みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシア・クレタ島の花  Ranunculus asiaticus

<<   作成日時 : 2011/04/27 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 19

画像





   クレタ島はエーゲ海に浮かぶ最も大きな島である。

   海の透明度が高く、プランクトンが少ないために、島でありながら魚貝類は豊富ではない。

   島内ではいたるところにオリーブ畑が広がる。

   オリーブの島と言ってもよいほど、オリーブの生産が盛んな島である。

   またアテネへの市場に向けて、野菜類や果物の栽培も多い。

   飛行機でアテネから1時間ほど、島で最も人口の多いイラクリオンに到着する。




   前回クレタ島を訪ねたのは2005年の春だった。

   6年ぶりの再訪である。

   今回もメインは野生のチューリップを見る旅である。

   日本から3人、アテネのホテルで現地から参加する3人を加えて、合計6名

   それに案内役の私と、ドライバー、通訳さんの、全員で9名の和気藹々の旅となった。

   日本人、フランス人、ギリシア人の混生チームだから

   日本語、英語、フランス語、ギリシア語、それに通訳さんもわからないという現地クレタ島の言葉も混じる

   なんとも賑やかな旅となったのである。




   
画像






   Ranunculus asiaticus (ラヌンクルス・アジアティクス)は、春先には良く見かける。

   花が比較的大きく、遠くから眺めるとヒナゲシのような花である。

   どこでも大きな群落となることが多く、延々と咲き続いている場所もある。

   花びらは白が普通なのだが、時にピンクのものや

   かなり赤味の強いものもある。

   花が見えるとバスを止めて、画像のような場所を思い思いに散策する。




   
画像







   私の旅は時間を決めない。

   ここに何時何分までいます。などと野暮なことは言わない。

   参加した皆さんが、気のすむまで花のある場所にとどまる。

   写真を撮る方が多く、花をじっくりと見たい、という方がほとんどだからだ。

   はじめて参加された方は最初は戸惑うらしいが、すぐに慣れる。

   たとえ迷子になったとしても、必ず私が探しに行くから安心してネ、と最初に告げてあるからだ。




   
画像






   このラヌンクルス・アジアティクスは、クレタ島に渡って、最初にバスを止めた花である。

   日本に同じものがない限り、植物の名前は学名で教えるのだが、種小名までだと長くなるものが多いので

   属名だけを告げることが多い。

   「このラヌンクルスは、日本で花壇に植えられているラナンキュラスの原種です。日本で見るものは色も豊富で

   八重咲きですが、原種はご覧のように一重です。」というような説明をする。

   きちんと耳を傾ける人もいれば、我先にと花の元に駆け寄り、夢中で撮影する人もいる。

   人さまざまだが、花を見る旅は、ゆっくりのんびり、ある程度わがままが言えるくらいが

   ちょうど良い、と私は思っている。











   数回にわたりクレタ島の野生の花をお目に掛けます。

   ただ現在多忙を極めていますので、次回のアップは5月の連休過ぎになるかも知れません。

   画像はクリックすると大きくなります。大きな画面でも楽しんでください。

   撮影は2011年4月6日、ギリシアのクレタ島で。

   撮影は愛用の携帯電話についているカメラで撮っています。




   




   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん今日は
忙しいのにせっつく読者が多いから大変ですねーーー
ヾ(--;)つんつん
で、矢張り植物と言う物は本来あるべきところにあると美しい。
ヽ(´ー`)ノ
高山でコウリンカを見ると美しいが、鉢植えにされたら多分σ(^_^)は見向きもしないかもしれない。
(*^.^*)
アライグマ
2011/04/27 14:53
アライグマさん こんにちは。
まだギリシアの記録もきちんとすんでいないのに、ひと足早くアップしてみました。あはは
待っていてくれる人がいるということは嬉しいことです。本業の方が忙しいので次回は連休明けの予定です。次はアネモネ・コロナリアです。次回からはもっとたくさん画像をお目に掛けますね。
みかん
2011/04/28 12:35
 「お忙しいのにせっつく読者」の一人です(笑)
ラナンキュラスはウチにも鉢植えがある(と思う)のですが
やっぱり原種はいいですね、清楚なかんじでこちらのほうが
ず〜っと好きです。

風太
2011/04/28 22:55
みかんさん、おはようございます。

>「お忙しいのにせっつく読者」の一人です(笑)
すみません、私もその一人です。
今か今かと毎朝覗いていました。

ほんとパッと見たらヒナゲシの風情と感じます。
ラナンキュラスの原種なんですねぇ、日本で見るものは八重で重たくて私には使いがたい花なのですが、この一重は楚々として素敵ですね。
見ぬ国の風が伝わってくるようです。
さなえ(花の庵)
2011/04/29 05:53
今回の旅行では大変お世話になりました。花があるべき場所で咲いてその調和、美しさに胸がどきどきしたほどです。夫と毎日クレタでの写真を見ています。
さえら
2011/04/29 06:16
おはようございます

皆さんと同じく、せっつく読者の一人です(笑)

ラナンキュラスの原種なんですか〜
私もラナンキュラスは植えたことがあります
色とりどりの色が可愛いお花ですが
原種は清楚で、また違った雰囲気なんですね〜
やはり花は在るべき場所で咲くのが一番ですね
気が済むまで花を眺め、撮影出来る旅行なんてとても素敵です
迷子になっても心強いみかんさんがついててくれるのが良いですね〜
珍しいお花を見せて頂きました
これからのアップも楽しみにお待ちしています
いっしい
2011/04/29 09:18
みかんさん、こんばんは。
私もせっつく一人で,毎日楽しみにしていました。(^^)
撮影現場のお話を伺って「気の済むまで花のある場所にとどまる」なんて羨ましい限りです。
我が爺さんは待つことが嫌いなせっつく性分で思うようにゆっくりと撮らせてくれないのでいつも気分は不完全燃焼です。
原種のラナンキュラスは優しい風情をしていますね。
先日、知人から八重の2センチ弱のラナンキュラス・ゴールドコインらしい花を頂きました。♪
アザミの歌
2011/04/29 19:00
風太さん 今晩は。
清楚で日本的な雰囲気のある花でしょ。原種というのは派手さがないぶん地味ではありますが、好ましいですね。
みかん
2011/04/29 20:05
さなえさん 今晩は。
きょうの一大ニュースです。花の庵、という看板を見つけました。イタリアンレストランでした。車の中から携帯で看板を撮影したのですが、残念、文字が良く見えませんでした。GWは私もさなえさん同様動かぬ主義なのですが、きょうは渋滞覚悟で奥浜名湖まで行ってきました。
お目当ての植物は残念ながら空振りでした。でもクロバイが花盛りでした。
このラヌンクルス素敵でしょ。さなえさんならどんな器を選ぶのだろう。見てみたい気がします。
みかん
2011/04/29 20:14
さえらさん 今晩は。
フランスからのアクセスでしょうか。クレタ島楽しかったですね。今回も思い出がたくさん作れたことと思います。シルバン君の独特のアングルには、多いに刺激を受けました。ありがとうございました。
みかん
2011/04/29 20:20
いっしいさん 今晩は。
いつかはご一緒しましょうね。花を見に行くツアーは色々な旅行会社が様々なものを作っていますが、どれもこれも慌しくて、花の撮影をする時間なんてありません。いつだったかスイスで、のんびりと撮影している我々を見て、他の旅行会社のツアーで来たお客さんから、花の写真を撮っていると置いていかれる。お宅らはどこのツアーですか、と聞かれたことがありました。
我々は同じホテルに連泊して、ゆっくりのんびりがモットーなので、リピーターのお客さんが多いですよ。私は講師を引き受けているに過ぎませんが、旅行会社は、日本で最初に花と鳥だけのツアーを行なった新和ツーリストさんですよ。花や鳥に関して、この会社の右に出るものはないですね。
みかん
2011/04/29 20:36
アザミの歌さん 今晩は。
せっついても連れて行ってくれる旦那さんがいて幸せだと思いますよ。世の中には、出掛けたくても出掛けられない人もいるわけですから。多少のことは我慢しましょう。アハハ、旦那さんの味方です。
無理をせず、自分たちの身の丈にあった観察がいちばんだと思います。
みかん
2011/04/29 20:45
 以前にコメントしたのですが、あらためて書き込みします。アライグマさんのところから流れてきたFrank-Ken(不乱研)という者です。海外の花、いいですね〜〜〜 今までも、科や属の見当までつきましたが、あとは??のものがたくさんありました。台湾あたりだとなんとかなりますが、ヨーロッパだとよけいお手上げですね。現地の図鑑を買ってもちんぷんかんぷんだし・・・・
 ところで、もしよろしければ、リンクを張りたいのですがよろしいでしょうか。
Frank-Ken
2011/05/01 07:55
みかんさん、こんにちは。
見渡す限りの群生、見事ですね〜。
草地一面に咲いている写真を見て、スキーのゲレンデが夏場にお花畑になってる姿を思い浮かべてしまいました。(スイマセン^^;)
ラヌンクルスということは、キンポウゲ科の植物でしょうか。
高山植物のミヤマキンポウゲとか、キンポウゲ科の仲間は大きな群落を作る種類が多いな〜、と思いました。
nekoppana
2011/05/01 17:12
Frank-kenさん おはようございます。
リンクの件はOKですよ。以前にも遅ればせながら返事はしていますが。
外国の植物は馴染みがないこともあり、あまり積極的には取り上げないつもりですが、たまに何種類か載せようか、と思っています。
みかん
2011/05/02 09:07
nekoppanaさん お久し振りです。
ゴールデンウィークはどちらにお出かけの予定でしょうか。みかんはデスクワークに追われています。毎年の事ながら今頃は晴れると出かけられないのでイライラします。あはは
お察しの通りキンポウゲ科です。この場所は自然の草原ですが、ゲレンデに見えなくもないですね。
みかん
2011/05/02 09:16
 以前のお返事は見落としていたようです。大変申し訳ありません。
 それでは、リンクを張らせていただきます。
Frank-Ken
2011/05/03 20:48
せっついた癖に、こんなに遅れたリサ・ママです。

>私の旅は時間を決めない。

このフレーズのカッコ良さにしびれました♪
私もどこかで使ってみたいけど、まずムリでしょうね^^(笑)

>たとえ迷子になったとしても、必ず私が探しに行くから安心してネ、

なんて云われたら、どこかに迷子にならずには居られないでしょう(^^ゞ(爆)
リサ・ママ
2011/05/10 14:47
リサ・ママさん
カッコいいギリシアの旅に出かけますか?
でも、わざと迷子にはならないでくださいね。少人数だと目も行き届きますから迷子になることもないでしょうけど。
花は文句なく楽しめますよ。それに猫ちゃん達との出会いも嬉しいですね。
今から準備しておいてくださいネ。
みかん
2011/05/12 13:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリシア・クレタ島の花  Ranunculus asiaticus みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる