みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野の花であい旅

<<   作成日時 : 2011/06/18 06:30   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


                               クサタチバナ






   月に1度ずつだが、朝日カルチャースクールで「野の花であい旅」という花めぐりを続けている。

   毎回日帰りで、バス1台で出かける。

   6月は伊吹山だった。

   メインの花はクサタチバナである。

   今年は花期が遅れていて、まだ満開というには早かったが

   日本一の群落を楽しんできた。




   
画像


                              グンナイフウロ





   講師という立場上、じっくりと自分の写真を撮るわけには行かない。

   植物の説明もしなければならないし

   写真の撮りかたなども指導しながら

   ゆっくり、ゆっくり歩いてゆく。

   何しろ団体なので、先頭に立って説明していると

   後ろの人には声が届かない

   2回、3回と同じ説明をしなければならないし

   生徒の質問にも答えなければならない。

   そんな訳で今回撮影したケイタイの画像は

   全部でたったの13枚だった。




   
画像


                             コバノミミナグサ







   毎回メインとなる花はあるのだが、その他にも

   この山に行ったら、是非とも見せてやりたい、という花がある。

   今回はコバノミミナグサやイブキノエンドウ、キバナノレンリソウなどが

   それらの花だった。

   例年ならば早咲きのキバナノレンリソウもチラホラと見られるのだが

   今年は花期が10日ほど遅れていて

   キバナノレンリソウは伸びはじめた若い葉しか見ることができなかった。

   コバノミミナグサは伊吹山だけに生える固有種である。

   絶滅危惧植物のひとつで、環境省のランクではCR

   つまり絶滅寸前の植物である。

   2000年前後は極端に減少して、見ることが難しかったが

   最近はやや増えてきたように思う。

   それも人間の靴について上がったオオバコやスズメノカタビラ、シロツメクサなどに混じって

   たくましく咲いている。

   環境としてはNGなのだが、観光客や登山者の多い伊吹山では

   それも宿命かも知れない。

   上の画像は石灰岩の中に生える本来の環境のものである。




   
画像


                             ツルキジムシロ




   伊吹山は9合目まで車で上がれる。

   広い駐車場もある。

   車を降りれば、そこはもう足許から花の咲く世界である。

   イブキハタザオの白い花とキンポウゲの黄色のコントラストが見事だった。

   やや大きめの花を咲かせたキンポウゲのすぐ下には

   同じ黄色のツルキジムシロが咲いていた。

   観察は駐車場の脇からはじまった。

   おもしろいな、と感じたのは

   この日、生徒の食いつきがいちばん良かったのは

   アリサエマ(テンナンショウ属)の性転換の話しだった。

   一見グロテスクに見えるテンナンショウは誰もを惹きつける魅力的な生活を送っている。

   その話しはいずれまた。




   
画像


                               クサタチバナ












   今回はこんな花が咲いていました、というごくさわりの部分を。

   撮影は2011年6月15日 滋賀県と岐阜県の県境に位置する伊吹山で。

   撮影は新しい携帯電話のカメラで撮っています。

   クリックすると画像は大きくなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
憧れの伊吹山からのお便り、楽しく拝見させていただきました。新幹線で米原駅のあたりを通過する際に毎回思うのですが、生きている間に訪れるチャンスがあるかどうか、私にとっては交通至便であるが遥かな遠い伊吹であります。
イブキの名を冠する植物が沢山あることからも植生が豊かなのでしょうね。
目黒のおじいちゃん
2011/06/18 09:52
目黒のおじいちゃんさん こんにちは。
伊吹山は日本でも屈指の花の名山です。おそらく10本の指の中には入るでしょう。日本の花の名山と言われる山はことごとく登っていますが、その中でも伊吹は頂上近くまで車で上がれるので、誰もが花を楽しむことができる稀有の山です。登山者や観光客が多い割に良い状態でお花畑が維持されています。もちろん帰化種の侵入など、それなりの弊害はあるのですが。是非機会を作って登られることを薦めます。
みかん
2011/06/18 10:13
こんにちは〜。

野の花・・・講座は毎月とても楽しみです〜♪♪

伊吹山はお膝元(爆)・・・遠回りの伊吹山でした
でも皆さんと一緒にバスで行くのもいいもんです〜。

>アリサエマ(テンナンショウ属)の性転換の話しだった

いやぁ〜、これは興味津々でしたね。
マムシに似てて山で出会っても目をそらせて見ないようにしていたんですが『アリサエマ(テンナンショウ)』と聞けば少しはいいかな??

来月の講座・・・ミニヤコンカと重なって・・・(ノ◇≦。) ビェーン!!
ぐーま
2011/06/18 11:11
ぐーまさん こんにちは。
来月はミニヤコンガですか、いいですねぇ。うらやましい。
海外はやはり行けるタイミングがとても大事だと思います。お金があっても体力がなければ無理だし、体力は充実してても休みが取れなければ難しいし、また現地での花期もあるし、色々なタイミングが合わないと実現しません。花の多い時は雨期と重なるのが難点ですが、楽しんで来てくださいね。
野の花めぐりは中央アルプスですが、皆さんがどのくらい歩けるかが心配です。
みかん
2011/06/18 13:47
みかんさんこんばんは〜。

来月は胸突き八丁・・・厳しいところがありますね。
でもお花が豊富だと皆さん持ち前のファイトでクリアされるんじゃないでしょうか。

ミニヤコンカは去年の暮れに申し込んでました。
4500mくらいの高度にどうなるのか・・・・
徐々に上がっていくので心配ないと思うのですが。
参加者5〜6人で催行決定は嬉しいです!!

みかんさんの撮影ポイント、しっかり勉強して行ってきます〜。
同じクサタチバナでもこんなに違うとは!!
(当たり前ですけど〜)(^∇^)アハハハハ
ぐーま
2011/06/18 20:34
この時期の伊吹山は初めてだったので嬉しかったです。それと、先生の解説つきという贅沢なこと!テンナンショウの話、17日出かけた先でテンナンショウを見つけさっそく受け売りの話でちょっと鼻が高くなったかな?花の写真は難しい!
私はとりあえずは記録のみ。みかんさんの写真をこんな風に見せていただけるなんてやっぱり幸せで贅沢なことです。ご一緒して来たその写真を・・・。
koniku
2011/06/18 23:35
こんばんは。
梅雨の晴れ間の伊吹山、20数年ぶりでした。

メインのクサタチバナ、そして可愛いグンナイフウロなど、
見るのも、聞くのも初めてのものばかりで、
必死にメモを取り、写真を撮った1日でした。

「夏は来ぬ」に歌われているように、卯の花(見たのはヒメウツギ)を見、
ホトトギスを聞いたのも、いい思い出になりました。

 来月も「晴れ男」の神通力でお天気になりますように。






初めてのものばかりで、必死でメモを取り、写真を撮った1日でした。

眼下に見え
keiko
2011/06/19 00:06
こんにちは〜♪
伊吹山に行かれた皆さん、羨ましすぎますぅ〜!!(笑)
高知のカルチャーセンター・高新文化教室も、
多方面に幅広い活動をしてますけど、
みかん先生に講師のご依頼は来ませんか?
もし来たら断らないでくださいねっ!!(爆)
高知に伊吹山と云う名山はありませんが、
佐川には横倉山アリ!!(*^^)v(笑)
車でも行けそうなので、ツアー組めないものでしょうか??
文化教室にコネはナシ(-_-;)(涙)
何の政治力も無いネコキチ・オバンの妄想ですけどぉ〜(T_T)/~~~
リサ・ママ
2011/06/19 12:36
ぐーまさん 度々どうも。
高山病に関しては登る1日前くらいからダイアモックスという薬を服用すると安心かと思います。案内はあったと思いますが。高山ではゆっくりゆっくり歩くことと、苦しかったらこまめに水を飲んでください。毎日ミネラルウォーターが支給されるはずです。それと常にアメ玉を口に含んでいると楽ですよ。
素敵な写真が撮れることを期待しています。
みかん
2011/06/19 15:48
konikuさん こんにちは。
同じ道を歩いても、人によって見えるものが違ってきます。今回みかんはノビネチドリの花を見落としてしまいました。人数が多いと、たくさんの眼があるので素敵な花が多く見つかるのは嬉しいことですね。
同じ花を同じ場所から写しても、出来上がった写真は別なものになります。その辺が写真の醍醐味かも知れません。
みかん
2011/06/19 16:00
keikoさん こんにちは。
ホトトギスがいい声で鳴いていましたね。風もなく穏やかで、梅雨の晴れ間という好条件に恵まれましたね。最後に食べたソフトクリームも美味しかった。
来月も晴れると良いのですが。
みかん
2011/06/19 16:05
リサ・ママさん こんにちは。
横倉山何回も何回も登っていますよ。牧野富太郎の故郷ですから。高知県には友人知人がいっぱいいて、しょっちゅう伺っていますよ。数年前に牧野植物園に依頼されて、写真教室をやりました。みかんという名前ではないですけど、あはは
植物園には知り合いが何人もいます。
ある日突然、リサちゃんやチエちゃんに会いに行くかも知れません。その時はどうぞよろしく。
みかん
2011/06/19 16:18
この時期の伊吹山は、まだ、行ったことがありません(^_^;)
今年のクサタチバナは、今度の週末(25、26日)だったら見ごろでしょうか?
高速代も元に戻ってしまいましたが、出かけてみようかな?
ほととぎ
2011/06/19 22:29
ほととぎさん 今晩は。
まだ充分間に合うと思いますよ。きっと斜面が真っ白くなっていると思います。シモツケソウの頃とはまるで違うので、ビックリするかも知れません。伊吹山マジックのひとつです。
みかん
2011/06/19 23:04
 クサタチバナ 初めてみかんさんの
カレンダーで知って是非見たいと思ってから
まだ行けずにおります。(^^ゞ


 
風太
2011/06/20 05:28
風太さん こんにちは。
去年のカレンダーの6月がクサタチバナでしたね。伊吹山で撮影したものでした。読者の人気投票では1位がこのクサタチバナでした。クサタチバナの頃は何度も訪れているのですが、梅雨時にもかかわらずみかんは雨に降られたことがありません。たまには水滴をつけたクサタチバナも撮って見たいと思っているのですが、あはは、贅沢な願いですね。
みかん
2011/06/20 11:41
>たまには水滴をつけたクサタチバナも撮って見たい

うふっ、晴れ男のみかん先生にも、時にはご不便があるみたいですね(^_-)-☆

牧野植物園には、今年になって頻繁に行くようになりました。
みかんさんが講師をされたなんて過去が、有ったのね!!
大変ザンネンなことちや〜!!
いまから足を鍛えなくてはっ(^−^)!!(笑)
リサ・ママ
2011/06/21 17:33
リサ・ママさん こんにちは。
最近の牧野植物園は昔と違って、ちと魅力がなくなりました。園芸種を多量に植栽することが多くなりましたね。広く大きくなったのは喜ばしいことですが、植物的には昔の方が素敵でした。新しくなった温室の中はまだ見ていないので、今度行った時は温室もチェックしないと。
みかん
2011/06/21 22:33
 私もこの3年間、県のRDの見直しの調査で、クサタチバナ(だけてだはないですが)を求めて県内をさまよい歩きました。職場(本業)に行くのにかかるガソリン代より、調査(委託)で使ったガソリン代の方がかかっているくらいです。でも、もともと場所を知っているものはともかく、そうでないものを見つけるのは大変ですね〜〜〜
Frank-Ken
2011/06/22 23:12
Frank-kenさん 今晩は。
場所がわかっているものはともかく、そうでないものを探すのは、確かに大変ですね。でも見つけた時の喜びがありますから、ガソリン代はともかく、調査も悪くはないですね。みかんは全国規模のRDの調査ですから、もっと大変ですが、新発見もあり、苦労すればそれなりの見返りもあると思っています。
みかん
2011/06/22 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
野の花であい旅 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる