みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のスミレ

<<   作成日時 : 2011/03/20 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 22

画像





   あたかも鉢で栽培しているかに見えませんか。

   これ、勝手に生えてきたスミレなんです。

   今我が家はこのスミレが庭中にはびこっています。

   いずれも閉鎖花由来の種子があちこちに飛んで

   それが、今いっせいに花盛りになりつつあります。




   
画像






   全体はこんな感じです。

   この鉢だけだったら可愛い、ですむのですが

   ほとんどの鉢に侵入しています。

   昔、むかしのことですが、伊豆の大島にシチトウスミレを撮影に行きました。

   その時に偶然見つけたシチトウスミレの白花です。

   最初は大事に育てていました。

   普通、白花というのは弱いものなのですが、この白花は先祖帰りをすることもなく

   何世代にわたっても、いずれも白花を咲かせ続けているのです。




   画像画像


























   左はヤクシマヤマツツジの鉢に入り込んだもの

   右はハマナスの鉢に入り込んだものです。

   小さな株も花の頃には結構大きな株になるのです。

   見栄えもするので、甘やかすのがいけないのでしょうね。

   図に乗ってどんどんと増えてしまいます。




   画像画像


























   左は主役のニッコウキスゲの芽が伸びてきてますね。

   右はコモチレンゲが見えるかな。

   このようにありとあらゆる鉢からどっさりと

   とりわけジャーマンアイリスのような乾燥気味の鉢は大好きで

   まさにはびこっています。




   
画像









   花が咲き出すと、むしってしまうのは可哀そうなので

   花が咲き終わるまで、と

   毎年のように同じことを繰り返しています。

   それがいけないのでしょうね。

   このスミレはスミレ研究会のメンバーのお宅にもかなり行き渡っています。

   どちらのお宅でも旺盛に繁茂しているようです。




   
画像










   スミレは主に閉鎖花の種子によって増えます。

   果実は乾燥することをうまく利用して、種子を遠くまで弾き飛ばします。

   我が家はマンションの7階なのですが、1メートルほどの高さの外壁が回りを取り囲み

   さらに外壁とガーデンの間には1メートルほどの距離があり、そこにさらにガーデンを取り囲む柵があります。

   これだけの距離があるのに、そのくらいの距離はスミレの種子は簡単にクリアーしてしまいます。

   1階の砂場の脇に、我が家から飛んだシチトウスミレが芽生え

   見事な株となって花を咲かせたのです。

   あせりました。これはいかん、処理をしなければ、と思っていたら

   マンションの住民の誰かが、そのスミレを株ごと持ち去りました。

   一応これで1件落着はしたのですが、気をつけていないと

   本来あるべきでない所に、とんでもないものが逸出してしまうことになります。

   それが特殊なものであれば、逸出はすぐにわかりますが

   どこにでもあるようなものは遺伝子の撹乱につながります。

   野生植物を育てている人には、充分注意して欲しい事柄です。




   
画像








   上の画像はリュウキュウコスミレの白花です。

   これは沖縄の友人に分けてもらったヒメサザンカの鉢についてきたものです。

   友人の温室で大事に育てられていたものが、種子が飛んでヒメサザンカの鉢に入り込んでいたものです。

   こちらは寒さに弱いですから、当地では野外で育つことはありません。

   冬場は家の中に持ち込みます。

   12月頃に一度花を咲かせ、今頃また2度目の花盛りを迎えます。

   特に大事に育てているわけではないのですが

   こちらはあまり暴れまくることもなく、毎年同じ鉢で咲いています。

   今、同じ鉢をのぞいたら花の数が7輪に増えていました。




   
画像







   白花つながりで、今、我が家に咲いている白花は

   対馬の植物保護に取り組んでいるK先生が、実生から育てたゲンカイツツジの白花が咲き出してきました。

   またヤブツバキの実生の中から出た、これもお気に入りのヤブツバキの白花です。




   画像画像

























   きょうの散歩道では、スミレが舗装道路の脇から伸びだして

   花の数がいつの間にか増えていました。

   花芽と葉がいっせいに芽吹いていたので

   紫色の帯のように、スミレが列をなして咲く日も近いことと思います。

   いよいよ春本番が近づいてきました。




   
画像




















   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影は2011年3月20日 自宅とその周辺で

   撮影はケイタイカメラで撮っています。

   リュウキュウコスミレの最初の写真のみ3月17日に撮影。







   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
いちばん下のスミレを、昔、母が実家の墓地で採取して庭に植えたのがすごく殖えて、
それが母の自慢でしたので、
今日のこの素敵なお話は、母には内緒にすることにしますねっ(笑)
うちは今、子宝草が限りなく殖えて困っています。
(はやばやと、こんなコメントで、まっことゴメンなさい!!)
リサ・ママ
2011/03/20 20:13
スミレは種飛ばしの天才ですからねーーー
うちにも何処から来たのか判らんコスミレがあるけど昨日から咲き出した。
種を持ち込んだ記憶が無いのでσ(^^;)がどこかで種飛ばしにでもあって廻りまわってある日突然芽吹いたのでしょうけど。
しかし見事に白だらけですね。ヽ(´ー`)ノ
アライグマ
2011/03/20 21:17
リサ・ママさん 今晩は。
スミレは暑くなる環境が大好きですから、お庭が砂利や敷石などが多いとこぼれ種で群生しますね。でも庭一面のスミレなんて、自慢しても良いのではないですか。素敵です。
みかんは子宝草とはどのようなものなのか、ちと想像ができません。機会があったら画像を見せてくださいね。
みかん
2011/03/20 22:17
アライグマさん 今晩は。
我が家はスミレは何も植えていませんが、コスミレ、ニョイスミレ、アリアケスミレなどが生えてきます。種がどこかから飛んでくるのではなく、他の植物にまぎれてだったり、培養土の中に潜んでいたものが目覚めるようです。
庭は白ばかりではなく、ムスカリやクリスマスローズなどの派手な色のものもあります。ヤマトレンギョウの黄色も咲いてきましたよ。
みかん
2011/03/20 22:24
みかんさん、こんばんは!
我が家には数年前からヒメスミレが咲くようになりました。かっては高尾や新潟で探したことがあるのに、皮肉なものです。
最初は鉢の中に数輪でしたが、昨年は鉢から飛び出し石畳の隙間に生えていました。その鉢を大事にするようにと言っておいたのですが、母は処分してしまったようです。今日気付き、ちょっとがっかりしています。
でも、きっと今年も庭の隅で咲いてくれるでしょう。楽しみにしています。
t-yam1
2011/03/20 23:46
みかんさん、おはようございます。

我が家にはたくさんの野生種が少しづつあります。
もとはと言えば、何年も前に野草が好きな翁が育てていたものが、私のところに移動してきたものです。
年をとられ、寝込まれたので「あんたが育てておくれ」と言われ狭い裏庭と畑の花壇にやってきました。
今は形見になっています。
野の花は大好きだったのですが、育てるのは初めてで、全く自信が無かったのですが、何とか残っています。

みかんさんが書かれた事を肝に銘じながら、気をつけながら大事にしょうと思います。
さなえ(花の庵)
2011/03/21 07:35
こちらはスミレはまだ咲いていませんが、我が家の鉢に入り込んでいるのはヒメスミレ、アリアケスミレ、ニオイタチツボスミレ、庭にはマルバスミレ、タチツボスミレが咲きます。
いずれも、どこからか入り込んだものです。

地震で止まっていたライフラインの最後の水が今日、明日中にはつながりそうです、
ガソリンが手に入るようになったらそろそろ動き出そうと思っています。
やまそだち
2011/03/21 08:48
スミレの種類が分らないが 家のベランダにも何年か前に突然
4階なので 風に乗って遠い旅をしてきたのでしょう

近くの地面では見かけないのですが・・・。
今年は 枯らしたのでほおって置いた鉢にスミレ団体が^^
ごくらく鳥花
2011/03/21 10:21
t-yam1さん こんにちは。
ヒメスミレの分布もだいぶ北上したようです。我が家の周辺では港近くの舗装道路の割れ目や空き地に普通に見かけます。私も最初にヒメスミレを写したのは、裏高尾でしたよ。関東では比較的見られる場所が限られていました。強いスミレですから、もう少しすれば庭から出てくると思います。楽しみですね。
みかん
2011/03/21 12:32
さなえさん こんにちは。
命を引き継ぐということは素敵なことだと思います。特に山野草はそのままでも自然繁殖するものもありますが、多くは手をかければかけただけの花を見せてくれます。我が家にも色々な事情によって手元に届いた珍品の類も多いのですが、増えても簡単には人にあげられないものもあるので困ります。逃げ出さないように気を配るのは、結構大変です。
みかん
2011/03/21 12:41
やまそだちさん こんにちは。
やっとライフラインの復旧ですね。これで今日からは水汲みから解放されましたね。まだまだ大変なことも多いと思いますが、少しずつ後片付けもはじめてください。今回、やまそだちさんはじめ、被災地の方から多くの勇気をいただきました。慰める側が逆に慰めてもらった気がします。ありがとうございました。
みかん
2011/03/21 12:50
ごくらく鳥花さん こんにちは。
お久し振りです。自然に生えてきたものはスミレに限らず嬉しいですね。我が家も鳥達の落し物の中から、様々な植物が芽生えてくるので、それを大事に育てたりしています。シャリンバイなどはもうかなりの太さに成長しています。今は3年前に芽生えたグミがいつ咲くのか、いつ実がなるのかが楽しみです。
みかん
2011/03/21 12:56
こんにちは〜

いつの間にか、春は着実に訪れていますね
二度続けて島めぐりをしましたが、10日経つと随分と花の数も増えていました
これからますます種類が増えて忙しくなりますね

東北の皆さんの所にも、暖かな春の日差しが届くことを願ってやみません
いっしい
2011/03/21 14:00
みかんさん こんにちは。
後片付けだったり、グラグラ来たり、なかなか落ち着いてPCに迎えませんでした。
今日は雨です。近所では天辺にブルーシートをかけた瓦屋根のお宅が多いです。

我が家のベランダのタチツボスミレ、なぜか、いつもよりずっと濃い赤紫系の花を咲かせました。
日が経つにつれ色は褪せてきましたが・・・

東北にも早く、暖かい春がやってくると良いですね。
道端の花が、皆様の心を癒してくれることを信じています。

ケイ
2011/03/21 15:50
みかんさん こんにちわ
白いスミレが心和みますね♪
azami*
2011/03/21 16:31
すごい数のシチトウスミレですね。

「うらやましい」という気持ちが半分,そして,「大変そう」という気持ちが半分です。

実は,我が家では,閉鎖花由来のリュウキュウシロスミレが同じような状況になりつつあります。若干閉口気味です。
電脳中年A
2011/03/21 16:33
いっしいさん 今晩は。
当地もまたたく間に春の花が増えてきました。季節は確実に春へと動いていますね。
震災にあわれた方達は大変な苦労をされていると思いますが、徐々にではありますがライフラインが戻りつつある場所も増えているようです。被災地にも暖かい春が早く来て欲しいですね。
みかん
2011/03/21 18:34
ケイさん 今晩は。
余震がいまだに頻繁にあるので、落ち着かないことと思います。できることから頑張りましょう。家をなくされた人たちのことを思えば、多少の不便さは何ともないことです。
タチツボスミレはどこにでもある普通のスミレですが、何故か栽培しようとすると、なかなか気むずかしいと聞いたことがあります。
東北地方にも確実に春は近づいていると思います。野の花を見てほほ笑んでくれる余裕ができることを願っています。
みかん
2011/03/21 18:45
azami*さん 今晩は。
我が家のスミレでもお役に立てて光栄です。震源地に近いと色々とご苦労も多いことと思います。
これからも頑張ってくださいね。
みかん
2011/03/21 18:47
電脳中年Aさん 今晩は。
手は焼いていますが、今の季節だけですから、多いに楽しもうと思っています。
沖縄ではリュウキュウコスミレは多いですが、リュウキュウシロスミレはそれほど多いものではありません。なかなか良い株の画像が撮れないスミレです。スミレは環境さえあえば爆発的に増えますから、閉口することもありますよね。ちと贅沢な悩みではありますが。
みかん
2011/03/21 18:54
 むかし、八丈島産のシチトウスミレの白をいただいた事があります。純白ではなく、みかんさんのと同じくオトメスミレ的な色配分のものです。こちらはあまり丈夫ではなくて、大事にしていました。が、方々からせがまれるので求められるままにタネを渡していたら、自分の所のものを絶やしてしまいました。嫁に行った先で大事にしてもらえていると思うのですが、どうなっているやらです。
 こちらでも新島産系統のシチトウスミレが咲き出しました。知り合いの研究者が採って来たイリオモテスミレもやたら殖えるので少々困りつつも、寿命の短いすみれの類では継代の手を緩めるわけにもゆきませんし。どこにお嫁に出すのがいいか考えています。
 
コージ
2011/03/22 04:08
コージさん おはようございます。
増えすぎるのも困りものですが、増えたからといって勝手に処分できないのも困りますよね。
自生地はダムの底に沈み絶滅してしまったオリヅルスミレを、沖縄記念公園都市緑化植物園では様々な用土で大量に育てています。万が一の安全策のために、民間の方にも栽培を依頼しています。植物園のものが全滅してもどこかに生きている株を確保するためです。
今では各地の植物園でも栽培されて花を咲かせているので、オリヅルスミレ自体がこの世から消えてなくなることはないだろうと思われます。自生地近くでの復元も試みられているので、それも楽しみです。
みかん
2011/03/22 09:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家のスミレ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる