは何度見ても良いものですから、載せることにしました。
また来年の花の季節には、きっとササユリが登場するはずです。あはは
みかん
2011/07/07 15:32
みかんさん、こんばんは。
何度、拝見してもやはりササユリは美しいですねえ。
初々しくて一番綺麗な美人さんばかりで感動が伝わってきます。
こちらの山では昨日も5個ぐらい花を付けたのに出会いましたが、もうこんなに若くはありませんでした。
咲き初めのころは今年も見事なピンクの別嬪さんに出会い感動しました。
いつまでも見られるように願っています。
アザミの歌
2011/07/07 22:59
アザミの歌さん 今晩は。
こちらに転居して、初めてササユリを見つけた場所には、今年も花は咲いていませんでした。いま花が見られるのは、それよりさらに山奥になりました。毎年何度か訪れますが、奥の方ではそれほど少なくはなっていないようです。毎年、同じ場所で出会いたいものだと思っています。
みかん
2011/07/08 01:02
みかんさんのササユリの映像を見て,やはり「実物にお会いしたい」と思いました。
数日前に群馬県の妙義山で絶壁を鎖頼りに移動しているとき,行く株かのユリが大きなつぼみを必死に鎖を握る我々の顔に向けていました。
鎖から手を離せないのでつぼみを見るだけでしたが,これがササユリだったりして! なんて今頃思ったり。
つぼみだけでも,なんか,うれしかったりするユリです。
はるこ
2011/07/08 09:24
こんにちは
ササユリは今年当地方では、花年だったのでしょうか?いつもの年よりたくさんの花が見られたように思います。固い蕾の頃にはなかなか見つけられなくて、今年は少ないナ。と思っていたのが、蕾が白くふくらみ咲きだしてみると意外にたくさんの出会いがあります。
みかんさんのササユリを見ているとうっとりします。こんなに美人に撮ってもらえるササユリもしあわせ者ですね。ぜひ、来年も。
みえ
2011/07/08 12:45
はるこさん 今晩は。
一連のササユリ、素敵でしょ。今年のササユリの追っかけの成果です。お会いしたいと思ってくれる人が多ければ、再度取り上げた意味もありますね。
さて、妙義山のユリのつぼみですが、残念ながらササユリではありません。画像を見ていないのではっきりとは断言できませんが、多分90%くらいの確率で、ヤマユリだと思います。群馬県にはササユリは分布しないのです。
みかんはササユリ大好きですが、ヤマユリはもっと好きです。
みかん
2011/07/08 19:59
みえさん 今晩は。
いつもの年より花数が多かったですか。それは嬉しいことですね。確かにつぼみがまだ緑色の頃は他の草にまぎれて、ほとんど目立ちませんね。でも色づいてくるとあちらにも、こちらにも、と目に付くようになります。多くの人が楽しみにしている花ですから、いつまでも野山で健在でいて欲しいですね。
みかん
2011/07/08 20:04
みかんさん こんにちは!
初々しいササユリですね。一度は見てみたい。

私が一番ドキッとした写真は、下から2番目。
何が何でも、とにかくカッコイイ! 今の自分に一番響くのかな?

夏は身内に故障者が多くて、何かと気がかりなことが多く、ゆっくりもしていられません。
楽しみにしていたみかんさんのブログ、写真が大きくて感動できる分だけ、表示時間が長くて、ちょこっと覗き見なんていうわけには行かないのが残念ですが・・・
今日は、ゆっくり拝見しました。
ケイ
2011/07/13 10:53
ケイさん こんにちは。
ゆっくり見ていただけて光栄です。ササユリは何度見に出かけても感動します。画像では優しい香りをお届けできないのが残念です。

それにしても梅雨明け以降、暑い日が続いています。家の中にいてもこまめに水分補給するよう心がけています。熱中症対策です。今は外に撮影に出ると地獄です。あじぃい、なんてものじゃありません。お互い気をつけましょうね。
みかん
2011/07/14 12:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
再度のササユリ  Lilium japonicum みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる