みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アクセス数20万突破記念 徳之島の花 9  タイミンタチバナ

<<   作成日時 : 2011/04/12 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像






   タイミンタチバナは以前はヤブコウジ科に分類されていたが

   マバリーの新分類ではサクラソウ科に移された。

   ちょっと意外と思える科への移動だが、最新のDNAによる解析では

   サクラソウに近いものだという。

   そもそもタイミンタチバナは木で、それも10メートルに達する高木となる。

   雌雄異株で、花は前年にできた枝の付け根にびっしりと咲く。




   
画像








   画像の花は雄花である。

   雌花は緑色を帯びていて、花の頃から、花の真ん中にあるメシベが丸く見える。

   高い木の先端部分に花が咲くので、花をすぐ目の前で見ることはあまりない。

   ところがタイミングが良いことに、天城岳の頂上で、崖の下から伸びてきた枝の先端に

   花がびっしりと咲いていて、それを目の前で見ることができた。

   絶壁の岩の上から身を乗り出して撮影したので、やや不安定ではあったが

   思わぬ出会いにラッキー、と気を良くした。




   
画像









   上の画像は前日の井之川岳で写したものだが、こちらはまだすべてつぼみで

   花は咲いていなかった。

   雄花はつぼみの時から赤いので、花が開かなくても雄の木とわかるのである。

   タイミンタチバナは千葉県以西の本州と、四国、九州、沖縄県に分布する。

   南に行くほど多くなり、徳之島でも常緑樹林の中ではよく見かける木のひとつである。




   
画像










   崖の上でおっかなびっくり撮影して、やれやれと思ったら

   なんとそのすぐ近くに高さが3メートルほどで、満開の木があったのである。

   安心して、三脚をしっかりと伸ばして撮影したのは言うまでもない。

   チャンスは時に思わぬところに転がっているものである。










   撮影は2011年3月25日 天城岳の山頂で。

   画像はクリックすると大きくなります。

   この画像はすべてケイタイカメラでの撮影です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
APG分類ではヤブコウジ科になるみたいですけど、サクラソウ科ですか。どっちなのかな?
サクラソウ科とヤブコウジ科って、APG分類に接するまで知りませんでしたけど、とても近いんですね。オカトラノオやシクラメンは、ヤブコウジ科に移っていますし。
ほととぎ
2011/04/13 00:11
ほととぎさん こんにちは。
ヤブコウジ科に区分する学者もいるようですね。そもそもヤブコウジ科というのは極めてサクラソウ科に近いものですから、この辺の線引きは学者によっても違うみたいですね。いずれにしてもDNAによる分類には違いないのですが、みかんは新分類でも、オカトラノオやシクラメンはサクラソウ科で良いと思っています。
みかん
2011/04/16 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクセス数20万突破記念 徳之島の花 9  タイミンタチバナ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる