みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 撮れたて特急便 2    ノカンゾウ

<<   作成日時 : 2010/07/11 11:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 20

画像







   今の季節は湿気むんむんで、体を動かさなくてもベタベタ、ジトジトしているのに

   ノカンゾウが生えている湿地のほとりにいるのだから

   もう滝のような汗が流れています。

   夢中で撮っていると熱中症になりそうでした。




   画像
























   たくさん生えているように見えるでしょ。

   でも、ほんの一角にかたまっているだけなのですよ。もう20年以上もこんな状態で。

   過去のデータを調べてみたら、この場所ではじめて撮影したのは

   1990年の7月14日のことでした。

   もう20年以上も昔のことです。




   
画像








   当時の写真と比べてみたら、規模もほとんど変わっていませんでした。

   ヌマトラノオやコバノカモメヅルなども、当時と同じように咲いていました。

   湿地は貧栄養な場所なので、環境が変わらない限り、それほど変化はないはずです。

   でも、見た目の印象は随分と変わって見えました。

   植物が少なくなった、という印象です。




   
画像









   この場所は全くの天然自然の場所ではありません。

   自然を保護するために草刈り等の人の手が加わっている場所です。

   里山の一角なのですが、定期的に整備が行なわれているようです。

   ある植物の名所なのですが、その植物だけを残し、共生している他の植物を引き抜いてしまうので

   あんな保護の方法ではダメだ、と指摘している専門家もいます。

   久し振りに訪れて、私もその感を強くしました。

   植物が減った、と感じたのはそのせいなのです。




   
画像









   植物のデータを細かく記録しているわけではないのですが

   流れに住み着いているドジョウやタニシ、アメリカザリガニといった生き物にも

   減少傾向が見られました。

   自然保護の方法として、ここは比較的うまくいっている場所だと思うのですが

   人間と自然との共生は

   つくづく難しいものだと思わされた一日でした。




   画像画像






























   上左画像はヌマトラノオ  右画像はコバノカモメヅル

   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影は2010年7月10日 愛知県で。

   撮影はいつものケイタイカメラです。




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
かわいい

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは。
御無沙汰致しました〜チラチラと覗いてはいましたが・・・・。

こちらではノカンゾウはほとんど見なくなりました。
私がこちらへ嫁いだときは、まだ見たことがあります。でもいつの間にか、姿が・・・・。田んぼへ行く橋の下で僅かにノカンゾウがあるのを2年前に気がつきました。後はヤブカンゾウのみです。
かげろう
2010/07/11 19:19
みかんさん、こんばんは。

こちらもかげろうさんと同じく、ノカンゾウを見なくなりました。
一重のノカンゾウは暑苦しくなく好きなのですが、八重のヤブカンゾウばかりになってしまいました。

新しい企画は、撮れたて特急便なのですね。
タイムリーな情報は嬉しいです。
あぁそうだ、あれも見に行ってこなくてはと思い起こさせてくれますから。
そして、撮るのにも参考になります。

タオルの鉢巻は、汗予防だったのですね。
私は、「さぁ撮るぞ!」と気分の切り替えをしておられるのだと思ってみてました。

アライグマさん、みかんさんはなぎら健一さんよりカッコいいよ。
さなえ(花の庵)
2010/07/11 19:32
>アライグマさん、みかんさんはなぎら健一さんよりカッコいいよ。
知ってるよーーーーよーーーーよーーーーよーーーーよーーーーーー
(エコーーつき)
アライグマ
2010/07/11 20:29
ノカンゾウは日本の夏らしくて,好きです。
毎年,ノカンゾウの果実を観察しようと思っているのですが,近所のどこでも花のあとには草刈りで無くなってしまいます。

結実しにくいのかな,とも思っていたら,一重咲きのヤブカンゾウもあって,それは結実しない,と教わり,それからはノカンゾウを見かけるとよぉぉく観察するようになりました。
ノカンゾウ風のヤブカンゾウ,千葉には結構あります。
はるこ
2010/07/11 21:49
かげろうさん 今晩は。
久し振りですね。でも、みかんもかげろうさんのブログをのぞいているので、久し振りという気はしないのですが。
九州大学のY先生が、最近ノカンゾウが少なくなっている。絶滅危惧候補に入れようかと思うのだけど、どう思う。と聞かれたのは今から10年以上も前のことでした。確かに各地で減少傾向が見られますが、まだそれほど危機的な状況ではないと思う、と答えたのですが、その言葉が現実味を帯びてきたように感じます。
みかん
2010/07/11 21:52
さなえさん 今晩は。
きょう我が家の近くのガードレールの側で、ヤブカンゾウが何輪も咲いているのを見ました。ですがノカンゾウとなると、少し遠出をしないと見られなくなりました。各地で減少傾向が目立ってきたようです。
みかんのタオルの鉢巻は汗防止が第一なのですが、さぁ撮るぞ、という気合の意味合いもあるのですよ。ですから、時々締め直します。
みかん
2010/07/11 22:00
アライグマさん 今晩は。
反応が早いですねぇ。ほんとかなぁーーーなぁーーーーなぁーーーーー
(エコーーつき)
みかん
2010/07/11 22:04
はるこさん 今晩は。
エッ、一重のヤブカンゾウですか?
みかんは知りませんでした。初耳です。ヤブカンゾウの八重の重なり具合が少ないのがあるのは知っていましたが、ノカンゾウのように花びらが6枚でスッキリしたヤブカンゾウがあるのですか。ノカンゾウとどこで区別するのですかね。
う〜〜ん、実物を見てみたいなぁ。
みかん
2010/07/11 22:11
みかんさん、こんばんは。
他を排除して、ある種だけ残すような保護の仕方は私も反対。自然保護は難しいですね。。里山、谷津の自然保護は人の手が加わることは大切な一要因なのですが・・・

ノカンゾウ、すっきりしていていいですね。
こちらは、ほとんどがヤブカンゾウです。
吸い込まれそうな翠の稲田に輝く様は、エネルギッシュで大好き! 初夏の風物詩です。
急いで見に行ったら、残念! お気に入りの場所、今年は全部刈られてしまいました。里山植物は仕方ないですね。農作業の手順でこんなことも間々有ります。でも、コイケマがちょうど見頃でした。

アライグマさん こんばんは。
ネットデビューが遅くて、(顔文字?)が良くわからない無粋なオバサンです。なんとなく雰囲気は感じ取れますが。
ケイ
2010/07/11 22:39
すっごいノカンゾウの集団ですね。見ほれてしまいます。
皆さんも書かれていますようにヤブカンゾウばかりですが、逆にノカンゾウが見られれば、「おや?他にもいいものがありそうだ」と思っていろいろ探してしまいます。ただアブラムシがついた株はちょっと気色悪いですが。茎に針を刺して体を浮かせ、チューチュー吸っている姿は「そんなに美味しいんかい!」と突っ込みを入れたくなるほどです。^^
すや
2010/07/11 23:40
ケイさん、どーーーも
顔文字は雰囲気以外何もありませんからーーーーー
私が使うのはその時の私の気持ちを何となく伝える道具です。
自分の事を現すのに
σ(^^;)
σ(-_-;)
σ(^_^) とか使い分けています。

言葉だけだとギスギスしてしまうと思うのでσ(^^;)は緩衝材だと思っています。
読み方もありませんし。
これからも、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m お辞儀
アライグマ
2010/07/12 00:34
アライグマさん、丁寧な解説、ありがとうございます。
色々な表情が出来て面白そう! 密かに練習して見ます。
ケイ
2010/07/12 10:46
みかんさん、関係ないことでお邪魔してすみません。
m(_ _)m
ケイさんへ
練習しなくても使えそうなのや面白そうなのを見たら辞書登録してしまえばいいのです。
ちなみにσ(^_^)は顔文字は基本的に全て「ふぇいす」と打つと変換するようにしています。
σ(^_^)とσ(^^;)とσ(-_-;)の3つだけは「わたし」と打つと出るようにしています。
\^∇^/
アライグマ
2010/07/12 15:48
ケイさん 今晩は。
田んぼの土手のようなところの植物は、草刈りなどにより左右されますね。ノカンゾウ見られず残念でしたね。でもコイケマが見られたのですから、良しとしないといけないですね。里山のような場所に生える植物は、地主さんの理解によっても随分と変わってきます。それゆえ、保護もむずかしかったり、スムースに進んだりと色々です。
みかん
2010/07/12 20:03
すやさん 今晩は。
今回はタイミングがよく花数が多いですが、実際に現地に訪れてみると、ほんの一角なので驚かれるかも知れませんよ。カメラのアングルによって大群落のように見えますが、湿原のほんの一角だけなのです。
ノカンゾウをはじめヘメロカリスにはアブラムシがつきものですね。ヤブカンゾウなどは撮りたくなくなるほど沢山アブラムシが付いているものもあります。アブラムシにとってはかなり魅力的なのだと思います。
みかん
2010/07/12 20:09
アライグマさん ケイさん 今晩は。

顔文字も絵文字も使い方次第ですね。みかんもメールを出す相手によって使うことはありますよ。多彩に揃っているので、規制のもののマークを押すだけですけどね。メールをはじめ、このようなコメント欄では相手の表情や言葉のイントネーションがわからないだけに、緩衝の役目はありますね。
みかん
2010/07/12 20:16
こんばんは。

ヤブカンゾウの蕾は食します。一応、珍味ですよ〜綺麗な蕾を採りますが・・・。アブラムシが好むはずですよね。
先月、岡山の中華のお店〜少し高かったけど、スープに入れてあったのは、金針菜(干したものでは無く)でした。美味しかったです。

今日はシャクチリソバの葉(柔らかいところをつまんで)他の食材と炒めて食べました。(最近、野菜不足でして〜笑)
かげろう
2010/07/13 02:26
かげろうさん 今晩は。
金針菜はおいしいですよね。スープでいただくことが多いですが。日本では中国から輸入して「百合の花」の名前で売られていますが、あれはユウスゲかヤブカンゾウのつぼみです。中国ではつぼみを食べるためによく栽培されています。特に寺院の庭ではユウスゲがよく植えられています。
かつて尾瀬では、手打ち蕎麦の丼の中に、ニッコウキスゲの花を2輪ほど浮かべて売っていましたよ。みかんはシャクチリソバはまだ食べたことがありません。
野草を食べるのは大好きなのですが・・・・。
みかん
2010/07/13 19:06
 みかんさん
 ノカンゾウはこちら群馬ではほとんど見かけません。というか、私の身近では見たことがありません。ヤブカンゾウならたくさんあるのですが……。久しぶりに見てみたいですね。
 特定の種を残すために他のものを顧みないのは残念です。それどころか、私の身近ではミズバショウを植えるためにタマガワホトトギスが抜かれてしまった所もあります。何だか……何か違う……、という感じです。
ペン
2010/07/14 21:33
ペンさん 今晩は。
そう言えばみかんの実家付近でもノカンゾウは見かけないですね。ヤブカンゾウばっかりの気がします。山に行けばニッコウキスゲは咲いているのですけどね。
自然保護というのは難しいことが多いですが、特定の種を優先的に残す方法はやはり賛否両論あります。要は適度が大事なのだと思います。専門家の意見を取り入れてやっている所では、うまく機能している場所もあるのですが。
みかん
2010/07/17 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
撮れたて特急便 2    ノカンゾウ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる