みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 撮れたて特急便 4    バイケイソウ

<<   作成日時 : 2010/07/20 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

画像







   バイケイソウは随分と大きくなる草である。

   花の頃で高さは1メートル50センチほどになる。

   花がたくさん付いている部分を花序(かじょ)と呼ぶが

   1本の茎に100輪以上ものたくさんの花を咲かせる。

   このような花の状態を円錐花序(えんすいかじょ)という。

   ひとつひとつの花の直径は2センチほど。

   花が梅の花に似て、葉がケイランに似ているのでバイケイソウという名前がついた。




   
画像








   つい最近まではユリ科に分類されていたが、マバリーの新分類ではシュロソウ科になった。

   属から科への昇格である。

   シュロソウ科シュロソウ属というのが最新のバイケイソウの分類の位置である。

   花の色はグリーンがかった白が多いが、中には黄色味を帯びる花もある。

   円錐花序となるが、中には花茎の先端が枝垂れるように垂れ下がるものなどもある。

   見事なまでにたくさんの花を咲かせるが

   バイケイソウの花が咲くのは一生にたった1度。

   花が咲いた株は実を結び、そのまま枯れてしまう。

   人生の最後に花を咲かせて、一生を終えるのである。




   
画像







   草原などに生えていても、その場所はかなり湿り気のある場所である。

   バイケイソウは湿地を好むので、沢筋などの流れの側や、湿り気のある樹林下などに生える。

   幅の広い葉は、芽出しの頃からよく目立ち、深山などに生えることから

   よく高山植物のコバイケイソウと間違えられる。

   これらバイケイソウやコバイケイソウなどのシュロソウ科の植物は

   いずれも有毒植物である。















   撮影は2010年7月19日 愛知県面の木峠で

   クリックすると画像は大きくなります。

   画像は携帯電話についているカメラで撮っています。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 え〜っ、バイケイソウって有毒だったのですね
一つまた勉強になりました。
こちらでは脊振山系で見るのですが 佐賀県側では咲く前に盗掘
されて福岡県側でしか花を見ていないのです。(くじゅうでは見ます)
風太
2010/07/21 00:38
風太さん おはようございます。
有毒植物ですが、花に触れたくらいでは何の影響もないので心配はないと思います。ただ鹿などの野生動物は、バイケイソウが毒だということを知っていて、これだけを食べないので、場所によってはバイケイソウだけの群落が出来上がったりもします。どこでも今は鹿の食害が生態系をも壊しかねない大問題となっているのは、ご存知の通りです。
みかん
2010/07/21 08:51
みかんさん、こんにちは。初めてコメントさせていただきます。青いケシを見てきました。みかんさんの昨年の記事を読んで、まさか出会えるとは思っていませんでしたので、とても感動しました。出会えた場所は九塞溝から黄竜に向かう峠近くでした。バスを停めたすぐ脇で咲いていました。2週間前に行った人たちは花が少なかったと言っていましたが、私たちは花・花・花・・・その上青いケシまで見ることが出来て、しあわせな旅になりました。
みえ
2010/07/21 13:04
バイケイソウは高峰高原で見たのが最初で、千畳敷カールで見たのは地元の人の話では混血君で訳の判らない奴と言われた。
(/||| ̄▽)/ 地元の人が判らん物を素人が判るわけが無い。

バイケイソウはたまに見ますけどコバイケイソウのように房状にはならないのですね。
アライグマ
2010/07/21 21:14
みえさん 今晩は。
ようこそお越しくださいました。コメント歓迎します。
青いケシが見られたとのこと、良かったですね。山で予想もしていなかった花に出会うと嬉しいものです。皆さんの喜んだ姿が目に浮かぶようです。青いケシは日本でも栽培されていますが、やはり本場の自生地で見ると、感激もひとしおですね。黄竜はランの種類も非常に多いところですから、様々なランの花も楽しめたことと思います。どうぞまた遊びにいらしてください。
みかん
2010/07/21 22:27
アライグマさん 今晩は。
千畳敷のカールにはよく似たミヤマバイケイソウがあります。またコバイケイソウも多い所なので、両種の雑種があります。地元の人が訳のわからない奴と言ったのは、多分この雑種のことだと思います。コシジバイケイソウという名前が付いています。
みかんが千畳敷のカールで撮影したコシジバイケイソウが、山渓カラー名鑑「日本の高山植物」の557ページに載っています。ちょうど両種の中間のような姿形をしています。
みかん
2010/07/21 22:39
こんにちは、
今までバイケイソウが咲いているのを見ても、
写真に撮ろうと言う気が、あまり湧かなかった花ですが、
「花が咲くのは一生にたった1度」とお聞きして、
考え方が変わりました。
ユリ科だから多年草で、毎年同じように咲くものばかりと
思っていましたが、生涯最後の艶姿なんですね。
来年はしっかり見ます。
イナ
2012/07/15 18:44
イナさん 今晩は。
面ノ木峠あたりなら、まだ花が咲いていると思います。イナさんはしっかりと被写体を捉えているので、モデルになるバイケイソウも喜ぶと思います。どうど可愛く撮ってあげてください。何しろ生涯1度の花ですから。
みかん
2012/07/21 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
撮れたて特急便 4    バイケイソウ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる