みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ネジキ  Lyonia ovalifolia var.elliptica

<<   作成日時 : 2011/06/22 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 14

画像





   葉の下にびっしりと白い花を咲かせる。

   ネジキはあまり大きくは育たない。

   どちらかというと低木が多い。

   大きくなってもせいぜい7メートルほどの木である。

   花はびっしりと咲くのだが、大きな葉の陰に隠れるように咲くので

   最盛期にでもならないとあまり目立たない。




   画像



























   花は前年に伸びた枝の葉の付け根から、5センチほどの花茎を伸ばし

   下向きに1列に並んで咲く。

   とても行儀が良く、整然と並んで咲くさまは、なにやら幼稚園児の整列を思わせる。

   花は筒状だが、先端は5裂して、おちょぼ口のように可愛い

   ネジキはツツジ科ネジキ属、他に仲間はなく、ネジキ1種類だけの属である。

   低木のうえに、花はみな下を向いて咲くので、花の中をのぞける機会は滅多にない。

   木の枝を持ち上げて、花の中をのぞいてみた。

   (クリックして2段階アップでどうぞ)

   5裂した花冠の様子や、中の白い柱頭(メシベの先端)が良くわかることと思う。




   
画像







   ネジキは、里近くの日当たりの良い雑木林の林縁などに生える。

   分布は東北地方の南部から、四国、九州だが

   東北や関東地方では少なく、本州の中部地方以西で良く見かける。

   普段は見過ごしてしまいがちな木だが

   花が咲く今頃の季節になると、ああここにもあったかと、良く気がつくようになる。




   
画像








   ネジキとは変な名前だが、それは幹を見ればすぐわかる。

   樹皮は縦に裂け目が入り、薄くはがれる。

   幹が成長してある程度の太さになると、ねじれるのである。

   ねじれる木、というのがネジキになったのである。

   下の画像でその雰囲気がわかってもらえると思う。




   画像




























   幹がねじれることがネジキの特徴でもある。

   葉は互生(枝に互い違いに葉がつくこと)で、枝の先端部分につくものほど大きくなる。

   やや光沢があり、両面に伏した毛がまばらに生える。

   葉裏の主脈には白い毛が密生する。

   柿の葉に似ている感じがする。




   
画像







   花がびっしりと咲くせいか、花の季節には良く目立つが、

   花がポロポロと落下してしまうと

   また目立たない木へと逆戻りする。




   落葉樹だから、冬には丸裸になってしまうが

   今年伸びた新枝の部分だけは、真っ赤に色づく。

   その梢の先端には、知る人ぞ知る、小さな小さな小人が住んでいる。

   真っ赤な冬芽は、赤いとんがり帽子をかぶった小人のようで

   白い葉痕が顔に見えるのである。

   真冬には花がないが、こんな楽しい空想ができる要素を

   ネジキは持っているのである。




   画像画像






























   撮影は愛知県知多半島で、2011年6月12日と13日

   撮影はすべて携帯電話のカメラで撮っています。

   画像をクリックすると大きくなります。すべての画像が2段階アップになります。

   大きくすると細部が見えますので拡大してどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
たくさんの白い花,花の少ないこの時期に,うれしくなります。
千葉県は南部に行かないとネジキに出会えません。
花時はヤマビルの季節なのでなかなか行けないし,花が無いと「これなに?」,で,特徴的な木肌で「ああ,ネジキ!」を毎回繰り返しています。

逆に,冬はネジキの冬芽(&若い枝)のみごとな赤さでわかりやすくなったり。
赤い帽子のかわいいこびとさんは,夏は白い花の帽子でもかぶっていそうな…。
(あれれ,私には似合わないファンタジーの世界へ行っちゃった)
はるこ
2011/06/22 13:04
はるこさん 今晩は。
樹木の好きな人は冬芽も熱心に観察する人が多いので、小人さんに気がついている人は多いですね。頂芽も側芽も赤い三角帽子で、みかんはいつも白雪姫と7人の小人を想像してしまいます。
そうか、夏の白い花も帽子になるんだ。可愛い小人さんの童話ができそうだけど、スゴイ数の小人さんになるから、その他大勢の端役がいっぱいかも。あはは
みかん
2011/06/22 23:46
おはようございます。

昨日は暑かったです!!

ネジキは初めてです。
白雪姫と7人の小人・・・ですか〜。
そう思ってみるとそうですね!!

ネジキという名の基の幹・・・ねじれてます!!
樹木もこうやって紹介していただくと
フムフム・・・味わい深いです。
ぐーま
2011/06/23 07:19
ぐーまさん おはようございます。
昨日は標本を作るために、とこなめ臨空の空き地で帰化植物と遊んでいました。
こりゃ大変だ、と思うほどのハルシャギクの大群落や末恐ろしいほどのマツバギク類の実生など、まるで日本ではないような雰囲気でした。アカバナルリハコベやアマなどが収穫でした。それにしてもここは、ヨーロッパからの帰化種が多い気がしました。ハマハナセンブリなどは100万本単位の大群落です。それらがまた花が綺麗なので、余計に心配になります。綺麗なものは歓迎されますからね。

植物の名前は、その語源を知ると覚えやすいですね。中には意味が不明のものもありますが、誰もが納得できるものは、すんなりと頭の中に入ってきます。
みかん
2011/06/23 09:37
みかんさん、こんばんは!
「ネジキ」は九州にいたころ、植物好きの山岳会の先輩から教えてもらった思い出の樹木です。
名前の由来に“なるほど”といたく感心した思い出があります。
樹の花も最近になって興味を持ち始めましたが、なかなか覚えられず困っています。下ばかりでなく上にも目を向けて、出会える機会をもっと増やしていきたいですね〜
赤い帽子の小人さんを探すのも楽しみです^^
fu-co
2011/06/23 21:27
fu-coさん 今晩は。
相変わらず精力的に行動されていますね。平標山の花々なつかしく拝見しました。もう高山植物の話題があちこちから届いて、気もそぞろです。今年の夏は日本の高い山にも登ろうかと思っています。
木の花も草の花も、名前がわかると親しさの度合いが違ってきますね。木の場合は特に色々なステージがあるので、草花以上に変化があっておもしろいです。
みかん
2011/06/23 22:43
みかんさん、おはようございます。
 ネジキは樫原湿原にもあるので
私の知る数少ない樹木のうちの一つです。
たまに案内することがあると 
「ねじれていない」のを「根性曲がってる」と
紛らわしいことを言ったりしております (笑)

風太
2011/06/24 05:48
みかんさん、おはようございます。

ネジキは此方では乾燥地の山でよく見かけます。
コメントを読んで、いかにしっかり観察していないかを感じています。
此方の山々は先日の台風2号で土砂崩れが多発し、通れる山道が少なくなっています。
この機会に一つの植物をじっくり観察するのもいいかなと思っています。

筒型の花は愛らしいですね。
さなえ(花の庵)
2011/06/24 05:56
風太さん おはようございます。
ネジキも若いうちはその特徴が見えませんね。人に説明するにはねじれていないと困るわけで「根性が曲がってる」は面白い表現だと思います。みかんも早速マネします。あはは
みかん
2011/06/24 08:07
さなえさん おはようございます。
今日生け込みが始まるのかな。どんな器にどんな花が生けられるのか、近くなら拝見に伺いたいところです。
ネジキの赤い枝は、冬に花材として使われることもあるとか、花屋さんの店頭には出回ることもあるのでしょうね。土砂崩れの山道、早く通れるようになると良いですね。
みかん
2011/06/24 08:14
 みかんさん、お久しぶりです(いつも言っているような気が…)

 ネジキの花は綺麗ですね。私はまだ野生で見たことが無いのですが。
 以前、この木で作った炭を見たことがあるのですが、見事に螺旋形をしていましたので、炭にした時の形から名がついたのかなと思っていました。
コージ
2011/06/24 17:04
コージさん 今晩は。
ネジキの炭は珍しいと思います。最も炭に焼くのは雑木ですから、どんな種類でも焼くわけですが、炭を焼く人が少なくなった今、ウバメガシなどの高級品だけにこだわって焼く人がほとんどのようです。炭焼きという日本の技術も、今は中国などに伝えられて、中国からの木炭の輸入が普通になってきました。そして日本の里山はますます荒れてゆきます。本末転倒の気がします。
関東地方にはネジキは少ないですから、見る機会も少ないのだと思います。
みかん
2011/06/24 21:20
こんにちは♪
先日は お花の名前を教えていただいてありがとうございました!名前がわからないと なんか もやもやしてしまうので みかんさんのおかげでスッキリしました♪
私の場合は まだ山も初心者なので 山野草の名前で知らない物ばかりなんですけどね(*^^*ゞ
ネジキっていうのは初めて知ったんですが 特徴がわかりやすいですね〜
こちらでもし見つけたら きっとこれかーー!やったー!って浮かれてしまいそうです。小人さん達との出会いがありますように!そういう楽しみがあるとまた山登りも一段と楽しいものになりそうです
のの ☆
2011/07/01 12:41
のの ☆さん 今晩は。
ようこそお越しくださいました。九州に出かけていてコメント返しが遅くなってしまいました。
植物に限らず自然は様々な表情を見せてくれます。ののさんのように素直な気持ちでいたら、キャッチできるものは多いと思います。どうぞこれからも遊びに来てくださいね。お待ちしています。
みかん
2011/07/03 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネジキ  Lyonia ovalifolia var.elliptica みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる