みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅平の夏の花 8    カセンソウ、カワラマツバ、イブキジャコウソウ

<<   作成日時 : 2010/08/21 23:00   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

画像






   菅平を訪ねた最初の日は、7月30日だった。

   着いたその日の夕方、すぐにもユウスゲが見たくてスキー場の斜面に行った。

   またたく間に咲き出してくるユウスゲを夢中で写した。

   そろそろ帰ろうか、という6時近くになって

   ユウスゲの咲く斜面に来るまでに、カセンソウやカワラマツバが咲いていたのを横目で見ていたので

   そうだ、帰りながらケイタイだけでも撮っておこうと思った。

   すでに夕闇も濃く、決して条件は良くないのだが

   とりあえず1枚だけでも、とケイタイのカメラを向ける。




   画像画像

























   もっとカセンソウが沢山咲く斜面も知っている。

   それらは明日以降の条件の良い日に、と思いながら

   1輪だけ咲いていた株にカメラを向けたのだが、どうも気に入らない。

   もう少し絵になる株を、と、ついその辺をウロウロする。

   カセンソウはオグルマに大変良く似た花だが、葉裏を見ると葉脈がくっきりと浮き出しているのが特徴である。

   そんな特徴も写しておこうと思うのだが、

   すでに花仲間は駐車場近くに姿が見える。

   あまりのんびりもしていられない。




   
画像








   時間もないことだし

   どこにでも沢山咲いているカワラマツバは1枚だけ。

   菅平にはキバナノカワラマツバも、両方が咲いている。

   カワラマツバの花はとても小さいので、ロングにすると花がわかりにくいので

   ちょっとアップ気味に。

   時間があればルーペを使って、思い切った花のアップが撮れるのだけど

   明日以降の条件の良い時に、と、これもあわただしく撮影する。

   さぁ、急いで駐車場に向かおう、と思ったら

   今まで気がつかなかったが、地面を這って覆いつくすようにイブキジャコウソウが咲いている。

   高山の礫地に生えるものと比べると、なんとも花の色が薄い。

   うっすらとピンクを帯びているだけだ。

   私のケイタイは淡いピンクの色は再現が極めてむずかしい。ほとんど白く写ってしまうのである。

   もうかなり薄暗いのに、色を出すために、あえてマイナス補正をする。

   で、やっと取れたのが下の画像。




   画像画像















   
画像










   と言うより、全部で4枚しか写さなかったのだ。

   その内の3枚が上の画像。

   さぁ、急がないと。花友達はもう車の中である。

   薄暗くなったスキー場の斜面を、あわてて駆けおりたのである。














   撮影は2010年7月30日 長野県菅平のスキー場で 午後6時頃の撮影です。

   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影はSH903i という少し古い携帯電話で撮ってます。新しいの欲しいなぁ。
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
みかんさんの様子が目に浮かぶようで思わず笑ってしまいました。私も同じです。
帰ろうと思うと色々目に付くんですよね。
ワラビ採りもそう、今日は出てないから、と引き返し始めると足元に、アッター!アッター! と先に進まず、お花も次々と目に付くし、夫にいつもせかされています。

こちらにもカセンソウ群生地あります。沢山あるのですが、花がきれいな状態のものって少ないです。咲き始めの頃に行けば良いのでしょうが・・・なかなか。
ケイ
2010/08/22 00:34
ケイさん おはようございます。
山に出かけた初日と言うのは、ついつい欲張り気味になります。また明日も来られるのだから、と思っていても、ついつい足が止まります。花仲間に迷惑をかけない程度に、と思うのですが、遅れてしまうことが多いですね。
みかん
2010/08/22 09:28
ふふふっ
周りの雑草のイネ科がイブキジャコウソウじゃないみたいな環境を作っていますね。
(⌒∇⌒)
カセンソウはあまり見ていないので良く判っていません。
判っているのは
「志賀高原のミズギクみたいに毛だらけじゃ無さそうだ」
ということくらいか。
黄色いキク科もまだまだ判っていない。
((((((((^^;
アライグマ
2010/08/22 19:44
アライグマさん 今晩は。
そうなんですよ。イブキジャコウソウの生える礫地の環境ではなく、全くの草原ですからね。少し不思議な気がしました。葉を踏んでしまったので、とても良い匂いがしていました。夏枯草状態のウツボグサも写っていますよね。
カセンソウは触るとカサカサしています。乾いて硬い感じで、湿地ではなく乾燥した草原に生えるので、すぐわかりますよ。見た目は確かにミズギクそっくりですねぇ。
みかん
2010/08/22 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
菅平の夏の花 8    カセンソウ、カワラマツバ、イブキジャコウソウ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる