みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シロバナタンポポ

<<   作成日時 : 2011/02/07 09:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

画像








   その場所には、いつも野良猫の親子が日向ぼっこをしている。

   枯れ草があって、ぽかぽかと暖かくて

   誰も人がこない。

   真上には農業用水だかの橋が架かっている。




   
画像







   真ん中を川が流れ、その両側は斜面となった川の土手

   冬でも日当たりだけが良くて、北風もあまり吹いてこない。

   雨が降ったら橋の下に逃げ込めば、濡れることはない。

   野良ちゃん達にとっては格好の住み家である。

   この場所は、わが町でいちばん早くシロバナタンポポが咲く場所なのである。




   画像画像


























   いつもの年だと、お正月にはもう花が何輪も咲いているのだが

   今年1月2日に訪ねたら、シロバナタンポポはたった1輪しか咲いていなかった。

   きょうならもう咲いているだろうと、2月3日に行ってみた。

   こんな所に踏み込む人は誰もいないので

   その野良猫の親子は、寄り添って日向ぼっこをしていた。

   母猫のお腹に頭を乗せて、2匹の子猫がまどろんでいる。

   子猫と言っても、もうかなり大きい。昨年生まれた子供だろうか。

   上から覗き込んだ私に驚いて、2匹の子猫がサッと離れる。

   母猫がギョッとした眼で私を見上げる。

   「ゴメンね。タンポポの花が撮りたいの」 と声をかけて、橋のところから猫のいる場所に降りようとする。

   母猫も、エッここに降りてくるの、という形相でその場を離れる。

   サッと離れた子猫が、遠回りをして母猫の側に駆け寄っていった。

   猫ちゃん達が座っていた暖かそうな枯れ草を踏まないようにして、私はその場に降り立った。




   画像画像




























   まだ花の数は少ないけれど、それでも1輪、2輪と咲いている。

   全部で5株に花が咲いていた。

   橋の下に近い場所のものは、葉もだいぶ緑色をしているが

   橋から離れた株の葉は、まだ枯れ草色をしていて

   花は咲き出してはいるものの、茎はほとんど伸びることはなく

   ロゼットの中心に首をすくめているように咲いている。

   まだ朝夕のこの寒さでは、花茎をすんなりと伸ばすわけにはいかないのだ。

   寒さを用心しながらも、敏感に春の息吹を感じ取っているのである。




   
画像









   猫ちゃん親子の大切な時間を大幅に奪うわけにはいかないので

   撮影は早々に切り上げる。

   野良ちゃんありがとう、お邪魔しました。と心でつぶやいて

   川の土手の上に続く遊歩道へと戻ったのである。

   この分だと、その場所から数百メートルの所にある畑の土手でも

   日本在来のタンポポが咲き出しているかも知れない。

   帰りはその道を通って帰ろう。




   画像画像



























   そしたら、やっぱり咲いていました。

   トウカイタンポポです。

   でも時間が遅かったせいか花が閉じかけています。

   上の2枚の画像は翌日の撮影です。

   シロバナタンポポが咲く場所より、我が家からはトウカイタンポポの咲く土手の方がずっと近いのです。

   帰化植物のセイヨウタンポポは1年中いつでも花が見られますが

   日本在来のタンポポは、きちんと季節を守って、春にならないと花が咲きません。

   いよいよ今年も春がはじまったのです。














   撮影は2011年2月3日 愛知県半田市で

   トウカイタンポポのみ2011年2月4日 愛知県半田市で。

   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影はいつものケイタイカメラです。

   シロバナタンポポもトウカイタンポポも日本のタンポポです。

   タンポポについて詳しく知りたい方は当ブログの過去のものをご一読ください。

   2008年1月15日 植物似たもの同士2 セイヨウタンポポとアカミタンポポ
   2010年1月6日  ハーフと言えば聞こえはいいけれど

   などが参考になるはずです。



   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
また一番になってしまったかな。
((((((((^^;
シロバナタンポポって本来は西の物だと思っているのだがコチラでも見かけるようになって一気に勢力拡大するのかと思えば毎年同じ場所に出るけど増えもしなければ減りもしない。
不思議な奴だ。(^◇^;)
可愛いニャンコのお姿も見たい。
アライグマ
2011/02/07 21:08
アライグマさん 今晩は。
ハイ待ってましたよ。一番乗り。確かにシロバナタンポポは爆発的には増えませんね。意外と自分の陣地をかたくなに守っているタイプですね。でも徐々に北上は続けていますね。
野良ちゃん達はケイタイで写すのは無理みたい。我が家の小太郎ならいつでもモデルになってくれるけど。
みかん
2011/02/08 00:20
おはようございます。日曜日、イヌノフグリを探しながら歩きました。情けない事にオオイヌとの見分けが出来ません。暇を見つけて歩いて判別できるよになりたいと思います。シロバナタンポポはやはり、いつもの所に。昨年4月に見つけて気になっていたツノミノオランダフウロにすでに花がついていて、この花がどんな方法で増えてていくのか興味があります。
みえ
2011/02/08 09:53
白花タンポポ そういえば大阪城公園の所にも
毎年同じところに咲いている
思い出したので今日訪ねて見ようと思う
咲いているといいなぁ
ごくらく鳥花
2011/02/08 12:50
みえさん こんにちは。
イヌノフグリとオオイヌノフグリの違いは、私の過去のブログを見てください。
探す参考になると思います。

 2008年1月24日 植物似たもの同士3 イヌノフグリとオオイヌノフグリ

ここを読んでいただければ花の大小等がわかるようになっています。
見つかったらまた教えてくださいね。
みかん
2011/02/08 13:47
ごくらく鳥花さん こんにちは。
ご無沙汰しております。こちらよりも大阪の方がシロバナタンポポは量が多いですから、どこか日当たりの良い場所なら咲き出しているかも知れませんね。大阪城はまだ行ったことがありません。地元の名古屋城にも、まだ近くには行ったことがないのです。お城の石垣って、案外植物の宝庫なんですけどね。
みかん
2011/02/08 13:51
こんばんは〜

シロバナタンポポ、トウカイタンポポも咲いてるんですね〜
昨日鳥見の時に、日当たりの良い所でオオイヌノフグリが咲いていました
でもカメラは望遠だったので・・・
鳥と花とは欲張れませんでした
いっしい
2011/02/08 17:03
こちらではシロバナタンポポは見られません。
大分前に2、3度見ていますが、ここ数年は地元では全く見ていません。
そのうちにこちらにも来るのではと待っています^_^;
やまそだち
2011/02/08 20:03
 やっぱり早いですねえ(@_@)
こちらでシロバナタンポポが咲き出すのは
モウチョイ先になります。


風太
2011/02/09 05:15
いっしいさん おはようございます。
やはり2足の草鞋はうまくいきませんか。何しろ上と下、天と地ですから、上を見たり下を見たりでは大変ですよね。使うレンズも違いますから、やはりポイントを絞らないと、上手くいきませんね。
オオイヌノフグリは次回の予定です。
みかん
2011/02/09 09:18
やまそだちさん おはようございます。
そちらにはまだ少ないですか。当地にもたくさんあるわけではなく、まだまだ黄色い花が咲くトウカイタンポポの方が優勢です。
みかん
2011/02/09 09:21
風太さん おはようございます。
早いでしょう。でも、この場所のものは特別で、他の場所ではまだ全く咲いていません。毎年、ここのシロバナタンポポを確認するのが楽しみになっています。
みかん
2011/02/09 09:24
みかんさん、こんばんは!
さすがに早いですね。裏高尾にシロバナタンポポが毎年咲く場所があります。それでも、3月半ば頃にならないと咲かないでしょう。
日当たりのいい高台で、ネコが日向ぼっこしていてもおかしくない場所ですが、幸い日向ぼっこを邪魔したことはありません。
因みに我が家のネコは、いわゆるキジトラと呼ばれるノラ上がりの家ネコです。出窓やソファーの背の上が日向ぼっこのお気に入りの場所です。
t-yam1
2011/02/10 21:24
シロバナタンポポと言えば、子供の頃、長篠城(旧鳳来町、現新城市)の近くの田んぼで、何度か見た記憶があります。飛び地のように、そこにだけ、咲いていました。
今でもあるのかな?
ほととぎ
2011/02/10 23:30
t-yam1さん 久し振りです。
裏高尾ではやはり3月に入ってからでしょうね。当地でもこの場所のものだけは毎年早くから咲きだします。
日本猫のキジトラは大好きな猫です。猫と遊んでいるときりがありません。
みかん
2011/02/11 08:09
ほととぎさん おはようございます。
新城市なら前よりは増えているかも知れませんね。シロバナタンポポは本州でも西の地域が本場ですから、今お住まいの地域の方が良く見かけるのではないですか。場所によってはタンポポは白、だけの所もありますから。
みかん
2011/02/11 08:14
タンポポのこと、お好きなんですね。色々教えて頂き有難うございました。
一昨日横浜へシロバナタンポポを見に行ってきましたがあいにく日没前になり
花はすぼんでいました。昨日の雪で寒さに震えているかと思うと不憫な思いになります。でも春に向ってきっとがんばるでしょうね。
目黒のおじいちゃん
2011/03/08 07:19
目黒のおじいちゃんさん 今晩は。
東京も横浜も時ならぬ春の大雪だったみたいですね。でも春の淡雪ですから、すぐに解けてしまったことと思います。春先のタンポポの花は花茎があまり伸びず、寒さを用心するように咲いていますね。
特にタンポポが好き、という訳でもないのですが、過去ログには何故かタンポポばかりを多く取り上げていますね。春先の花が少ないせいかも知れません。
どうぞまた遊びにいらしてください。コメントありがとうございました。
みかん
2011/03/08 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
シロバナタンポポ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる