みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カタクリ U

<<   作成日時 : 2011/05/23 23:23   >>

驚いた ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 32

画像






   今年のカタクリの開花は、どこでも遅かったようである。

   スプリング・エフェメラルと呼ばれるような早春の花は、その年の気温や

   残雪の量によって開花時期は大きく左右される。

   今年の春先は寒い日が続いた。

   雪が解けるのも、例年よりはかなり遅れた所が多い。

   カタクリの開花は3月の下旬の頃からはじまり、高い山では6月の中旬頃まで咲いているが

   4月から5月にかけてが最盛期かも知れない。

   毎年、毎年、必ずどこかで撮影する。

   だが、どうしたことか、今年の春はバタバタしていて、4月が終わろうとする頃になっても

   1度もカタクリの花に出会っていないことに気がついた。

   こんなことは珍しいことである。




   
画像








   せめて、1度くらいはカタクリの花を見たい。

   ということで北海道に飛んだ。

   旭川の突硝山はカタクリの群生地で知られ、私も何度か訪れている。

   5月のはじめに電話したら、今が花盛り、ということだった。

   ゴールデンウィークの後では遅いだろう、という話しに、いささか出足をくじかれた。

   せっかく北海道まで出かけるのだから、カタクリの花を見るだけではつまらない。

   カタクリとエゾエンゴサクが混生して咲いている状態を撮りたい、という

   わがままな条件が私にはあった。

   札幌在住の植物写真家、梅沢 俊氏に電話して、どこかいい所はない、と相談する。

   彼は植物写真家仲間のうちでは、最も親しい友人である。

   と同時に尊敬する先輩でもある。

   北海道に飛び立つ前日に、俊さんから地図入りの詳しい情報が入った。

   その手紙をバックに入れて5月7日、北海道行きの1便の飛行機に乗り込んだ。




   
画像








   初日に早くもエソエンゴサクの大群落には出会ったが

   ここにはカタクリがなかった。

   カタクリとエゾエンゴサクは混生もするが、必ず同じ場所に生えているわけではない。

   どちらもスブリング・エフェメラルなのだが花期も微妙に違っている。

   エゾエンゴサクの方が、若干花期が早いのである。

   だが、これほどのエゾエンゴサクの群落である。

   夢中で撮影したのは言うまでもない。




   
画像








   2日目はあいにくの雨。

   おかしい、晴れ男のはずなのに・・・・・

   朝、ホテルの窓から見上げると、わずかながら青空も見える。

   大丈夫、みかんが動く先は晴れる。それが今までの実績

   ということで、たとえ雨でも花が咲いているエゾノリュウキンカやミズバショウ、エゾアオイスミレ

   エゾエンゴサク、オオバナノエンレイソウなどを目的に朱鞠内湖方面に向かった。

   ここでも季節は例年よりかなり遅れていて

   残雪の多さばかりが目立った。

   目につくのはミズバショウばかりで、エゾノリュウキンカはやっと咲き出したばかり

   エゾアオイスミレにいたっては、まだ葉さえ出ていない始末

   おまけに天気は、日が射しているのに雨が降るという

   キツネの嫁入りのような変な天気

   それでも、そんな天気の中で充分楽しみました。




   画像画像





















   北海道の今の季節なら、どこに行っても咲いているミズバショウ。


   
画像





   2日目はさながらエゾノリュウキンカデーのようでした。咲き出したばかりの花の可愛いこと可愛いこと。

   ついついバチバチ何枚も何枚も。エゾノリュウキンカだけでブログを作るかも。


   画像画像

























   例年ならオオバナノエンレイソウも随所で見られるはずですが、今年は花期が遅れていて、やっと1箇所で花が

   見られただけでした。




   という訳で晴天の3日目に。

   いよいよ梅沢さんご推薦の場所に。

   比較的ホテルの近くの場所なので、太陽が昇ってカタクリの花が咲くまで、のんびりとしていると

   彼から携帯に連絡が。午前中暇が出来たのでそちらに向かうと。

   結局、ご推薦のお花畑で会うことになりました。

   その場所に近づいてギョとなりました。

   斜面がいちめんのブルーなのです。

   青空よりも青いのです。

   エゾエンゴサクの途方もない大群落です。

   大群落を見慣れているはずの私が、ギョとなったくらいですから

   想像していただけるでしょうか。

   ドキドキしながら近づくとカタクリの花が混じっているのが見えました。

   黄色のキバナノアマナも咲いています。

   そして、やや大きくなりすぎたフキノトウも。

   溜め息が出ました。

   この大群落をどう撮ろうかと。




   画像画像

























   あっちをウロウロ、こっちをウロウロ

   ともかくカメラどころではないのです。

   どこをどう切り取ろうか、ウロウロするばかりです。




   
画像







   カタクリが、エゾエンゴサクが

   キバナノアマナが

   迫ってくるのです。

   いかん、冷静にならなければ、完全にこの風景に呑み込まれてしまった私。

   まだ三脚の足を伸ばせません。

   冷静にならなければ、冷静にならなければ、と

   そればかりを心の中で唱えます。




   画像


























   それよりも、こんなお花畑の中に踏み込んでいいの

   気になります。

   誰かに叱られない。

   大都市周辺の、ロープで保護されたカタクリの自生地が頭に浮かび

   花の群落の中に入っていけない私。

   全くの天然の自然、北海道の大地は、やはり只者ではない。




   
画像








   何度も何度も大きな溜め息をつきながら

   大群落の縁を行ったり来たりを続けている私

   本業のカメラをいまだセット出来ずにいる。

   少しの間、目を閉じて、群落を拒否する。

   あえて花のない方向を眺めてみる。

   「ヨシッ、撮るぞ」 頭のねじり鉢巻のタオルを締めなおして

   三脚の足を伸ばす。

   こうしてどうにか撮り始めたのだが、何度シャッターを押しても

   撮れた、という感触がない。

   いい写真が撮れた時というのは、シャッターを押した瞬間に、ヤッターという感触が残るものなのである。

   昨日の雨が嘘のような晴天

   青空も花も何ひとつ文句ないのだが、いかんせん太陽の光りが強すぎる。

   カタクリをものにするには、もう少しやわらかな光りが欲しい。

   俊さんが到着したのをいいことに、思い切ってこの場を離れることにした。

   3日目のカタクリの画像は、この日の午後3時近くに、再びこの場所に戻り

   やわらかな光りで撮影し直したものである。

   それにしても私の使っているシャープの携帯電話は、ピンク系の色の再現に不満が残る。

   今度買う予定の携帯電話は、ピンクの発色の良い他のメーカーにするつもりである。

   最後に特別サービス。

   この場所で撮影した本業用の画像を。

   大きな画面でたっぶりと臨場感にひたってください。

   これでも大群落のごく一部分なのですよ。




   
画像












   画像はクリックすると大きくなります。

   最後の画像は2段階アップになります。どうぞ大きくして細部までご覧ください。

   撮影は2011年5月7日〜9日 北海道で。

   最後の画像以外は、すべてケイタイ電話についているカメラで撮っています。

   近々画素数の多い新しいものに替える予定です。


   最後に

   下見までしてくれて、最高の場所を教えてくれた梅沢 俊さんに感謝します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
σ(^^;)はエゾエンゴサクは写真でしか見てないのですが
片栗の花と比べるとヤマエンゴサクより随分と大きく見えますね。
(^◇^;)
しかし、

凄い群落だーーーーー(/||| ̄▽)/
鬼界に入るまでに一度は見て見たいものだ。
(* ̄(エ) ̄*)
アライグマ
2011/05/24 00:22
うぅぅ,うつくしい青いじゅうたん。
この青とカタクリのピンク紫(モーヴというのかな)は相性がいいと思います。すてき。

私のPC環境では,みかんさんの携帯撮影カタクリの色は良い感じで出ています。
モニターの色合わせも影響しますから,印刷よりも大変…。

最近携帯電話を買い換えたら,マニュアルフォーカス機能が無いのでがっかりしましたが(古い携帯電話にはあった),画素数が上がっているのでそこそこ撮影できました。
今度のみかんさんの携帯電話画像も楽しみです。
はるこ
2011/05/24 01:04
エゾエンゴサクは礼文島などで何度も見ていますが、これだけの大群落は・・・すごいです。また、エンゴサクのブルーとカタクリの淡いピンクが調和していてすばらしい景色です。実際に見てみたくなりますね。
winning-field
2011/05/24 01:18
アライグマさん こんにちは。
鬼界に入る前ですか、あはははは・・・なんとも。
でもそんな気にさせるスゴイ風景でしょ。
北海道のエゾエンゴサクはとても大きいですよ。本州のエゾエンゴサクとは別物に見えます。ヤマエンゴサクの2倍以上の背丈になります。カタクリからも想像できると思いますが。
みかん
2011/05/24 13:29
はるこさん こんにちは。
ケイタイで撮ったカタクリの画像、一応厳選してますから、あはは
でもどうしても青味を帯びるので満足できないのです。
ということで、きょうケイタイを新しい機種に変えました。今度のはLumixです。画素数がなんと1320万画素。もはやデジカメに近いですね。このP-03Cを選んだ理由は、ピンク系の色が出るからなんです。
まだカタログも読んでいないので、全く操作してませんけど、これからの画像に期待していてくださいネ。と一応宣伝しておこう。
みかん
2011/05/24 13:45
winning-field さん はじめまして
ようこそお越しくださいました。コメント歓迎します。みかんも利尻や礼文島で何度もエゾエンゴサクを撮影していますが、これほどの大群落は見られませんね。
いちばん下の画像の6倍くらいの面積なんですよ。実際の現場は。北海道の他の場所でエゾエンゴサクの大群落は見ているのですが、そこにはカタクリが混生していません。今回も訪ねたのですが、まだいちめんの残雪に覆われていました。
どうぞまた遊びにいらしてください。
みかん
2011/05/24 13:56
素晴らしい!の一語に尽きますね。
こんな光景に出会ったら、何度溜め息を付けばよいでしょう・・・
特別大サービス画像、ありがとうございました。
れい
2011/05/24 22:01
カタクリとエゾエンゴサクの大群落の風景・・・とても素晴らしく感動的ですね♪
大きな画像をいただきました。ありがとうございます!!
azami*
2011/05/24 22:05
みかんさん、こんばんは。
全ての画像に感動しています。
素晴らしい「花野」と言いたい光景ですが、「花野」は秋の花野をさすので季語も秋なのが残念です。
カタクリの花茎は息子が八王子にいる頃に八百屋さんで食用に束になって売られていました。
食べる気にならなくて、まとめ買いをして瓶に挿して飾るためお土産に買った記憶があります。
エゾエンゴサクも図鑑だけではこのような花丈の大きさもイメージがわかないですが、現地で見る思いで拝見させていただきました。(^^)
アザミの歌
2011/05/24 23:43
あまりの見事な群落に出会うと、舞い上がって、撮影に入れない…
みかんさんでも、こんな事ってあるんですね。
ちょっと、安心。
でも、そんな景色に私が出会ったら…想像がつきません。
ほととぎ
2011/05/25 00:00
エゾエンゴサクとカタクリとキバナノアマナ・・・・
北海道はすばらしいです〜!!

これほどの群生地を一度は見てみたいです!!

エゾエンゴサクの花色・・・不思議です。
普通に見るエンゴサクのピンクしか知らないので(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァンです。

エゾリュウキンカも鮮やかで・・・エゾリュウキンカデー・・・羨ましいです!!
ぐーま
2011/05/25 05:17
みかんさん、おはようございます。

大地の風が漂ってきそうなエゾエンゴサクとカタクリのコラボレーション。
2年ほど前になるでしょうか、女性の方が撮られたエゾエンゴサクとカタクリのブログの画像を見て、こんなパステルカラーの地に立ちたいものだと憧れていました。
花の群生密度から見て、違う場所のように思えますがエンゴサクが大好きな私としては鳥肌が立つ光景です。
この地に立たれた、みかんさんの心のうちが手にとる様にわかる気がします。
アライグマさん同様、幾千の風になる前に・・・・
さなえ(花の庵)
2011/05/25 06:40
いつも拝見してますが、コメントは久しぶりです!ごめんなさい!
北海道大好きで、10年以上7月に行ってますが仕事の関係でエゾエンゴサクの
ころは行くことが出来ません。悲しい! で、カタクリとエゾエンゴサクの
コラボレーションを見ることが私の長年の夢です。  素晴しいですね〜
ため息・・・いつか私もこんな景色を見てみたいです。
みちほ
2011/05/25 10:48
れいさん こんにちは。
ここの群落は特に凄かったですね。エゾエンゴサの方が若干花期が早いのですか、うまいタイミングで両方が綺麗な時にめぐり合えました。やはり下見のお陰でしょうね。俊さんには感謝、感謝です。
みかん
2011/05/25 13:55
azami*さん こんにちは。
私も今、この画像を壁紙に使っています。こういった群落はやはりある程度大きくしないと、その良さが伝わってこないですね。
みかん
2011/05/25 13:58
アザミの歌さん こんにちは。
出来ることならより多くの人に、現場を見せてやりたい思いです。ですが多くの人が訪れると、それだけでも影響が出るでしょうね。友人の秘密の花園のひとつでしょうから、私も口外せずにおきます。
出来ることなら、来年、もう1度行ってみたい場所のひとつですね。
みかん
2011/05/25 14:05
ぐーまさん こんにちは。
2日目はあちこちの場所でエゾノリュウキンカばかり撮っていました。リュウキンカと比べると、ひとつひとつの花も大きいので、見応えがあるのです。水滴に濡れた花も素敵でしたよ。北海道ではミズバショウが生えるような湿地では、大抵どこでも一緒に生えています。北海道ではヤチブキという名前の方が通りが良いですね。
みかん
2011/05/25 14:14
さなえさん こんにちは。
エゾエンゴサクの群落は北海道ではごく普通に見られます。同様にカタクリの群落も良く見られます。ですがカタクリとエゾエンゴサクのコラボとなると、割と場所が限られるようです。それと微妙に花期がずれるので、両方がぴったりとなると、なかなか難しいですね。
今回は強い味方の水先案内人がいたので、このような素晴らしい場所に出会えました。彼の写真では何度も見ている風景なのですが、やはり自分の眼で確かめると、また違った感慨がありました。
みかん
2011/05/25 14:30
みちほさん こんにちは。
危うくはじめまして、と言いそうになりました。以前もコメントいただいているのですね。これからも続けてコメントよろしくお願いします。見てくれている人は多いようなのですが、なかなかコメントはいただけません。常連さんは別として、やはりたまにコメントもらえると嬉しいですし、励みにもなるのですよ。
まだコメントを書いたことがない人もどうぞよろしくです。一言感想をいただけると次も頑張ろう、という気になります。
7月の北海道はもちろん素晴らしいですが、たまにはこんな季節にも行けると良いですね。いつかみちほさんもこんな風景に出会えますように。
みかん
2011/05/25 14:43
いやぁ〜驚きました。凄すぎます。
もし独りで行ってたら、気が狂って帰れずじまいになりますね〜♪
ここではとても、のんびりお昼寝は出来そうにないと思います^^
やっぱり、まどろみが欲しければ、クレタ島へ(笑)
ここでは血相変えて撮りまくりそうで、怖いっ
リサ・ママ
2011/05/25 15:25
リサ・ママさん こんにちは。
さすが北海道、侮れないですね。スゴイ風景に接しても普段は割と冷静なみかんなのですが、今回ばかりは圧倒されてしまいました。血相変えて撮りまくり、とまではいきませんでしたが、かなり熱心に撮りました。その割には撮影した枚数は少ないですが。
みかん
2011/05/25 16:15
画面に食いつくように、息を殺して見続けてしまいました。みかんさんの感動?が、私の胸を締め付けそうになりました。神さま達の憩いのお庭なのでしょうか?飛んで行けるならいいのにな〜。何度も見返して、青とピンクのやさしさに夢を馳せましょう。ありがとうございました。
koniku
2011/05/25 18:05
konikuさん 今晩は。
コメントありがとうございます。カルチャー教室でも、いつか番外で北海道の花を見る観察会もやりたいですね。あまり人数が多いと自然に負荷がかかるので、少人数で行なえたら、なんて思っています。
ごく親しい花仲間には、現地からケイタイで画像を送っているのですが、誰かが
ドラえもんのどこでもドアーが欲しい、なんて言ってました。
みかん
2011/05/25 19:11
ほととぎさん ごめんなさい。
みかんの操作ミスで、ほととぎさんのコメントを消してしまいました。コメントが届くとケイタイに連絡が来るように設定しているのですが、昨日ケイタイを新しい機種に変えて、操作が良くわからないうちに削除してしまったようです。夜中で寝ぼけていたわけではないのですが。ほんとに失礼しました。
で、その内容は、というと
 あまりの見事な群落に出会うと、舞い上がって、撮影に入れない・・・
みかんさんでも、こんな事ってあるんですね。ちょっと、安心。
でも、そんな景色に私が出会ったら・・・想像がつきません。
という内容でした。ケイタイには原文のまま残っているのだけど。
ここにコメントいただいた内容は、皆さんとも共有したいので、他人を誹謗中傷しているような内容でない限り、私が削除するようなことはありません。
今回は新しい携帯に慣れていないための初歩的なミスだと思います。
ついでに今日はじめて新しい携帯で撮影してみたのですが、あまり芳しくありません。色が派手すぎて、ちょっと引いてしまいました。もう少し経験を積まないと使えないかも。
みかん
2011/05/25 19:30
追加

バソコン本体の方をいじったら、削除した部分を復活できました。

ほととぎさん お騒がせして失礼しました。
みかん
2011/05/25 19:59
昼休み、会社のパソコンから見たら、昨晩書いたコメントが見当たらないので、変だな?時差があるのかな?(メールが数時間後に届く、なんてことも、たまにあるし)ま、そのうち載るかな?
と、気楽に思っておりました(^_^)
ほととぎ
2011/05/25 22:51
はじめまして♪気持ち玉 ありがとうございました
カタクリはこちら(石川県)でも今年は残雪が多くて例年になく遅かったです。
北海道でのカタクリの群生 すごいですね!ブルーとピンクってこんなに相性のいい色合いだったと初めて気がついたような そんな感覚になります。
他の写真ももっと見たいんですが 如何せん仕事の昼時間が終わってしまうので
またゆっくり見に来ますね 詳しい解説があるので とっても勉強になります
ありがとうございます♪
のの ☆
2011/05/26 12:46
のの ☆さん 今晩は。
ようこそお越しくださいました。歓迎します。ののさんは石川県にお住まいですか。場所によってはまだ残雪も多いことと思います。ここは花好きの皆さんが集まっていますので、これからも気楽にコメント書き込んでくださいね。再度の来訪お待ちしています。
みかん
2011/05/26 20:26
こんばんは〜

エゾエンゴサクの大群落!!本当に素晴らしいですね
本当に、本当に、お花畑ですね、溜息です〜
そして、大群落を見事にとらえていて、さすがにみかんさんです
北海道の自然、やっぱりスゴイですね〜
いっしい
2011/05/27 00:05
みかんさん、おはようございます。

なんと、すごい大群落でしょう!!
今年の咲き具合はどうだったのかと、ドキドキしながら読み進みました。さすが北海道の自然はスケールが違いますね〜
見慣れているはずのみかんさんでも興奮するこの光景…
こんなに美しい場所が北海道にあることが嬉しくて、何度も画像を拡大して拝見しました。
“エゾエンゴサクとカタクリの群生”夢の中の景色ですね!画像だけでも十分堪能できます。有難うございました。
fu-co
2011/05/30 08:36
いっしいさん おはようございます。
いよいよ5月も今日で終りですね。北海道の大群落のエゾエンゴサクやカタクリも、そろそろ終りの頃ですね。北海道では大きな群落の光景は珍しくもないのですが、今回であったお花畑は、稀に見る見事な群落でした。行った甲斐がありました。
みかん
2011/05/31 07:50
fu-coさん おはようございます。
カタクリもエゾエンゴサクも決して珍しい植物ではないですが、それが混生して同時に咲くと、こんなにも見事なお花畑となります。特に北海道のエゾエンゴサクはブルーの色が鮮やかなので、カタクリとの色の相性が良いようですね。
3日目にこの群落に出会って、珍しく興奮しました。来年もまた行きたいなぁ、なんて思っているのですが、花期を合わせるタイミングが難しいですね。画像の場所は決して山奥ではなく、意外にも人里近くなのですよ。
みかん
2011/05/31 08:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
カタクリ U みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる