みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒメキンセンカ

<<   作成日時 : 2011/02/15 22:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 13

画像







   嫌な予感が現実となってしまった。

   ヒメキンセンカの野生化である。

   いつかはこうなるだろうと予測はしていた。

   ここ数年で、各地で野生化しているという情報を知っていたからである。

   当地でも庭で栽培しているお宅はよく見かけていた。

   私が定点観測をしている畑の側のお宅が

   数年前まで栽培しているのを見ていて、逃げださなければ良いが

   と、思っていた。

   ところが今年




   画像画像



























   見事なまでに逃げ出して、大事なフィールドに野生化していたのである。

   栽培していたお宅の庭には、影も形も見えなかった。

   まだこのくらいの規模ならば、引き抜けば侵入は止められるが

   何もかも全くの自然のままに任せるのが定点観測の鉄則でもある。

   引き抜くことなく、このまま推移を見守ろうと思う。

   それにしても、自生地と良く似た環境を選んだものだと感心する。

   ヒメキンセンカはヨーロッパ他が原産の1年草である。




   
画像









   私がこの花をはじめて見たのはヨーロッパだった。

   イタリアのガルガノ半島だったかスイスだったか、ちと記憶が曖昧だが

   ごく普通の畑の隅だった。

   「あっ、キンセンカの原種だ」と口に出して叫び、何枚も何枚も撮影したので、

   古い写真を調べればどこの国だったかすぐにわかるのだが、それをする必要がないほど

   ヒメキンセンカはヨーロッパではごくごく普通の雑草なのである。

   それよりも、今、目の前に咲いている畑の土手と、はじめて見た時の環境があまりにも酷似していて

   唸ってしまったのである。

   ビロードモウズイカなどは、自生地の環境と日本での生えている環境は大きく違うが

   ヒメキンセンカはあまりにも良く似ていたのである。




   
画像









   ヒメという名前がついているように、花の直径は2センチほどの小さな花である。

   花屋さんなどで売られている八重のキンセンカの大きな花と比べると、びっくりするほど小さいが、

   冬のさなかでも次々に咲く強さや、その可愛らしさから、園芸界では急速に広まった花のひとつである。

   園芸屋さんの店頭でこの花が売られているのを見た時、アレッ、野生品そのものでないの、と思った。

   多くの園芸品は自生の植物を元に品種改良を行なって、花を大きくしたり、色変わりを作ったり

   見栄えの良さに重点をおくものが多いからである。

   ところが、どうやら、ヒメキンセンカは花の豪華さよりも

   花の少ない冬から春にかけて花が咲くので、そんなところが気に入られたようである。

   花の最盛期は冬から春にかけてである。

   そのためか、フユシラズという和名も持っている。




   画像画像



























   花は12月頃から4月頃まで咲いている。

   この画像のヒメキンセンカは、ヨーロッパでのスタンダードな植物図鑑、

   コリンズの「MEDITERRANEAN  WILD  FLOWERS」によれば

   学名はCalendula arvensis(カレンデュラ アルベンシス)だが

   ヨーロッパには他にC.suffruticosa とC.officinalis の2種が自生する。

   こちらも日本に入ってきている可能性は高い。

   ちなみに属名のCalendula (キンセンカ属)は、ラテン語のcalendae(月の第1日、1ヶ月)の縮小形で

   暦のカレンダーの語源となった言葉である。




   
画像








   当地では珍しく今年3度目の雪が降った。

   今朝、雪は薄い氷へと変わった。

   解けないうちに定点観測地の土手に向かった。

   ヒメキンセンカは薄い氷の間で、なんのこれしき、といった感じで健在であった。

   10時頃になれば、また何事もなかったように咲き続けるのであろう。

   最後に、園芸植物としては古典的とも言えるキンセンカをお目にかけよう。

   これは明らかに、Calendula officinalis を元に品種改良したものである。




   画像画像

































   撮影は2011年2月3日4日8日15日の4日間  愛知県半田市の定点観察地で

   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影はいつものケイタイカメラです。

   日本に野生化しているものは必ずしも1種類ではないような気がしています。

   
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらの方では菜の花畑の中に混じってナガミヒナゲシのロゼットが元気良く広がっています。
(^◇^;) 幸いにしてヒメキンセンカはまだ見かけていません。
アライグマ
2011/02/16 17:00
そうだ、ヒメリュウキンカなら見かけるなーーー(ーー;)
アライグマ
2011/02/16 17:02
アライグマさん 今晩は。
繁殖力の強いものは、庭からよく逃げ出すので困ったものです。当地の街路樹の下には、最近はランタナがはびこっています。明らかに温暖化のなせる技ですが、このような木が我が物顔をされては。花は綺麗なんですけどね。
ヒメリュウキンカは側溝の水の中にでも増えているのでしょうか。これも可愛い
けど恐ろしいですね。
みかん
2011/02/16 19:17
ヒメリュウキンカは横浜市の自然公園と称するところに生えてます。
多分、「自然愛好家」が植えたのでしょう。(ーー;)
アライグマ
2011/02/16 21:33
アライグマさん たびたびどうも。
きっと誰かが放したのでしょうね。自然公園という名前の人工公園なら、案外ふさわしいかも。池のような場所ならともかく、川のような場所だと多いに問題ありですがね。
みかん
2011/02/16 21:53
みかんさん、アライグマさん、こんばんは。
我家の庭には、ヒメキンセンカとヒメリュウキンカが咲いています。どちらも庭から逃げ出して野生化するほど元気なので、不精者の私の庭にはもってこいの花なのです。
逃げ出さないようにしないといけませんね。
れい
2011/02/16 22:55
れいさん 今晩は。
どちらも庭に植えられるだけあって、可愛い花だと思いますよ。ヒメキンセンカはこぼれ種で毎年発芽するほど強い植物ですから、野に逃げ出す速度も早いのでしょうね。切り花にして飾った後、畑の土手などに放り投げられると、そこからも発芽するようです。
みかん
2011/02/16 23:54
過日,テレビドラマの中でキーになる植物として「フユシラズ」が使われていました。
茶道ではフユシラズは禁花だとかで,飾ってはいけないとか。
ドラマ内では,第二次大戦前から京都に咲いていた,「昔から古都にある花」として使われていました。
いかにも日本の植物のように扱っていて,フユシラズはいつから定着したのだろうか,と,思ったのでした。
植物の時代考証には帰化植物がまとわりつきましょうか。
はるこ
2011/02/17 00:16
はるこさん こんにちは。
ヒメキンセンカの別名としてのフユシラズ(冬知らず)なら、日本への渡来は江戸時代との情報もあります。出典が定かではないネット情報なので、まゆつばではありますが。
テレビの時代劇などでは、時代考証の専門家がおりますが、植物に関してはまったく無知のままやっていますね。武家屋敷の庭にヒイラギナンテンなんかが植わっているし、ロケ現場にはセイタカアワダチソウが満開だったり。
植物まで時代考証するとなると、野外での撮影はほとんど無理になりますね。
みかんは逆に、そんな見方をして楽しんでいます。
みかん
2011/02/17 10:47
ヒメキンセンカが蔵王町でも、ウチからちょっと下ったあたりで野生化している姿を見かけることがあります。
寒さに強い花ですね。
ヒメリュウキンカは去年、山形の高館山の麓で見てびっくりしました。
外来種は耐寒性に優れているんですね。
aoikesi
2011/02/17 15:46
aoikesiさん 今晩は。
蔵王でも野生化してますか。人気のある花は急速に広まるので、野生化するのも
日本のほぼ全土で、同時にはじまるようですね。特に寒さに強い植物はしぶといようです。
みかん
2011/02/17 19:19
みかんさん、ご無沙汰しております。

ヒメキンセンカ、私にとって実にタイムリーな話題で興味深く拝見しました。
2月中旬、夫が山梨県東部を歩いていた時、道端に黄色く美しい花が、まるで野生種のように咲いていたと話してくれました。
写真を撮ってくればよかったのに…と思いましたが後のまつり。

そして、昨日ひとりで、裏高尾から駅まで歩いていると、まさに夫が話していたとおりの黄色い花が美しく咲いていました。
あまり見かけない花??名前がわからなかったのですが、これこそ、ヒメキンセンカのようです。
綺麗で我が家にも植えたいと思ったほどです。
でも、繁殖力の強い外来種は困りものですね!
最近では、隣家との狭い隙間にもタカサゴユリが侵入してきました。
fu-co
2011/02/28 16:26
fu-coさん 今晩は。
お久し振りです。ひと足早くハナネコノメを訪ねたようですね。アオイスミレの画像も拝見しましたよ。
ヒメキンセンカ、やはり庭に植えられるだけあって可愛いですね。今みかんもお勝手に飾ってありますが、次から次へと咲いてくれます。帰化植物は悪者になりがちですが、オオイヌノフグリの例もありますし、これからどのような経過をたどるのか楽しみでもあります。
みかん
2011/02/28 16:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒメキンセンカ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる